『グランメゾン東京』第6話あらすじ・ネタバレ!若き料理人の裏切りと挑戦!!魂のこもったひと皿とは?

2019年11月24日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第6話。

グランメゾン東京は、ミシュランの前哨戦といわれる”トップレストラン50”の候補店に選ばれ、新作のメニュー開発に取り組んでいました。

尾花夏樹(木村拓哉)の下で働く芹田公一(寛一郎)は、雑用ばかりでなかなか認めてもらえないことに苛立っていました。そんな時、ライバル店のオーナー・江藤不三男(手塚とおる)からレシピを横流しするように指示されて・・・?

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第6話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

第5話のあらすじはこちら⇒『グランメゾン東京』第5話あらすじ・ネタバレ!開店直後の大ピンチ!ナッツ混入事故の犯人も発覚!

ドラマ『グランメゾン東京』第6話のあらすじ・ネタバレ

ライバルとの対峙

尾花夏樹(木村拓哉)が仲間とともに市場を訪れると、そこにはレストランgakuの丹後学(尾上菊之助)と、平古祥平(玉森裕太)の姿がありました。

丹後は尾花を呼び出し2人きりになると、3年前の事件の犯人が平古だと知っている事を伝えます。そして「あいつはお前じゃなくて俺を選んだんだ」と告げます。

平古は隠し事をしたままグランメゾン東京では働けないと考え、レストランgakuを選んだのでした。丹後は尾花が不利な立場にあることを思い知らせようとしますが、尾花は「お前らが、どんな料理を作るのか期待してるよ」と告げ、余裕を見せます。

尾花が仲間のもとへと戻ると、松井萌絵(吉谷彩子)や芹田公一(寛一郎)が平古の裏切りに憤っていました。京野から平古が元々丹後と仲が良かったことを聞き、相沢瓶人(及川光博)たちはしぶしぶ納得します。

一方、京野陸太郎(沢村一樹)は、なぜか嬉しそうな表情の尾花を見て微笑みます。平古がフレンチの世界に帰ってくることを、尾花は純粋に喜んでいました。

トップレストラン50への参加

トップレストラン50(フィフティー)の発表は東京で開催されることとなりました。ミシュランの前哨戦とも呼ばれるほど、権威のある賞レースのひとつ、選ばれれば世界的な人気店になるチャンスでした。会員は審査期間の1ヶ月レストランを訪れ、世界中の美食家が味を確かめに来るのです。

尾花は日本の魚を生かすため、サワラを使った魚料理を新たに考えることに。同じく丹後も魚料理が審査に大きく関わると考え、平古とともに新作を考え始めます。

そんな中、アルバイトの芹田公一は、食材や賄いを任せてもらえないことに憤りを感じていました。そんなとき、江藤不三男(手塚とおる)から呼び出され、魚料理のレシピを横流しするよう頼まれます。

新しい仲間

京野が倫子の家を訪れると、尾花と2人きりで仲良さげな姿を目にします。ヤキモチを焼く京野でしたが邪念を振り払い、店のために久住栞奈(中村アン)をホールスタッフとして採用することにします。

久住はエスコフィユの頃から尾花の料理を知っていると語り、奇妙な目線で尾花のことを見つめていました。

芹田公一の挑戦

ある日、賄いを作らせてほしいと手を挙げた芹田は、張り切って料理を始めます。しかし、作ったチャーハンはほぼ食べてもらえず、芹田の心は折れかけます。

気にかけた京野は芹田を飲みに連れて行ってくれました。才能がないと嘆く芹田に、京野は「倫子さんと尾花は、芹田くんに言われるだけの料理人にはなって欲しくないんじゃないのかな」と助言します。

アドバイスを受けた芹田は、さっそく市場でアルバイトを始めます。サワラを仕入れている店の店長に頭を下げ、下働きから始めることとなりました。サワラを捌けるようになりたいと市場で練習を重ね、店では尾花と倫子がサワラの焼き方について試行錯誤を続ける様子を観察し、熱心にメモを取っていました。

仲間の努力が実り、サワラのローストが完成します。真剣な表情で試食する芹田の姿に、尾花は変化を感じ始めていました。

芹田の暴走

練習を続けた芹田はサワラを上手く捌けるようになります。ある日、そのことを示そうと、相沢が切り分けていたサワラに包丁を入れてしまいます。

切り身は見事綺麗に捌けたのですが、相沢と倫子は呆然としています。尾花が捌くのに使ったナイフを確認し、「使えない、お前はまだうちの店のレベルじゃない」と冷たく告げます。

その言葉に芹田は怒り、エプロンを床へと叩きつけ出ていってしまいました。そして、すぐさま江藤の元へ行くと、ノートに書いたレシピを手渡しました。

江藤はさっそく、柿谷光(大貫勇輔)に同じ料理を作るようにと指示をします。

コンビニの前でうなだれていた芹田の前に京野が現れ、退職金の代わりに美味いものをご馳走すると持ちかけられます。

一方、丹後は平古とともにアンコウと肝のポシェを完成させ、江藤に味を見てもらうことにします。料理は江藤から絶賛されましたが、柿谷が作った料理と食べ比べると告げられます。柿谷が出したのは、芹田が横流ししたレシピで作られたサワラのローストでした。

美味しさの秘密

数日後、グランメゾン東京へ芹田は客として招かれました。前菜を食べた芹田は、普段食べているものよりも美味しいと感動します。京野は客に出す料理と試食には大きな違いがあり、料理人の魂がこもると語ります。

一方、gakuには投票権を持つリンダ(冨永愛)が現れます。リンダは魚料理を一口食べ、美味しさに顔をほころばせます。同じく魚料理を食べた芹田でしたが、その味に小さな違和感を感じました。

