紅蘭が事実婚の夫RYKEY(下田ムトアリッキー)容疑者と離婚「DVに脅える日々」草刈正雄は一安心

タレントの紅蘭さんが、事実婚していた相手のラッパー、RYKEYさんと離婚する考えであることがわかりました。

当初は円満ぶりをアピールし、2018年にはお子さんも誕生していた紅蘭さんとRYKEYさんのカップル。

離婚の経緯について、紅蘭さんは週刊新潮を通して手記を公開することを選びました。

7/18(木)発売の週刊新潮で、特集が組まれています。

こちらでは、紅蘭さんがRYKEYさんと離婚するに至った原因や経緯について、また渦中の人物RYKEYさんについてまとめました。

紅蘭、離婚について週刊新潮の取材に応じる

紅蘭さんが事実婚状態にあったRYKEYさんと離婚するという報道が大きく取り上げられました。

これは、紅蘭さんが週刊新潮の取材に答えたためです。

2019年になってから、紅蘭さんのSNSからは、RYKEYさんに関しての話題が消えていました。

7/4(木)にRYKEYさんが逮捕されてから、紅蘭さんが初めて事件について言及したのは、7/17(水)になってからです。

この日、インスタグラムで紅蘭さんは、事件について週刊新潮に話したということを報告しています。

そして、事件の真相などは、7/18(木)発売の週刊新潮を見ていただけたらと呼びかけました。

7/18発売の週刊新潮で3ページ掲載

7/18(木)発売の週刊新潮の中吊り広告を見ると、この事件は以下のような見出しで宣伝されています。

「紅蘭」独占手記

『なつぞら』『真田丸』が教えてくれた決断の時
再逮捕されたDV夫に絶縁宣言!
父「草刈正雄」が後ろ盾になる「離婚の乱」

紅蘭さんの手記はこの発売号でメインの記事ではありませんが、3ページに渡る、比較的大きな扱いでのスクープとなっています。

紅蘭が離婚するRYKEYとは?

RYKEYさんは7月4日(木)、知人を殴った暴行容疑で逮捕されていて、現在容疑者という身分です。

RYKEYさんの簡単なプロフィールと経歴をまとめました。

プロフィールと経歴

RYKEY(本名:下田ムトアリッキー)
1987年12月生まれ、日本とケニアのハーフ
2008年からラッパーとして活動を開始、2015年から2018年までアルバム4枚をリリース
2010年に強盗致傷、2016年に紅蘭さんへのDVや覚せい剤で逮捕歴あり

前科があり、前々から「問題児」であったRYKEYさん。

今回で3回めの逮捕というわけですが、紅蘭さんは今回の逮捕前から離婚を考えていたと話します。

一番の問題は、2016年の逮捕理由にもなっているDVでした。

過去の犯罪歴からも、残念ながらRYKEYさんがかなり暴力的な性質を持っていたことがわかります。

紅蘭は「草刈」姓を残すために事実婚を選択

紅蘭さんは、弟がすでに亡くなっていることで、「草刈」姓を残すためにRYKEYさんと籍を入れず、いまだに事実婚のままの状態です。

紅蘭さんとRYKEYさんの間にはお子さんがすでに誕生しているので、単純に別れておしまいというわけにはいきません。

しかし、複数回の犯罪歴があるRYKEYさんとの間に、法的な婚姻関係がなかったことは、紅蘭さんにとって不幸中の幸いと言えます。

紅蘭の父、草刈正雄は「事実婚」であったことに一安心

今回の「離婚騒動」で、紅蘭さんの父、俳優の草刈正雄さんが安心したのは、まず2人が事実婚であったということです。

草刈正雄さんは、2人がすでに籍を入れているものと思っていました。

今回のことで、初めて事実婚だったことを知ったというのは、少し意外な報道です。

草刈正雄さんについて気になるのは、週刊新潮の見出し。

『なつぞら』『真田丸』といった、草刈正雄さん出演のドラマのタイトルが並んでいます。

父「草刈正雄」が後ろ盾になる「離婚の乱」、という見出しもあります。

この見出しを見ると、草刈正雄さんが離婚騒動について何らかの介入をする可能性も感じさせますね。

紅蘭・RYKEY離婚報道、今後続報の可能性も

今回の紅蘭さん・RYKEYさんの離婚報道については、週刊新潮が紅蘭さんの手記を公開していくスタイルで発表しています。

離婚に関する話し合いが進み、さらなる手記の公開があれば、紅蘭さんへのDVや離婚に至る経緯について、より詳細な事実が明らかにされる可能性もあります。

父が大物芸能人ということで、決着するまでもう一波乱起きる可能性もあり、今後に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です