『グランメゾン東京』第4話あらすじ・ネタバレ!運命のプレオープンにピンチが訪れる?視聴者はモンブランに熱視線!

2019年11月10日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第4話。

プレオープンに向けて準備が人手が足りないため、尾花は平古の勤めるホテルへ現れますが、誘ったのは平古ではありませんでした。

多大な影響力を持つ料理雑誌の編集長もプレオープンに来店することになりますが、果てして評価は・・・?

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第4話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

第3話のあらすじはこちら⇒『グランメゾン東京』第3話あらすじ・ネタバレ!ジビエ対決に早見倫子(鈴木京香)が挑む!ナルトのキャラ弁にファン歓喜

ドラマ『グランメゾン東京』第4話のあらすじ・ネタバレ

プレオープンまであと1週間

プレオープンまであと7日に迫った日、準備中のグランメゾン東京にリンダ(冨永愛)が現れました。リンダは有名料理雑誌の編集長であり、記事を載せるためプレオープンに招待してほしいと頼んできました。

スーシェフである早見倫子(鈴木京香)は反対したものの、尾花夏樹(木村拓哉)はその提案を受け入れました。リンダの評価は店の先行きを左右する影響力を持っており、グランメゾン東京は開店直後に運命の日を迎えることになります。

料理人として柿谷光(大貫勇輔)が加わったものの人手が足りないことから、尾花は平古祥平(玉森裕太)の勤めるホテルへとやってきます。尾花が誘ったのは元部下の平古ではなく、パティシエの松井萌絵(吉谷彩子)でした。

リンダは、レストランgakuでシェフを勤める丹後学(尾上菊之助)の前にも現れます。丹後は尾花を助けるために来日したのではないかと疑いますが、リンダは3年前の事故によって顔に泥を塗られたと怒りを見せます。

松井萌絵がやってくるが・・・

グランメゾン東京にやってきた松井は、モンブランを試食させてもらいます。松井はさまざまなコンクールで入賞し、実績のある名店で働いた過去があり、自分の料理に強い自信がありました。

才能のない人はどれだけ時間をかけても、美味しいものは作れないと豪語する松井に、尾花と倫子は渋い表情を見せます。松井が作ったモンブランを一口食べた2人はコースに合わないと、辛辣な評価を下します。

自分の腕に自信を持つ松井は、尾花たちの評価を受け入れることができず反論します。厳しい言葉をぶつけられますが、松井はプレオープン前にもう一度料理を食べてもらう約束を取り付けました。

一方、京野陸太郎(沢村一樹)と相沢瓶人(及川光博)は、松井の盛り付けのセンスと女性らしい感性を高く評価していました。京野は平古に協力を仰ぐことを思いつき、尾花と腕を競ってみないかとけしかけます。

松井がホテルの厨房でモンブランの試作をしていると、平古が現れてコースに合う味にするべきだと指示をします。松井は渋々、平古の指示に従って料理を作り直すことに。

平古祥平の存在

開店準備を急ぐ中、芹田公一(寛一郎)は尾花からペティナイフを買ってもらい、その嬉しさを噛み締めていました。浮かれた芹田が野菜の端くれを捨てようとすると、尾花に叱られてしまいます。その様子を見た京野と相沢は、平古のことを思い出します。野菜のくずでまかないを作っていて、2人はそれを「ケチケチ料理」と呼んでいたと笑いました。

その頃ホテルの厨房では平古が栗の鬼皮を使うことを思いつき、松井と試行錯誤を繰り返していました。尾花たちもモンブランの試作に励んでおり、同じように鬼皮を使うことを思いつきます。松井のSNSを見た京野は、平古が協力していることに気づき、尾花と平古の勝負が始まります。

香りが足りないと感じた平古は鬼皮を焼くことを思いつき、松井はその盛り付けのアイディアを思いつきます。平古は尾花たちがまだ仕込みをしているはずだと言って、松井に完成したクリームを持たせて送り出します。

店に現れた松井は努力を続ける尾花たちを見て、複雑な表情で唇を噛みます。松井がモンブランを完成させると、試食した尾花たちは顔を見合わせました。そして、尾花は焼き栗の香りを使うことをよく思いついたと褒めます。松井は平古に協力してもらったとも言えず、簡単に思いついたと嘘をつきます。倫子は松井にデザート作りを任せることを決めました。

遂にプレオープンの日

プレオープンの日を迎え、総勢24名の客が訪れることになりました。従業員の前に立った倫子は、今までの感謝を伝えます。

そして、グランメゾン東京のルールとして、お客様が来店したときには声を合わせて挨拶をすることを指示しました。松井は倫子や京野の志の高さに驚き、緊張を隠せません。

プレオープンにはリンダを始めたくさんの客が顔を揃え、平古も招待されていました。オープンキッチン型のグランメゾン東京では料理人もテーブルへと料理を運び、尾花はリンダの元へと料理を運んでいきます。

京野はワインを手に、松井はデザート、芹田は皿洗いと自分の仕事をこなしていく中で、突然、柿谷光(大貫勇輔)が姿を消します。同時に雲丹の下ごしらえが終わっていないことが分かり、厨房は混乱に陥ります。

突然訪れたピンチ

倫子は料理を欠品にするしかないと判断しましたが、尾花は諦めません。どうにか間に合わせようと、料理人たちは一同に協力して下ごしらえを始めます。ただ、芹田だけが手を出すなと言われてしまい、ショックを受けます。

