ドラマ『コウノドリ1』の動画を全話無料で視聴する方法・配信サービス比較|綾野剛が産婦人科医&ピアニスト役で初主演!

ドラマ『コウノドリ1』は2015年10月16日から12月18日までTBS系列金曜ドラマ枠で放送されていました。

冷静な判断と暖かく寄り添う産婦人科医を主人公に、同期の冷血な産婦人科医や、新米産婦人科医と共に沢山のお産に取り組むヒューマン医療作品です。

こちらでは、ドラマ『コウノドリ1』動画配信情報や、あらすじ・感想・キャスト情報などをご紹介します。

『コウノドリ1』の動画配信情報
『コウノドリ1』の動画はParaviで全話配信中です!

\30日間の無料体験実施中!/

『コウノドリ1』の動画を無料で視聴する方法は?

2015年に放送された『コウノドリ1』の動画配信は、下記の動画配信サイトで視聴できます。

『コウノドリ1』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 見放題 31日
Hulu 見放題 2週間
music.jp 300円~ 30日
dTV × 未配信 31日
Paravi 見放題 30日

※上記の情報は2020年2月記事更新時点での情報となります。料金は1話あたりの金額(税抜)です。

ドラマ『コウノドリ1』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されており、U-NEXTParavihuluであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。

無料おためしは、初回登録の方のみ適用されますので、まだ利用していないサービスでお試し下さい。

『コウノドリ1』動画配信サービス比較

こちらでは、ドラマ『コウノドリ1』が配信されている動画配信サービスのサイトのおすすめポイントをそれぞれまとめています。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

U-NEXTは映画の配信が多いイメージがありますが、新旧問わず国内ドラマの配信も多くあります。

放送局問わず、様々なジャンルが観れるところも高ポイントです。

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

ドラマ『コウノドリ1』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

U-NEXTの無料登録はコチラ

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

キャンペーン終了後も継続する場合の月額料金は1990円(税抜)ですが、4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

※配信状況やサービス内容は2020年2月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

ドラマ・バラエティ番組が豊富なParavi(パラビ)!

Paraviは月額925円(税抜)で新旧ドラマ・バラエティ・アニメなどはもちろん、ここでしか観られないオリジナルコンテンツも見放題です。また、話題作がコンテンツ毎に購入できるレンタル作品も用意されています。

初回登録の方は、30日間の無料体験があります。また、有料会員登録になった後は毎月レンタルチケットがもらえるので、何かしら新作映画などの有料作品を楽しむことができるのでお得です!

Paraviのおすすめポイント

  1. 会員登録後30日間の無料体験ができる!※レンタル作品は別途課金
  2. TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信
  3. PC/スマホ/タブレットでいつでも視聴可能。テレビの大画面でも楽しめる!
  4. 決済日にはレンタル作品に使用できるチケットをプレゼント!

無料期間中の解約でしたら、一切費用は発生致しません。

アプリでは一部作品を除き動画をダウンロードできるので、オフラインでも視聴できます。

※本ページの情報は2020年2月記事更新時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Huluなら追加料金を気にせず全配信が見放題!

 

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。月額1,026円(税込)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。

はじめてHuluを利用される方は、2週間無料のおためし期間があります。

Huluおすすめポイント

  1. 人気映画はもちろん、海外・韓国ドラマ、バラエティー番組が充実!
  2. PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!
  3. まるで映画館!驚きの高画質!
  4. 無料お試し期間が終わっても、月額1,026円(税込)で全て見放題!追加料金はなし!

Huluの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年2月記事更新時点での情報です。詳細はHulu公式サイトでご確認下さい。

『コウノドリ1』の作品紹介

あるライブハウスで演奏していた有名ピアニストの「BABY」は開始10分でライブを切り上げます。

それは自身が働く病院からの応援の電話でした。彼は、ペルソナ総合医療センター・産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)。

連絡は、新米医師の下屋加江(松岡茉優)からで、検査を受けておらず何週目かもわからない未受診妊婦についてでした。サクラは赤ちゃんは悪くないと言い受け入れました。

新生児科の今橋貴之(大森南朋)や白川領(坂口健太郎)にサポートしてもらいながら無事赤ちゃんは産まれます。その後、母親(清水富美加)はメディカルソーシャルワーカーの向井祥子(江口のり子)と相談し、社会復帰を目指し、その間は赤ちゃんは預ける事にしました。

