ドラマ『恋はつづくよどこまでも』1話あらすじ・ネタバレ!ドSな医者(佐藤健)と勇者看護師(上白石萌音)は付き合うことができるのか?

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の放送が1月14日(火)からスタートしました。このドラマは毎週火曜日夜10時からTBSで放送されます。

原作は小学館「プチコミック」で掲載されていた円城寺マキさんの漫画。

偶然運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)は、彼を追って看護師に。

しかし、5年ぶりに再会した憧れの医師・天堂浬(佐藤健)は超ドSで“魔王”と呼ばれていました…。

魔王のことを無謀に想い続ける七瀬は、周りの人から“勇者”と呼ばれるように。勇者と魔王のカップルは誕生するのでしょうか…?ピュアな胸キュン・ラブストーリーです。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第1話のあらすじ・ネタバレ

運命の王子様との出会い

修学旅行で東京に来た高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)。どうも家系に男運がないようで、「いいご縁がありますように」と一人で神社にお参りします。

猫のお守りを買って帰る途中、自転車を押していたおばあさんが目の前で倒れ、意識を失ってしまいます。

どうしたらいいか分からず、必死に助けを呼ぶ七瀬。そこへ天堂浬(佐藤健)が偶然通りがかります。浬は七瀬に救急車を呼ぶようすばやく指示を出すと、患者の状態を把握し、おばあさんが常備していた注射と吸引器を使って容体を落ち着かせました。

救急車が来ると「日浦総合病院の医師・天堂です」と名乗る浬。七瀬は助けてくれた浬にお礼を言って頭を下げると、浬は七瀬の頭をポンポンとして、「もう大丈夫、君のおかげだ」と言って去っていきました。

浬を見送りながら、七瀬は心の中で神社の神様にお礼を言うのでした。

浬に一目惚れした七瀬は、浬に会いたい一心で看護師を目指します。看護学校での実習中も浬のことで頭がいっぱい。そしてついに浬のいる日浦総合病院で働ける日がやってきました。

憧れの浬との再会

初出勤日、七瀬は手術を終えたばかりの浬と再会。「先生に会いたくて看護師になりました」「この5年ずっと先生のことが好きでした」といきなり告白します。

浬は七瀬の下げた頭を撫でる…のではなく掴むと、「誰だ、おまえ」と一言。

七瀬の名前を呼んだ他の新人看護師を見て、七瀬が新人だと分かると「流れを塞きとめる岩石が」「身の程を知れ、岩石」と毒づいて去ってしまいます。

その様子を見ていた他の看護師たちは七瀬の行動にびっくり。「よりによってあの魔王に」と面白がるのでした。

七瀬は傷心のまま、広い会議室での新人研修へ。そこへ副医院長・小石川六郎(山本耕史)が入ってきます。「グッとくるいい話思いついたけど、忘れちゃいました」とお茶目な小石川に、会議室では笑いが起こります。

その後、七瀬が最初の研修先に指定されたのは、なんと浬のいる循環器内科。魔王にいきなり告白した七瀬は、先輩看護師たちから“勇者ちゃん”と呼ばれていました。

先輩たちに浬が「本当は優しいよ」と言われた七瀬はまた元気を取り戻します。

そして小児科の患者・杏里(住田萌乃)と話す浬の笑顔を見かけた七瀬は、「やっぱり王子だ」と思いますが、それも束の間。杏里と離れた浬に「何笑ってんだ、気持ち悪い」と言われてしまいます。

「やっぱり魔王じゃないですか」と愚痴ると、根岸麻莉子(平岩紙)は「もうバレたか」と一言。根岸は「でも魔王は仮の姿」「真の姿を見れるかどうかは勇者次第」と励ますと、七瀬を浬の心電図の補助へ向かわせます。

張り切る七瀬でしたが、左右の手のクリップが逆に…。浬は「ちょっと失礼します」と席を外すと「バカ」と七瀬を怒ります。

浬からのキツイ一言

医者の控え室で小石川に「同僚とのコミュニケーションも大事に」と注意された浬。「来生を見習えよ」と言われます。その頃、来生晃一(毎熊克哉)は七瀬に天堂を落とすために協力すると言ってきます。

最後のシュークリームを思わず買ってしまったみたいに、七瀬に好意があるフリをして浬に火をつけるという“シュークリーム作戦”を提案してきます。

七瀬が一人でナースステーションにいると、患者の神田からナースコールが。緊急事態に慌ててしまい、ミスを連発してしまった七瀬。浬に「辞めろ、おまえ向いてない」と言われてしまいます。

