出馬報道の市井紗耶香が立憲民主党から立候補!?出馬会見はいつ開催される予定?

現在4児の母である元モー娘。でタレントの市井紗耶香さんが、来月の参院選に出馬するという情報が流れました。

これまで政治の世界とのイメージがあまりなかった市井さんが、出馬を決めた理由とは?

気になる政党と、今後予定されている会見について調べてみました。

市井紗耶香の出馬報道は本当?立憲民主党を選んだ理由とは?

今回、市井さんが出馬を表明したのは本当でした。なぜ出馬したかというと、立憲民主党内の関係者の元に、市井さんの子育てに対する高い関心が伝わったのがキッカケです。

4人の子を持つ母である市井さんは、子供の安心・安全に高い関心を持っていたということ。

それを政治の世界で活かさないかと、党の関係者が勧めたそうです。 一部では市井さんに声をかけたのは、手塚仁雄(党国会対策筆頭副委員長)であると言われており、市井さんは「尊敬する人は蓮舫」と言っているのだとか。

市井さん自身も、声をあげたくてもあげられない母親と国会との橋渡しになるという目標を掲げており、出馬に意欲的だそうです。

市井紗耶香のプロフィール

  • 1983年12月31日生まれ 千葉県船橋市出身
  • 1998年 モーニング娘。の第二期追加メンバーとして加入。
  • 2000年5月 モーニング娘。を卒業し、芸能活動を休業。
  • 2001年10月 歌手として芸能界活動に復帰。
  • 2003年11月 自身のホームページにて芸能界引退を発表。
  • 2004年5月 ギタリストの吉澤直樹さんと結婚し、同年に第一子、その後第二子も出産。
  • 2009年 芸能活動を再開。
  • 2011年5月 吉澤直樹さんと離婚。
  • 2012年7月 美容師の男性と結婚し、2013年に第三子、2017年に第四子を出産。
  • 2019年6月 立憲民主党から参議院議員通常選挙に出馬を表明。

市井紗耶香の打ち出す政策は?

党関係者によると、市井は「若いお母さんたちは何か問題があっても実際に声を上げることは少ない。

声を上げることは決して恥ずかしいことではない。

一歩踏み出す勇気を持ってほしいということを発信していきたい」と出馬を決意。

「子育て世代の若いお母さんたちの声を届けたい」と意気込んでいるということです。

4児の母である市井さんなので、やはり関心のある政策は子育てになると言われています。

特に、一度離婚をし、シングルマザーとして仕事と育児をしていた時期があるだけに、国政に対する不満や改善点について気付くことがあったかもしれません。

市井さんの長女は現在15歳、末っ子はまだ2歳ということで、日々変わっていく育児事情についても詳しいと思います。

是非、リアルな子育てママの声を政界に届けてほしいですね。

市井紗耶香の出馬報道に世間からは厳しい声?政界進出に不安の声も

元アイドルからの政界進出となると、元SPEEDの今井絵理子議員のことが記憶に新しいと思います。

彼女の場合、政治のことよりも不倫や公職選挙法違反の問題が浮上し、国民から反感をかっています。

元々政治に繋がるイメージのない市井さんだけに、今回の出馬について、不安の声が上がっています。

https://twitter.com/yomestandard/status/1143273704245170176

出馬会見は26日に行われる予定

正式にまだ発表はされていませんが、6月26日に市井さんが出馬会見を行う予定だということです。

一度は芸能界を引退し、結婚・出産・主婦業を経験している市井さん。

一般の主婦の視点から、そして働く母親としての視点から、自身が打ち出したい政策について語ってもらいたいと思います。

追記・市井紗耶香が出馬会見で語ったこととは?

6月26日午後、都内にて市井紗耶香さんの出馬会見が行われました。

立憲民主党から正式に出馬するという意思を固め、白のスーツ姿で会見場に現れました。

市井さんが政治の世界でどんなことをしたいのか、今後の芸能活動についてもまとめました。

市井紗耶香の政策とは?

市井さんが政治に関心を持ち始めたのは、子供が生まれてからだそうです。

子育て支援政策が行われていますが、「今の日本が本当に子育て世代に温かい社会になっているか疑問に思う」という市井さん。

当選したら、子育て支援政策に力を入れ、育児・教育・家族のために総合的に取り組んでいきたいと語りました。

また、増税に対しては強い反感を示しており、母として、主婦として「増税により家計が苦しくなる」と何度も口にしていました。

なぜ立憲民主党から出馬することになったのか?

元々は立憲民主党から声掛けがあったことを明かした市井さん。

しかし、子育てをしていく中で「どこか自分のなかで何かできることがあるんじゃないのか、という思いが強く出ていた」と語っています。

立憲民主党の福山哲郎幹事長も市井さんについて

「明確な問題意識があり、党の政策をよくわかっている。非常にまじめで聡明(そうめい)な方であると感じた。有権者に訴えることができる」

と評価しており、市井さんに期待を寄せています。

市井さんも、立憲民主党の魅力について以下のように語っており、出馬に対する意気込みを感じました。

なぜ立憲民主党なのかに関しては、やはり多様性をとても大切にしているところだと思います。

それぞれ違うので、違うところを認め合い、支えあい、尊重して、ともに助け合っていこう、そういう気持ちにとても共感しました。

芸能活動について

今後の芸能活動について、市井さんは

「私もそこまで器用ではないので、まずは一度決めた以上は議員になるための活動にしばらくは専念したいと思っています」

と答えています。

まだモーニング娘のメンバーに報告はしておらず、出馬報告をするなら、同期でもあり、母でもある矢口真里さんと保田圭さんから伝えたいとのことでした。

議員として活動を始めたのちの芸能活動については未定になっており、事務所や党と相談しながら行っていくそうです。

 なぜ議員になるのか疑問が残る会見

市井さんの会見ですが、国会議員を目指すという観点から見るととても内容の薄いものに思えます。

子育て世代の代表として声をあげるという事でしたが、具体的な政策についてや、子育て支援政策についての改善点などもあげられることもありませんでした。

育児以外のことについての質問には、原発はゼロにしたいということと、増税反対という意見が出ましたが、これも具体的に何か考えているわけではなさそうでした。

今後の選挙戦をどういった方針で戦っていくのか、注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です