ドラマ『恋はつづくよどこまでも』6話あらすじ・ネタバレ!ダブルベッドで寝ることになった七瀬(上白石萌音)と天堂(佐藤健)はどうなる?

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第6話が、2月18日(火)に放送されました。

第5話では、佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)がついに恋人同士に…!

そのことを内緒にしようとしているうちに一時想いがすれ違ってしまいますが、無事に問題を乗り越えた2人。そして最後には浬が七瀬を彼女だと公言します。

今回は、七瀬の恋のライバル!?が登場します。

第5話のネタバレはこちら⇒ドラマ『恋はつづくよどこまでも』5話あらすじ・ネタバレ!魔王(佐藤健)が勇者(上白石萌音)の彼氏になってやることに!

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第6話のあらすじ・ネタバレ

浬の元恋人にそっくりな妹が出現

ナースステーションで、佐倉七瀬(上白石萌音)の8日の予定をあけてほしいと根岸麻莉子(平岩紙)に頼む天堂浬(佐藤健)。不思議がる看護師たちの前で「一緒に飯食います」「俺の彼女だから」と公言します。

その言葉に七瀬も含めた全員が驚き、喜びます。しかし、なんとそこに浬の元恋人にそっくりな妹の若林みおり(蓮佛美沙子)が現れます。医者をやっているというみおり。

時間がなく、すぐに立ち去ってしまいますが、あまりのそっくりさに浬の元恋人を知る人たちは驚きます。

浬が医師の部屋へ戻ると、「話しておけばよかったな」と小石川六郎(山本耕史)。みおりがこの病院に医師として来るかもしれないと話し始めます。

それから小石川は、浬に出張で大阪のセミナーに出演して欲しいとお願いします。その日は七瀬とごはんを食べる約束をした日と重なっていました。

その頃ナースステーションにも、浬に出張のセミナーが入ったという情報が入ります。それを見た後、浬に話しかけようとした七瀬ですが、その前にみおりが走ってくると階段を踏み外して浬に抱きつきます。

みおりが浬と同じセミナーに参加すると聞き、七瀬は慌てて根岸のもとへ。「なんだかとても危険な予感がするんです」と懇願して、セミナーのある土日両方とも休みをもらうことに。

そして浬に「私も一緒に」と言いますが、「仕事だぞ。大人しく待っとけ」と浬。七瀬はその状況を流子(香里奈)に相談。流子のアドバイスで、七瀬も後をつけて大阪に行くことに決めます。

浬の後をつけて大阪へ

セミナーの日。七瀬は病院から浬を尾行。大阪に着くと、同じ便に乗っていたというみおりが現れます。2人が乗ったタクシーを追いかけようとした七瀬でしたが、見失ってしまいました。

仕方なく一人で大阪の街中に出ると、財布を失くした男性に出会います。一緒に探して財布を無事に発見。しかし男性が急に倒れてしまいます。すばやく心臓マッサージをする七瀬のもとに、「状況は?」と浬もやってきます。

その頃、病院では酒井結華(吉川愛)が元看護師だという患者・和田から厳しくされ、珍しくヘコんでいました。その様子を見て「酒井さんでダメなら、みんな不合格だな」と来生(毎熊克哉)。

結華が「母に似てるんです」と本音をもらすと、来生が自分の親もそうだと話し始めます。「お互い親には苦労するな」と、来生と話せた結華は元気を取り戻します。

倒れた男性の無事を確認した七瀬と浬。浬は七瀬がついてきたことに気づいていました。浬は食事会には行かず、「大阪に来たらたこ焼きだろ」と差し出します。

「先生と初めてのデート」「初デートが旅行なんて最高です」と七瀬。そして流子が手配してくれたホテルに向かいますが、なんと2人は同じホテルの同じ部屋…。

部屋に入っても落ち着かない七瀬は、いろいろゲームを持ってきたとバッグの中を漁ります。するとその中に「七子ちゃん、ファイト」と書かれた流子のメッセージ付きのかわいい下着が。

七瀬は慌てて流子に電話をかけますが、「せっかくのチャンスをモノにしないと」と言われるとすぐに切られてしまいます。

お風呂に入った後、七瀬は「先生、こんな私ですが末長くご指導ご鞭撻のほど…」と言いながら寝室に入りますが、浬は寝てしまっていました。その寝顔を見て「やっぱり王子」と七瀬。

