『G線上のあなたと私』最終回(第10話)ネタバレ・あらすじ!エレベーターでのキスシーンに理人ファン歓喜!

ドラマ『G線上のあなたと私』の最終回(第10話)が、12月17日(火)に放送されました。

第9話では、ついに加瀬理人(中川大志)が小暮也映子(波瑠)に告白。恋人同士になります。しかし付き合うとなった途端、8歳差が深刻に気になりだした也映子は、理人に距離を置きたいと言い始めます。

そんな時、北河幸恵(松下由樹)が家出をしたという連絡が…。

今回はいよいよ最終回。幸恵と家族の関係、也映子と理人の関係はどうなるのでしょうか。

こちらでは、『G線上のあなたと私』最終回(第10話)のあらすじをご紹介します。ネタバレになりますので、これからドラマを視聴される方はご注意下さい。

第9話はこちら⇒『G線上のあなたと私』第9話ネタバレ・あらすじ!也映子(波瑠)と無菌状態だった理人(中川大志)とはついに恋人同士に!

ドラマ『G線上のあなたと私』最終回のあらすじ・ネタバレ

家族みんなで幸恵を迎えに

也映子と理人は、幸恵がラインで言っていたネットカフェへ向かおうとします。しかし家族の問題について、「俺らレベルじゃわかんないんじゃね」と理人。その言葉に也映子も頷くと幸恵の家へ。

すると由実子(夏樹陽子)が「妻の一人くらい、ちゃんと大事にしなさい」と弘章(小木博明)の背中を押しているところでした。

2人は結局幸恵の家族3人とともにネットカフェへ。弘章が大声で幸恵の名前を何度も呼ぶと、「大声出さないでよ」と幸恵が出てきます。「帰ろう」と言う弘章。しかし幸恵はうつむいたまま。弘章はみんなの顔を見ますが、全員目をそらします。

すると弘章は「ごめんなさい」と謝り、改善していきたいという気持ちを伝え、「気づかないこともあるからさ。そこはつっこんでください」と言います。すると由実子は「何その言い方」とつっこみ、「息子の育て方、間違えたかしら」と言って場を和ませます。

幸恵は夫が来たのは也映子のおかげではないかと聞きますが、也映子は由実子のおかげだと答えます。そして家族4人で車へ。幸恵が「おなか空いてない?昨日の肉じゃが、カレーにしようか」と言うと、多実と由実子に「そういうとこ!」とつっこまれます。

何か食べに行くことになり、幸恵のリクエストで寿司屋さんへ。

一方也映子と理人は駅へ。「このままどっかいく?」と言う理人でしたが、也映子の顔は曇ったまま。理人が「俺あなたにそんな顔させるために、好きって言ったんじゃないんだけど」と言うと、也映子は「ごめんなさい、この先には行けません」と言って去ってしまいました。

也映子と理人の関係性

フラれて落ち込む理人。家族にその様子をいじられながら慰められます。侑人(鈴木伸之)だけ真剣に話を聞こうと理人の部屋へ。理人は、このまま終わりたくないけど、どうしたらいいか分からないと相談します。

すると侑人は少し躊躇って「時間と距離はあけちゃダメだよ」と言います。也映子はあの夜から理人に会ってないことを、電話で幸恵に話します。弟みたいなもんなんだと強がって話す也映子でしたが、幸恵に「あんなに泣いたのはどうして?」と言われると黙ってしまいます。

今夜がレッスンであることも忘れていた也映子でしたが、教室が移転する前の最後のレッスンだから来てほしいと幸恵にお願いされます。受付で幸恵が待っていると也映子がやってきました。

そのうち理人とも連絡を取るから、また3人でバイオリンを弾こうと言い、「私3人がいいんです」と強調する也映子。幸恵は自分の家族について話すと、「もしいいなと思ってもらっているなら、ゆるくて優しい世界にとどまってちゃダメよ」「本当に大事な人とはその先に行かなきゃ」と力強く言います。

そこに理人がやってきますが也映子は気づかないまま、それでも「できません。怖い」と泣き出します。「好きなんです。めちゃくちゃ好きなんです」「だから怖い。あの人が目の前から消えてしまうのが怖い」「会えなくなるくらいなら、そんなのいらない」と泣く也映子。

