『鬼滅の刃』17巻ネタバレ見所や感想!最新刊を無料で読む方法を紹介

『鬼滅の刃』は、「週刊少年ジャンプ」誌上にて、異彩を放つ、大正時代を舞台にした、漫画家・吾峠呼世晴さんの、初連載作品です。

その独自の空気感と、魅力的なキャラクターでもって、連載開始後、じわじわと支持を獲得して行きました。

「鬼」という人喰いの怪物を相手にした、ハードな世界観ながら、常に希望を見失わない作風でもって、2019年にはアニメの放映がスタート。のちには、劇場映画作品の公開が発表される程の、人気を得るに至りました。

そんな『鬼滅の刃』。第16巻では、遂に鬼の首魁・鬼舞辻無残が、鬼殺隊の前に姿を現し、最終決戦の舞台「無限城」へと、戦いの場を移して行きました。そしてこの度、その続刊となる、第17巻が発売。

鬼殺隊最強の「柱」たちと、鬼最強の「上弦」たちとの戦いが、次々と幕を開けて行きます。

この記事では、2019年10月4日に発売された『鬼滅の刃』最新刊17巻を無料で読む方法をはじめ、ネタバレ見所や感想をまとめて紹介します。

『鬼滅の刃』17巻を無料で読む方法

『鬼滅の刃』の17巻を無料で読む方法を調査した結果、電子書籍サイトが読める漫画配信サービスで、初回無料登録でもらえるポイントを使えば最新巻または、6巻分を無料で読むことができました。

下の表、配信サービスごとにもらえるポイントと無料で読める巻数の一覧表になります。

漫画配信サイト 付与ポイント ポイントで読める巻数
music.jp 961ポイント 2巻分を無料で読めます
U-NEXT 600ポイント 1巻分を無料で読めます
FODプレミアム 1300ポイント 3巻分を無料で読めます
ebookjapan なし(還元あり) 漫画は有料ですが、ポイントとして還元されます

※上記の情報は2019年10月時点での情報となります。

一覧表のサービスは、すべてお試し期間内に解約すれば、一切お金は発生しません。

『鬼滅の刃』17巻を無料で読みたい方はコチラ

各サービスの詳しい詳細はこちらの記事をご確認下さい。

『鬼滅の刃』17巻の概要

禰豆子が太陽を克服して以降、鬼の出現がピタリと止んだ事で開催された、鬼殺隊の戦力の底上げ訓練「柱稽古」。

炭治郎たちも、それに参加し、めきめきと実力を上げていく中、遂に鬼の首魁・鬼舞辻無残が、鬼殺隊を率いる、産屋敷の前に、出現しました。

産屋敷の、己を顧みない自爆戦術により、深手を負う鬼舞辻。しかし、そこに集結してきた隊士たちは、鬼の作った別空間「無限城」へと落とされます。

そこに出現した鬼を相手取り、それぞれが戦いを繰り広げる中、「蟲柱」胡蝶しのぶが、単独、「上弦の弐」童磨と遭遇。

しのぶは、姉の仇でもある童磨と、1対1の戦いへと、身を投じて行きました。

『鬼滅の刃』17巻の収録話

  • 第143話 怒り
  • 第144話 受け継ぐ者たち
  • 第145話 幸せの箱
  • 第146話 誇り
  • 第147話 小さな歯車
  • 第148話 ぶつかる
  • 第149話 嫌悪感
  • 第150話 気づき
  • 第151話 鈴なりの雪月夜

