唐田えりかの裏垢ツイッターとインスタグラムで東出昌大への心の葛藤を投稿!?文春で報道されたSNSのメッセージとは

週刊文春で東出昌大さん・唐田えりかさんの不倫が報じられ、妻子ある東出さんだけでなく、唐田さんも相当に世間から批難される状況が続いています。

そんな中、週刊文春が2週続けて東出さん・唐田さんの不倫についての記事を掲載しました。

1月30日発売号の週刊文春で報じられたのは、唐田さんがアカウントロックをかけていた、いわゆる「裏アカ」に投稿していたメッセージです。

そこでは、唐田さんの不倫に対する葛藤がつづられていたと伝えられています。

週刊文春で報じられた、唐田さんの裏アカSNSのメッセージについてまとめました。

週刊文春で唐田えりかの裏垢ツイッター・インスタグラムの文章が明らかに

週刊文春1月30日発売号で報じられた、唐田えりかさんの「裏アカ」のSNSでは、唐田さんが東出昌大さんとの不倫で、かなり葛藤していた様子がうかがえます。

2017年、東出さんと出会った当初のメッセージでは、

「どうしよ、、やっぱ好きになってしまった、ぽい」

と、相手に妻子がいることをわかっていながら、どうしようもなく東出さんを好きになってしまったと思わせる内容の投稿があります。

その後のメッセージを見ると、昨年11月には完全に別れ話が出て、東出さんとの不倫関係に終止符が打たれたことを推し量ることができます。

その間、2人は会わない時期もあるなど、付きつ離れつを繰り返していました。

しかし、そのたびに東出さんのほうから連絡があり、結果的に不倫が3年間も続いたと、週刊文春は2人の不倫の様子をスクープしています。

不倫前は仕事に専念する決意も

文春記事では、唐田さんが東出さんと不倫関係に陥る前の裏アカメッセージも掲載されました。

「社長にもマネさんにも20歳までに売れなかったら辞めるって伝えてしまった。後悔しないように売れるように今を頑張ろ。」

と、2017年3月ごろのメッセージでは、かなり仕事に対する前向きな姿勢が強調されています。

しかしその後、唐田さんは映画『寝ても覚めても』で共演した東出さんのことを好きになってしまいました。

自ら売れるために自分を律し、恋愛禁止しようとしていた唐田さんが、

「どうしようもできない」

と綴り、東出さんへの思いに悩んでいた様子がわかります。

週刊文春の記事で暴露された唐田えりかのSNS、2019年11月25日の投稿で別れ話直後の様子も明らかに

週刊文春で報じられた唐田えりかさんの裏アカSNSでは、東出昌大さんとの別れ話が決定的となった、2019年11月25日のメッセージも明らかにされています。

「事務所に反対されたからだとか、今は仕事か大事だからとか、そんなん私も同じだし、そんなことよりも好きだから!!!で全部ひっくるめて付き合いたかった」

「だけどやっぱり彼女にはなれないってことだけは再び確実に分かりきった」

「友達以上恋人未満は自分でも軽蔑する。もういい。新しい相手を求む!目が覚めた。」

などのメッセージが確認でき、東出さんを本当に好きだったこと、この時期には完全に2人の関係が終わっていたことがわかります。

まだこの頃は、2人の不倫が大々的に知られていなかった時期です。

東出さんのことを忘れ、もう一度仕事に邁進しようと考えていた唐田さんですが、すぐに不倫がスクープされ、仕事にも暗雲立ち込める結果となってしまいました。

唐田えりか裏垢メッセージも風当り強く、ドラマは出演シーンカット・自粛

週刊文春の記事で唐田えりかさんの裏アカに投稿されたメッセージが掲載されましたが、それでも唐田さんへの風当たりの強さは、あまり変化がありません。

裏アカではないインスタグラムで「匂わせ」をしていたこと、結果的に3年近くも関係を続けていたことなどから、唐田さんにも相当な責任があると感じている方が多いです。

唐田さんは2020年1月クール、連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演していましたが、第2話以降の出演シーンがカット、出演自粛が発表されました。

テレビ東京で放送予定だった「100文字アイデアをドラマにした!」も、唐田さんの出演回が差し替えと決まっています。

東出昌大との不倫報道で大ダメージの唐田えりか、1週間経過しても続くバッシング

2020年、「ハラスメントゲーム」新春スペシャルドラマに、「病室で念仏を唱えないでください」出演と、唐田えりかさんは女優として順調な滑り出しをしていました。

しかし、東出昌大さんとの不倫報道は、1週間が経過してもまだバッシングが続いている状態です。

今回のような週刊文春の報道が続くことで、唐田さんに対する同情の声が増えることはあるでしょうか。

唐田えりかに関する記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です