『グランメゾン東京』第7話あらすじ・ネタバレ!アメリーの母が現れ相沢(及川光博)が奮闘!ラストに京野(沢村一樹)が衝撃の告白!?

2019年12月1日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第7話。

ついに、トップレストラン50の発表セレモニーの幕が上がります。その会場で1人、祈るような思いで結果発表を見つめていたのは相沢瓶人(及川光博)でした。

1週間前、相沢の前に失踪したはずの妻・エリーゼが現れ、娘・アメリー(マノン)を引き取りたいと言い出して・・・。

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第7話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

第6話のあらすじはこちら⇒『グランメゾン東京』第6話あらすじ・ネタバレ!若き料理人の裏切りと挑戦!!魂のこもったひと皿とは?

ドラマ『グランメゾン東京』第7話のあらすじ・ネタバレ

トップレストラン50の発表

世界的な名店が集うミシュランの前哨戦・トップレストラン50の発表会が開催されました。緊張した面持ちで見守るグランメゾン東京の面々ですが、相沢瓶人(及川光博)はとくに不安げな表情で椅子に座っています・・・。

発表の1週間前、厨房では芹田公一(寛一郎)が新スタッフの金井と岩城にダメ出しをしていました。後輩が出来て調子に乗る芹田でしたが、下ごしらえの腕は着実に上がっており、尾花夏樹(木村拓哉)からも認められつつありました。

そんな中、相沢はいつもよりも遅れて、娘・アメリー(マノン)のお迎えに行くために店を出ていきました。幼稚園の前へとやってくると、そこには相沢の母・百江(木野花)と手をつなぐアメリーの姿がありました。相沢はアメリーをハグし、母親に感謝を伝えて再び店へと戻っていきます。

突然の再会

その頃、グランメゾン東京に1人の女性が現れます。パリで失踪した相沢の妻・エリーゼ(太田緑ロランス)でした。店で尾花を見つけたエリーゼは、なぜ相沢をまた店に誘ったのかと責めました。

そこへ戻ってきた相沢がエリーゼの姿に気付き、怒りからエリーゼに掴みかかろうとします。エリーゼは臆することなく、相沢と離婚しアメリーを引き取ると言い出します。

パリには新しいパートナーがおり、経済力も十分だといいます。相沢は三ツ星に再挑戦していることを伝えようとしますが、まったく取り合ってもらえません。

三ツ星を叶わない夢だと言い切るエリーゼ。そこで尾花はエスコフィユを超える店という証明に、“トップレストラン10位以内”に入ることを宣言。尾花は懸命に星を目指して努力している相沢を、きちんと認めるようにと声を荒らげました。

その姿に、相沢は頷くしかありません。しかし、1年目で選出された例はなく、京野陸太郎(沢村一樹)や早見倫子(鈴木京香)は無理だと嘆きます。

エリーゼと相沢

エリーゼは倫子の家に泊まることになり、京野と尾花も一緒にやってきます。エリーゼは尾花のことをよく知っており、倫子と同居していると聞いて驚愕していました。さらに京野の様子を見るなり、3人の関係性を理解します。

エリーゼは昔話を懐かしそうに語り始めます。エリーゼと相沢は新婚の頃から仲がよく、レストランの仲間たちとも家族のように仲良くしていました。しかし、星を狙うようになってから関係がギクシャクし始め、エリーゼはミシュランを恨んでいると言いました。

尾花と京野はその話に思うところがあったようで、尾花がどこかへ電話で連絡を取り始めます。

店に出た倫子は、相沢に休みを取ってエリーゼと話し合うよう勧めます。しかし、尾花は店にとって相沢の存在が不可欠だと言い、新しいメニューを考えると言い始めます。そこへジビエ職人・峰岸(石丸幹二)がやってきて、たくさんのきのこをたくさん持ってきてくれました。

尾花はエリーゼのために新作メニューを考えるといいます。尾花から芳醇に香るきのこを見せられた相沢は、我慢できなくなりメニュー開発に乗り出します。

gakuの実力

トップレストラン50の発表まであと5日、芹田は江藤不三男(手塚とおる)に別れを告げるため、gakuへとやってきていました。芹田が帰ろうとすると、平古祥平(玉森裕太)と丹後学(尾上菊之助)に見つかってしまいます。

