京都失恋タクシーがあなたの心を癒します。大好きな彼との思い出は古都に・・・




たかが恋、されど恋。

「失恋くらいで」と人は笑うかもしれませんが、大好きな人と思いが通じ合わなかったり、道が分かれて離れなければならなかったり…という経験は、何歳になってもつらいものです。

ずっと心の中で思い続けていた人を忘れることも、ひとときでも同じ時間を過ごしたことを吹っ切るのも、なかなかできることではありません。

でも、どこかで心に区切りをつけない限り、失恋はずっと心の重りとなって女性を苦しめ続けます。

失恋は時間薬とも言いますが、一人で長い時間を辛い気持ちで過ごすよりも、できるだけ早くに心を楽にしてくれるような方法を選んでみませんか?

ここで紹介するのは、失恋した女性の苦しみに寄り添い、気持ちを和らげるお手伝いをしてくれるお手伝いをしてくれる「京都失恋タクシー」の存在です。

失恋に苦しむ女性を受け止め、癒してくれる「失恋タクシー」とは

京都失恋タクシーは、京都府にある「チェルカトラベル株式会社」が提供している旅プラン。

数年前にテレビで特集されたこともあるので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

このタクシーは外見こそ普通のタクシーそのものですが、ドライバーはすべて女性。

京都の穴場とも言える静かな癒しスポットを回りながら、静かに失恋の傷を癒していこうというプランになっています。

京都といえば、どのシーズンも国内外の観光客で人がいっぱい。

あまりに観光客が多いと、人に疲れて心を癒すどころではなくなってしまいます。

でも、京都はガイドブックには載っていない「京都の人だけが知る綺麗な場所・癒しスポット」もたくさんあり、隠れ家的な楽しみ方もできる場所。

京都失恋タクシーでは、そんな知る人ぞ知るスポットに女性を案内し、穏やかな時間が流れる空間で女性を過ごさせてくれます。

女心を心得ているドライバーさんが心に溜まった想いを受け止めてくれます

失恋の傷を誰かに打ち明けることができればいいですが、心の辛さを人に上手に吐き出せるような人ばかりではありません。

また、失恋の辛さは人に言いにくいですし、中には人に言いにくい恋愛にピリオドを打ったという人もいるでしょう。

でも、そういう時でも「自分ひとりで傷ついた心を抱えていく」ということは、とても辛くて苦しいことですよね。

周りのひとに気持ちを打ち明けにくい人でも、ただ一度会うだけの他人になら言える…そんなことはないでしょうか。相手が自分のことを知らない人で、一日の数時間を一緒に過ごすだけの女性なら、気持ちを楽にして相談をすることができると思いませんか?

京都失恋タクシーのドライバーさんは、利用者である女性の声を聞いて受け止めてくれます。ドライバーさんは必ず女性なので、そのあたりにも配慮が行き届いています。

タクシーに乗っている数時間は、ドライバーさんが女性に寄り添い、心に溜まった思いをちゃんと聞いてくれます。誰かが話を聞いてくれるというだけで、心の重りはずいぶんと軽くなるもの。

もちろん、話をせずにタクシーから京都の景色を眺めて心を癒すだけでも大丈夫。

女性の心がいちばん軽くなる方法で、失恋にさよならをするお手伝いをしてくれるのです。

シーズンによって変わる2つの至極の癒しプラン

「京都失恋タクシー」は、京都の静かな穴場スポットを回りつつ、お抹茶を楽しんで緩やかな時間を過ごす、というプラン。

どこを回るかはシーズンによって異なるため、公開されていません。

ただし、以下の2つのプランから1つを選んで癒しの体験をすることができます(2018年現在)。

  • TΦSHIさんのタロットカードを使ったメンタルチューニング
  • アロマが漂う空間で相談に乗ってくれるアロマヒーリング

どちらも失恋で重くなった心を解き放ってくれる、至極の癒しプランとなっています。

時期によっては、デコスイーツを作るなどのハンドメイド体験ができこともあるようですね。

所要時間はだいたい3時間半ほどで、指定された場所(こちらもシーズンによって変わります)に集合して旅の始まりとなります。

参加は必ず1人であることが条件なので、自分の心と向き合って心を癒す時間をたっぷりととることができますよ。

参加費用は23000円(2018年現在)。

お値段は少し高めですが、京都のあまり知られていない秘密のスポットを回ることを考えれば、納得できる価格です。

京都の古都には恋に悩み苦しむ女性を受け止める歴史あり

京都という街は、古くより女性たちが抱える「恋のやるせなさ」を受け止め、また浄化してきました。

時代は違っても、好いた男性に裏切られることや心離れの辛さは同じ。

昔は、そんな女性たちのやり切れない思いが、人に祟りをなす鬼を産むとも言われていたのです。

「源氏物語」でも、光源氏と関係を持った六条の御息所が嫉妬心から生霊となり、源氏の妻たちに災いをもたらす様子が描かれています。

女性にとって失恋とは、我をも失わせるほど辛く悲しいものであり、それは昔からずっと変わりません。

そんな女性たちをたくさん見てきた京都だからこそ、現代の女性の傷ついた心を浄化させるパワーに溢れているのでしょう。

古い石畳の街を歩くだけでも、恋に苦しんだ女性たちが助けてくれるかのように心の重りが溶けていくのを感じるはずです。

一人で乗り越えることができない辛い気持ちは、京都で癒してみませんか。

京都の地を回って、ここに恋の思い出をおいていきませんか。

古き良き日本の古都はいつでも、恋を忘れたい女性の訪れを待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です