実写映画『ライオン・キング』2019 吹き替え声優キャスト紹介!アニメとの違いや見どころは?

ディズニー映画の最高峰『ライオン・キング』が、公開から25年を経て超実写版『ライオン・キング』として再びスクリーンへ帰ってきました。

数あるディズニー作品の中でも、歌・キャラクター共に、未だに世界中に愛されている代表作品の一つです。
ストーリーはオリジナル作品と全く同じでありながら、すべてがCGのためアニメ版以上の大迫力と圧巻の映像美が楽しめます。

そして何より注目なのが、監督、そしてキャラクターの声です。

監督を務めるのはマーベル作品の俳優としても知られ、『ジャングル・ブック』を監督したジョン・ファヴロー。

声優には主人公シンバ役はドナルド・グローヴァー、ナラ役には世界の歌姫ビヨンセ、ムファサ役にジェームズ・アール・ジョーンズ、スカー役にキウェテル・イジョフォーが出演しています。

2019年夏を代表する話題作の1本です。ぜひ、ご家族・友人・大切な人と観てほしい作品です。

実写映画『ライオン・キング』作品紹介

『ライオン・キング』(原題:The Lion King)作品データ

実写映画『ライオン・キング』吹き替え声優キャスト一覧

実写映画『ライオン・キング』の豪華声優キャストを紹介します。

シンバ/ドナルド・グローバー(吹替:賀来賢人)

ナラ/ビヨンセ・ノウルズ=カーター(吹替:門山葉子)

ラフィキ/ジョン・カニ(吹替:駒谷昌男)

プンバァ/セス・ローゲン(吹替:佐藤二朗)

ティモン/ビリー・アイクナー(吹替:ミキ・亜生)

ムファサ/ジェームズ・アール・ジョーンズ(吹替:大和田伸也)

サラビ/アルフレ・ウッダード(吹替:駒塚由衣)

スカー/キウェテル・イジョフォー(江口洋介)

ザズー/ジョン・オリバー(根本泰彦)

シンバ(幼少期)/JD・マクラリー

ナラ(幼少期)/シャハディ・ライト・ジョセフ

実写映画『ライオン・キング』あらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレを含むあらすじになりますので、これからご覧になる方はご注意下さい。

アフリカ・サバンナの王ムファサ

王ムファサが暮らすのは、サークルオブライフにより動物たちが幸せに暮らすプライドランド。王ムファサと王妃サラビの間に生まれたシンバは、いつか父のような強く、勇敢な王になることを夢見ていました。

しかし、王ムファサの弟でありながら、自身が王になれなかったことを不満に思い、ムファサとシンバがいなくなることを願っていたのです。

弟スカーの王ムファサに対する反抗

ハイエナたちと兄を恨むスカーは共謀し、スカーは自身が王になる野望を叶えるべく、シンバをヌーが大移動する谷へおびき寄せ、シンバを助けに来た王ムファサを谷から突き落とし殺してしまいました。

シンバは自分のせいで父が死んだという罪悪感と、シンバを殺そうとするハイエナたちの追跡により国を追われました。

絶望の中、行き倒れていたところ、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らとともに新たな土地で暮らし始めます。

そこでは、嫌なことだってどうにかなる、心配ないという意味の「ハクナマタタ」という生き方を学び、シンバは立派な雄ライオンへと成長するのでした。

プライドランドの崩壊

新たな王スカーとハイエナたちにより、以前はサークルオブライフを保っていた王国も、草木が枯れ、生き物がいない土地へと姿を変えてしまいました。そのような危機的事態を救うべく、シンバの幼なじみの雌ライオンのナラが本当の王シンバを探しに行くのでした。

助けを求めて国を飛び出したナラは、偶然にもシンバたちと再会を果たします。しかしプライドランドへ戻ってきてほしいと頼むも、シンバは父の死の責任から王位を放棄しようとします。

その後、王であり父であるムファサからの言葉が、シンバの心を変えるのです。過去と向き合うことを決意したシンバはナラ、ティモン、プンバァと共にプライドランドへ戻ることに。

スカーとの対決

かつてのプライドランドを取り戻すため帰還したシンバは、家族や友と協力をして、スカーとハイエナたちを倒し、プライドランドに平和を取り戻しました。

そしてシンバは新たな王となり、王妃となったナラとの間には新しい生命が誕生しました。

実写映画『ライオン・キング』感想や見どころ

近年、『美女と野獣』『ダンボ』『アラジン』など、ディズニーの実写化がブームとなっていますが、ついに不朽の名作『ライオン・キング』が実写化されたことにより、喜ぶディズニーファンは多いのではないでしょうか。

オールCG作品となっていますが、クオリティが高すぎて本物の映像も含まれているのではないかと驚くシーンも多くあります。

ストーリーだけでなく、あの有名な楽曲たちも再び観客を楽しませ、感動させてくれること間違いなしの作品になっています。

アニメ版との大きな違い

動物がとてもリアルに描かれていることから、アニメ版では当たり前の非現実的な動物の行動シーンも、ストーリーはそのまま、現実的な描写へと変わっており、その違いを見つけるのも何度も見ているファンにとっては楽しめるポイントではないでしょうか。

ぜひ映画館で迫力のある映像美と楽曲を楽しんでください。

実写映画『ライオン・キング』は2019年8月9日(金)公開

アメリカでは2019年7月19日公開され、日本では2019年8月9日の全国で公開されます。

上映劇場は公式サイトから探せます。⇒実写版『ライオン・キング』の上映劇場

ディズニーアニメ『ライオン・キング』動画を無料で観る方法はある?

実写版をご覧になる前の予習として、また実写版とアニメ版の違いを見比べるためにも、原作『ライオンキング』もぜひご覧下さい。何度も何度も観ても飽きない素晴らしい作品です。

また、エルトン・ジョンが手がける聞き覚えのあるミュージックは本編随所で流れますので、BGMとして聞いているだけでも気分が盛り上がるでしょう。

ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、下記の動画配信サービスで視聴できます。

ディズニーアニメ『ライオン・キング』人気VOD動画配信状況

漫画配信サイト 配信状況 無料期間
FODプレミアム × 1ヵ月間
U-NEXT 31日間
Hulu × 2週間
ビデオマーケット 31日間
ビデオパス 30日間
Netflix × 30日間

※上記の情報は2019年8月時点での情報となります。

ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXT・ビデオパスであれば、初回の無料登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

ディズニーアニメ『ライオン・キング』を今すぐ観たい方はU-NEXT

『ライオン・キング』の動画と、その他の映画を無料で視聴したい方にオススメなのがU-NEXTです。

U-NEXTでは、31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は、初回登録時に600ポイントがもらえます。

『ライオン・キング』は、U-NEXTだと324円で配信されており、600ポイントを使って無料で見ることができます。

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が140,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには、適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

ディズニー映画関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です