映画『マスカレードホテル』動画フルを無料で視聴する方法!ネタバレあらすじ・ラスト結末・キャストを紹介

映画『マスカレードホテル』は、大人気ミステリー作家・東野圭吾のベストセラー小説待望の映画化となります。

木村拓哉さんが初の刑事役に挑みます。監督は『HERO』で木村拓哉さんとタッグを組んだ鈴木雅之監督。

都内で発生した、3つの殺人事件。残された暗号から、第4の現場は「ホテル・コルテシア東京」であると判明。事件解決のため、刑事がホテルマンとして潜入します。

次々にやってくる、様々な事情を抱えた客たちに翻弄されながら、事件の真相に迫っていきます。

こちらの記事では、映画『マスカレードホテル』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『マスカレードホテル』のあらすじネタバレや感想・評価・キャスト情報についても紹介します。

↓今すぐ映画『マスカレードホテル』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

 

映画『マスカレードホテル』動画を無料視聴する方法とは?

映画『マスカレードホテル』は、TSUTAYA DISCASでレンタルすることができます。

TSUTAYAの定額レンタルサービスTSUTAYA DISCASは、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

TSUTAYA DISCASなら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『マスカレードホテル』作品詳細

都内で起こった3件の殺人事件。

すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。

警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。

しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。

そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。

次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。

お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、2人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。

そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは…。

映画『マスカレードホテル』作品データ

映画『マスカレードホテル』原作

原作は大人気ミステリー作家・東野圭吾の小説「マスカレード・ホテル」。(2011年)

マスカレードシリーズの第1作目です。シリーズは累計275万部を突破し、大人気シリーズに。

原作では事件を通して、新田と尚美の距離が近づいていく様子がより細かく描かれています。また犯人の長倉麻貴がより綿密に事件を計画していた様子も書かれていました。

映画『マスカレードホテル』主題歌

『マスカレード・ホテル』の主題歌はありませんが、オリジナルサウンドトラックが発売されています。

映画『マスカレードホテル』キャスト一覧

出典:http://masquerade-hotel.jp/cast.html

映画『マスカレード・ホテル』のキャスト一覧を紹介します。

新田浩介/木村拓哉

帰国子女の刑事。連続殺人事件を解明するため、ホテルのフロントで潜入捜査を行う。

口が悪く、ことあるごとに尚美とぶつかってしまう。

山岸尚美/長澤まさみ

コルテシア東京のフロントマン。若手ながら有能で新田の教育係になります。

ホテルの仕事に誇りを持ち真面目な性格。

能勢/小日向文世

所轄の刑事で新田の元相棒。見た目は冴えないが、実は切れ者。

足を使って有力情報を仕入れ、新田に協力します。

本宮/梶原善

警視庁捜査一課の新田の先輩。

関根/泉澤祐希

警視庁捜査一課の若手刑事。ベルボーイとして潜入する。

稲垣/渡部篤郎

警視庁捜査一課・係長。今回の事件の指揮をとる。

尾崎/篠井英介

捜査一課・管理官

田倉/鶴見辰吾

宿泊部部長。尚美の直接の上司。

藤木/石橋凌

コルテシア東京・総支配人。尚美にとって、ホテルマンを志すきっかけとなった恩人。

片桐遥子・長倉麻貴/松たか子

目の不自由な老婦人を装い、何かにつけ尚美を部屋に呼び頼み事をする。

安野絵里子/菜々緒

男性の写真を提示し、現れたら自分に教えるよう尚美に伝える。

栗原健治/生瀬勝久

新田に目を付け、理不尽な要求を繰り返す。

高山佳子/前田敦子

コルテシア東京で挙式予定。ストーカー被害にあっている疑いがある。

その他キャスト

  • 綾部貴彦/濱田岳
  • 大野浩一/笹野高史
  • 古橋/髙嶋政宏
  • 館林/宇梶剛士
  • 森川寛子/橋本マナミ
  • 政治評論家/田口浩正
  • 女装した男/勝地涼
  • 久我/東根作寿英
  • 川本/石川恋
  • 大竹/明石家さんま

映画『マスカレードホテル』のネタバレあらすじ

ここからは映画『マスカレードホテル』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

3つの殺人事件と暗号

都内で起きた3件の殺人事件。被害者に繋がりはないものの、警察は同一犯による連続殺人事件と断定していました。

理由は殺害現場に共通して残されていた暗号でした。数字が羅列された暗号を解読すると、次の殺害現場の経度と緯度の交差地点になるのです。

そして第3の事件の現場に残された暗号を読み解くと、次の殺害現場は一流ホテル「コルテシア東京」が示されていました。

警察は次の事件を防ぎ、犯人を捕まえるため、コルテシア東京に本部を置き、刑事をホテルマンとして潜入させることにしました。

決して犯人に警察が潜入していることがばれてはいけないことから、ホテル側の協力を仰ぐため、刑事に一人ずつホテルの担当者がつくことに。

事件を解くカギとなる暗号を解読したのは、新田浩介(木村拓哉)。新田は帰国子女で英語が堪能なことから、フロント勤務を任命されます。

そして、新田の教育を任されたのは山岸尚美(長澤まさみ)でした。尚美は若いながら優秀で、お客様のために誠心誠意を尽くすホテルマンです。

それに反し新田は明らかにホテルマンらしからぬ風貌で、客前に立とうとし、尚美から叱責されます。身なりから言葉遣いまで、刑事の仕事とは全く違う仕事に、嫌々フロントの仕事をこなす新田。

