河野外相「そのカメラはキヤノン?」韓国記者への質問を否定!デマの可能性は?SNSで賛否の声

韓国・康京和外相と会談するため、北京を訪れていた河野外相。

21日(水)の会談前に、記者団に対しカメラのメーカーを尋ねる一幕がありました。

この質問は、日韓双方のメディアで報道されました。

韓国で日本製品の不買運動が続いている中での、河野外相のこの行動に、賛否の声がどちらも聞かれます。

韓国だけでなく、日本のSNS上でも、河野外相のこの行動に対する意見は賛否が割れている状況です。

河野外相のカメラに関する質問と、その報道の経緯について紹介します。

また、この問題の背景にある、現在の韓国の日本製品不買運動の状況についても簡単にまとめました。

河野外相、韓国記者団に「そのカメラはキヤノン?」と質問

河野外相は21日(水)、日韓の記者団が集まる中、記者団にカメラのメーカーについて質問を投げかけました。

「キヤノン?ニコン?」と、具体的にメーカーを確認しています。

河野外相は、21日(水)に北京で行われた韓国・康京和外相との会談に出席していました。

会談は予想通り、日韓双方の主張が平行線のまま終了しています。

河野外相が記者団にカメラのメーカーを質問したのは、この日韓外相会談の前です。

日韓に溝があり、韓国では日本製品の不買運動をしている方もいるという状況下でのこの質問は、大きな注目を集めました。

河野外相は「日本記者と雑談」と否定

韓国記者が持つカメラを、キヤノンかと尋ねたという報道がされることが多いですが、河野外相はこの報道内容をTwitterで否定しています。

日本人記者団と雑談をしていたら、その中に韓国の記者も混じっていただけでという釈明です。

しかし、報道ではそのようには捉えられていません。

報道を見た韓国の方からも、不買運動の火に油を注ぐもの、韓国の不買運動を皮肉っているものという見方を多くされています。

河野外相、韓国記者へ「そのカメラはキヤノン?」発言はデマ?

あおり運転の宮崎文夫の同乗者が喜本奈津子と判明する前に、ネット上で全くの別人が晒されたことは記憶に新しいと思います。

今回の報道も「誤報では?」との意見も出ています。

河野外相「そのカメラはキヤノン?」発言に対しSNSで賛否の声

日本国内でも、河野外相の「キャノン?」と記者団にカメラのメーカーを尋ねる質問には、賛否の声が出ています。

河野外相は、この質問を「雑談」としていますが、SNS上でも「皮肉」「パフォーマンス」と見る向きは少なくありません。

  • スカッとした
  • 不買運動の無意味さを伝える意味で、良いパフォーマンス

と考える意見もありますが、

  • 幼稚、下品、悪意ある煽り
  • 韓国記者がいる、報道されることがわかっていての発言では

など、ネガティブな印象の意見も多数寄せられています。

河野外相の「キヤノン?」質問は韓国でも報道

韓国国内では、今でも日本製品の不買運動が続けられています。

特に、若い世代がSNSなどを中心にして、運動を拡散しているのが、今回の反日運動の特色です。

一方、河野外相の、「このカメラはキヤノン?」発言が示すように、不買が徹底しているという状態ではありません。

日本メーカーの製品が、どの分野も全く売れないという状況までは至っていない状況です。

韓国国内で、不買運動に対して冷めた見方をする方も少なくありません。

不買運動は、反日ムードに煽られているだけと冷静に分析している方もいます。

ただ、不買運動が一部の業界で、日本の会社にダメージを与えていることも事実です。

観光・旅行業などは、特に韓国団体客のキャンセルが多く、決して不買運動を対岸の火事と眺めていられない状況となっています。

河野外相の「キヤノン?」質問が話題に、今後の日韓関係は?

河野外相が記者団に問いかけた「カメラはキヤノン?」という話も、「皮肉」と捉えられ、ニュースになっています。

日韓関係の悪化を伝えるニュースが、毎日のように聞こえてきますね。

一方、肝心の日韓外相会談は、実りある対話となりませんでした。

今後日韓双方に、歩み寄る余地は残されているのでしょうか。

河野外相関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です