すると理人が口を挟みます。もう前の関係には戻れないという理人に対し、バイオリンがあれば戻れると言う也映子。エレベーターに乗り、帰ろうとしますが、理人は2回エレベーターをこじ開けると、「あーもうめんどくせぇ」とつぶやいて幸恵と庄野が見ている前で也映子を抱きしめます。

「俺あなたのためならどうにかするから、全部」と理人が言うとエレベーターが閉まり、残された幸恵と庄野は2人で盛り上がりました。 エレベーターが閉まっても、抱きしめたままの理人。

也映子は「もう1階なので」と言って離れてもらいますが、メガネがずれているのを見て理人は「そのままでいい」とキス。扉が開くと慌てて離れましたが、誰もおらず。再び上に戻るエレベーターでキスをするのでした。

レッスン後、也映子と幸恵は理人の働く居酒屋へ。教室が移転した後は通えないと言う幸恵。しかし「何かの拍子に会わなくなっても、ずっと繋がっていられると思う」「何十年後に会っても笑顔で会える。そんな関係ができただけで十分」と言う幸恵に、也映子はしぶしぶ頷きながら「でも会いますけどね」と言います。

也映子は多実(矢崎由紗)のお迎えに行く幸恵を見送った後、バイト終わりの理人と合流。街はクリスマスモード。2人は浮かれながら、帰りました。

久住の結婚パーティーで演奏

久住眞於(桜井マキ)が結婚すると聞いて驚く也映子。相手はなんと庄野さん。也映子が「庄野さん、狙ってそうだったもんね」と言うと、「違うよ、私が言ったの『付き合ってください』って」と久住。幸せそうな久住に安心する也映子でした。

いつものカラオケで集まった3人。久住の結婚パーティーで演奏することになったのです。久住が結婚すると聞いてからテンションが低い理人。全然練習できていない也映子と幸恵にいつものようにキレ出します。しかしそこへビールが3杯やってくるのでした。

久住の結婚式の日。也映子がいとこの渡辺晴香(真魚)にヘアセットをしてもらっていると、母親が「いいわね」と部屋に入ってきます。彼氏の話になると「結婚は期待しないでね」と也映子。

母は「やえちゃんが幸せならいいのよ、8歳下でもなんでも」と言ってくれました。

会場に着いた3人。理人が青い顔をしているので、理由を尋ねると庄野と久住の結婚式ということは、音楽関係者ばかりなのでは…?と言い始めます。

そして幸恵も、昨日多実に調べてもらったら、弾く予定の曲はドロドロ不倫の曲らしいと言い始め…。

それはダメだと、急遽『G線上のアリア』を弾くことに。そしていよいよ発表の番が回ってきます。

庄野が3人の紹介をするためにマイクを受け取ると、酔っているのか久住と3人を繋いできたのは自分だと言い始めます。そんな庄野に代わり、久住がマイクを受け取ると「この3人がいなかったら今の私はいなかった」と語り、「ありがとう」と感謝します。

そして庄野に「バイオリン三銃士」「ここで演奏するのは勇者だ」と紹介されると、急に緊張感が高まる3人。小さく円陣を組んで集中すると『G線上のアリア』を演奏します。

演奏は無事終了。温かい拍手に包まれました。

数ヶ月後、家の間取りを見つめる也映子と理人。理人が就職してから一緒に住む家を探し始めていました。なんだかんだバイオリン続けているねという話になると「好きだからでしょ」と理人。

「好きだから続くんでしょ、何事も」と確認し合うと、2人並んで歩き始めました。

ドラマ『G線上のあなたと私』最終回の感想

最終回、途中まで也映子と理人の関係がどうなるのかハラハラでしたが、理人のかっこいい対応でいい関係に。好きだからこそ怖いと話す也映子の気持ち、それを丸ごと受け止めようとする理人の気持ち…。とてもドキドキで感動的なシーンでした。

ドラマでは3人のリアルな悩みや想いが描かれてきましたが、ひとつひとつ解決して、とても素敵な最終回でした。幸恵は悩みの種だった義理の母や夫との関係が改善し、叶わぬ恋に苦しんでいた理人、人と深く関わるのが怖くなっていた也映子はお互いを大切な存在だと認識することで少し強くなっていきました。

最後まで見てからまた見返してみるのも、また違う気持ちで見られて良さそうです。日々頭を悩ますいろんな感情について、様々な価値観を与えてくれるドラマでした。

ドラマ『G線上のあなたと私』見逃し配信はある?

ドラマ『G線上のあなたと私』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『G線上のあなたと私』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です