『グランメゾン東京』第9話あらすじ・ネタバレ!仲間の裏切りと復讐…ワインに秘められた久住栞奈(中村アン)の思いとは!?

2019年12月15日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第9話。

ウェイターとして働いていた、久住栞奈(中村アン)が退職することに。

リンダ(冨永愛)は久住を利用して、”グランメゾン東京”を潰すために動き出します。

一方、平古祥平(玉森裕太)にも捜査の手が・・・?

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第9話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

第8話のあらすじはこちら⇒『グランメゾン東京』第8話あらすじ・ネタバレ!尾花(木村拓哉)の師弟愛に感動!京野(沢村一樹)との友情のゆくえは?

ドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじ・ネタバレ

リンダの宣戦布告

エスコフィユの事件の犯人が平古祥平(玉森裕太)であることを知り、リンダ(冨永愛)は怒りに震えます。事件に関わった2つの店、”グランメゾン東京””gaku”を潰すと宣言。グランメゾン東京で働く久住栞奈(中村アン)に、店を潰すよう迫ります。

京野陸太郎(沢村一樹)の家に居候することになった尾花夏樹(木村拓哉)。しかし、アパートのキッチンは貧弱なため、朝食は早見倫子(鈴木京香)の家で食べることになります。

そこで京野陸太郎(沢村一樹)は、ウェイターの久住栞奈(中村アン)が今月いっぱいで辞めることを伝えました。京野は尾花に、久住が書いた履歴書を手渡します。

尾花は久住の父親の名前に聞き覚えがあり、1人首をかしげます。

新たなメニュー開発

グランメゾン東京では料理人たちを集め、ミシュランの三ツ星獲得のための計画を練り始めます。倫子の方針で特別なことはせず、お客様とひたむきに向き合っていくことが決まりました。

ただ、ミシュランの審査が始まる1ヶ月後までに、コース料理を全面的に変えることになります。全8品を短期間で完成させるという難題に、若手料理人たちは不安な表情を見せます。

尾花は最後にワインを日本産のものに変えたいと提案しました。尾花は、京野ではなく久住にワイン選定を依頼します。「最後に本気出してよ」と言われ、久住は受けて立ちます。尾花は期待していると耳打ちし、久住にプレッシャーをかけました。

しかし、久住はリンダから店を潰すように指示されており、その狭間で悩み始めます。

捜査の手が迫る

一方、メニュー開発に励む丹後学(尾上菊之助)と平古祥平(玉森裕太)。2人の様子が気に入らない江藤不三男(手塚とおる)は、独創性が足りないと毒づきます。

そこへフランス大使館から来たという、文則(マイケル富岡)という男が現れます。屈強な部下を引き連れた文則は、エスコフィユの事件の犯人が平古だという情報を得たといいます。

丹後は、証拠なく仲間を疑うなと詰め寄り、平古を身を呈して守りました。文則は帰ったものの、江藤から疑いの目を向けられ、怪しい素振りがあれば即刻クビだと宣告されます。

丹後は平古と2人きりになると、途中で投げ出すなと伝え、犯人であることを絶対に明かさないようにと伝えました。そして、文則の情報源について首をかしげます。

ワインの試飲会で・・・

グランメゾン東京でワインの試飲会を兼ねた、久住のお別れ会が行われました。若手料理人が徹夜でおつまみを作ってくれ、久住は嬉しそうに感謝を伝えます。久住の選んだワインは好評で、尾花や相沢から次々と新メニューのアイディアが湧き出します。

その後ろで突然、パティシエの松井萌絵(吉谷彩子)が倒れます。尾花が抱きかかえてソファへ寝かせ、スタッフたちが慌てて救急車を呼びました。

混乱の中、久住が同僚に押され、転んでしまいました。持っていたバッグから小瓶が転がり落ち、慌ててバッグへとしまう久住でしたが、その様子を相沢瓶人(及川光博)が不思議そうに見ています。

ノロウイルスの発生

病院に運ばれた松井は、ノロウイルスと診断されます。感染力が強く、レストランの食中毒事件として公になると問題となります。他者への感染がないことから、京野は保健所への報告をしないことに決めます。

