福岡県警博多署で男性巡査部長が拳銃で自殺未遂!原因は家庭内の悩み?警察官の遺書見つかる

7月29日午前7時40分頃、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのを同僚が見つけました。

病院に搬送されましたが、現在は意識不明の重体です。

近くには拳銃があり、遺書が発見されたとのことでで、博多署は巡査部長が自殺を図った可能性が高いとみて調べているそうです。

男性巡査部長の自殺を図った原因、そして遺書にはどのような内容が書かれていたのか?を調べてみたいと思います。

福岡県警博多署の警察官自殺未遂の事件の詳細は?

中国新聞によると、

29日午前7時40分ごろ、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。

病院に搬送されたが、意識不明の重体で、近くに拳銃があり、遺書が発見された。署は巡査部長が自殺を図った可能性が高いとみて調べている。

事件の現場では、巡査部長の近くに拳銃が落ちており1発発射されていたそうです。

巡査部長は頭部を負傷していて、現在治療中だということです。

同署の岩下耕造副署長は「こういった事案が起きたことは誠に遺憾。詳細な原因を調査中」と話しているそうです。

事件当日の男性巡査部長の様子や状況は?

事件当日の男性巡査部長の様子や状況はどのようなものだったのでしょうか?

博多署によると巡査部長は区内の交番に勤務しており、この日は午前6時45分に出勤し、7時10分に手続きをした上で、当直員立ち会いで拳銃庫から拳銃自ら1丁持ち出し、同20分に署員と挨拶をしていました。

同40分頃に朝の点呼に出席するため武道場を訪れた同僚が、頭から血を流してあおむけの状態倒れている男性巡査部長を発見しました。

拳銃は本人に割り当てられたもので、銃弾1発が使用されていました。

事件前までは1人で武道場にいたとみられ、銃声を聞いた署員はいないとのこと、その後、署内のロッカーから遺書が見つかったとのことでした。

男性巡査部長の遺書の内容は?

残されていた遺書について、詳細な内容は報じられてはいませんが、署内のロッカーから見つかった遺書には、自殺する旨とプライベートに関する悩みが原因だとの趣旨の説明が書かれていたとのことでした。

捜査関係者によりますと、この男性巡査部長は家庭内のことで悩みを抱えていたそうです。

状況から察すると、ご本人の個人的な悩みから自殺に至ったと判断するのが妥当かなと思われますが、なんだかやるせないものが感じられますね。

現在は頭部を負傷して、治療中ということですので、予断を許さない状況かと思います。こちらもとても心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です