映画『人狼ゲーム インフェルノ』動画を無料視聴する方法や配信サービス紹介!




映画『人狼ゲーム インフェルノ』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『人狼ゲーム インフェルノ』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『人狼ゲーム インフェルノ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

映画『人狼ゲーム インフェルノ』動画を無料視聴する方法

映画『人狼ゲーム インフェルノ』の動画を無料で視聴するには、U-NEXTを利用するのが最もオススメの方法となります。


U-NEXTで映画『人狼ゲーム インフェルノ』を無料で見る

U-NEXTは、初回31日間の無料お試しがあり映画『人狼ゲーム インフェルノ』が無料でいつでも見放題です。

U-NEXTおすすめポイント

  1. 配信作品が140,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないのでお気を付けください。

映画『人狼ゲーム インフェルノ』作品詳細

注目の若手女優を主演に起用し、プレイヤーが互いの正体を探りあう「人狼ゲーム」を題材に描いたシリーズの第7作。

主演は「non-no」専属モデルとしても活躍する武田玲奈が務め、同じく武田主演でシリーズ初の連続テレビドラマとして放送された「人狼ゲーム ロストエデン」に続く完結編となる。

私立鶴ヶ岡高校2年3組の紘美は、クラスメイト9人とともに見知らぬ場所に監禁され、人命をかけた人狼ゲームに強制的に参加させられる。

ゲームは、それぞれが定められた役職「人狼」と「村人」となってだまし合い、生死を争い、生き残った者には賞金が与えられるという。

しかし、「死んでつぐなえ」という壁に書かれた文字から、彼らに復讐しようとしている誰かが、このゲームを仕組んでいることが明らかになる。

かくして命をかけた心理戦が始まり、ひとりまたひとりと犠牲になっていくが……。

監督はシリーズ4作目から続けてメガホンをとっている綾部真弥。

映画『人狼ゲーム インフェルノ』作品データ

映画『人狼ゲーム インフェルノ』キャスト一覧

  • 武田玲奈/野々山紘美
  • 小倉優香/向亜利沙
  • 上野優華/浅見ルナ
  • 松本享恭/水谷和希
  • 時人/馬渡聖弥
  • 平松賢人/越智一二三
  • 都丸紗也華/宮下舞
  • 貴志晃平/小笠原光宏
  • 吉原雅斗/辻遊馬
  • 海田朱音/結城利絵
  • 水野勝/謎の男
  • 足立理/名倉朔太郎
  • 加藤虎ノ介/照屋宰

映画『人狼ゲーム インフェルノ』スタッフ一覧

  • 監督/綾部真弥
  • 原作/川上亮
  • 脚本/川上亮/綾部真弥
  • 製作総指揮/吉田尚剛
  • 企画/永森裕二
  • プロデューサー/岩淵規
  • 撮影/伊藤麻樹
  • 照明/尾下栄治
  • 録音/長部彰 /甲斐田哲也
  • 美術/中谷暢宏
  • 衣装/岡本佳子
  • メイク/柳原まみ
  • カラリスト/今塚誠
  • 編集/岩切裕一

映画『人狼ゲーム インフェルノ』概要

2013年初の「人狼ゲーム」が公開後、2018年、7作目の「人狼ゲーム インフェルノ」が公開されました。

監督は「リアル鬼ごっこ」などの鬼才、園子温作品の助監督として活躍、綾部真弥監督です。

主演を務めるのは「人狼ゲーム ロストエデン」に引き続き、注目の若手女優武田玲奈です。

ドラマとして放送された「人狼ゲーム ロストエデン」の続編になっています。

私立鶴ケ丘高校のクラスメイト10名が強制的に監禁され、生き残りをかけた「人狼ゲーム」に参加させられます。

前作に引き続き、サバイバルと心理戦を交えた戦いに目が離せません。

映画『人狼ゲーム インフェルノ』ネタバレ

ここからは映画『人狼ゲーム インフェルノ』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

「人狼ゲーム」説明

「人狼ゲーム」はそれぞれが割り当てられた役を持ち、自分の役割を果たしていきます。

村人側は人狼側を、人狼側は村人側を殺していき、人数を競うゲームです。

人狼2名、村人4名、予言者1名、霊媒士1名、用心棒1名、狂人1名。

このゲームから抜け出すには生き残るという方法しかありません。

前作で生き残った野々山紘美(武田玲奈)、向亜利砂(小倉優香)、浅見ルナ(上野優華)の3名が今回の「人狼ゲーム」にも参加させられました。

役割のカードは自分しか見てはいけないルールで、数あるルールのうちのひとつです。

ルールを破った者は運営側が仕掛けた首輪により首が締まり、処刑が執行されるのです。

人狼として参加する苦悩

紘美は手に取った人狼のカードにハッと息をのみます。

前回生き残った亜利砂と一緒に、人狼として村人であるクラスメイト達を殺していかなければならないからです。

警察が探しあててくれると微かな期待を抱きますが、時間は止められません。

命乞いをするクラスメイト達の前で紘美は正常ではいられませんでした。

特別表情を変えることなく、淡々とサバイバルナイフを振りかざし殺していく亜利砂を、泣きながらどうしようもない気持ちで見ることがやっとなのです。

実際に殺されていくクラスメイト達を目の前にして、参加者達は勝たなければ殺されるという現実を受け入れるしかありませんでした。

恋愛感情と殺意

実は参加者を選び運営側に希望したのは亜利砂。

亜利砂は水谷和希に強い恋愛感情を持っていて、彼をからかうクラスメート達をこのゲームに参加させたかったのです。

しかし、何故か水谷もゲームの参加者の中に入っており、亜利砂は冷静ではいられません。

水谷が想いを寄せている浅見ルナを標的にと考えるのです。

亜利砂は水谷と生きて帰りたいと願い、水谷は用心棒としてルナを守ります。

生き残るために役割を考え、そして殺していかなければならない立場にありながら、恋愛感情によって行動が制限されてしまいます。

冷静に考え、亜利砂の行動さえも制御していたはずの紘美ですが、怒りを抑えきれずに人を殺し、それをきっかけとしゲームに勝ち生き残ることだけに執着していきます。

友人さえも平気で欺き、人狼として生き残るためには最後に水谷を殺さなければならなくなりました。

水谷だけは殺さないでとすがる亜利砂の手を振り払い紘美は水谷の部屋へ行き彼を殺します。

主導者にも近づけないままゲームは人狼側の勝利となり、警察が踏み込んだのと同時に村人側は全滅するのです。

ゲームが始まった時には警察が見つけてくれることを期待し、時間稼ぎを考えるほどの紘美も、最後には自分の生に執着し殺人鬼と化してしまいました。

理性を失うと人は殺人鬼にもなってしまうのか

恐怖は人間をここまで変えてしまうのかと恐ろしくなります。 人は生内に立たされた時、どんな行動を起こすのかを怖いほどよく描いています。

自分が生き残るために、今まで一緒に過ごしてきたクラスメイトを手にかけていく。

まだあどけない少女も、もはや人格が変わったかのように、表情も殺人鬼のように変化していきます。

運営側は誰で、本当に悪いのは誰なのか。

何を憎めばいいのか頭ではわかっていても、人間はいざとなったらこうなってしまうのではないのかと、自問自答せざる負えません。

友情、恋愛、そこから生まれる嫉妬や妬み。自分を守る為に友人さえも裏切っていく人間の醜い部分が浮き彫りになっています。

自身の生き方についても深く考えさせられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です