芹田がグランメゾン東京で働いていると知った丹後は、血相を変えて芹田に詰め寄りました。江藤から頼まれて、余計なことをしているのではないかと疑われます。芹田は否定し、自信満々に「俺は伝説のレストラン、グランメゾン東京の立ち上げメンバーですから!」と告げます。

丹後はその言葉に大笑いし、簡単に真似できないからと言ってgakuの料理を紹介してくれます。厨房へと入ると、実験施設のような貯蔵庫が並び、その中に食材が様々な調理法で保存されていました。”素材の味を引き上げるために、人の手をとことん加える”のが、gakuの誇りでした。

芹田はその努力に感動して目を輝かせますが、丹後は真剣な表情で「グランメゾン東京をぶっ潰す」と宣言します。日本のレストランが過去20位以内に入ったことはなく、gakuの目標も20位以内に入ることでした。10位以内なんて到底無理だと、尾花に伝えておくようにと告げます。

ママの味

エリーゼはアメリーと再会しましたが、勝手に会ったことを相沢は怒っていました。アメリーの親権について裁判も辞さないというエリーゼに、相沢は気が気でなりません。

そこへ百江からアメリーが熱を出したという連絡が来ます。エリーゼも向かおうとしますが、相沢から「家には絶対に上げない」と言われてしまいました。

アメリーは食欲がなく、相沢が作った料理も食べようとしません。尾花がアメリーの好きなフランボワーズのゼリーを作りましたが、食べてくれません。そこへ倫子が訪ねてきて、相沢に紙袋を手渡しました。

アメリーは差し出された料理を見るなり、ママが作ったと気付きます。美味しいと言ってパクパクと食べ始めました。フランスの養生食・リオレはエリーゼの定番料理で、倫子の家でアメリーを想って作ったものでした。

アメリーの顔色は良くなり、相沢の横で布団に入りました。「またママと一緒だね。またお料理いっぱいできるね」と喜んでいましたが、相沢は返事に困ります。アメリーは寝る前に尾花を呼び止め、パパに聞こえないように何かを耳打ちします。

友人との絆

帰宅した倫子は台所に立つエリーゼに、家族で店へと来て欲しいと伝えました。そして、女の勘と前置きして、一つの疑問を尋ねました。一方、アメリーを寝かしつけた尾花と相沢は、きのこを使った新作料理作りに夢中になっていました。

厨房で尾花は、エリーゼの新しい男の存在を百江に伝えたのかと聞きます。相沢は言えるわけもないと話しながら、多めの塩を食材に振り濃い味付けに仕上げました。尾花はしょっぱいと顔をしかめますが、相沢は「僕の方が彼女に関してはよく知ってるからね」と微笑みました。

尾花はエリーゼの作ったリオレの味が濃かったのを思い出し、「お客様のこと理解してる料理人は強いよな」と感心します。しかし相沢は、アメリーはエリーゼと一緒にいたほうが幸せなのではないかと思い始めていました。

家族の味

グランメゾン東京に、アメリーとエリーゼ、相沢と百江が招待されました。丸いテーブルに座ると、フルコースの最初の料理として、可愛らしいミニオムライスが運ばれてきます。

アメリーはおいしいと喜びますが、エリーゼは料理を食べてもあまり良い表情をしません。フルコースを終えると、アメリーは尾花に紙袋を渡し、百江に連れられて帰っていきました。

ここで相沢も厨房に立ち、エリーゼのためにきのこを使ったガレットを作りました。

エリーゼは一口ほおばった瞬間に微笑みましたが、すぐにガレットを皿に置きました。「どの料理もおいしい…それが嫌なの!」と声を荒らげます。この料理を作るためにかけた労力が分かるアメリーは、「何でそこまでするのよ…そんな人にアメリーは任せられない!」と怒り出してしまいます。

