鹿児島県南さつま市の大王川で堤防が決壊!現在の様子がわかる動画や画像を調査

鹿児島県南さつま市の大王川(だいおうがわ)で右岸の堤防が決壊したとのニュースが流れてきました。

堤防は20mにわたり決壊しており、南さつま市の消防本部によると、堤防から溢れ出した水は、市街地にも流れ込み始めているということです。

現在の様子がわかる動画はこちらになります。

南さつま市大王川付近の被害や状況は?

大王川の堤防が決壊したことによる被害は、報道では特に流れておらず、元々の大雨の影響で大きな

決壊したのは南さつま市を流れる大王川。茶色く濁った水がガードレールをなぎ倒してあふれている。

役場の職員によると、幅20メートルにわたって決壊しているが今の所、住宅などへの被害はないという。また、同じ市内を流れる万之瀬川も氾濫危険水位に達している。

道路が浸水 ひざ下まで水

鹿児島県や宮崎県を中心に記録的大雨や土砂災害などの危険性が高まる

鹿児島県や宮崎県を中心に、記録的な大雨となっている九州では、発達した雨雲により断続的に激しい雨が降っており、土砂災害や川の氾濫から住民を守るための注意喚起を行い続ていきます。

鹿児島県・三反園訓(みたぞのさとし)知事は、陸上自衛隊に災害派遣要請を行ったSNSでコメントをしています。

【大雨に関する知事から県民の皆さんへの緊急メッセージ】

本日,午後2時53分に自衛隊に災害派遣要請を行いました。これまでにない大雨が降っており,今夜から明日にかけて,猛烈な雨が予想されます。

極めて危険な状況にあります。こうしたことから,自衛隊に派遣要請を行いました。鹿児島市をはじめ,危険なところに事前に配置し,すぐに対応できる体制をとっていただいております。

既に自衛隊の皆さんは,鹿児島市に向けて活動を開始しているという状況にあります。

そして,県民の皆さんにお願いがあります。極めて危険な状況にあります。これまでにない大雨が降り続き,今夜から明日にかけて,1時間に80ミリを超える極めて危険な状況になります。

猛烈な雨になる可能性があります。現在,鹿児島市,霧島市,姶良市をはじめ,県内各地で避難指示が出ております。極めて危険な状況であります。県内各地に土砂災害の危険度が極めて高くなっております。

これまで相当数の雨が降っており,土砂崩れ,土石流をはじめ,大規模な土砂災害が起こる可能性があります。そして,川が氾濫する可能性があります。

極めて危険な状況となっております。危険な地域にお住まいの方,そして山の近くにお住まいの方は,明るいうちに,避難をお願いします。

また,高齢者の方々が近くにいる方は,それぞれ,声を掛け合って,一緒に避難をお願いします。

繰り返しになりますが,今,現在,鹿児島においては,これまでにない記録的な大雨が降り,今夜から明日にかけてはもっと凄い,猛烈な雨が降る可能性があります。

極めて危険な状況にありますので,是非県民の皆さん,避難指示に従って,自治体の情報に注意しながら,安全を確認したうえで,明るいうちに避難して頂ければと思います。それほど,これまでにない大雨になってきております。

危険な状況であります。是非県民のみなさん,自治体の情報に従って,明るいうちに避難をお願いします。

鹿児島市と霧島市の全域で大雨警戒レベル4の「避難指示」が出ており、九州新幹線は熊本駅~鹿児島中央駅(上下線)で運転を見合わせているとのことです。

鹿児島の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です