Heaven?(ヘブン)ご苦楽レストラン第8話あらすじ・ネタバレ!山縣のドッペルゲンガー?

毎週火曜日夜10時からTBSで放送中の『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』。「ロワン・ディシー」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナーと個性豊かな従業員たちが繰り広げるコメディードラマです。

第7話では、レストランのお客様を守るため、従業員たちが結束してトラブルに立ち向かう回でした。

レストランやサービス業の存在意義について悩んでいた伊賀観(福士蒼汰)でしたが、最後にはお客様それぞれの楽しいひとときを共有できる喜びを知ります。 そして今回は、それぞれが弱点を克服しようとするお話です。

こちらの記事では、8月27日(火)に放送された『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の第8話のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』全話と配信限定スピンオフドラマを見れるのはParavi(パラビ)だけ!

Paravi(パラビ)は初回の登録で30日間無料でお楽しみ頂けます。

今すぐParavi(パラビ)で動画見放題を楽しみたい方はコチラ

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』見逃し動画配信を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。↓↓↓

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』第8話のあらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレありのあらすじになりますので、これからご覧になる方はご注意下さい。

山縣のドッペルゲンガー?

ある日いつも通り「伊賀くん、伊賀くん」と伊賀を頼る従業員たち。店長がワインのことまで伊賀に尋ねたので、ソムリエの山縣重臣(岸部一徳)の機嫌が悪く…。そして山縣は従業員たちを集めて、「人生のベテランの意見を参考にしなさい」と言います。

そんな日の夜、レストランに山縣の銀行員時代のライバル・浦海(岸部一徳)がやってきます。山縣そっくりな浦海の登場に、従業員もオーナー・黒須仮名子(石原さとみ)も驚きを隠せません。

浦海に負けたくない山縣はワインの知識で競い合いますが、資格マニアでもある浦海は山縣より一足早くワインエキスパートの資格を取っており…。両者一歩も引きません。

浦海に「ワインメニューを見ても心が踊らない」と言われた山縣は、奥の手として大事に取っておいたビンテージワインを取り出します。しかし開けようとしたときオーナーがぶつかり…。浦海はオーナーと問答になりますが、オーナーの「ワインは一期一会よ」という言葉が響いたのか、浦海と山縣の争いは収束します。

伊賀と店長がソムリエ試験を受けることに

帰り際、浦海に「ソムリエ試験は難しいんだよ」「いつ取れるのやら」と嫌味を言われた山縣は、「一発合格してみせますよ」と啖呵を切ります。

一発合格するための情報収集のため、山縣は試験を受ける条件・飲食経験3年以上をクリアしている伊賀に試験を受けてと頼みます。しかし伊賀は大学受験の時のお母さんのトラウマで、試験と名のつくものは苦手でした。

そんな伊賀に対し「苦手なものは苦手なままでいいんじゃない?」と言ってくれたオーナーでしたが、山縣が「じゃあ浦海に負けてもいいんですか?」と聞くと「それはダメよ」。結局伊賀と、同じく条件をクリアしている店長・堤計太郎(勝村政信)がソムリエ試験を受けることになりました。

試験対策集中講座のため沖縄へ

大学受験とは違って共に戦う仲間がいること、そして何より試験を受けるとお母さんに知られていないことに安心する伊賀。トラウマを、弱点を乗り越えようと意気込みます。

ある日、店長と伊賀は東京での開催が終了していたため、試験対策集中講座を受けることを諦めようとしますが、山縣に「それじゃあ情報収集にならない」と言われ…。「でもあとは沖縄しかない」と言った言葉にオーナーが反応。ホールスタッフとオーナーは沖縄に行くことに。

沖縄の集中講座では、一生懸命講座を受ける彦坂(平泉成)と出会います。東京で寿司屋をやっている彦坂と仲良くなった伊賀はLINEで励まし合いながら試験に臨み、店長と共に一次試験に合格します。

