カメラを止めるな!ノーカットテレビ初放送の見所や副音声の聞き方は?

カメラを止めるな!




2019年3月8日、大ヒット映画「カメラを止めるな!」がとうとう地上波初放送となります。

この映画の構成を重視してか、冒頭から40分はノーカット放送という豪華さに、SNSでも注目が集まっています。

「今までになかった形の映画」「映画の面白さを伝えてくれる」と評判の「カメラを止めるな!」ですが、当日の放送に合わせて上田監督が副音声で解説してくれることも明らかに!

こちらのページでは、「カメラを止めるな!」の見所、そして副音声の聞き方を紹介します。

金曜ロードショーで放送された「カメラを止めるな!」を見逃した方は、U-NEXTの無料トライアルを活用することで動画を無料視聴することが可能です!

今すぐ『カメラを止めるな!』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

「カメラを止めるな!」はどんな映画なの?

簡単に言うと、「カメラを止めるな!」は2部構成で出来ています。

「カメラを止めるな」の内容ネタバレ

  • 1部の内容

ゾンビ映画を撮影するため、廃墟にやってきた撮影スタッフと役者たち。

しかし、集まったスタッフや俳優たちは、その場で本物のゾンビに襲われてしまいます。

逃げようとするスタッフや役者の前で、リアルさを求めるがゆえに「このまま撮影は続ける!カメラは止めない!」と宣言する映画監督。

仲間たちが次々とゾンビに襲われる中、生き残ったスタッフと役者は命を懸けて脱出を試みるのでした…

  • 2部の内容

実は、1部で放送された内容はすべてドラマの放送内容でした。

新しく開設される「ゾンビチャンネル」を記念して、生放送でゾンビドラマを放送するという企画が立ち上がります。

ワンカットで撮影したゾンビドラマを、さらに生放送でお茶の間に届けるという無茶振りの企画です。

2部では、1部のゾンビ映画の出演者を決めるところから、「ゾンビに襲われるシーン」「ゾンビに逃げるシーン」のすべてを、どうやって撮影していたのか?をドキュメンタリータッチで描きます。

つまり、最初にスペシャルドラマの内容をそのまま流し、後から撮影シーンをドキュメンタリータッチで描くという、2部構成の映画なのです。

「カメラを止めるな!」見所1~映画監督役・日暮隆之のセリフに注目!

1部に映画監督役で出演している日暮隆之(濱津隆之)は、2部に本物のドラマ監督として登場します。

広告にもいちばん大きく出ている人ですね。

1部の監督の日暮隆之は、「映画のためならどんな無茶も犠牲もいとわない、ワンマン監督」として描かれます。

クルーがゾンビに襲われても撮影を続け、悲鳴をあげるクルーや役者を見て「リアルだ!」とカメラを回す、そんなエキセントリックな人物として登場しました。

そして2部では、日暮隆之は本物のドラマ監督として登場。

当初は映画に出る予定ではなかった日暮隆之ですが、出演者が事故で出られなくなってしまったため、監督の仕事と並行して「映画監督役」として映画出演をしていました。

映画の中でワンマン監督だった日暮隆雪は、実際の現場では常に腰が低く、役者の希望を何でも受け入れてしまう気の弱い人物でした。1部のキャラとは完全に真逆です。

印象的なのは、1部では出演俳優に「グダグダ口答えしやがって!」と怒鳴った監督が、2部では同じ俳優に「撮影続行をさせてください」と頭を下げているところ。現実の監督は、役者さんにすごく気を使っているのですね。

これは私たちが映画監督に持つイメージと、実際の監督の姿のギャップを伝えているシーンです。

このギャップを象徴するようなセリフが、作品の中に出てきますのでチェック!

  • 1部→日暮隆之「カメラは止めない!」
  • 2部→日暮隆之「基本最後まで、カメラは止めません。よっぽどのことがあったら止めますけど」

意図することは同じでも、言い方にずいぶんと違いがありますよね。

1部の日暮隆之は監督の理想、2部の日暮隆之は監督の現実を描いているのです。

作品の中で、ぜひ2つのセリフを比べてみてください。

「カメラを止めるな!」見所~映画の中で何が起きたかを覚えておいて

「カメラを止めるな!」では、最初に「ゾンビに襲われるクルーたち」の物語が放送されます。

このページでは、この部分を「第1部」として紹介しているわけですが、この1部のシーンをできるだけ詳しく、何が起きたのかを覚えておきましょう。

ゾンビはどんな動きをした?

今カメラはどんなふうに俳優さんを撮ってる?

どんな小物が出てきた?

これらすべてを、しっかり見ておきましょう。

1部の次に放送される2部では、そのシーンをどうやって撮影していたのか?のネタバレが流れます。

1部の内容を覚えておくと、2部を観たときに「このシーンはこうやって撮影していたのね!」という感動します!

「映画って本当に色んな方法で撮影しているんだな」と、感心すること間違いなしです。

「カメラを止めるな!」見所2~人間をゾンビに見せるためのメイキングが観られる

舞台が「ゾンビ映画の撮影」であることから、人間をゾンビ役にみせるための特殊メイクをする様子が見られます。

顔色を悪く見せるファンデーション、洋服の上からつける血のりなど、人間がゾンビに変わっていく様子がよくわかります。

これが本当に簡単な方法!試しにやってみたくなる手軽さ!

