映画『きいろいゾウ』動画フルを無料で視聴する方法!宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演!ネタバレ・あらすじも

2013年2月2日公開された映画『きいろいゾウ』は西加奈子原作の小説を実写映画化した作品です。

監督は「余命一か月の花嫁」や「軽蔑」を手掛けた廣木隆一監督。宮崎あおいと向井理が初共演し話題となりました。

出会って間もなく結婚した夫婦、仲睦まじく暮らしていましたが一通の手紙がきっかけですれ違い…。

なかなか見れない2人の関西弁も映画の雰囲気にマッチに独特の世界観を作り出しています。

こちらの記事では、映画『きいろいゾウ』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『きいろいゾウ』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

↓今すぐ映画『きいろいゾウ』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

映画『きいろいゾウ』動画を無料視聴する方法とは?

映画『きいろいゾウ』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『きいろいゾウ』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『きいろいゾウ』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 見放題 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 300円~ 30日
dTV × 未配信 31日
Paravi × 未配信 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『きいろいゾウ』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『きいろいゾウ』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『きいろいゾウ』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『きいろいゾウ』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『きいろいゾウ』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

宮崎あおい出演作品一覧

U-NEXTでは主演の宮崎あおいさんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できる宮崎あおい出演作品

  1. 『バースデーカード』(橋本愛/宮崎あおい)2016年映画
  2. 『バケモノの子』(声:宮崎あおい)2015年アニメ映画
  3. 『舟を編む』(松田龍平/宮崎あおい)2013年映画
  4. 『おおおかみこどもの雨と雪』(声:宮崎あおい)2012年映画
  5. 『ゴーイングマイホーム』(阿部寛/宮崎あおい)2012年
  6. 『きいろいゾウ』(宮崎あおい主演)2012年映画
  7. 『北のカナリアたち』(吉永小百合/宮崎あおい)2012年映画
  8. 『わが母の記』(役所広司/宮崎あおい)2011年映画
  9. 『ツレがうつになりまして』(宮崎あおい主演)2011年映画
  10. 『ソラニン』(宮崎あおい主演)2010年映画
  11. 『オカンの嫁入り』(大竹しのぶ/宮崎あおい)2010年映画
  12. 『少年メリケンサック』(宮崎あおい主演)2008年
  13. 『闇の子供たち』(江口洋介/宮崎あおい)2008年
  14. 『サッドヴァケイション』(浅野忠信/宮崎あおい)2007年
  15. 『ハブと拳骨』(尚玄/宮崎あおい)2006年
  16. 『ただ、君を愛してる』(宮崎あおい主演)2006年映画
  17. 『海でのはなし』(宮崎あおい主演)2006年映画
  18. 『初恋』(宮崎あおい主演)2006年映画
  19. 『好きだ』(宮崎あおい主演)2005年映画
  20. 『NANA-ナナ-』(宮崎あおい主演)2005年映画
  21. 『ラブドガン』(永瀬正敏/宮崎あおい)2004年
  22. 『魔法遣いに大切なこと』(声:宮崎あおい)2003年アニメ
  23. 『宮崎あおい~colors~』(宮崎あおい主演)2002年イメージ映像
  24. 『富江 最終章~禁断の果実~』(宮崎あおい主演)2002年映画

向井理出演作品一覧

U-NEXTでは主演の向井理さんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できる向井理出演作品

  1. 『君が君で君だ』(池田壮亮/向井理)2018年映画
  2. 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(米倉涼子/向井理)2018年ドラマ
  3. 『アキラとあきら』(向井理主演)2017年ドラマ
  4. 『いつまた、君と 何日君再来』(向井理主演)2017年映画
  5. 『そして誰もいなくなった』(仲間由紀恵/向井理)2017年ドラマ
  6. 『RANMARU 神の舌を持つ男』(向井理主演)2016年
  7. 『孤独のグルメスペシャル!~真夏の東北・宮城出張編~』(松重豊/向井理)2016年ドラマ
  8. 『信長協奏曲』(小栗旬/向井理)2016年映画
  9. 『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(向井理主演)2015年映画
  10. 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇』(戸田恵梨香/向井理)2015年映画
  11. 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇』戸田恵梨香/向井理)2013年映画
  12. 『百瀬、こっちを向いて。』(早見あかり/向井理)2013年映画
  13. 『きいろいゾウ』(向井理主演)2012年映画
  14. 僕たちは世界を変えることができない。』(向井理主演)2011年映画
  15. 『ホタルノヒカリ2』(綾瀬はるか/向井理)2010年ドラマ
  16. 『ガチ☆ボーイ』(佐藤隆太/向井理)2007年

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『きいろいゾウ』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『きいろいゾウ』作品詳細

宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演し、西加奈子のロングセラー小説を映画化。

出会ってすぐに結婚し、お互いのことを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う夫婦を主人公に、傷つきながらも2人で生きることの意味を学んでいく姿を描く。

天真爛漫な妻利愛子(つまりあいこ)は、背中に大きな鳥のタトゥを入れた売れない小説家の夫・武辜歩(むこあゆむ)と出会ってすぐに結婚した。

互いに秘密を抱えたまま暮らし始めるが、ムコ宛に届いた1通の手紙をきっかけに、2人の気持ちは大きく揺らぎ始める。

それでも分かり合おうと思い悩む2人は、実は幼少期に読んだ「きいろいゾウ」という絵本が結びつけた運命の関係にあった。

監督は「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。

映画『きいろいゾウ』作品データ

  • 製作年/2013年
  • 製作国/日本
  • 配給/ショウゲート
  • 上映時間/131分
  • 監督/廣木隆一
  • 脚本/黒沢久子 片岡翔

映画『きいろいゾウ』原作

西加奈子原作による3作目の小説「きいろいゾウ」は2006年発売され、作者自らが描いた絵本も出版されています。

アルバイトをしながら執筆していたという今作は、売れない小説家ムコと不思議な感性を持つツマとの夫婦の絆を描いた物語で主演の2人も原作のファンだとコメントされています。