順調すぎることに不安を覚える伊賀

試験が順調すぎるので、何か起こるのではと不安になる伊賀。そんな試験の直前、お母さんから電話が…!受験票を持って試験会場に来られただけでもよかったと、無事2次試験に臨みます。そして合否通知が来ました。中を見た伊賀は苦い顔。みんなが励ましますが、伊賀は合格していました。

一方中を見て嬉しい顔をした店長。2人とも合格か?と思ったら「落ちました〜」。店長は、もう勉強しなくていいことに喜んでいたようです。

いよいよ迎えた最終試験の日。レストランでみんなから見送られる伊賀に、母から電話がきます。母にもう店の前まで来ていると言われ「終わった」と思った伊賀でしたが、「お母さんのことはなんとかするから」とオーナーに背中を押されて試験会場に向かいます。

ドキドキの最終試験

試験会場に着いてから伊賀は緊張でダメになりそうでしたが、そこには伊賀よりもっと緊張した彦坂の姿がありました。なんとか緊張を抑えて伊賀は試験会場に入りました。するとそこへ審査委員と間違われてオーナーが入ってきたのです。

そんな状態で始まった試験。緊張でうまくいかない彦坂の前で、オーナーはワインが本物でないことにいら立ち、「いつもお店でやっているようにお客様に出さなきゃ試験にならないでしょ」と言い出します。

その言葉に「審査員はお客様なんだ」と緊張が解けた彦坂。いつもお店でやっているように試験に取り組み出します。そして無事試験を受け終えて帰ると、そこには母と疲れ切った川合太一(志尊淳)の姿が。伊賀の結果は不合格でしたが、苦手意識が薄れてよかったと満足した様子でした。

一方、彦坂は見事ソムリエ試験に合格したようです。

ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』第8話の感想

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この前ね みんなで沖縄旅行したのーーー!! #色々あっての沖縄旅行さー #楽しかったさー #山がたさんがね #沖縄の動物の話ばっかりしてた #ヤンバルクイナとかイリオモテヤマネコとか #会話の間にチョッチュねチョッチュねとか #辛いよ #ヤンバルがたさん #辛いよ #イリオモテヤマガタさん #でもね #チョッチュねガタさんが #いつもより楽しそうで #嬉しかった #あれ #色々混じっちゃった #まぁいいや #ソムリエ試験受かりますように #かわいんすた

かわいたいちおふぃしゃる【Heavenご苦楽レストラン公式】さん(@kawai_iigram)がシェアした投稿 –

今回は山縣がライバルに打ち勝つため、伊賀が苦手な試験に立ち向かうお話でした。山縣のライバルがそっくりさんという設定は斬新で、一人で2役されていたのでとても面白い展開でした。

伊賀と彦坂のやりとりでは、彦坂の謎かけに笑う伊賀の姿を見ることができ、伊賀の意外な笑いのツボも明らかに。いつも伊賀はオーナーの行動に対して心の中で優しくフォローしていますが、予想がことごとく外れてしまうのにもなんだか笑えます。

次回はオーナーの身に何かが起きるようです。どんな展開が待っているのか、楽しみです。

Paraviではスピンオフドラマが配信中!

毎週本編放送後に、Paravi限定で『Heaven?』のスピンオフドラマが配信されています。


⇒Paraviで『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』のスピンオフ動画を観る。

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の視聴率は?

  • 第1話 7月9日放送の視聴率 10.8%
  • 第2話 7月16日放送の視聴率 9.2%
  • 第3話 7月24日放送の視聴率 8.7%
  • 第4話 7月30日放送の視聴率 10.0%
  • 第5話 8月6日放送の視聴率 7.8%
  • 第6話 8月13日放送の視聴率 7.5%
  • 第7話 8月20日放送の視聴率 8.1%
  • 第8話 8月27日放送の視聴率 7.5%

(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です