熊本県益城町で大雨で冠水通行止め!岩戸川も氾濫し現在の様子がわかる動画を紹介

2019年6月30日(日)熊本県や愛媛県では梅雨前線の影響で大雨が降り避難勧告が発令されています。

熊本県上益城郡益城町の現在の様子を毎日新聞熊本支局がネットに公開した動画では、田んぼが冠水し湖のように見えると、現地を心配する声が上がっています。

益城町の現在の様子がわかる動画

益城町では岩戸川が氾濫し、道路や畑が冠水しています。

益城町の現在の様子がわかる動画はこちらになります。

4時間前に公開された、代継橋から撮影した白川では、水位4メートルを越え氾濫注意レベルとのこと。

熊本県を中心に土砂災害や浸水が極めて危険なレベル

気象庁が発表している土砂災害の危険度分布では、最も危険度の高い濃い紫色が益城町、宇土市、西原村などに出現しており、極めて危険な状態となっています。

また同じような地域で浸水や中小河川の洪水の危険度も非常に高くなっています。

熊本県全域で記録的大雨で被害が拡大

今回の大雨により、熊本県、石川県、愛媛県の24万人以上に避難勧告が出されています。

この雨は7月1日(月)の朝まで断続的に降り続ける予報となっており、土砂災害や川の増水、氾濫など今後も注意を呼び掛けています。

警戒が必要な時間帯

九州北部、南部を中心に大雨に警戒が必要な時間帯になります。7月1日(月)の15時まで、1時間の最大雨量が50~70mmとなっています。

記録的大雨で被害を心配する声

益城町は、熊本地震でも大きな被害が出た地域ですが、今回の大雨で住人の方の被害が最小限であることを願っております。

そして、益城町だけではなく、熊本県、石川県、愛媛県にお住いの方は、今後も大雨が続くとの予報なので、被害に備えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です