ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』6話の見逃し動画を無料視聴する方法や再放送日程

2019年8月15日(火)22時に放送された『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の第6話では、最近、たるんできたレストランが気になっている店長の堤(勝村政信)は、ホスピタリティを強化し、レストランを立て直すと宣言します。

オーナー(石原さとみ)は1週間限定で、店長の好きなようにやらせますが、果たしてレストラン「ロワン・ディシー」は生まれ変わるのでしょうか?

また、店長が以前働いていた牛丼屋から戻って来て欲しいと頼まれたり、退職願を提出する店長に、オーナーが出した答えとは……。

そんな『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話を見逃してしまった方のために、見逃し動画を無料で視聴する方法や、再放送の日程についてまとめて紹介します。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』6話を無料視聴する方法とは?

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、放送終了から1週間以内なら「Tver」で見逃し動画配信を見る事が出来ます。

動画配信サイト 配信先
Tver 第6話の無料視聴はこちら

※『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の配信期間は「8/13(火)22:55~8月20日(火) 21:59までとなります。

配信期間が終了してしまっている場合でも、以下の方法で無料で視聴することができます。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』はParavi(パラビ)で全話見逃し配信中!

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画を全話視聴することができるのはParavi(パラビ)です。

こちらでは、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を無料で視聴する方法をご紹介します。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の無料視聴のためには、このParavi(パラビ)への登録が必要になります。

Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

登録から30日間は無料でお楽しみ頂けます。(※初回登録の方に限ります)

放送終了から1週間以内の場合の無料視聴方法

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』最新話の放送終了後から1週間以内の場合は、TVerを利用することで、最新話のみ無料で見ることができます。

TVer(ティーバー)で最新話を無料視聴する方はこちら

放送から1週間以上経過した場合はParavi(パラビ)で視聴可能

放送終了後から1週間以上経過してしまった場合は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』をParavi(パラビ)で無料視聴することができます。

Paravi(パラビ)の特徴は、なんと言っても見放題可能な作品数の多さです。

TBS系のドラマを中心に、様々な話題のドラマや映画、『クレイジージャーニー』や『モヤモヤさまぁ~ず2」など人気バラエティー番組も見放題。

2019年夏ドラマだと、『ノーサイド・ゲーム』や『凪のお暇』が配信されます。

また、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』出演者の過去の人気ドラマも配信中ですので、この機会に視聴してみてはいかがでしょうか。

Paraviで配信中の石原さとみの作品

  1. 『アンナチュラル』(石原さとみ/井浦新:2018年ドラマ)
  2. 『人生最高レストラン』(徳井義実/宇賀神メグ:バラエティ番組)
  3. 『シン・ゴジラ』(長谷川博己/竹野内豊:2016年映画)
  4. 『“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」』(阿部寛/松尾貴史:2014年ドラマ)
  5. 『恋』(石原さとみ/井浦新/田中麗奈:2013年ドラマ)
  6. 『ビー・バップ・ハイスクール』(石原さとみ:2004年ドラマ)
  7. 『ビー・バップ・ハイスクール2』(石原さとみ:2005年ドラマ)

※2019年8月10日の時点での情報です。

Paraviで配信中の福士蒼汰の作品

  1. 『TRICK 新作スペシャル3』(仲間由紀恵/阿部寛:2018年ドラマ)
  2. 『シマシマ』(矢田亜希子/三浦翔平:2011年ドラマ)

※2019年8月10日の時点での情報です。

Paraviで配信中の志尊淳の作品

  1. 『表参道高校合唱部!』(芳根京子/城田優:2019年映画)
  2. 『下北沢ダイハード』(古田新太/小池栄子:2019年ドラマ)
  3. 『ドルメンX』(志尊淳/玉城ティナ:2018年ドラマ)
  4. 『探偵はBARにいる3』(大泉洋/松田龍平/北川景子:2017年映画)
  5. 『先輩と彼女』(志尊淳/芳根京子:2015年映画)

※2019年8月10日の時点での情報です。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

Paravi(パラビ)の無料登録方法

Paravi(パラビ)の無料登録のやり方を説明します。

無料登録のリンクをクリックいただくと、左上の画像が画面の一部に表示されます。

「まずは無料体験」を選択し、次にParavi(パラビ)のアカウントを作成してください。

アカウントの作成は、メールアドレスまたは、日経・Facebook・ツイッター・Google・YahooのIDと連携することで、簡単に作成可能です。

SNSとの連携をされた方も、メールアドレスの入力は必須になります。

名前、PINコード、パスワード、生年月日、性別を入力してください。

支払い方法は、クレジットカードまたは、キャリア決済が選択可能です。

最後に、お知らせを受け取るかどうかの選択と、利用規約およびプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて、「登録して続ける」をクリックしてください。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

※紹介した情報は2019年8月10日時点のものとなりますので、最新の配信状況や料金は、Paravi(パラビ)のサイトでご確認下さい。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話あらすじ

2019年8月6日放送『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話あらすじ

ある夜、「ロワン・ディシー」に堤(勝村政信)の前職・牛丼屋の仲間がやって来た。かつては社長賞を貰うほどの敏腕店長として同僚からの信頼も厚かった堤は、昔の仲間に再会したことで急にやる気を出す。

店を盛り上げようと考えた堤は、一世一代の大勝負に!!誕生日特典をはじめ、様々な提案をするのだが、オーナーの仮名子(石原さとみ)とは意見が対立してしまう。

そんな中、店に待ちぼうけの女性客が。彼女は二人分の食事を一人で寂しげに食べ続けている…。

本当のもてなしとは一体なんなのか?果たして、店長の決断は?