食事を終えたリンダは、丹後から平古を紹介されました。昔エスコフィユにいたことを伝えると、リンダの顔が少し険しくなります。「全盛期のエスコフィユを思い出させるようだった」という言葉に丹後は顔を曇らせます。

リンダは言い直し、「ここでしか食べられない最高の魚料理だったわ」と絶賛してくれました。

怒りの真相

一方グランメゾン東京で食事を終えた芹田は、京野に呼び止められます。尾花は、“お客様に出してはいけない料理”を出してしまったと告げ、代金はいらないといいます。その言葉に芹田は、サワラのローストが試作の時よりも臭かったと指摘しました。

倫子はよく気付いたと微笑み、芹田が捌いたサワラを使ったことを明かしました。アクの強い野菜を切ったナイフを使いまわすと、魚の風味を劣化させてしまうのです。尾花はこの店は三ツ星を狙っている店だと強調し、「料理なめんじゃねえぞ」と強く忠告しました。

そこで突然土下座した芹田は、レシピを横流ししたことを白状します。ため息をつく尾花は「レシピをパクられたらどうなるか分かってんのか?」と尋ねます。

gakuにグランメゾン東京が負けてしまうと芹田が答えると、尾花たちはこらえきれずに笑い出してしまいました。不思議そうに見つめる芹田に、京野は「一流のシェフはレシピの流失を恐れない」と語ります。

倫子は気温や湿度に合わせて食材の調理時間は変わり、簡単に真似できるものじゃないと教えました。そして尾花は「三ツ星狙うんだったら、自分で本物を作り出すしかねえんだよ。お前はどんな料理人になりたいんだ、自分で決めろ」と言って、芹田の前にエプロンを叩きつけて去って行きました。

覚悟を決めた芹田は、もう一度賄いを作らせて欲しいと頭を下げます。

芹田の再挑戦

芹田は今まで教わってきたことを思い出しながら、必死でチャーハンを作りました。緊張した面持ちで完成した料理を出すと、倫子は笑顔になり、京野はおいしいと言って笑ってくれます。

駄目出しは多くありましたが、倫子は自分の知恵を振り絞って作ってくれたことは伝わったと満面の笑みで褒めてくれました。尾花は口には出さず、黙々とチャーハンを口に運んでいます。

食べ終えると、尾花は芹田にサワラの仕込みを任せると言ってくれました。驚く芹田に「仕込みはお前の仕事だろ」と告げて去って行きます。仲間たちの美味しかったという言葉に、芹田は強く励まされます。

本物の料理

一方gakuでは、柿谷が真似して作ったサワラのローストは江藤に酷評され、丹後と平古が考えた料理が採用されていました。リンダが絶賛した料理は、紛れもなく丹後と平古が考えた本物の料理でした。

丹後は平古に、審査が始まってからずっと心が落ち着かないことを明かします。しかし、そんな自分に対し、尾花は楽しそうに笑っていたといいます。

丹後は、平古が尾花のためにgakuに来たことを分かっていました。尾花には人を惹きつける魅力があると認めながらも、自分の店への誇りを胸に「3年間逃げ回ってた奴に、負けるわけにはいかないんだ」と燃えたぎる情熱を語ります。

グランメゾン東京で厨房を眺めていた京野は、倫子がシェフをやっているからこそ、尾花は自由に料理をやれるのだと語ります。最強かもしれないと相沢が言うと、2人は笑い合います。

新たな刺客

トップレストラン50の発表の日、久住栞奈はリンダと密かに会っていました。そこで久住は、「尾花が復活することは絶対に許せない」と語るのでした。

トップレストラン50の発表セレモニーが華々しく始まると、大勢の観客の中で尾花と丹後は視線を合わせます。グランメゾン東京の命運をかけた勝負が始まります・・・

ドラマ『グランメゾン東京』第5話の感想

芹田のチャーハンを食べるシーン、感動でした!努力が認められることって少ないですが、気持ちが伝わったときにはとても嬉しいですよね。

Paraviで配信中の『グラグラメゾン東京』ですが、公式の発表にあるとおりまさに衝撃的なシーンがありましたよ!「サイドストーリーで見てしまって良いの?!」という贅沢な内容なので、加入している方は必見です。

さらに、ドラマ内で平古がgakuで大抜擢の活躍を見せてちょっと違和感があったのですが、グラグラメゾンを見ているとその辺をうまくフォローしてくれていて納得しました。

今回は江藤不三男(手塚とおる)が出ています。かが屋の2人に引き続き、モデルの長井短さんや、どぶろっくの江口さんも出演していて、盛りだくさんの内容です。

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

gakuで働き始めた平古祥平(玉森裕太)は、婚約者の蛯名美優(朝倉あき)と会えない日々が続いていました。美優は平古への気持ちを抑えきれず、行きつけのバーのマスター(どぶろっく・江口直人)に相談を始めます。

平古は後輩シェフの高杉(かが屋・加賀翔)と、真島(かが屋・賀屋壮也)の家に居候をしていましたが、2人から松井萌絵(吉谷彩子)との飲み会のセッティングをするように頼まれます。久々に再会した萌絵は、グランメゾン東京を裏切ったことに腹を立てていました。

萌絵は平古がgakuに行った理由を聞き出そうとしますが、お酒が入ってきていつものように喧嘩になります。さらに、萌絵が連れてきた後輩(長井短)は平古が裏切り者であることを知り、酔った勢いで料理がまずいと口にしました。

しかしそこで萌絵は「平古シェフの料理は…美味しいですよ」とかばってくれて・・・

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です