こうして無事に終わるお産もあれば、そうでないことも…。

ある日、交通事故に巻き込まれた妊婦が運ばれてきます。母子のどちらかしか救えないと言われた夫の永井浩之(小栗旬)はパニックになるものの、妻の想いに答える為赤ちゃんを選びました。

そして、悩むのは妊婦だけでありません。妊娠したい為に不妊治療を続ける夫婦、お産の時に妊婦が風疹にかかってしまい白内障になってしまった子供など…。その都度ペルソナの周産期センターのメンバーは協力し、ベストを尽くしていきます。

また、医師にもそれぞれ抱えているものがあります。

サクラは自分が生まれた時に引き取られたイレーネ乳児保育園の先生に再会し、自分がピアノに興味を持ったきっかけを知ります。

助産師の小松留美子(吉田羊)は個人の助産院に引き抜きされ、もっと親身に患者さんに寄り添ったお産が出来るのはではないかと悩みます。

四宮春樹(星野源)は昔のある患者の出来事がきっかけで、笑わなくなっていました。ある時、その過去の患者と同じ状態の患者が運ばれてきます。

医師たちの葛藤とともに、様々なお産を乗り越えていく物語です。

『コウノドリ1』の原作紹介

『コウノドリ』の原作を読む。
『コウノドリ』の原作を読む。

原作は漫画「コウノドリ」(講談社)です。作者は鈴ノ木ユウさんで、2012年から現在もモーニングで連載しており、単行本は29巻まで発売されております。(2020年2月現在)

『コウノドリ1』のキャスト一覧・相関図

https://www.tbs.co.jp/kounodori/2015/chart/

鴻鳥 サクラ(こうのとり さくら)/綾野剛

仲間からも患者からも信頼されるペルソナ病院産婦人科のリーダー。全てのお産が幸せに終わり、「おめでとう」を言えるものにしたいと考えている。

自信の母親を出産と同時に亡くし、児童養護施設で育てられた過去を持つ。

「BABY」という名前でピアニストをやっており、ライブハウスで演奏している。

四宮春樹(しのみや はるき)/星野源

ペルソナ病院産婦人科でサクラと同期。かつては熱血で表情も豊かであったものの、ある出産から冷血で事実のみを淡々と伝えるようになってしまい、看護師からも患者からもあまり評判が良くない。

サクラとは互いに尊敬し、信頼しあっている。

下屋加江(しもや かえ)/松岡茉優

ペルソナ病院産婦人科の新米産婦人科医。若さゆえ突っ走る事もあるが、仲間にアドバイスを貰いながら一生懸命頑張り成長していく。

新生児科の白川(坂口健太郎)とは同期で、互いに切磋琢磨するライバル的な存在。

今橋貴之(いまはし たかゆき)/大森南朋

ペルソナ病院新生児科の部長兼周産期センター長。

愛想はなく口数も少ないが、何より患者家族がどうしたら幸せなのかを考えている。一目置かれ尊敬される存在。

小松留美子(こまつ るみこ)/吉田羊

ペルソナ病院産婦人科の助産師。人手不足のため助産師長のヘッドハンティングで移動してくる。

ムードメーカー的存在でありながら技術力も高い。サクラや四宮の研修医時代の指導員。サクラがBABYであることも知っている。

その他キャスト

  • 加瀬宏/平山祐介
  • 平井紗織/白石糸
  • 真田知香/小林きな子
  • 大澤政信/浅野和之
  • 向井祥子/江口のりこ
  • 角田真弓/清野菜名
  • 新井恵美/山口紗弥加
  • 船越拓也/豊本明長
  • 福田義人/橋本一郎

『コウノドリ1』の主題歌情報

ドラマ『コウノドリ1』には、ドラマのために書き下ろされたmiwaさんの「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」という楽曲が使用されています。

2015年11月11日に発売されオリコン週間ランキングで8位、更には2015年11月の月刊オリコンランキングでは26位を記録しています。

しっとりとした声で歌い上げるバラードですが、miwaさん持つ声や本作品とリンクした歌詞からも力強さを感じることの出来る楽曲となっています。

『コウノドリ1』の見どころは?