引用:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式サイト

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話を見た視聴者の感想評価や見所ポイント

感想の中にはネタバレも含まれているので、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話をまだ見ていない方はご注意ください。

30代女性
4

店長の辞職騒動で一時はどうなるかと思ったけど、今回は仮名子の一言で嵐がおさまるというカッコいい結末が良かったなと思います。サービス業経験者なら誰でも納得のいく結末だったんじゃないかなと感じました。

仮名子が堤のことを心配していたのかと思いきや、新しい店長を選ぶのがめんどくさかっただけだったというオチも、このドラマらしくて面白かったです。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

何でもかんでもお客様第一で行動する堤に仮名子が、「一番大事なのは自分よ」と語るシーンがとても見どころだと思います。

お客に寄り添うことが日本じゃ当たり前になっているけど、そうじゃなくて、自分が楽しめるかどうかもとても重要だよなととても考えさせられる内容でした。仮名子がいうホスピタリティがよくわかるし合点がいって衝撃的でした。

40代女性
4

お客様に寄り添うという選択をした結果、無理な注文が殺到してしまい収集がつかなくなってしまった店長でしたが、そうなることを予想していた黒須に、感心してしまいました。

ある程度お客様の要望を叶えるのは大切でしょうけど、お店のポリシーまで変えてしまうのは違うと思うと同時に、サービスの難しさも感じました。なんだかんだ言って、ちゃんと見ている黒須だからこそ、伊賀たちもついて行っているのだと思いました。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

お客様のあらゆる要望に応えようとする堤ですが、要望が度を越えていて見ものです。お箸でフレンチを食べたり、煎茶をすするお客さんたち・・・。いつもとは全く雰囲気の違うロワン・ディシーが見られます。

そんな中でも、常にブレない黒須の態度に潔さも感じますし、最後に堤にかける言葉も響きます。そして相変わらずの川合に、癒されます。

30代女性
3

おもてなし、ホスピタリティーについて考えさせられました。いろんな理由を抱えてくるお客様それぞれに対して、個々に満足のいくサービスを提供することは、接客業の人は目標には掲げても実現させるのはなかなか難しいと感じました。

お客様の言いなりになるわけでもなく、お店側のプライドやブランドイメージを維持しながら提供出来ることってなんだろう?と考える時間になりました。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

オーナーの「レストランはホスピタリティーだけではダメ」という言葉から、見ている人たちも自分には何が出来るか考えるきっかけになると思います。

お客様だけではなく、働く方も楽しんで存在意義を感じさせられるような仕事が大事、というドラマのオチも強ち間違っていないと思います。見ている人たちが、自分の仕事に置き換えて考えることが出来る内容になっていると思います。

30代女性
5

牛丼屋で働いていた店長が、また牛丼屋に戻ってしまうのではないかと思ってドキドキしました。

店長はロワン・ディシーを繫盛させるために頑張り出したのですが、気を使いすぎて疲れてしまったのを見た仮名子は、前のように自由気ままに働いていた店長の方が楽しそうだったといったことで、店長がいつも通り戻って、牛丼屋に戻る話もなしにしたので、良かったです。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

一人の女性がロワン・ディシーに食事をしに来ている理由が見どころになっていました。

女性の周りのお客様はお誕生日の方ばかりで、みんな誕生日特典のプレートを堪能している中、一人で寂しく二人分の料理を運んでもらって食べているため、一体なぜ一人なのか、謎が解けるシーンが見どころです。少し怖いシーンも入っているので、コメディーあり、スリルありのおもしろい展開でした。

10代女性
5

今回もヘヴンもおもしろかったです!みてるうちに伊賀くんだけじゃなくみんな好きになっています。今回は店長がホスピタリティを大事にするといっていたところがおもしろかったです。

お客様に言われたことを全てやったらどうなるのか、フレンチのお店で箸をちょうだいと言われて渡したり、マヨネーズちょうだいと言われて出したり一見お客様の要望には答えてはいるがそれを続けるとフレンチとしての形やお店の格とか雰囲気が全然変わってしまう。

ホスピタリティって難しいなって思いました。ふざけているようで、なんだか良い店ですね。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

見所は店長の牛丼屋のシーンですかね。牛丼屋で大人しく働いていたのかと思いきや、がっつりカモーンってちょっと笑えました。脇役なのにハマケンまで出てるし、良い味だしてました。牛丼屋に戻ってマネージャーになるのかこのままお店で店長でい続けるのか店長が悩んで決めた答えがなんなのかが見どころになります!みてみてください。

30代男性
4

第6話の感想としては、勝村政信演じる堤がどうしてレストランにやってきたかがやはり見どころとハイライトとなってきますね。その堤が前職の牛丼屋にお忍び訪問。なにが目的化と思えば……仲間の谷に戻ってきてほしいと。たどり着いたのは、客単価の問題よりも「お客様が楽しめるか」と感化されての経営。自分より他人が楽しめるか。

これは人間社会でもよくある理想の経営体制となりますね。口で言うのは簡単ですが手で行うのは難しい、という部分は確かに多いですが、現実社会でもこの目標が目指せれば幸いですよね。

『Heaven?』第6話の見所ポイント

先ほどの感想と重複する部分もありますが、堤がどうしてお忍びで訪問したか。そして謎の女性客(黒川智花)の事情となるでしょう。

ドラマというものはそうなっているかもしれませんが、この2人の謎と、それが明かされた時のスッキリ感を求める人が、このドラマのターゲットになるのでしょう。自分的には黒川音無真由美の謎が見どころに見えましたね。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です