その頃久住は、病院の廊下でリンダに報告の電話をかけていました。リンダは、ノロウイルスの発生を隠蔽したとリークすることで、店を潰せると喜んでいます。リンダは「これで復讐が果たせそうね」と言って、電話を切りました。

倫子の家に尾花、相沢、京野、芹田公一(寛一郎)が集まり、今後の店について相談していました。ノロウイルスには潜伏期間があり、客への感染が分かれば営業停止となってしまいます。

カキからの感染の可能性が浮上し、それは久住が仕入れたものでした。相沢は久住が電話で感染を報告していたことを明かし、疑念が深まります。久住の犯行理由を探りはじめたとき、尾花が他にやることがあると話を遮りました。

グランメゾン東京の決断

翌日、久住が出勤すると、従業員が総出で消毒作業を行っていました。保健所にはノロウイルス発生の報告をいれ、ウイルスの出どころを探してもらうことになりました。

京野陸太郎(沢村一樹)は客の一人一人の元を訪ね、事情説明に回っているといいます。風評被害を恐れず、安全を守る決断をした尾花に対して、久住は驚いた表情を見せます。尾花は久住の元へと歩み寄り、連れて行ってもらいたい場所があると伝えました。

尾花は倫子と久住を連れて、山梨へとやってきました。久住が紹介したワイナリーを訪れると、久住はワイン造りについて生き生きと語りだします。倫子は嬉しそうに語る久住の顔を見ながら、何とも言えない表情を見せます。

新しい前菜

ワインを試飲した尾花と倫子は、その味をさらに気に入りました。帰りに市場に寄って、新メニューのために新鮮な白子を仕入れてきました。

そこへ京野が帰り、客への感染がなかったとが明らかになります。同僚たちが久住に疑惑の目を向ける中、尾花は久住がいなくなるまでに前菜を完成させると宣言します。

尾花は白子を使った料理を完成させると、ワインと一緒に試食をしてみます。しかし上手くいかず、ワインを引き立てる料理の難しさを痛感します。

リンダの思惑

久住はリンダから、グランメゾン東京を潰すための策を講じるように指示されます。一方リンダは平古を呼び出し、事件について問いただすことにします。

平古は言い逃れはしないと誓い、「犯人は俺です」と目を見据えて告白しました。自分のせいでみんなの夢を壊すことはしたくないと、ミスを認めて去っていきます。

リンダはその言葉を録音したレコーダーを、捜査官の文則へと手渡しました。

一方その頃、前菜が完成し、尾花はガッツポーズを決めます。久住は同僚たちから疑いの目を向けられながらも、職場で働き続けていました。

平古は京野に電話すると、グランメゾン東京でスパイ活動をしている人がいると忠告します。店へ戻ると、新作の料理に向き合い始めます。

久住栞奈の過去

京野が出先で久住の履歴書を確認すると、父親の名に見覚えがあることに気付きます。京野は慌てて店へと戻ると、久住に向かって頭を深く下げました。

外務省の秘書官をしていた久住の父・壮次郎は、日仏会談のレストラン選定を任されていました。事件後責任を背負い左遷され、体調まで崩してしまったといいます。

久住は騙すのは楽しかったと言い残し、店を去ろうとします。尾花は久住を呼び止め、前菜の試食をしてから帰るように告げます。厳しい表情で椅子を引き、久住を座らせます。目の前に新作の前菜・白子のポシェを置きました。

久住はワインと共に口へと運ぶと、白子の主張が強いと指摘します。久住は、ワインを引き立てる料理のアイディアを的確に提案します。ワインが脇役として扱われていることに怒りを感じていました。

久住と尾花の共通点

さらに尾花が昔から、ワインを引き立てる料理に挑戦していたことも知っていました。エスコフィユにはよく訪れており、ワインが主役になる料理に感動したことを明かします。久住の目には涙が浮かんでいます。

店を気に入っていた久住は、父が店を選定するとき「エスコフィユは素晴らしいお店だよ」と背中を押してしまったのでした。尾花はその話を聞きながら、苦い表情をしています。

京野は、ノロウイルスの検査結果を仲間たちに見せます。久住が用意したカキからは菌は検出されず、松井は外から貰ってきたウイルスに感染したことが分かります。

久住は自分の料理にウイルスを混ぜることを考えていましたが、料理への愛情から味を濁すことはできませんでした。尾花は自分達と同じく、料理が好きなんだと久住を評価します。