映画『きいろいゾウ』主題歌

映画『きいろいゾウ』の主題歌はゴスペラーズが歌う「氷の花」です。

ツマ役の宮崎あおいさんをイメージして書き下ろされ「氷のような場所でも花を咲かせることができる」という意味合いが込められ、ムコとの生活で一人の女性として成長していくツマを表現しています。

またムコがツマを愛し優しく見守る今作の夫婦の在り方にぴったりの素晴らしい楽曲になっています。

映画『きいろいゾウ』キャスト一覧

映画『きいろいゾウ』のキャストを紹介します。

武辜歩/向井理

ツマから「ムコさん」と呼ばれツマと共に田舎町に住む若い夫婦。

 
日中は老人ホームで働き、家に帰り小説を書く売れない小説家。

妻利愛子/宮崎あおい

「ツマ」と呼ばれる妻・愛子。

 
植物や動物と会話できる特殊な能力を持ち、幼少期から空想の世界にいる「きいろいゾウの夢」を今でも見ます。

荒地/柄本明

近所に住む老夫婦の旦那。

 
認知症の最愛の妻をもち、ツマの話し相手にやってきます。

大地/濱田龍臣

不登校で祖父母の家で暮らす少年。

 
ツマのことを慕い遊びに来ます。

その他キャスト

  • 幼少時代のツマ/本田望結
  • 緑/緒川たまき
  • 夏目/リリー・フランキー
  • セイカ/松原智恵子
  • 洋子/浅見姫香
  • ソテツ(声の出演)/大杉漣
  • コソク(声の出演)/柄本佑
  • カンユ(声の出演)/安藤サクラ
  • クモ(声の出演)/高良健吾

映画『きいろいゾウ』のネタバレあらすじ

ここからは映画『きいろいゾウ』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

ムコとツマ

武辜歩(向井理)と妻利愛子(宮崎あおい)は田舎町の古民家に暮らしています。お互いをムコ・ツマと呼び、ムコは小説を書きながら老人ホームで働きます。

ツマは植物や動物と話ができる特殊な能力を持つ一方、月に支配され満月が近づくにつれ体調不良で寝込むなど不安定な体質です。2人は出会ってすぐ結婚したためお互いのことをよく知りません。

日常の会話で、ツマが人より心臓が小さく、幼少期は病弱であったことなどを聞き驚くなど、お互いのペースを守りつつ生活しているのでした。

近所に住む老夫婦、認知症の妻セイカ(松原智恵子)と、妻を支える夫・荒地(柄本明)とも仲が良く、祖父母の家で生活している少年大地(濱田龍臣)や大地のことが好きな地元の女の子洋子(浅見姫香)とも気さくに話せる間柄です。

離れる気持ち

ある日ムコ宛てに手紙が届きますが、ムコは一向に手紙を開封しません。

背中に掘られた鳥の入れ墨や遅くまで日記をつけるムコがツマはだんだん気になり始めます。ツマの異変に気づきながらもムコは詳しいことは何も話さず、その代わりに自殺した叔母「ない姉ちゃん」の話をするのです。

ムコにとってその出来事が大きく胸に刻まれており、そこへ追い打ちをかけるように、老人ホームで担当していた男性が亡くなったことを知ります。ムコはさらに落ち込むのでした。

そんな時、ツマが日記を読んでいることを知りますが、お互い気づいてはいるものの、自分からは切り出すことはありません。

次第に会話が減り、日記の中でしか思いを伝え合えない間柄になってしまいます。

過去との決別

ない姉ちゃんの死後、ない姉ちゃんによく似た女性と恋に落ちますが、その女性には夫・夏目(リリーフランキー)と病気を抱える子供がいました。

手紙は、その夏目から「子供を亡くした妻を救ってほしい」というもので、過去と決別するためにもムコは東京行きを決意します。

ムコは抜け殻の様になっている元恋人に夏目の思いを伝え、ここからは夫婦で解決する問題だと伝えます。同時に自分自身にもツマとの向き合い方を重ね合わせるのでした。

お互いの大切さ

ムコがいない間に植物や動物と会話ができなくなったツマ。不安が募る毎日を送っていたある日、セイカさんが入院しもうだめかもしれないと泣く荒地をみて、素直になれなかった自分を悔やみます。

ツマは「ムコさんを返してください」と月夜に祈ります。

東京から戻ったムコもまたツマの大切さを改めて感じ、お互いが夫婦で歩んでいく決意をし、また穏やかに暮らす日々が訪れるのでした。

映画『きいろいゾウ』の感想・評価

今までと変わらないはずの毎日が、一つの不安からあっという間に離れていくのがリアルで、夫婦であっても言葉をおろそかにするともろいものです。

だからこそ過去と決別しお互いの大切さに気付くシーンは感動しますし、やっぱり夫婦なんだなと感じました。

また、宮崎あおいさんがツマ役にぴったりでとてもかわいらしく魅力的でしたし、映画の雰囲気にもぴったりでした。この映画を見ると古民家でのほのぼの生活に憧れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です