同じ妊婦と言っても、悩みやお産は人それぞれあります。それがこのドラマでは分かり易く描かれております。

出産は、毎回無事に終わるとは限りません。障害が見つかったり、病気が見つかることがあります。そういったこともリアルに表現されています。

また、ピアノのシーンは必見です。サクラを演じる綾野剛さんがカッコよく演奏されていますが、その裏ではライブハウスのマスター役で登場している、プロピアニストの清塚信也さんから1年間みっちり指導を受けていました。

BABYの楽曲は清塚さんが作曲しています。ぜひ、聞き入って下さい。

ドラマ『コウノドリ1』は、医療ドラマという事でしんみりしたシーンや感動的なシーンが多いと思われる方もいらっしゃいますが、本作では笑えるシーンも織り込まれていて、緩急のバランスがとれています。

『コウノドリ』1話から最終回まで各話あらすじ

第1話あらすじ

未受診妊婦。赤ちゃんに罪はない。

謎の天才ピアニスト・BABYは、今日もライブハウスでピアノを弾いています。

BABYの正体は、鴻鳥サクラ。ペルソナ総合医療センターで働く産科医。ペルソナは、周産期医療の病院で、妊娠・出産、小児医療まで一貫してケアしている病院です。

ペルソナに救急患者の要請連絡が入ります。未受診妊婦で他の病院に2軒断わられており、新米産科医の下屋は、サクラに連絡。サクラは、生まれてくる赤ちゃんに罪はないと受け入れます。

ペルソナには他にも臨月でお産が始まっている妊婦さんが多く入院していました。四宮は別の妊婦の帝王切開中。サクラは、四宮のオペ時間を計算し、オペ室が終わる頃に、受け入れた矢野夏希(清水富美加)の帝王切開を始めます。

未受診妊婦は感染症の可能性があり、病院としてもリスクを伴います。無事に赤ちゃんを取り出し、ほっと一安心したのもつかの間。他の患者に、未受診妊婦の噂が広まってしまいます。

夏希はシングルマザーでした。付き合っていた彼氏は自分の子とは認めず、実家にも頼れない状態。赤ちゃんを産むことを受け入れられずにいました。

ソーシャルワーカーの向井やサクラたちの声かけもあり、少しずつ生まれた赤ちゃんに目を向けます。名前はこころ。

しばらくして、夏希は女性の自立支援団体のサポートで、仕事を探すことになりました。心ちゃんは乳児院へ預けられます。

サクラもまた、幼い頃に母を亡くし施設で育てられ、その時の養母・景子からピアノを教わりました。

そして、ペルソナに新たな妊婦の緊急患者が…。

第2話あらすじ

妻か赤ちゃんか苦渋の選択

ペルソナでは、四宮やサクラが、ある妊婦の子宮を全摘するべきかカンファレンス中。臨月を控えた妊婦・晴美(川村ゆきえ)が交通事故に遭い、ペルソナに運ばれます。

お腹の赤ちゃんに異常なし、母親は脳の腫れがひどく意識不明の状態。サクラは、カイザー(帝王切開)で、今のうちに赤ちゃんを取り出せないか救急の加瀬に提案します。

夫の浩之(小栗旬)に、意識が戻る可能性は低いことを伝えます。万が一の時は奥さんか赤ちゃんかどちらかを選択するように、サクラは言います。そして、晴美に異変が。

浩之は赤ちゃんを助けて欲しいと、緊急帝王切開。無事に赤ちゃんは生まれ、晴美は帰らぬ人に。サクラと四宮は、晴美のお腹の縫合をします。最後まで患者をいたわりたいと。

帝王切開に反対していた加瀬でしたが、無事に赤ちゃんを救えて良かったとほっとした様子。加瀬は、既に晴美の心臓は止まっていましたが、赤ちゃんに呼吸を送るために人工呼吸を続けていました。

浩之は、我が子を抱え退院。晴美の思いを汲み取ってくれたサクラに感謝して去っていきます。

第3話あらすじ

子宮全摘するかどうか。過去に縛られる四宮

サクラは、検診に訪れた瀬戸加奈子(石田ひかり)と娘の遥香に10年ぶりに再会します。加奈子は妊娠中に風疹にかかり、遥香は白内障で目が不自由。

加奈子は、妊婦に風疹の予防接種を受けてもらうためテレビ出演の依頼が来ていますが、娘に好奇の目が向くのを恐れ迷っています。

四宮は、妊婦の木村法子(山田真歩)が苦しんでいるのを、偶然通りかかり助けます。法子は、危険な状態で常位胎盤早期剥離。赤ちゃんに酸素や栄養が行かず、母子ともに危険な状態。喫煙の影響でした。