『鬼滅の刃』17巻のあらすじ・ネタバレ

過去に、「岩柱」悲鳴嶋行冥によって、鬼から助けられていた胡蝶姉妹。

家族や隊士たちを、理不尽に殺され、怒りを募らせたしのぶは、渾身の一撃を、童磨の首へと叩き込みます

童磨に捕らえられたしのぶ カナヲが駆けつけるも一歩及ばず……

しかし、その一撃にすら動じない童磨。それどころか童磨は、しのぶを抱きしめると、賞賛の言葉を口にしました。

涙を流しながら、「君は俺が喰うに相応しい人だ」などとのたまう童磨に、しのぶは「地獄に堕ちろ」と、憎しみの言葉を返します。

抱きしめられたしのぶが、童磨によって全身の骨をへし折られます。そしてその時、2人が戦っていた部屋に、しのぶの「継子」である、カナヲが到着

カナヲは、花の呼吸・肆ノ型「紅花衣」を、童磨へと叩き込みますが、童磨は、その攻撃を、難なくかわし、しのぶの体を、半ばまで吸収してしまいます。

新たな「上弦の陸」 鬼となった兄弟子の姿に善逸は怒りを燃やす

一方、他の隊士たちと同じく、無限城へと落とされた善逸は、別の場所で、「上弦の陸」と遭遇していました。

かつての善逸の兄弟子、獪岳の、鬼に成り果てた姿に、善逸は鋭い眼光を放ちます。

愈史郎の血鬼術と、産屋敷の後を継いで当主になった輝利哉の力により、「胡蝶しのぶ死亡」の情報が、他の隊士たちに届けられる中。

善逸は、2人の「育手」である桑島慈悟朗が、獪岳が鬼になった責任を取り、腹を斬ったのだという、事実を明かしました。

その事実に、涙を流し、怒りをあらわにする善逸と、ただ笑い飛ばして見せる獪岳。

2人は、口汚く罵り合った後、「雷の呼吸」同士の、激しい戦いを開始しました。

当初こそ、善逸の速さに驚いていた獪岳。しかし、善逸の使えない「雷の呼吸」の剣技と、血鬼術を用い、獪岳は善逸を追い詰めて行きます。

そして遂に、獪岳が放つ、雷の呼吸・陸ノ型「電轟雷轟」が炸裂。善逸に、深い傷を穿ちました。

しかし、それでも戦う意思を失わなかった、善逸。善逸は、「2人で後継だ」と言ってくれた桑島、そして目の前にいる兄弟子へと向けた、謝罪の言葉を思いながら、雷の呼吸・漆ノ型「火雷神(ほのいかづちのかみ)」を使用。

獪岳すら知らない、善逸だけの型で、その頸を斬り飛ばし、因縁に決着を付けました。

避難させられ、「人間に戻る薬」を投与された禰豆子の元に、鱗滝、宇髄、煉獄の父という、元「柱」たちが守りに付く一方。無限城を走る炭治郎は、冨岡と共に、猗窩座(あかざ)と会敵していました。

再会の猗窩座 成長した炭治郎の技が放たれる!

因縁の相手である猗窩座を相手に、「ヒノカミ神楽」で応戦する炭治郎。

その冨岡ですら息を巻く、炭治郎の剣技は、かつて手も足も出せなかった、猗窩座という「上弦」相手に、傷を付ける事に成功します。

しかし、血鬼術を使い、猛攻を仕掛け始めた、猗窩座相手には、冨岡のサポートがあってなお、技の直撃を避けるのが精一杯です。

そしてそうする内、冨岡は、壁の向こうへと蹴り飛ばされ、炭治郎は猗窩座と、1対1で対峙することになってしまいました。

どうにか、猗窩座の攻撃を受け止め続ける炭治郎。猗窩座の、正確無比な技が、どのようにして放たれてくるものなのか、炭治郎は考えます。

しかし、その仕組みはは、ようとして知れず、そのうち、炭治郎は猗窩座に、刀を折られかけます。

しかしそこに、壁の向こうへ吹き飛ばされた、冨岡が戻ってきて、炭治郎の窮地を救いました。

そして冨岡は、極限の戦闘下によってもたらされた、感覚により、左頬に「痣」を発現。速度を上げ、猗窩座に猛攻を仕掛けますが、猗窩座もまた、その速度に対応して来ました。

