ドラマ『いつか、眠りにつく日』全話フル動画を無料で視聴する方法!ケータイ小説のヒット作を大友花恋主演でドラマ化

2019年3月12日(火)より、FODオリジナルドラマとして配信されたいた『いつか、眠りにつく日』が、7月15日24時55分よりフジテレビで地上波放送することになりました。

こちらの記事では、ドラマ『いつか、眠りにつく日』の動画の見逃し配信を無料視聴する方法や、あらすじ・感想を紹介します。

今すぐドラマ『いつか、眠りにつく日』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

『いつか、眠りにつく日』はFODプレミアムで独占配信中!

ドラマ『いつか、眠りにつく日』は、FODプレミアムでのみ配信されているオリジナルドラマです。

こちらでは、FODプレミアムを無料視聴する方法をご紹介します。

FODプレミアムは、月額料金888円(税抜)でドラマや映画が楽しめるフジテレビが運営する動画配信サイトです。映画の他にもフジテレビ系列で放送された過去ドラマを含め5000本以上の独占配信があります。

FODプレミアムなら初回1ヵ月間の無料体験ができる、お試しサービスがあり、初回登録すると最初に100ポイントがもらえます。※Amazonのアカウントが必要です。

そして、毎月8の日(8、18、28日)にログインすることで、それぞれ400ポイント付与され、1ヵ月間の無料期間中に合計で1300ポイントもうらうことができます。

『いつか、眠りにつく日』は、月額料金のみで見放題の作品です。地上波放送ではカットされた部分も、FODプレミアムは、完全版で見ることができます。

FODおすすめポイント

  1. 話題のフジテレビのドラマやバラエティも見放題!独占タイトル5000以上!
  2. 動画以外にも人気週刊誌や雑誌・コミックの内容も充実!
  3. 最新作の有料映画も毎月もらえるポイントで無料で視聴可能!
  4. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能で安心!

1ヵ月間の無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

FODの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年7月の情報です。詳細はFODプレミアム公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『いつか、眠りにつく日』作品詳細

主人公・蛍(大友花恋)は、中学時代から片思いの相手である大高蓮(甲斐翔真)と親友の山本栞(喜多乃愛)と共に、修学旅行の途中バスの交通事故に遭い命を落としてしまう。

幽霊となった蛍の前に現れたのは、死者の案内人・クロ(小関裕太)。

この世に残した未練を3つ解消しなければ、成仏できないと告げる。

蛍は、未練のひとつが5年間片想いしている蓮に告白することだと気づいていた。

だが、蓮を前にしてどうしても想いを伝えられない・・・。

蛍の決心の先にあった秘密とは?予想外のラストに、温かい涙が流れる―。

ドラマ『いつか、眠りにつく日』作品データ

  • 製作年/2019年
  • 製作国/日本
  • 制作著作/フジテレビジョン

ドラマ『いつか、眠りにつく日』キャスト一覧

森野蛍(もりの ほたる)/大友花恋
クロ/小関裕太
大高蓮(おおたか れん)/甲斐翔真
山本栞(やまもと しおり)/喜多乃愛
カクガリ/前原滉
仲山麻紀子(なかやま まきこ)/安座間美優

ドラマ『いつか、眠りにつく日』スタッフ一覧

監督:宮脇亮/宮本秀光/國領正行
脚本:本山久美子
プロデューサー:渋谷未来/山本梨恵
企画・プロデュース:清水一幸

ドラマ『いつか、眠りにつく日』のあらすじ・感想

この作品は日本ケータイ小説大賞、そして進研ゼミ中学講座賞の2つの賞を受賞した原作を実写化したものです。生きていくことの大切さ、難しさを教えてくれる作品になっています。

修学旅行中のバス事故により主人公の森野蛍は未練を残したまま亡くなります。そこへ現れたのが、案内人を名乗るクロ。未練を解消しないと地縛霊となり、成仏できないと告げます。

未練解消にはルールがあり、

  1. 案内人は、被案内人が未練を持つ相手の名前のみ教えることが可能
  2. 未練は、被案内人自らの力で解消しなければならない
  3. 被案内人は未練を解消する時のみ、相手の前に姿を現すことが出来る。また、すべての未練が解消された時、相手の記憶から被案内人の記憶は消えてなくなる
  4. 未練解消の期間は49日。その期間に解消出来なければ、被案内人は地縛霊となる

この4つを教えられます。

蛍は3人への未練を持っていて、それを解消しようとします。

  • 1人目はお見舞いを先延ばしにしていた祖母
  • 2人目は喧嘩をしたままになっていた親友の山本栞
  • 3人目は好きな気持ちを告げられずに片思いをしていた大高蓮

ただ、蛍は1ヶ月間意識不明の状態だったため、残りの日数が19日間しかありません。

また、未練を解消していない他の人達は、1人もしくは1つだけなのに、蛍だけは3つあります。そのため、残された日数が少ない中、未練解消に奔走します。

この、蛍だけ3つの未練というのがなぜなのか、最後に分かるのですが、「なるほど、そうきたか」と思わせるストーリーとなっています。

俳優陣は若いこともあってか、演技力に未熟さを感じますが、このストーリーにはかえって初々しさが必要なのかもしれません。

最後の別れのシーンでは演技力の未熟さよりもストーリーの素晴らしさに涙が出てきてしまいました。


FODの無料登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です