七瀬が窓際で泣いていると、杏里がやってきます。杏里は七瀬を、新人がよく泣いているという秘密の隠れ家(倉庫)へ案内します。「みんな泣いて成長するんだよ」と励まされ、元気を取り戻した七瀬は杏里に小児科の子ども達を紹介してもらいます。

ある日、突然の流血が苦手な七瀬の同期・仁志琉星(渡邊圭佑)は、血に慣れるため血が出るシーンのある映画を見に出かけます。そこで偶然流子(香里奈)と会い、看護師だと伝えると「仕事頑張って」と水をもらいました。

七瀬は失敗した酸素吸引を一人で練習。すると同期の菅野海砂(堀田真由)に声をかけられ、同期の4人で飲みに行くことに。なかなかうまくいかない愚痴を話す中で、先輩にも頼られる酒井結華(吉川愛)が羨ましいと言った七瀬。

すると結華は、医療事故で看護師が続けられなくなった母のために看護師になったと話し始めます。そして「動機が一目惚れとか羨ましい。シンプルで」と七瀬にキツく言うのでした。

七瀬は家に帰ると、「ダメだ、このままじゃ」と浬の似顔絵と恋のお守りを引き出しにしまいます。

いなくなった杏里

ある日、来生と浬の話をしていた結城沙世子(片瀬那奈)。ふと「変わったよね〜」と話します。それに対し「よく乗り越えたと思いますよ」と来生。どうやら浬が“魔王”と呼ばれるようになったのにはきっかけがあるようです。

七瀬は循環器内科での研修を終えると小児科へ。そこで、杏里の容体が悪くなり、退院できなくなったことを知ります。それでも前向きな杏里を見て安心していた七瀬。

しかしタオルを補充しに倉庫に行くと、杏里が泣いた跡が。急いで杏里のベッドに向かうと、杏里がいなくなっていることに気づきます。全員で病院中を搜索。そして七瀬は屋上で杏里を見つけます。

柵に乗り、飛び降りようとする杏里。七瀬は「なんでも話して、聞くから」と手を差し出すと、ゆっくり杏里の手をとって柵から降ろそうとします。しかし、杏里は柵から外に落ちてしまいます。

慌てて手を掴む七瀬でしたが、引き上げられそうにありません。「助けてください、誰か」と叫ぶと、浬が来て杏里の手を一緒に引っ張ってくれました。杏里は泣きながら「ありがとう」と言って病室に戻ります。

浬は「一つだけおまえにいいところがあるとすれば、咄嗟に動けることだ」「あの日もそうだった」と言います。

「あの頃と何も変わってないな」と少し微笑んで去ろうとする浬に、七瀬は「あの日道が開けたんです」「誰かを助けたい、それが私の今の夢です」と語るのでした。

調子に乗り出した七瀬に浬は「いいか、佐倉」と言うと、七瀬は今まで“ド新人”としか呼ばれなかったのについに名前を呼んでくれた…!と喜びます。

「本当は何もかも覚えてくれているんですね、先生〜」と駆け寄ろうとしますが、扉を閉められてしまいました。

その帰り、七瀬は来生と会うと「シュークリーム作戦は続行でいい?」と確認されます。どうしてそんなに優しいのか首をかしげる七瀬に、来生は「勇者が魔王を倒すところが見たい」と言うのでした。

その後、家に帰ろうとしている浬を見つけた七瀬は、循環器内科を志望したことを話します。「素の性格はさておき、医者としての先生は好きみたいなので」と楽しげに話す七瀬。

一緒に帰っていると、なんと住んでいるのがマンションの隣の部屋だと判明!しかし、浬の部屋からなんと流子が出てきたのです…。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第1話の感想

第1話は、七瀬と浬の出会いから再会までギュッと凝縮された回でした。浬に憧れて看護師になった七瀬ですが、初日にいきなり告白するなんてびっくり。そして浬が怖すぎて、またびっくりしました。

浬に告白したことで、初日から“勇者ちゃん”とあだ名をつけられてしまった七瀬。でも全員にオープンな感じが楽しいですね。

七瀬は周りの言葉に一喜一憂しながら、浬との関係だけでなく、看護師としても失敗を繰り返しながら成長していく七瀬。その単純で純粋な姿は、思わず応援したくなっちゃいます。

一つ事件を越えて、浬との距離も少しだけ縮まったような気がしますが、浬の家には女の人が…。次回の展開も楽しみです。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviで!

ドラマ『恋は続くよどこまでも』は全話Paraviで配信されています。

はじめて登録する方は、30日間無料です!ぜひお試しください。

Paraviオリジナルストーリー「まだまだ恋はつづくよどこまでも」も一緒に見ることができますよ。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し動画
『恋はつづくよどこまでも』の見逃し動画はParaviで見放題配信中です!

\30日間の無料体験実施中!/

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です