その言葉を聞いた尾花は、最後のひと皿と告げ、mamaとクリームで書かれたフランボワーズゼリーを出しました。アメリーがエリーゼに食べて欲しいと作ったもので、ママに帰ってきて欲しいという思いが込められていました。エリーゼは娘の成長に感動します。

相沢の決意

相沢は笑顔を作り、アメリーとの別れを決意します。「新しいパートナーとの幸せを心から願っています」と笑うと、エリーゼは相手がいるというのは嘘だったことを明かしました。

そのことを知った相沢は、三ツ星を取ってパリに帰るから待っていて欲しいと告げます。

相沢は今度こそやれると信じていました。「グランメゾン東京はエスコフィユの10位を超える」と尾花は言います。相沢はその言葉に強く頷き、そうなったらやり直して欲しいと頼みました。

しかし、エリーゼは無理な夢だと取り合いませんでした。

審査の日

審査の日、目標の20位の発表が始まりました。19、18、17…12、11まで各国の有名店が呼ばれていきますが、グランメゾン東京とgakuは呼ばれません。ついにトップ10の発表となり、大勢の観客が固唾を飲んで見守ります。

第10位にグランメゾン東京の名前が呼ばれ、倫子は大喜びで尾花に抱きつきます。尾花は相沢の肩を抱き寄せ「本当にごめんな」と告げました。それはアメリーとの別れを意味しており、相沢はガクッと椅子に座ってしまいました。

発表に肩を落とす平古と丹後学でしたが、なんと第8位にgakuの名前が上がります。丹後の目には輝きが戻り、尾花は悔しさから会場の外へと出てしまいました。相沢は盛り上がりを見せる会場で、1人静かに目を赤くしています。

アメリーとの別れの日

アメリーとの別れの日、エリーゼは「三ツ星を諦める気になった?」と尾花に尋ねます。そして、エリーゼが相沢の元を離れたのは3年前の事故がきっかけだったと言われ、尾花はさらに責任を感じます。

別れ際、尾花の胸を指でトンと突いたエリーゼは「あの人に取らせてあげてよ、三ツ星」と言って、涙を見せます。驚く尾花に、エリーゼはエスコフィユの料理より美味しかったと微笑んでくれました。

相沢はアメリーとの別れに涙をこらえます。アメリーは一度乗ったバスから降りてきて『ママが「待ってるから」って』と伝えに来ます。アメリーを抱きしめると、相沢はこらえきれず泣き出してしまいました。

大きな仕事を終えた倫子と京野、尾花は帰宅してワインを片手にお祝いをしていました。京野は、尾花と倫子の距離が近づいていくことに我慢できなくなっていました。

京野はワインをグッと飲み干し立ち上がると、「私は倫子さんのことが好きです!!」と叫びます。その言葉に倫子はもちろん、尾花も驚いて固まってしまい・・・

ドラマ『グランメゾン東京』第7話の感想

子供の成長や、別れの悲しさなど盛りだくさんの内容でしたね。相沢瓶人(及川光博)の強い決意も、泣けるシーンでした。ミッチーの悲しいのに笑顔を作ったり、涙をこらえたあと嗚咽するほど泣いたりと、クルクルと変わる表情に感動しっぱなしでした。

コンクールでのgakuの高評価、さらには京野陸太郎(沢村一樹)の告白にびっくりでしたね。恋愛要素はないと思っていましたが、急展開。今後どうなっていくのか楽しみですね!

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

丹後学(尾上菊之助)とともに、トップレストラン50の審査に全力を懸けて臨んだ平古祥平(玉森裕太)。その会場で偶然、江藤不三男(手塚とおる)がいつものように悪巧みをして、票集めに奔走する姿を見かけてしまいます。

そんな中会場で松井萌絵(吉谷彩子)とばったり会ってしまった平古は、先日されたキスの理由を尋ねようとしますが、その都度邪魔が入り答えが聞けません。

一方、平古の婚約者・蛯名美優(朝倉あき)は行きつけのバーの店員(どぶろっく・江口直人)に平古との相性占いを頼んでいました。

ついに、会場で松井と2人きりになるチャンスを得た平古。松井がキスをした理由、その本音とは・・・?

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です