映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』動画フルを無料で視聴する方法!実話をもとにした奇跡の物語

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』は、2016年に公開された映画で、実際にあった話を元にしたノンフィクションとなっています。

100億円を超える興行収入をたたき出した本作は、主演は「スラムドッグ$ミリオネア」でも主演を務めたイギリスの俳優デーヴ・パテールで、監督はガース・デイヴィス、脚本はルーク・デイヴィーズが務めています。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』は、5歳で迷子になり新しい家族の元で暮らしていた男性が、グーグルアースで故郷探しを始め、当時の電車の速度から距離を割り出し、子供のころの記憶を辿り、25年の歳月を経て生まれ故郷に戻るという、感動の実話を元に制作されています。

こちらの記事では、映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『LION/ライオン~25年目のただいま~』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

↓今すぐ映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

目次

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』動画を無料視聴する方法とは?

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、無料で視聴できることがわかりました。

2019年11月現在、映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『LION/ライオン~25年目のただいま~』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム 見放題 1ヵ月
U-NEXT 見放題 31日
Hulu 見放題 2週間
music.jp 300円~ 30日
dTV 見放題 31日
Paravi × 未配信 30日

※上記の情報は2019年11月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されており、U-NEXTFODhuludTVであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

デヴ・パテル出演作品一覧

U-NEXTでは主演のデヴ・パテルさんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるデヴ・パテル出演作品

  1. 『ウエディング・ゲスト 招かれざる客』(デヴ・パテル主演)2018年映画
  2. 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(デヴ・パテル主演)2016年映画
  3. 『奇蹟がくれた数式』(デヴ・パテル主演)2015年映画
  4. 『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』(ジュディ・デンチ主演)2015年映画
  5. 『チェリーについて』(アシュリー・ヒンショウ主演)2012年映画
  6. 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(ジュディ・デンチ主演)2011年映画
  7. 『エアベンダー』(ノア・リンガー主演)2010年映画
  8. 『スラムドッグ$ミリオネア』(デヴ・パテル主演)2008年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年11月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』作品詳細

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。

インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。

成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。

人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す―」と。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』作品データ

  • 製作年/2016年
  • 製作国/オーストラリア
  • 配給/ギャガ
  • 上映時間/119分
  • 監督/ガース・デイビス
  • 脚本/ルーク・デイビス

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』原作

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の原作は、サルー・ブライアリーの「25年目の”ただいま”5歳で迷子になった僕と家族の物語」です。

著者のサルー・ブライアリーが実際に体験したことをまとめた本となっています。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』主題歌

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の主題歌は、オーストラリアの歌手シーアが歌う「Never Give Up」という曲で、ポップなメロディに乗せて何度もネバーギブアップという言葉が出てくるのがこの映画を現しているようで、エンドロールの映像とリンクして、心にすっと入ってくる感じがしました。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』キャスト一覧

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』のキャストをご紹介します。

幼少期のサルー・ブライアリー/サニー・パワール

5歳のころ、兄グドゥの仕事について行ったとき、グドゥが目を離した隙に空っぽの電車に乗って寝てしまい、鍵かかけられた電車から出ることができず1600キロ離れた場所で迷子になってしまいます。

わずか数日で様々な人間に出会い怖い目にも遭いましたが、養護施設へと送られ、その後新しい家族と出会いました。

成長したサルー・ブライアリー/デヴ・パテル

ホテル経営を学ぶために大学へ進学した際、子供のころに見た市場の揚げ菓子を見て友人に迷子になった経緯を説明するとグーグルアースを提案されました。

それから何年もグーグルアースで故郷を探し続けます。

ルーシー/ルーニー・マーラ

サルーの恋人で、サルーの故郷探しに協力してくれていましたが、故郷探しが上手くいかないサルーの苛立ちから別れることになってしまいます。

スー・ブライアリー/ニコール・キッドマン

サルーの新しい母親で、子供が産めない体ではないものの、ある理由から、自身の子供を産まず養子を迎える決断をした女性です

ジョン・ブライアリー/デビッド・ウェナム

サルーの新しい父親で、スーの考え同様、自身の子供を作らず養子を迎える決断をした男性です。

グドゥ・カーン/アビシェーク・バラト

サルーの兄で、毎日サルーと行動を共にしており、非常に仲の良い兄弟でした。

マントッシュ・ブライアリー/ディヴィアン・ラドワ

サルーが新しい家族と出会った1年後にスーとジョンが迎えた養子です。家族と上手く関係が築けず、早くから家を出てクスリにも手を出していました。

ミセス・スード/ディープティ・ナヴァル

養子縁組を斡旋している女性で、サルーが新しい家族と出会う手助けをしてくれた女性です。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』のネタバレあらすじ