無事に帝王切開で赤ちゃんは出産。法子の状態が危険で、子宮を全摘するかどうかの決断を迫られます。

四宮は、過去の事例を思い出しリスクを避けるため全摘を希望しますが、サクラは冷静に判断し子宮を残して処置します。

法子も無事に助かりました。5年前、四宮が担当した妊婦の佐々木みのり。喫煙の影響で剥離で帝王切開。出血多量で帰らぬ人に。子宮を摘出していれば助けられたと悔やむ四宮。

法子は意識を取り戻し、四宮に赤ちゃんを助けてくれたことにお礼を言います。

加奈子は、夫と相談した結果、テレビ出演を断ることにしたと今橋に伝えます。

加奈子は、遥香とBABYのライブに行くと、BABYは遥香をステージ上に連れていきます。加奈子は心配していますが、遥香は優しいメロディを奏でます。

遥香がステージで演奏する姿を見て両親は感動し、テレビ出演をすることに決めました。遥香なら大丈夫と。

テレビで風疹の予防接種のことが取り上げられ、認知度があがったようで、ほっとするペルソナの仲間たち。

第4話あらすじ

中絶を取るか出産継続か、苦渋の決断

21週の妊婦・田中陽子(河井青葉)は、破水し病院に運ばれます。21週での破水は、羊水が体の外に出ていってしまうため、赤ちゃんは危険な状態です。

赤ちゃんを少しでもお腹の中で育てるには24週まで待つ必要がありますが、それまで全体安静の状態。食事や排せつはベッド上で歩行も全くできません。

法的に人工中絶するには数日の猶予しかありません。しかも、出産できても赤ちゃんに障害が残る可能性があり、苦渋の選択を迫られる田中夫妻。

夫婦は話し合い、このまま妊娠を継続することを決断します。下屋は、破水する前日の検診で特に異常はなく、自分が気づけなかったのか悩みます。新井は、その点を厳しく追及します。

下屋が当直中、陽子の容態に異変が。赤ちゃんのお産が進んでおり、帝王切開するには母体にリスクがあります。無事に生まれたとしても、後遺症が残る危険性は50%以下。

下屋は、夫婦に中絶を進めますが、下屋個人はどう思うのか?と聞かれ、「お母さんも赤ちゃんも助けたいです」と答え、陽子も同じ気持ち。

そして、陽子の帝王切開が始まり、赤ちゃんを出産。生まれた赤ちゃんは超低体重児。あまりの小ささに下屋は驚愕します。NICUに運ばれ、夫の淳は小さな赤ちゃんの手を握ります。

陽子は、小さい赤ちゃんを見て「悲しくて泣いているんじゃないよ。嬉しくて泣いているんだよ」と、夫に言うのでした。

助産師の小松は、サクラがBABYということを見抜いていました。サクラは、小松のためにピアノを弾きます。

第5話あらすじ

中学生の予期せぬ妊娠。育てられない現実。

中学2年生の玲奈(山口まゆ)は、同級生・亮の子供を妊娠して8ヶ月。妊娠に全く気づかず、バスケの途中お腹が痛くなり、保健の先生から聞かれ発覚します。

今橋のところに、NPO法人ツグミの会の代表が、恵まれない赤ちゃんとの養子縁組をと、働きかけにきました。

玲奈は、他人事で妊娠に対して覚悟がない様子。サクラにCGではなく新しい命が授かっていると諭され、少しは理解した様子。

玲奈の母親は夫と離婚。亮の両親は、無関心でこちらに任せますとのこと。正直、玲奈の母は暮らしていくのがやっとで、赤ちゃんを育てていく自信がありません。

一方、サクラは乳児院でお世話になった加賀美と再会。加賀美が保育士になって初めてお世話をしたのがサクラでした。サクラは、乳児院から幼児施設に移るときに、加賀美の姿を探していたことを語ります。