顔を近づけてみますが、キスはできず…。「おやすみなさい」とベッドに入るとすぐ眠ってしまいます。すると浬は目を開け、七瀬が寝てしまっているのを見ると、そっとキスするのでした。

ライバルからの宣戦布告

病院では、少年の出血に仁志琉星(渡邊圭佑)が冷静に対応。それを見て「仁志くんが突発的な流血を冷静に対処するなんて」と結城沙世子(片瀬那奈)。「これくらい…」とテンション低めな仁志に、菅野海砂(堀田真由)が「元気ないよ」と声をかけます。

流子が浬の姉だと知ってから連絡を取っていない仁志。その仁志の前で、結城と海砂は、魔王を振り向かせた七瀬が改めてすごいと噂話を始めます。

その話を聞いて勇気が出たのか、仁志は流子の家へ。「自信がなくて」という仁志に、流子は「私のこともっと知りたくない?」と言うと、なぜか海鮮丼のお店へ。「私の大好物」と言ってマグロ丼を頬張ります。

一方、七瀬が朝目覚めるとすでに浬の姿はなく、「先に行く。おまえも来い」とメモが。七瀬は慌ててセミナー会場へ向かいます。

登壇して話をした浬に「医者として一番大事にしていることは何ですか?」と質問が。すると浬は「救えなかった方の命の分だけ医師には負債があり、それを返していくためにも未来の患者を救っていきたい」と力強く話します。

セミナー後、七瀬のもとにみおりがやってきます。「心臓外科で働くことになりました」とみおり。そして「天堂先生とお付き合いされてるって聞きました」「姉のことを乗り越えて、どんな方と巡り合ったのか、どうしても確かめたくて」と話します。

七瀬が謙遜しながら浬との話をすると、「意外」「姉とは正反対」とみおり。七瀬は複雑な気持ちで大阪を後にします。

動き出す四角関係?

病院に行くと「どうだった?」とニヤニヤしながら聞いてくる看護師たち。七瀬はなんとか笑顔を保ちながらお土産を渡します。

すると和田からナースコール。緊急オペが始まります。浬が執刀しますが危険な状況が続いたため、みおりと治療方針で少し揉めます。しかし、浬はみおりと協力してオペを続けることに。

和田は無事一命を取り止め、意識を取り戻します。結華がそばにいると、「ありがとう」と和田。その言葉を聞いた結華は、涙ぐみながら喜びます。

ナースステーションでは根岸が「天堂先生と若林先生、すごくいい連携だったようで」と小石川に話しかけます。みおりが優秀で、浬といいパートナーになるだろうと話すと「みのり先生もきっと喜びますね」と根岸。

2人の会話を聞いていた七瀬は、複雑な気持ちのまま医師の部屋へ。すると、みおりが浬に話しかけているところでした。

「姉を失った辛さ、それを糧に医師として頑張ること、分かち合える気がした」とみおり。そして「あなたを好きになりました」と話します。

みおりの話を聞いた後、公園で一人缶ビールを飲む七瀬。そこへ来生がやってきます。たわいも無い話で七瀬を笑わせる来生。

「天堂先生には私なんかよりお似合いの人が、今も昔もちゃんといて…」「ただの身の程知らずの厄介岩石」と泣き始める七瀬。

しかしハッと我にかえると「すみません、帰ります」と立ち上がります。来生はその七瀬を抱きしめると、「泣くなよ、俺がいるから」「好きだよ」と言うのでした。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第6話の感想

第6話では、七瀬の強力なライバル…浬の元恋人にそっくりなみおりが出現。優秀な医師で、仕事上でも浬のパートナーになれるみおり。また七瀬は自信を失くしてしまいます。

そんな時、ついに来生も動きました。浬と七瀬は恋人同士。しかしその2人をそれぞれ想う人が現れます。なかなか進展しない浬と七瀬の関係はどうなってしまうのでしょうか。

浬が素直にならないと、七瀬が自信を失くして離れていってしまうような気がします。浬は自分の気持ちに正直になれるのか…次回の展開も見逃せません。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』7話あらすじ・ネタバレ!天堂と七瀬は遊園地デートでソフトクリームキス!

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviで!

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』は全話Paraviで配信されています。

はじめて登録する方は、30日間無料です!ぜひお試しください。

Paraviオリジナルストーリー「まだまだ恋はつづくよどこまでも」も一緒に見ることができますよ。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し動画
『恋はつづくよどこまでも』の見逃し動画はParaviで見放題配信中です!

\30日間の無料体験実施中!/

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です