尾花や京野、倫子は久住の料理への情熱を買っており、店の正式なソムリエールになって欲しいと提案します。

「アンタみたいな優秀なソムリエは、うちには絶対に必要だ」と言われ、久住は胸を打たれました。倫子の差し出した手を取り、久住はソムリエとして働き続けることが決まります。

拍手の中、尾花は久住を呼び出すと、ここまで料理を酷評されたのは始めてだと文句をつけました。尾花の悔しがる顔を見た久住は、嬉しそうに微笑みました。

料理バカ

倫子の家に相沢、京野、尾花が集まり、4人は食卓で鍋を囲んでいます。京野は、尾花が誰よりも早く、久住の復讐計画に気づいていたことを明かします。さらには国産ワインの選定を頼むことで腕を試したんだと、尾花の思惑を自慢げに語りました。

倫子からは「アンタのバロメーターって、全部料理か味だよね」と言われ、京野は「コイツは本当に、本物の料理バカ」と評されます。ムッとした尾花は、京野が国産ワインに疎いせいだと反論しますが、相沢や倫子に聞き流されてしまいました。

リンダVS尾花

尾花は京野から平古についての話を聞き、リンダを呼び出しました。東京タワーの下に高級車の窓を開けて待つリンダがいます。そこへバイクで乗り付けた尾花、リンダは平古が犯人だということを雑誌で公表すると脅してきます。

その頃、gakuには大使館の調査が入り、平古が事情聴取に呼び出されていました。平古が料理を続ける場所がなくなると聞き、尾花はグランメゾン東京で引き取ると告げます。

もしそうなれば、リンダは”グランメゾン東京には一生星がつかないようにする”と告げます。倫子に星を渡せなくなると言われた尾花は、悔しげな表情を見せながら、その場から走り去ります。

平古との別れ

gakuにいた丹後は、平古が去り際に完成させた料理を味見していました。料理の美味しさとともに、平古が去ることへの悔しさが沸き上がってきます。

丹後は店を去っていく平古に駆け寄ると、「お前の料理・・・最高だぞ」と声をかけました。平古は目を真っ赤にして涙ぐみ、お世話になりました、と頭を下げます。

家の荷造りを終え、引っ越しのトラックを見送る平古。そこへ尾花が颯爽とバイクに乗って現れます。ヘルメットを取り、1回しか言わねえぞ、と前置きしました。

「祥平、グランメゾンに来い」

その尾花の言葉に、平古は唖然とします。

ドラマ『グランメゾン東京』第9話の感想

ワインがメインの第9話、おいしいお酒が飲みたくなりましたね。山梨はワインの宝庫、富士山も綺麗で、最高のロケだったのではないでしょうか。

隠れた見所は、尾花夏樹(木村拓哉)がワイナリーを訪れる前に歯磨きをするシーン。歯磨き粉を大量に口から垂らして、不快にならないのはキムタクならでは?!

毒を盛られるのではないかという不安を、コミカルに演じていて面白い演出でしたね!

気になったシーンが、蛯名美優(朝倉あき)の平古への告白と、松井萌絵(吉谷彩子)のその後でした。萌絵は病院に運ばれたままフェードアウトし、その後が心配です。ノロウイルスとの闘いは辛かったでしょうね・・・

詳しくはサイドストーリーで明かされると思いますが、平古の恋の行方もクライマックスを迎えます!

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

芹田公一(寛一郎)から食中毒が出たことを聞かされていた平古祥平(玉森裕太)。トップレストラン50の会場で会って以来、久々に松井萌絵(吉谷彩子)と顔を合わせます。

その後京野陸太郎(沢村一樹)と偶然会った平古は、自分の思いを打ち明けることに。京野から励ましをもらった平古は、リンダ(冨永愛)の元へと向かいます。自分の起こしたミスを正直に話し、3年前の事件の真相を明かしました。

さらにもう一つ、解決しなければいけないことがありました。以前gakuを訪れた元婚約者・蛯名美優(朝倉あき)から、平古は告白を受けていたのです。果たして平古の答えとは・・・?

詳しい内容ネタバレはこちらから⇒『グラグラメゾン東京』平古祥平の揺れる思いの全話ネタバレまとめ!

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です