業務をこなすうちに、クレーム客など様々なトラブルに「お客様のため」と尽くす尚美の姿に次第に信頼を寄せていきます。

また、新田の刑事ならではの着眼点により、トラブルが回避できるなど、尚美も新田の仕事ぶりを見直す場面もありました。

怪しい老婆

ある日、片桐遥子(松たか子)という視覚障害者の高齢の女性が宿泊客として現れます。新田は遥子が手袋をしていることから、本当は目が見えているのではないかと疑います。

しかし尚美は「お客様にはそれぞれに事情がある」と、反発します。

その後何かにつけ尚美を部屋に呼び、要望を言いつける遥子。時折、目が見えているかのような仕草に次第に尚美も疑い始めますが、ホテルマンとしてお客様の要望に応えます。

するとチェックアウトの際、遥子は本当は目が見えていることを告白します。演技の理由は、近いうちに遥子の旦那がコルテシア東京に宿泊予定で、本当は彼が視覚障害者なのだというのです。

目の見えない旦那のためにホテルの対応が良いかを見極めるため、演技をしたのだと言います。

尚美に謝罪をし、対応に満足したと言い去る遥子に、尚美はいつも通り「またのお越しをお待ちしております。お気をつけていってらっしゃいませ。」と声をかけます。

尚美の仕事ぶりから信用できると感じた新田は、ホテルコルテシア東京が狙われている理由を話します。

そして、犯人は客だけではなく、従業員も可能性があることを伝え、注意して見てほしいと伝えます。尚美は身内である従業員を疑う新田に憤慨します。

また、捜査本部とは別に事件を調べていた、新田の元パートナーである能勢(小日向文世)から本部は捜査方針を変え、これまでの事件の繋がりを無視して捜査するよう指示があった判明し、新田はイラ立ちます。

次々と現れる犯人候補

ある時フロントに若い女性客、安野絵里子(菜々緒)が現れ、男性(宇梶剛)の写真を見せます。

この男性にストーキングをされているから、もし現れたら自分に知らせてほしいと頼みます。尚美は必ず知らせると約束します。

捜査本部も第4の事件の犯人の可能性があると、男性客が現れるのを待ちます。

尚美は新田からこのようなケースはよくあるのかを尋ねられると、1年前の出来事を話し始めます。

雨の降る寒い夜、一人の30代くらいの女性が男性の名前を言い、宿泊しているはずだから部屋番号を教えてほしい。とフロントにやってきました。

何があってもお客様の部屋番号を他言してはならないと、教育を受けている尚美は、この男性は予約をキャンセルしたと嘘をつき、この女性の「宿泊したい。」という要望も、男性客の身の安全のため、満室であると断っていたのです。

尚美の対応に怒り、ホテルを出ていくこの女性客のことを、尚美は思い出していました。

その夜、尚美のアドバイスにより第1の事件のアリバイを解くためのヒントを得た新田。

写真の男性が現れたと情報が入り、新田はフロントに戻ります。尚美は安野に男性が現れたと伝えに行き、男性客の部屋番号を教えます。

安野の安全を思いバックヤードの監視カメラで監視をしているとき、男性客の部屋に見知らぬ女性が入っていったと同時に、安野も部屋から出ていくのが見えました。

もしかしたらとんでもない間違いをしていたのではと気付く尚美。実際は安野のほうがストーカーだったのではと考え、男性客の部屋に新田と急ぎます。

男性客の部屋に行くと、見知らぬ女は怒って出ていき、安野と男性客が対峙していました。安野は、「実は私たちは夫婦である。」と言います。

東京に出張に行くたびに浮気をしているであろう現場を押さえ、離婚届けを渡すために嘘をついていたのでした。

女性はすっきりとした顔でホテルを去り、第四の殺人とは無関係の人物でした。そして捜査はおもわぬ進展をします。

近づく第4の殺人

第1から第3の殺人事件の犯人はそれぞれ単独犯で、闇サイトで知り合い、連続犯に見せかけ捜査をかく乱するため、共通の暗号を置いたことが分かったのでした。

そしてまた、ホテルで問題がおきます。

ホテルで挙式と披露宴を上げる予定の高山佳子(前田敦子)がストーカーに数か月前から付きまとわれていることがわかったのです。

尚美は新田に報告し、ストーカー犯が第4の殺人犯の可能性があると警戒します。能勢は改めて、本部とは違う方向から捜査を行うよう提案してきました。

捜査に協力的な尚美に次第に心を開き、捜査の方向性を尚美に伝える新田。尚美は未然に防ぐべきだと主張しますが、新田は犯人を捕まえたいのだと訴え、ストーカーの現れる結婚式まで待ってもらうことになりました。