今年のハロウィンは、このゾンビメイクでコスプレを楽しんでみては?

「カメラを止めるな!」見所3~撮影に関わるスタッフの活躍ぶりは必見です

映画でもドラマでもそうですが、注目されるのは出演している役者や映画監督に偏りがち。

しかし「カメラを止めるな!」を観ると、いかにスタッフが体を張って撮影に挑んでいるのかがわかります。

例えば、映画の中で女優の松本逢花(秋山ゆずき)が生首を手に悲鳴を挙げるシーンがあります。これは、スタッフがカメラに映らないようにしてマネキンの頭を渡しています。

同じシーンで、床に転がっている死体がでてきます。これも、スタッフがタイミングよく現場に投げ込み、カメラの動きをみながら血をかけて本物の死体の様に見せていました。

台本に合せてタイミングよくドアの開け閉めをしたり、役者のメイクを直したり、狭い車の中の後部座席で何台ものカメラを回したり…

ゾンビと松本逢花がもみ合うシーンは、スタッフが気を失ってカメラが地面に落ちたため、地面から二人を撮影するカットになってしまったことも明かされます。

役者が走ればスタッフも走る、役者が演じれば何台ものカメラが追いかける…。

当たり前のようで忘れがちな、「撮影でのスタッフの重要性」を改めて教えてくれる映画です。

「カメラを止めるな!」見所4~最後のシーンで「映画とは何か」が解る

「カメラを止めるな!」の後半では、出演者からスタッフまで全員がそれぞれの役割を全うし、いい作品を作るために奮闘する様子が描かれます。

血のりらだけの体で撮影を手助けするスタッフ、役者をあらゆる角度で撮影するカメラマン、そして体当たりで演じる出演者…。

時にトラブルに見舞われつつも、全員が「いいものを作りたい」という気持ちで一丸となり、作品を作り上げていく様子は圧巻のひとこと。

そして撮影が終了すると、出演者からスタッフまでみんながいい笑顔になり、充実した表情を見せます。

映画は、観ている人も楽しい。でも、撮影している人もみんな楽しみながら作っているということが、全編を通して伝わってきます。

明日から、あなたもカメラを手にしてみたくなるかもしれません。

「カメラを止めるな!」地上波放送の副音声を聞く方法解説!

「カメラを止めるな!」の地上波放送では、上田監督が副音声にて映画の解説をすることが解りました。

では、その副音声はどうやって見ればいいのでしょう?

テレビで副音声を聴く方法と、他の媒体で副音声を聞く方法を解説します!

テレビで副音声を聞きたい人はリモコンを用意!

「カメラを止めるな!」の副音声をテレビで聞きたい人は、まずテレビのリモコンを用意しましょう。

リモコンにある「音声切り替え」のボタンを押すと、副音声を聞くことができますよ。

どのメーカーのリモコンにもある機能なので、自宅のテレビのリモコンを確認してみてください。

「カメラを止めるな!」を見逃した人は「U-NEXT」の動画配信へ!無料で観られる方法解説

「カメラを止めるな!」の地上波放送を見逃した人、また「もう一度みたい」「途中から視聴したので、あらためて最初から観てみたい」と言う人は、動画配信サイト「U-NEXT」へどうぞ。

「U-NEXT」では、現在「カメラを止めるな!」の動画配信を行っています。

レンタル作品なので、視聴にはレンタル料金の500円が必要です。が!

今回初めて「U-NEXT」を利用する方であれば、月額料金やレンタル料金を払わずに、「カメラを止めるな!」を観る方法があります!


U-NEXTで『カメラを止めるな!』の動画を見る

 

U-NEXTのトライアルに申し込むと、特典として600円ぶんのU-NEXTポイントを貰えます。

トライアルに申し込みをしてから、この600ポイントで「カメラを止めるな!」をレンタルすれば、実質無料で視聴できます!

U-NEXTに申し込むときの注意方法
  • レンタル作品の視聴機関は48時間。この間に忘れずに視聴してくださいね。
  • U-NEXTを続けて利用しない場合は、必ず31日の間に解約しましょう。そのままだと、次の月から月額料金の支払いが発生します。
  • 必ず公式サイトの注意書きを読んだ上で申し込みをしてください。

「カメラを止めるな!」は、最初から最後まで見てこそ重しさがわかる作品。

また、見終わったあとに「もう一度見直して、いろんなシーンを確認したい」と思う作品です。

「地上波放送を観たけれど、録画していなかった」と言う人も、この「U-NEXT」の動画配信をご利用ください。

二度三度と繰り返し観ることで、必ず新たな発見や感動がありますよ。

「U-NEXT」で、ぜひ何度でも「カメラを止めるな!」を見て、何度でも新しい感動に出会ってください!

「カメラを止めるな!」が無料で見れるのはU-NEXTだけ!

  1. U-NEXTなら1ヶ月間無料で動画が見放題
  2. 配信作品が140,000本以上!コンテンツが充実
  3. 最新作の有料動画もポイントで無料に!
  4. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  5. U-NEXTなら1ヶ月間無料のトライアルキャンペーン中なので初回ポイントを使って『カメラを止めるな!』を無料視聴できます!

 

カメラを止めるな!関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です