恋つづ8話で魅せた上白石萌音の演技力!切ない表情に表現の仕方がうますぎると話題に

TBSのドラマ「恋はつづくよどこまでも」が、今クール非常に好調です。

佐藤健さん演じる「魔王」と評されるクールな医師、天堂と上白石萌音さん演じる「勇者」七瀬、どちらも非常に視聴者から好印象を持たれています。

第8話では、特に上白石さん演じる七瀬のシーンが話題となりました。

上白石さんの演技力・表現力の高さに、多くの方が驚嘆の声を漏らしています。

第8話で話題をさらった上白石さんの「無言の15秒」と、第9話以降の見どころをまとめました。

恋つづ8話、切ない表情から見える上白石萌音の演技力が話題に

「恋はつづくよどこまでも」8話では、上白石萌音さんが演じる七瀬がボウリングデートでの切ない思いを表現した無言のシーンが話題となりました。

上白石さんの演技・表現力のすごみを、多くの方が実感しています。

問題のシーンは、七瀬が佐藤健さん演じる天堂とボウリングデートに出かけるシーンです。

病院でのトラブルを解決するため、七瀬はすでに自ら天堂のもとを去る決意をしていました。

ボウリングで第一投を終え、2ピンを残した七瀬は、天堂に向かってスペアをとることができたら、ずっと一緒にいてほしいとお願いします。

スペアをとることに成功した七瀬は、そこから圧巻の15秒で万感の思いを表現します。

切ない表情から目を閉じ、一度気持ちを落ち着かせてから、満面の笑顔で天堂に対し、もう一ゲーム勝負するかと持ちかけました。

スペアをとってからの15秒のシーンは無言で、ほぼ表情だけで七瀬の切ない思いを表現されています。

この15秒の切ない無言シーンに心を打たれた視聴者は非常に多く、上白石さんの演技力・表現力を高く評価する声が多数上がりました。

恋つづ上白石萌音の評価が急上昇中、少女漫画の主人公を嫌味なく

「恋はつづくよどこまでも」第8話、ボウリングデート以外のシーンでも、七瀬役を演じる上白石萌音さんの評価はどんどん高まっています。

ドラマのプロデューサーも「品がある」「嫌みなく可愛い」と評する上白石さんだからこそ、この役を演じられるという評価も出ています。

「恋つづ」は少女漫画が原作であり、「やりすぎ」てしまうと、あざといと感じられ、女性から嫌われる存在になってしまうことも珍しくありません。

品があり、内面から可愛く女性にも好かれる存在として描かれる上白石さんの七瀬は、間違いなくこのドラマが好調な要因の1つですね。

プライムタイムの民放ドラマ初主演となった上白石さんですが、今後も多くのドラマや映画での活躍を予感させます。

恋つづ第9話は一転舞台が鹿児島に、東京に戻ってからは交通事故のハプニング

好調の「恋つづ」は、3月10日に第9話が放送されます。

第9話は舞台が一度鹿児島に飛び、小さな診療所で新しい勤務場所を見つけた七瀬を天堂が迎えにくる展開からスタートします。

予告動画では七瀬が家族に天堂を紹介するシーンもあり、天堂と七瀬の関係性はまた一歩前進を見せる可能性もありますね。

七瀬が東京に戻ってからの展開も、また一波乱起きる予告がされています。

交通事故の現場に出くわすハプニングは、天堂と七瀬にどのような影響をもたらすのか、大きな見どころとなります。

「魔王」と呼ばれる天堂は、話が進むにつれどんどん「魔王」ではない、「ツンデレ」の「デレ」な一面を見せるシーンが増えています。

9話でも、そうした佐藤さんの柔らかい表情・ギャップに期待するファンは多く、そうしたシーンが見られるかも要チェックですね。

回を追うごとにハマる視聴者が増える「恋つづ」、間もなく最終回クライマックスに

「恋つづ」フィーバーもSNSで見られるほど、回を追うごとに視聴率もアップ傾向にあり、TBSドラマ「恋はつづくよどこまでも」が非常に好評です。

物語は3月10日で第9話と、間もなくクライマックスを迎えることは間違いありません。

少女漫画が原作の作品らしく次々と立ちはだかる障害を乗り越え、天堂と七瀬はハッピーエンドを迎えることはできるでしょうか。

恋はつづくよどこまでのあらすじ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です