インフルエンザ予防のマスクは意味がない?効果や感染は防げない理由を紹介

今年も冷え込みが厳しくなってくるとともに、インフルエンザの患者数が増加しつつあります。

発症してしまうと、通常の風邪以上に高熱が出ますし、感染予防のために出勤などもできなくなってしまうので、是非ともウィルスから身を守りたいですね。

多くの方がインフルエンザを警戒し、出勤・通学時などにマスクを着用していますが、マスクにはあまり意味がないという衝撃的な意見も出ています。

マスクがインフルエンザ対策として意味がない・効果が薄いとも言われる理由や、簡単にできるインフルエンザ対策の基本について紹介します。

インフルエンザ予防で多くの方が装着するマスクも、ウィルスは微小で完全な予防は不可能

インフルエンザウィルスは非常に微小で、マスクの繊維の網の目よりも小さいものです。

そのため、マスクだけで完全に口や鼻にウィルスが入るのをシャットアウトすることはできません。

しかし、インフルエンザウィルスがいる、他人のくしゃみによる鼻水・咳の唾液などが口や鼻に付着するのを防ぐ意味はあります。

また、飛沫感染と並び、インフルエンザ感染の大きな原因が「接触感染」です。

無意識のうちに人間は手で顔を触っていますが、マスクをしていれば、口や鼻に手が触れる回数が大きく減少します。

マスクは鼻までしっかり覆うこと、毎日取り換えること、食事などで外す時は袋に入れて保管することなど、マスク自体にウィルスがつかないように、正しく使うことが大切です。

インフルエンザ予防のマスク、感染しないためではなく、感染拡大を防ぐために有効

インフルエンザ予防のマスクは、個人がインフルエンザにかからないようにするのではなく、感染拡大を防ぐために有効とされます。

インフルエンザには潜伏期間があるので、その間、ウィルスに感染している方は普通に街を歩き、仕事に行くことになります。

マスクをすることで、くしゃみや咳によるウィルスの飛散がある程度予防されることが期待できます。

くしゃみなどでウィルスが服に付着してしまうのも、マスクである程度予防することが可能です。

そのため、インフルエンザ流行期にマスクを着用することは、決して無意味なことではありません。

インフルエンザ対策はマスクに加え手洗いが重要、接触感染を防ぐために顔を不必要に触らないことも

マスク以外で、インフルエンザを予防するために、簡単にできる対策の1つは、しっかり手洗いをすることです。

ウィルスの付着した手で鼻や口を触ることで、インフルエンザに感染するパターンは、非常に多く見られます。

目からも感染するので、目をこすったりすることも、インフルエンザ感染の原因になりますね。

そのため、しっかり時間をかけて手を隅々まで洗い、ウィルスを洗い流すことが大切になります。

インフルエンザ予防で有効な手段や対策

家族から移されるケースも少なくないので、家族の誰かがインフルエンザに感染した場合は、かなり中飛が必要となります。

インフルエンザ予防で有効な手段

  • 流行する前にワクチンを接種しておく
  • 手洗いにアルコール消毒を加える
  • 加湿器などを用い、部屋の環境、特に湿度を良い状況にキープする(湿度50~60%が感染力が落ちる理想的な湿度環境とされます)
  • 健康的な食事や睡眠習慣を保つ
  • 必要な時以外、人込みや繁華街への外出を控える
  • 感染した方にできるだけ近づかない
  • 家族全員でマスクをする
  • 感染した方の服や使用後のティッシュなどを触ったらこまめに手を洗う

などの予防策をとりましょう。

2019年のインフルエンザ感染数は過去5年でも最速、最大限の警戒を

2019年シーズンは、過去5年で比較しても最速・最多のインフルエンザ感染というニュースが報じられています。

12月中にも、北海道を皮切りに複数の都道府県でインフルエンザの流行マップが「注意報」から「警報」に変わりました。

集団的な感染を見せ、学級閉鎖などが起きた学校もすでにあります。

年が明けて本格的な流行を見せる前から、しっかり予防策をとっておきたいですね。

インフルエンザの関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です