「痣」を発現させた冨岡 一方の炭治郎は記憶の中に勝機を探る

その間、炭治郎は、猗窩座が放った「闘気」という言葉について、考えます。

「闘気」というものを頼りに、猗窩座が攻防を行なっているのだとすれば、それを狂わせる事が勝利への道。

そう考えた炭治郎は、猗窩座の攻撃を、ぎりぎりで避ける事に成功すると共に、かつて父が言っていた言葉を、思い出しました。

情弱であった炭治郎の父、炭十郎。彼によれば、神楽を舞う際、頭の中が透明になって行き着く、「透き通る世界」があるのだと言います。

当時の炭治郎には、それが何の事が解りませんでした。しかし、炭十郎が病死する十日前。

炭治郎は、炭十郎が、「透き通る世界」の領域をもって、巨大な熊を、斧1本で打ち倒す場面を、目撃していました。

その「世界」に入ることで、未だかつてないほどの速さで、猗窩座の攻撃をかわした炭治郎。

相手の体が「透き通って見える」、その技術を使いこなし、猗窩座を倒す事を、炭治郎は決心しました。

『鬼滅の刃』17巻の感想と見所

満を持してに始まった、最終決戦。鬼殺隊の面々が、次々と「上弦」と接敵し、これに対抗する中、遂に鬼殺隊側から、初めての犠牲者が出てしまう結果となった、第17巻でした。

あまりにも見せ場や、語るべき事が多すぎる、怒涛の展開となった、今巻。

色々とありましたが、やはり、見所としてはまず、「上弦の参」猗窩座との再戦を、挙げたいと思います。

炭治郎たちにとって、苦い記憶であり、また、強くなるための強いモチベーションとなった、煉獄の死。

それを引き起こした仇との、再戦な訳ですから、これはもう、否応無しに盛り上がるというものです

。絶望的と思われた戦力差も、炭治郎の成長、そして冨岡の「痣」発現と、少しずつ、少しずつですが、縮まってきている印象。

加え、今回出てきた「透き通る世界」という技術。果たして炭治郎は、これを使いこなす事で、煉獄の仇を、取る事が出来るのでしょうか。

加え、今巻における大きな出来事と言えば、善逸VS獪岳です。

兄弟子の鬼化、そして「育手」桑島の死、という、衝撃的な展開となった今巻。しかし、善逸は見事な成長を見せ、桑島の仇を取って見せました。

その際明らかになったのは、善逸が獪岳に抱いていた、尊敬の念。

対する獪岳が、最後の瞬間まで、憎しみと侮蔑の言葉を吐いていたのは、読者にとっても、苦い結末となりました。

そして、しのぶ。「柱」として確かな実力を持つも、童磨には及ばず、その体を吸収される、という衝撃の最期となりました。

駆けつけたカナヲにとっては、図らずも炭治郎・善逸と同じく、弔い合戦となってしまった、VS童磨。

単独での勝ち筋があるとは思えない中、しのぶが遺したらしきメッセージは、果たして、起死回生の一手となってくれるのでしょうか。

このように、あまりにも怒涛の展開すぎて、頭が追いついてない感もある今巻。

最終決戦らしい展開であるとも、言えますが、これから先、どんどん人死にが出ていくのではないかと、不安で不安でたまりません。

他、禰豆子の元に集った元「柱」たちや、伊之助、そして動向の未だ知れない「柱」たちなど、新たな戦いが次々描かれる事が予想される、「鬼滅の刃」。鬼たちの首魁、鬼舞辻の頸は、すぐそこです。

『鬼滅の刃』18巻の発売日はいつ?

『Dr.STONE』の単行本が過去に発売された日程を一覧で紹介します。

巻数 発売日
12巻 2018年8月3日
13巻 2018年11月2日
14巻 2019年1月3日
15巻 2019年4月4日
16巻 2019年7月4日
17巻 2019年10月4日

表を見ていただくとわかる通り『鬼滅の刃』の最新刊は2~3ヶ月周期で発売されており、発売月の3日または4日に発売されることが多いです。

過去の発売日から『鬼滅の刃』18巻の発売日は、2019年12月4日だと思われます。次巻発売が待ち遠しいです。

週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です