そして新田は尚美との会話から、犯人には殺したい人物が2人いることに気が付きます。

犯人は2つの事件の関連から自分に容疑がかかることを恐れ、まったく関係のない3つの殺人事件に関連付けていたのでした。

そこで能勢は、最近都内もしくは近郊で未解決の殺人事件がないか、捜査を始めました。

そして結婚式前日、花嫁の元に友人からワインが届きます。不審に感じた新田がワインを調べさせると、コルクに注射針のようなもので穴をあけた形跡が見つかり、薬剤が混入している可能性が分かりました。

その情報を聞いていた能勢は、ある未解決事件が関連しているかもしれないと新田に連絡をします。

その未解決事件とは、被害者は松岡高志という若い男性で、同棲中の女性が死体を発見したのですが、解剖の結果右足首の注射の跡がありました。能勢は今回のワインの注射針による毒物混入との類似点を指摘します。

ホテルとの関連を探るべく、松岡の身辺を調べた能勢は、学生時代に名古屋の劇団に所属していたことを突き止めました。

さらに、1年前にコルテシア東京に宿泊していたことも判明しました。

結婚式当日、犯人の手がかりがないまま、厳戒態勢の元、挙式がスタートします。

その時尚美はフロント前で怪しい女性を見つけます。それはさっきまでフロントに座っていた男性客で、女装していたのです。

すぐに新田に報告し、新田はその男性が披露宴会場に足を進めていくのを追い、捜査本部にも報告します。

そして、新婦の前に男が立ちはだかった時、警察が男を囲みましたが、逃げ出してしまいます。フロントで男を確保し、裏に連れて行くと男は、暗号の書いた紙を渡すように言われただけのアルバイトだと言い、ワインのことも知りませんでした。

明らかになる事件の真相

そのころ新田の携帯に、能勢から松岡が劇団に所属していた時のポスターの画像で送られてきます。

写真を見た新田は、一緒に写っていた老婆役の女が片桐洋子であると気づき、女のことを調べるよう能勢に指示します。

その後、新田がフロントに戻ると尚美の姿が見当たりません。スタッフに尋ねると、片桐洋子がチェックインしたため、部屋を案内している。というのです。

洋子は前回の来訪時、霊感があるため部屋にこだわりがあると言っており、尚美は5つの部屋をキープし案内をしていたのでした。

犯人の狙いが尚美だと気付き、2人の後を追う新田。

その頃、尚美は足を結束バンドで結ばれ、身動きが取れない状態になっていました。かつらをとり、眼鏡を取った姿をみせる片桐。「私の顔に見覚えがない?」

片桐は1年前にストーカーと思われ、尚美が追い返したあの女性客だったのです。

片桐はその日、松岡に子供を妊娠していることを伝えようと、夜通し雨に打たれながら待っていたのですが、寒さが原因で流産していたのでした。

そのことから松岡と尚美を恨み、「復讐することだけのために生きてきた。」と言います。

高山のストーカー事件も、本来の目的から目を逸らすためだったのです。

尚美の首にまさに毒の入った注射針が刺されそうになったその時、新田が助けに入り、片桐に手錠をかけます。目的が果たせず、くやしさに泣き叫ぶ片桐。   

こうして事件は解決を迎え、新田のホテル潜入捜査も終わります。

そして後日、尚美を助けてくれたお礼にと、ホテルの支配人・藤木から食事に招待された、新田と能勢でしたが、乗せはなお水戸新囲気を見て、気を利かせて席を外します。

今後2人の関係が発展しそうな予感を漂わせ、エンディングを迎えます。

映画『マスカレードホテル』の感想・評価

早くも地上波に登場!

映画『マスカレードホテル』は2019年1月18日公開されましたが、約1年後に早くも地上波に登場しました!まだVODサービスではどこでも配信されていないので、自宅でしかもノーカットで観れるのはうれしいですね。

次々と登場する豪華なキャスト陣!

本作は20名以上におよぶ豪華な出演者で話題となりました。些細な登場シーンであっても有名な役者を起用しています。

そしてなんと、主演の木村拓哉さんと親交のある、明石家さんまさんが少しだけ出演しています。セリフはないので気付きにくいのですが、なんと役名は「大竹」なんです。ぜひ出演シーンを探してみてください。

尚美が「お客様は皆仮面を被っています。ホテルマンは決してその仮面を?がしてはいけません。」と言うシーンがあります。

2人を通じて「プロフェッショナルとは?」ということを考えさせられる映画です。自分だったらこの時どうするかな?などと、重ね合わせて見るのも面白いです。

そして、こんなにプロフェッショナルなホテルに宿泊してみたくなります。

推理だけでなく、豪華なキャストの出演シーンなど楽しみ方は様々です。原作を読んでいない方もぜひご覧になってください。

映画『マスカレードホテル』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です