玲奈と亮の両親の話し合いの結果、生まれてくる赤ちゃんは乳児院に預けることになりました。

玲奈と亮は、妊娠がわかってから2人で初めて話し、玲奈のお腹に赤ちゃんの胎動があることを2人で感じます。玲奈の中に赤ちゃんがいるということを。

そして、玲奈の陣痛が来て無事に赤ちゃんが生まれます。玲奈は生まれたばかりの赤ちゃんを見て涙します。

別室にいる養子縁組の夫婦に、赤ちゃんは引き渡され、激しく泣く玲奈でした。

第6話あらすじ

妊娠のタイムリミット。女性の切なる願い。

妊娠31週の妊婦が救急で運ばれてきました。子宮破裂で赤ちゃんは助からず、子宮も全摘。

妊婦は43歳で不妊治療の結果やっと授かった赤ちゃんでした。以前行った子宮筋腫の手術痕が子宮破裂の原因でした。

加瀬の10年早く産んでおけばよかったのにという言葉に、下屋の導火線がスイッチオン。

妊婦の竹下敦子(森口瑤子)43歳は、5年の不妊治療を経てようやく妊娠。妊娠高血圧症候群の可能性があり、大事をとって入院することになります。

相沢美雪(西田尚美)38歳は、5回目の人工授精で着床せず、体外受精を勧められます。

そんな時、シングルファーザーの永井浩之(小栗旬)が発熱した芽衣を連れてペルソナを訪れます。

浩之は赤ちゃんを抱え、仕事も何とか頑張っているがうまくいかないことも多いとサクラに語ります。

ペルソナでは、不妊外来と高齢出産のリスクなど、カンファレンスで話し合われています。

敦子の赤ちゃんは帝王切開で出産。術後、出血多量で一刻を争う事態となり子宮全摘。何とか母体も無事助かりました。

敦子は、もっと早く産んでおけば良かったと後悔しますが、生きてて良かったと心から思うのでした…。

第7話あらすじ

自然に産みたい。お産は人それぞれ違う。

森亜沙子(南沢奈央)は、陣痛促進剤・帝王切開などではなく自然に出産したいと希望しています。そのため、ペルソナでは絶対産みたくないとサクラに宣言。

助産院の野々村秀子は、今まで5000人以上の赤ちゃんを取りあげてきて一度も事故はないと自信たっぷり。亜沙子は、野々村の助産院に通っています。

助産院と病院は提携し、助産院に通う妊婦さんでも、ある一定回数は病院での受診が必要です。ペルソナもいくつかの助産院と提携しています。

小松は、助産院を開業した同期から引き抜きを受けていることサクラと下屋に話します。小松は、母のような助産師になりたいと助産師を目指しました。

亜沙子のお産が進み、赤ちゃんが正常な向きではなく帝王切開が必要になります。自然なお産を望んでいた亜沙子は、なかなか受け入れられません。苦しいお産を経験しなければ、立派な母親にはなれないと。

助産師の野々村が、実は我が子二人も帝王切開で産んだことを話すと、亜沙子は帝王切開を決断します。無事に出産し、サクラから「自然分娩も帝王切開も同じお産です」と言われ、涙ぐむ亜沙子。

