韓国ウォン安で株式・為替急落で通貨危機!文在寅は北朝鮮と経済協力へ!現地の反応は?

8月5日韓国の新興企業向け市場のコスダックで時価総額約5兆円損失という大暴落が確認され、一時取引が中止となる事態となりました。

株価が急落して取引が中止となったのは、2016年6月24日以来の約3年ぶりです。また、同時に為替も1ドルが1200ウォンとなるドル高ウォン安も確認されています。

韓国ウォン安が続き、株式・為替も急落、そんな中、文在寅大統領は北朝鮮との経済協力について示唆する発言、今後、韓国経済がどのようになっていくのか、そして文在寅大統領への韓国現地の反応などについて紹介します。

韓国ウォン安、株式・為替の急落のなぜ起きている?

8月5日韓国の新興企業向け市場のコスダックで、時価総額約5兆円損失という大暴落が確認されました。

急落した株価指数は6%で、一時取引が中止となる事態となりました。

株価が急落して取引が中止となったのは、2016年6月24日以来の約3年ぶりです。

韓国株価・為替の急落の原因はホワイト国からの除外

この暴落の原因は、ニュースでも話題になっているグループA(旧名称:ホワイト国)から韓国が外されたことによって、韓国株価・為替が大暴落したのではないかと言われています。

グループAとは、特に信頼できる相手国向けの輸出には特例的に手続きを簡便にすることが認められるグループのことを指します。

中央日報によると、

これに対する施策として文在寅大統領は北朝鮮との経済協力体制を確立させることで「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」と声明を発表しています。

しかし、北朝鮮も経済制裁によって生産活動にも大打撃をうけているため、韓国が北朝鮮と経済協力するのは、韓国にとってはメリットがないことになります。

また、輸出信用状(L/C)を韓国の金融機関では信用がないとされているため、発行できません。

信用状(しんようじょう)とは、貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払い確約書。

信用状取引により、輸出者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるほか、輸入者にとっても、輸入代金を前払いする必要がなくなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本がもし、このL/C(エルシー)止めてしまった場合は、今回より更に酷い、信用がないため輸出できなくなり、更に韓国の経済は落ち込むのではないかと言われています。

韓国での現地の反応は?

韓国では連日、日本に対しての反日デモが活発化し、日本の商品を買わないよう不買運動が長期化している状況です。

今回のことを受けて韓国の各メディアでは保守派も含め、日本が悪いと言っている始末です。

しかし、現地の各新聞記事によせる読者コメントは日本が悪いではなく「こんな状況になったのは文在寅のせいだ」と日本批判よりも現文政権批判の主張が多いです。

コメントによっては「文在寅は安倍に心から謝罪せよ」というものまであります。

文在寅大統領への批判に韓国経済はどうなっていくのか?

韓国では株価・為替が急落する大きな問題韓国全土で波紋を呼んでいます。

新興企業向け市場のコスダックでは、一時取引が中止となる事態となりました。

これに対して、文在寅大統領は「日本が悪い」と一方的に言い、北朝鮮との南北平和経済こそが今回の打開策であると推進していきますが、国民の総意は違い各新聞記事によせられる読者コメントは現政権を批判の方が多いです。

どこまでも落ちていく韓国ですが、このまま行くと輸出の要である輸出信用状さえもなくなってしまう可能性もあります。

これがなくなってしまったら、いよいよ韓国は輸出することさえも困難になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です