岐阜県スーパー「カネスエ北方店」で異臭騒ぎの原因は?のどの痛みやせきなどの症状を訴える!

 

8月6日(火)岐阜県にあるスーパーマーケット、「カネスエ北方店」で、異臭騒ぎが発生しました。

当時お店で働いていた従業員の方、お客さんとして買い物に来ていた方に、のどの痛みやせきなどの症状を見られます。

異臭騒ぎの原因や現在までの状況などについて、わかっていることを紹介します。

今回異臭騒ぎのあったスーパー、「カネスエ」は東海地方で出店しているスーパーです。

他地域の方にはなじみがないと思われる、このスーパー「カネスエ」についても、簡単にまとめました。

 

岐阜県のスーパーマーケット「カネスエ北方店」で異臭騒ぎとは?

8月6日午前、岐阜県の大型スーパーマーケット、「カネスエ北方店」で異臭があると、従業員から通報がありました。

体調不良を訴える方もいて、現在原因の調査が進められています。

異臭騒ぎのあった時間帯には、従業員、客合わせて40名ほどの方が店内にいらっしゃいました。

異臭は原因多数、解明が困難なことも

今回の「カネスエ北方店」のように、異臭騒ぎが起きるということは、過去にもニュースが出ています。

調査の結果わかった原因はさまざまで、

  • ガス漏れ、ガスの不完全燃焼
  • スプレー缶などの爆発
  • 揮発性のある物質を大量に使用

などがあります。

2019年5月には、千葉県で異臭騒ぎがありました。警察やガス会社に多数の通報があって消防が出動したものの、原因は特定できていません。

臭いが短時間で消えてしまう場合、その発生源や原因を突き止めることは難しいとされます。

異臭騒ぎで約40名がのどの痛みやせきなどの症状、病院搬送も

岐阜県の大型スーパー、「カネスエ北方店」の異臭騒ぎですが、お店にいた方のほとんどが、のどの痛みやせきといった症状を訴えています。

子どもを含め、救急搬送されている方もいらっしゃいます。重症の方が出ているという報道がないのは、不幸中の幸いです。

消防車なども出動で立ち入り禁止に

現場となった「カネスエ北方店」には、パトカーや救急車だけでなく、消防車も出動する騒ぎとなりました。

異臭があって危険ということで、立ち入り禁止の措置がとられ、原因調査中です。

のどの痛み、せきを引き起こした原因物質についても、まだ特定されていません。

カネスエは愛知県・岐阜県など東海エリアで広く店舗展開、地元で高い評判

今回異臭騒ぎがあったスーパーマーケット、「カネスエ」は、現場となった岐阜県で9店舗を展開しています。

愛知県に17店舗、三重県に2店舗も持っており、東海エリアではよく知られた存在です。

「おいしいもの、いいものだけを」をキャッチコピーに、地域密着型でスーパーマーケット事業を展開。

広告を出さない・現金払いのみといった戦略で、価格も激安と評判です。

グループではナチュラルフードストア「旬楽膳」も多数展開しています。

カネスエは愛知県を中心に、かなり地元の方から支持されている、「地元の台所」的なグループと言えますね。

異臭騒ぎ「カネスエ北方店」も大規模店舗

カネスエグループのうち、「カネスエ」名義の店舗は大型スーパーです。小型のスーパーマーケットは、「フェルナ」として展開しています。

異臭騒ぎがあった「カネスエ北方店」も、駐車場が広くとられていて、かなりのお客さんが買い物できる大規模な店舗となっています。

たくさんの地元の方が日常的に利用するお店なので、原因究明や今後の予防策がしっかりなされ、早く営業再開できるようになってほしいですね。

岐阜県のスーパー「カネスエ北方店」異臭騒ぎ、原因は特定できるか

岐阜県北方町のスーパー、「カネスエ北方店」での異臭騒ぎは、軽症者のみの被害にとどまっています。

しかし、中には病院に救急搬送された方もおり、かなり大きな騒ぎとなってしまいました。

地元ではかなり頼られている、地域密着の大型スーパーです。近所の方が再び安心して利用できるよう、原因が特定されることを期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です