HYDE表紙の和歌山市報をもらう方法は?郵送も可能?問い合わせ先についても




ロックバンド「ラルクアンシエル(L’Arc~en~Ciel」のボーカルであり、ソロとしても活躍されているHYDEさん。そのHYDEさんが表紙となった和歌山市報が話題となっております。

今回はそのHYDEさん表紙の和歌山市報について、お問い合わせ先の場所や郵送でもらう方法などをメインに調べてみました。また、HYDEさんの和歌山県観光大使やネットの声についても触れていきます。

和歌山市報の表紙のHYDEとは?広報誌を求める電話が殺到?

和歌山市報の表紙に登場したHYDEさん。どんな表紙か気になる方も多いのではないでしょうか。

表紙の内容はコンサートの画像などの様子が掲載されているようです。また、この和歌山市報「市報わかやま」を求める電話も相次いでいるそうです。

表紙写真は1月市内で開かれたコンサートの様子が!

県外からも広報誌を求める電話や問い合わせが殺到

始まりは和歌山市内の住民がSNSで拡散したことによるもの。多くのファンが市報を求め電話連絡が殺到しているようです。

市広報広聴課によれば県外の方から『市報わかやま』を求める多く声や、郵送を求める声もあった様子。これだけの反響があったために、感動しているとのこと。

有名人が地元をPRする事で、地域活性化することは良い事ですよね。市としても嬉しい悲鳴であり、HYDEさんにとってもイメージアップにもなり、ファンにとっても新たな一面を見る事ができ、マイナスな面はないですね。

HYDE表紙の和歌山市誌HYDEの掲載内容は?

HYDEさん表紙の『市報わかやま』は3月号です。その内容については全20ページの中の1ページにHYDEさんの記載があります。

市報にも掲載されている記念ギャラリーが設置されている様子をHYDEさんもツイッタ―でツイートされていますね。

市報わかやま3月号は全20ページ

全20ページ。

HYDEは13ページ目に掲載!

記念ギャラリーが設置された場所や様子の画像などが掲載されています。

和歌山への愛が素晴らしいですね。和歌山市役所にあるHYDEさん記念ギャラリーの除幕式をツイートもされておられました。

そのHYDEさんが表紙の市報わかやま。いったいどこで手に入れる事ができるのでしょうか。

HYDE表紙の市報わかやま3月号のもらう方法は?郵送も可能?

HYDEさん表紙の市報わかやま3月号は市長公室の政策調整部、広報広聴課へお問い合わせすることで入手できます。在庫がある限りは、郵送もしてもらう事が可能なので、是非ゲットしてください。

政策調整部、広報広聴課のお問い合わせ先はこちら

市長公室 政策調整部 広報広聴課

〒640-8511和歌山市七番丁23番地

電話:073-435-1009

市報わかやまの詳細ホームページ

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/shisei/hasshin/1000027/index.html

これだけ市報の表紙で反響を呼んだHYDEさんですが、観光大使になったのはいつからなのでしょうか。まだ、ご存知ない方のために調べてみました。

HYDEが和歌山市の観光大使に?

HYDEさんが和歌山市の観光大使就任したのは1月30日のライブの際。HYDEさんは和歌山県出身で観光大使に就任されました。

その就任の委嘱状(いしょくじょう)を受けとった際の姿が表紙にも登場しています。また、ツイッタ―でも観光大使について触れておられます。

委嘱状:仕事や作業などを部外の人に頼む旨が記載された書類のこと。

引用:https://www.weblio.jp/content/%E5%A7%94%E5%98%B1%E7%8A%B6

1月30日に出身地の和歌山市の観光大使就任

HYDEは自身の誕生日である1月29日に出身地である和歌山市の和歌山ビッグホエールで、アコースティックライブを「ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY WAKAYAMA」を2日間開催。

その後、同コンサート最終公演時30日、市長から観光大使就任を委嘱され快諾。

広報表紙ではHYDEさんが「ふるさと観光大使」の委嘱状を受け取った姿も!

50歳を迎えふるさと観光大使として活動し、地域にも貢献されるHYDEさん。人間としてもとても素晴らしい方ですね。

でも、50歳という点は少し驚きました。周りの50代の方と比較すると、まだまだお若い。それだけ見た目にも気を配っているのでしょうかね。

観光大使に就任後の活動も、既に反響を呼んでいます。

HYDEが和歌山市の観光大使就任2日目にして影響力を発揮?

HYDEさんは就任後すぐにツイッタ―で和歌山の魅力をアピールし、それが拡散されて話題になったんですね。

和歌山のハッシュタグも登場する程の反響ぶり。はやくも観光大使としての存在感が発揮されています。

ツイッタ―で和歌山の魅力を拡散

ツイッターで和歌山市の魅力を紹介したツイッターをリツイート。なんて素敵な和歌山でしょうとツイート。

このツイートが拡散され、多くの方への和歌山市アピールに成功しています。影響力は本当に絶大ですね。

ハッシュタグ「#なんて素敵な和歌山なんでしょう」登場

HYDEさんの「なんて素敵な和歌山なんでしょう」のツイートの影響により、ハッシュタグ「#なんて素敵な和歌山なんでしょう」も登場しています。

今後もどんな#なんて素敵な和歌山なんでしょうが誕生するのか楽しみですね。

早くも観光大使としての存在感を発揮しているHYDEさん。そのHYDEさんが観光大使になった理由も気になったので調べてみました。

HYDEが和歌山市の観光大使になった理由は?

HYDEさんが和歌山市の観光大使になった理由は同級生の方々の提案によるものだったそうですね。市長はHYDEさんに期待を寄せていて、観光大使としての動向に目が離せませんね。

HYDEさんの同級生らが市に提案

HYDEさんの同級生らが市に、HYDEさんを市のPR担当にするよう提案したのがきっかけ。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/379698

市長は期待

30日の公演中盤、尾花正啓市長がステージに登って「なってくれますか」と依頼すると「喜んでお受けします」と快諾。市長が委嘱状や大使の名刺などを手渡したという。

市長は「和歌山市出身であれだけのスターはなかなかいない。世界に発信してほしい」と期待を込めた。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/379698

HYDE表紙の和歌山市報は和歌山市役所で入手可能!今後の観光大使としての活躍も期待!

今回はHYDE表紙の和歌山市報『市報わかやま』3月号をもらう方法をメインにその他、色々と調べてまいりました。

入手方法は市役所のホームページやお問い合わせから可能です。欲しかった方の参考になっていれば幸いです。

今回の表紙はHYDEさんの地元の同級生や、和歌山市からの愛、そこから観光大使実現あってのものだったんですね。市報わかやまの表紙を実現しファンにも幸せを届けてくださいました。

これだけ多くの反響を呼んだ観光大使としての活動は、今後も注目されること間違いないでしょうね。より明るいニュースを届けてくれることに期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です