試乗車で常磐道煽り運転を行った暴力運転手は愛知や静岡でも危険運転?犯人の名前が一時ガセネタで拡散される!

8月13日、常磐自動車道で起きた危険な煽り運転と暴力を行った運転手は試乗車だったことが明らかになり、ネットでは犯人が乗っていた車両ナンバーや名前が特定されたとして大きく拡散されていました。

一時拡散された運転手の名前「金村竜一」は、ガセネタだったことが判明しましたが、愛知や静岡でも同様の動画がドライブレコーダーで撮影されており同一犯の可能性も出てきています。

この「金村竜一」の名前の出所や煽り運転を行った運転手が乗っていた試乗車について、現在わかっている情報を紹介させていただきます。

17日追記:犯人の宮崎文夫容疑者が全国指名手配へ!顔画像や過去の危険運転なども発覚した情報を以下の記事でまとめています。

一時、犯人の名前は「金村竜一」として拡散される

一時、拡散された犯人の名前「金村竜一」の出所は「5ちゃんねる」。

649名無しさん@1周年2019/08/13(火) 08:37:46.00ID:qAkT4lXW0

インスタで加害者の氏名でたね 横浜市青葉区の建設業・金村竜一(49)

このガセネタでネットでは、犯人の名前特定として大きく拡散されました。

常磐道煽り運転の犯人の車が試乗車と判明

8月13日に放送された「スーパーJチャンネル」によると

この車は神奈川県内にある自動車販売店の試乗車でした。一定期間ある男性男性に貸し出されたおり、昨日(8月12日)に返却されたといいます。

愛知県警高速隊は、捜査を開始しているとのことです。

犯人は愛知・静岡でも同様の危険運転を行った可能性が!

常磐道のニュースが報道されたことにより、視聴者から同様の危険運転を受けたことがあると映像が公開されました。

7月23日に愛知の新東名高速道路では、トラックの運転手が常磐道と同じBMWの白いSUV・横浜ナンバーの車種から同様の煽り運転を受け、ドライブレコーダーの映像を警察に提出。

同日、静岡の清水IC付近でも同様の手口で、無差別に複数の車に煽り運転を行っており、警察は他のあおり運転と同一犯の可能性もあるとみて捜査をしているとのこと。

同一犯の犯行の可能性が高い証拠動画

煽り運転から身を守るための準備や対策は?

今回の常磐道の事件は、いつ誰にもでも起きる可能性がある事件です。

万が一、自分自身に起きた時に命を守ること、被害者になった時に警察に通報できるよう準備や対策を行っておくことをオススメします。

ドライブレコーダーは必須

車にドライブレコーダーを搭載しておくと事件や事故に巻き込まられ被害に遭った時に貴重な証拠となります。

そして、相手に対してドライブレコーダーで録画しているという意思表示のために専用のシールを貼ることで、相手運転手の警告としてトラブルを未然に防ぐ役割をする対策として有効だといわれます。

関連記事一覧

1 個のコメント

  • 茨城から静岡、愛知と(まだ他にもありそうですが)と、広範囲でこの様な危険行為を繰り返しているのは、もしかしたら、試乗車を用意する前からの確信犯だと思われ…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です