小松は野々村から、「お母さんに力を貸して、赤ちゃんを取り上げるのが助産師の仕事」という言葉を聞き、どこか吹っ切れたようです。

出産には、医師だけではなく助産師の力も必要。正しいお産というのはなく、お産は人それぞれ違うということ。

第8話あらすじ

悲しみを乗り越えて今を生きる。

土屋マキ(谷村美月)は、検診で四宮からお腹の赤ちゃんは口唇口蓋裂と告げられます。マキは初めての妊娠。産後、手術すれば治ると説明を受けますが、不安がぬぐい切れず。

後日、夫ともう一度説明を聞きに四宮の元を訪れますが、「手術で治ります」と四宮は冷たく言います。

サクラはフォローし改めてマキに説明すると、自分のせいではないかと自分を責めます。

口唇口蓋裂で生まれる赤ちゃんは、500人に一人の確率。決して低い確率ではありません。

川村実咲(中村ゆり)は順調に37週を迎えていました。以前、妊娠したとき、赤ちゃんが無脳症で死産に。死産をなかなか乗り越えられず、2人目の妊娠も素直に喜べません。

会沢美雪は体外受精2回目で着床し妊娠し、喜びます。

マキが思い悩んでいる時、新生児科の白川はか、同じ口唇口蓋裂の赤ちゃんを持つお母さんからの手紙を見せます。

サクラは、マキに4Dエコーで赤ちゃんを見せ、少し落ち着いた様子。

実咲は不安を乗り越え、「この子は元気に産んでみせます」とサクラに宣言。実咲のお産が始まり、サクラは2年前の死産のことを思い出していました。

悲しみ、絶望、不安を乗り越えて今、また新たにこの世に新しい命が誕生しました。

第9話あらすじ

燃え尽きる。産科医の恐怖。

つぼみちゃんの容体が急変したと四宮はオペ中に知らせを受けます。つぼみちゃんは、6年前、お産の影響で植物状態になってしまいました。

四宮とサクラは、息を引き取ったつぼみちゃんを前に佇みます。つぼみちゃんの父親は、どこかそっけない様子。

そんな中、23週の妊婦・小泉明子(酒井美紀)が切迫早産で運ばれてきます。緊急で帝王切開し赤ちゃんは産まれましたが、超低体重児。

赤ちゃんはあまりに小さく、夫婦は受入れられません。新井は夫の大介から、「なぜ助けたんですか」と聞かれ、言葉を詰まらせます。

新井は、赤ちゃんを助けようと付きっきりで見ており、疲労はピークです。そんな時、赤ちゃんの容体が急変。

新井は最後まで諦めずに蘇生を試みますが、今橋は止めます。明子は、息を引き取った小さなようすけくんを手にのせ、泣きじゃくります。

四宮は、つぼみちゃんの父親に、頑張ったなとつぼみちゃんに言って欲しかったことをサクラに語ります。

それから、新井は双子のお産の帝王切開のとき、手が震えてしまいます。手術が終わり、「ごめんなさい、ごめんなさい」と見えない何かに向かって言い続けます。

新井は、小泉夫婦の赤ちゃんを救えなかったことがトラウマとなり、怖くなってしまった様子。それから1週間以上欠勤しています。

優秀な産科医がまた一人、いなくなってしまうのでした。

サクラはライブハウスで、景子ママからの手紙を受け取ります。そこに書いてあったのは…。

最終回あらすじ

大切な命のバトンを繋ぐ奇跡

景子ママからの手紙には、サクラの実の母のことでわかったことがあると書かれていました。今まで胸のどこかに刺さったままの傷がうずきます。

NICUに入院している18トリソミー(染色体異常)の赤ちゃん、なおとくん。なおとくんの母親、森口亮子(奥貫薫)は母乳を届けに来ますが、赤ちゃんには会おうとしません。

今橋は、亮子になおと君に会って行きませんか?声と声をかけます。今橋から、なおと君の一日は、大人の数年にもあたる、この時間が大切と言われ、我が子との時間を愛おしく思い始めた亮子。

サクラは、景子の姪からサクラの母がピアノバーで働いていたときのことを聞きます。

サクラの母は、札幌で働いていた時に知り合った男性と恋に落ち、サクラが産まれました。

その男性には家庭があり、単身赴任が終わり東京へ。サクラが産まれたことはおそらく知りません。

景子ママは、「あんたは望まれて産まれてきたんや」と言われ頷くサクラ。

37週の妊婦・飯塚律子(木南晴夏)は破水で入院。出版社で働いている相沢美雪の取材に協力しています。ある日、突然胸を痛みだし心肺停止に。

チームは死戦期帝王切開で母体に酸素を送り、蘇生を計ります。赤ちゃんは無事に出産。

律子はもうだめかと思われた時、産声をきっかけに心臓が動きだ蘇生。その後、律子の意識がなかなか戻らず、サクラの提案で赤ちゃんを側に置いた時、律子の目が開き意識を取り戻しました。

亮子の夫は、四宮に言われたことが心に残り、ようやくなおと君に会います。今まで会いに来る勇気がなかったことをなおと君に謝りながら。

「大切な命のバトンを繋いで赤ちゃんは生まれる。それは奇跡だ」と、サクラは思うのでした。誕生する全ての命に祝福がありますようにと。

『コウノドリ1』の感想・まとめ

ドラマ『コウノドリ1』は、とにかくキャストが豪華です!

ドラマ単独初主演の綾野剛さんをはじめ、星野源さん、松岡茉優さん、大森南朋さんと主役級の方々の共演に加え、江口のり子さんや浅野和之さんという実力派も揃っています。

そして脚本家は「八重の桜」「ゲゲゲの女房」などを書かれており、取材を元に緻密な構成で話題の山本ムツミさんが担当しています。

毎回の出産にかけるそれぞれの想いが綺麗に、そして明確に描かれているので感情移入しやすいドラマとなっています。自分の事のように感動出来たり、苦しくなったり、泣けたりしますので、ハンカチをご用意してご覧ください。

『コウノドリ』の動画配信情報
『コウノドリ』の動画はParaviで全話配信中です!

\30日間の無料体験実施中!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です