ここからは映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

迷子になった経緯

1986年、インドのカンドワで、サルーは兄と一緒に電車に積まれた石炭を盗んで生計を立てていました。

夜になると母は仕事に出かけ、そのあいだ妹の世話はサルーと兄・グドゥが見ていました。

ある日の明け方、仕事へ出掛けるグドゥにサルーは無理やりついていきます。電車で遠方まで出掛けると、眠くて仕方なかったサルーは兄の言うことを聞かずベンチで眠ってしまいました。

兄は仕事を見つけてくると言い残しどこかへ行ってしまい、やがて目を覚ましたサルーは、兄を探すために入った電車の中で眠ってしまいました。再び目を覚ますと電車が動き出しており、サルーは迷子になってしまいます。

カンドワから東へ1600キロ離れた西ベンガルのカルカッタへと辿り着いたサルーは、自宅へ戻る術がなく、仕方なくそこで一夜を過ごします。

深夜、子供たちの叫び声で目を覚ますと、サルーと同じように周りで寝ていた子供たちが大人に連れ去られており、なんとか逃げ切ったサルーは、川のそばで食料を見つけて腹を満たし眠りました。

新しい家族との出会い

街を彷徨っていたサルーはヌーアという女性に出会いジュースと食事をご馳走になりましたが、翌日ラーマという男性を紹介され、様子がおかしいと思ったサルーはヌーアの家から逃げ出しました。

そして偶然出会った男性が警察に連れて行き、養護施設へと送られます。

1987年、サルーを訪ねて来た女性に新しい家族を紹介され、サルーはオーストラリアのホバートへと向かい、新しい家族・スーとジョンに迎えられます。1年後、スーとジョンは新しくマントッシュを迎えサルーに弟ができました。

20年後の2008年、ホテル経営を学ぶためにサルーはメルボルンの大学へ行くことになります。メルボルンに旅立つサルーにスーとジョンはサルーを迎えて幸せだったと話しましたが、両親と上手く関係を築けなかったマントッシュは、サルーの門出を祝うことができませんでした。

グーグルアースとの出会い

大学に入学したサルーは友人宅で子供のころ市場で見た揚げ菓子を見つけ、友人に迷子になった経緯を話します。するとグーグルアースで調べたらどうかという案がでました。

迷子になった当時の電車の速度から距離を割り出し、故郷の風景を思い出しながらグーグルアースで調べる日々が続きますが、なかなか故郷を見つけることができませんでした。

2010年、恋人のルーシーを連れてホバートの実家に戻ったサルーは、両親とマントッシュが揃った食卓でサルーは両親への敬意が足りないとマントッシュを責めました。サルーはそれから両親と疎遠になり、仕事も辞め、ルーシーとも別れてしまいます。

ある日、母のスーが養子を希望したのは子供が産めないからではなく、人で溢れているこの世界で子供を産んで世界が良くなると思えず、それより不運な子供たちを助けたかったと、サルーに話しました。

25年目の奇跡

それを聞いたサルーは半ば諦めていた故郷探しを再会、今までより範囲を広げてグーグルアースを見ていると、手掛かりとなる駅のそばの貯水棟を見つけ、故郷の自分の家を見つけます。そこはガネッシュタライという地名で、幼かったサルーはガネストレイと間違って覚えていたため、警察もサルーの家族を探すことができなかったのです。

スーとジョンに黙って探し続けていたことを話すと、2人はサルーが実の母に会いに行くことを喜んでくれました。

2012年、ガネッシュタライに着いたサルーは記憶を頼りに自宅へと歩き始めます。そして実の母のいる家へと辿り着きましたが、そこはヤギ小屋となっていました。

通りかかった男性の案内で母親に再会すると2人は抱き合い喜びましたが、兄のグドゥはすでに死亡してると聞きサルーは泣き崩れます。しかし、妹のシェキラは素敵な女性に成長しており、サルーは村の人々から大きな祝福を受けました。

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の感想・評価

映画『ライオン25年目のただいま』は、本当にあった話を元に作られた映画で、実際、インドでは迷子になる子供の数が年間8万人にも上るそうです。

その中で25年の時を経て何千キロも離れた家族の元へ戻れたのは、奇跡としか言いようがありません。

幼少期のサルーを演じた子役の演技には涙が出そうになるくらい不安が伝わってきましたし、大人になったサルーの苦しい胸の内を考えると非常にしんどくなってしまいますが、最後のハッピーエンドで全て洗い流されてしまうほどの感動が押し寄せますのでご安心ください。

母が息子の帰りを信じて、遠くに引っ越さないで待ち続けたというのも感動しますが、映画の最後、エンドロールの前には、グドゥの死の状況やサルーの名前の秘密、そして「ライオン」というタイトルの意味が流れ、実際のサルーの写真や再会の映像なども流れますので、ぜひ最後までご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です