店を出てタクシーに乗った柿谷は、gakuのオーナー江藤不三男(手塚とおる)に「うまくいきましたよ、これで魚料理は出せなくなります」と伝えました。グランメゾン東京を潰そうとする江藤の指示で、柿谷は動いていたのです。

京野は何事もなかったように接客を続けていますが、平古は異変に気づいていました。京野は平古に協力を仰ぐと、渋々といった様子で厨房に入りました。尾花は平古にさりげなく雲丹を手渡し、指示をします。

慣れた手つきで雲丹の殻をむいていく平古の様子に、芹田は驚きを隠せません。尾花の下で働いていたとき、下っ端で料理に携われない悔しさから、誰よりも早く下処理を終えられるように努力を続けた末の技術でした。

無事、料理を間に合わせることができました。平古は相沢から料理を差し出され、一口食べてその美味しさに笑みがこぼれます。

松井萌絵が担当したデザート

コースは残り一品となり、松井の担当したデザートが出来上がるのを待つのみとなりました。完成したモンブランの見栄えの良さは客からも評価され、松井はリンダに直接料理を出すことになります。

その頃、客がSNSに上げた写真を見た江藤は、作戦が失敗に終わって悔しがっていました。デザートを食べ終えたリンダに挨拶をした倫子は、デザートをリンダのために変えたことを明かします。そして、松井に直接評価を伝えて欲しいと頼みました。

リンダは栗の鬼皮を使って香り高く仕上げたことを評価し、ひとつ前に出された尾花が考案したデザートよりも美味しかったと告げます。そして、「何よりも見た目が美しかった」と褒められましたが、松井は複雑な表情で頭を下げます。

店から出ていくリンダを尾花が見送ります。3年前に連絡もなく消えた尾花のことを、リンダは責めました。リンダは倫子の存在を気にしつつ「私がこの店を生かしておくと思う?」と尋ねます。すると尾花は微笑み、「自分の舌に嘘はつかないはずだ」と言って、静かに見送りました。

松井の心の変化

厨房に戻ると、尾花は潔くデザートでの負けを認めました。自分が1人で作ったと嘘をついていた松井は、平古の努力があって作り上げたレシピだということを白状します。自分は見た目を作っただけと涙ぐみ、努力を馬鹿にしたことを謝りました。

すると、どれだけ努力をしたかは関係なく、客を喜ばせたことが全てだと尾花は言います。松井は自分の言動を省みて、ここで働きたいと頭を下げました。その姿を見た倫子と尾花は目を合わせ、松井を迎え入れることを決めました。厨房裏でその様子を見ていた平古は、寂しげに去っていきます。

実は、尾花たちが作ったモンブランの味と、平古たちが考えた味はほぼ同じでした。倫子の判断で、松井の盛り付けのセンスを生かすことにしたのです。相沢は、自然と平古と同じ味にたどり着いた尾花をからかいます。そして、松井を誘ったのは平古に声をかけるためではないかと尋ねました。尾花は否定せず、「あいつ次第だ」と答えます。

帰ろうとする平古を呼び止めた京野は、尾花が平古の味を認めてくれていたことを伝えます。自分の料理は尾花から認められていないと感じていた平古は、その驚きから呆然とした様子で去っていきます。

グランメゾン東京に迫る魔の手

芹田の前に現れた柿谷は、江藤を紹介します。レシピをリークする代わりに、10万円の入った封筒をちらつかせます。食材を触らせてもらえない悔しさを感じていた芹田は、その封筒を手にしてしまいます。

グランメゾン東京はリンダの記事で絶賛されました。しかし喜んだのも束の間、尾花が事件を起こした過去がしっかりと書かれており、尾花たちは頭を抱えます。

リンダは3年前の事故の犯人を探るため、尾花の名前を記事に載せたのでした。リンダからの電話に出た久住栞奈(中村アン)は、犯人について「尾花に一番嫉妬している人です」と答え、京野の姿を見つめていました。

家を出た倫子と尾花は、3年前の事故について話を聞こうとする記者たちに囲まれ、記事の影響力に気付いていきます。

ドラマ『グランメゾン東京』第4話の感想

新しい仲間として松井萌絵(吉谷彩子)が登場しました!しかし仲間だったはずの柿谷光(大貫勇輔)があっという間にいなくなってしまいましたね。そして芹田公一(寛一郎)までも・・・。

リンダ(冨永愛)の前で尾花が個人プレーではなく、チームとしての料理を誇りに思っている姿に変化を感じましたね。

ズンズン進もうとする倫子と尾花に対して、相沢と京野が陰ながら協力する姿は本当に良いチームワークです。あんなに個性豊かでも、同じ目標に向かっている4人を見ていると、何だか勇気が湧いてきます。

平古祥平(玉森裕太)がいつ仲間に加わるのか・・・そして犯人として疑われ始めた京野がますます気になりますね!

『グランメゾン東京』第5話あらすじ・ネタバレ!開店直後の大ピンチ!ナッツ混入事故の犯人も発覚!

リアルタイムでは、モンブランに目が行ってしまう視聴者が多かったようです。

実際に、ホテルインターコンチネンタル東京ベイで「マロンラムレザン」として発売中なので、気になる方はぜひお試しください。

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

住所:東京都港区海岸1丁目16番2号

TEL:03-5404-2222

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

松井萌絵(吉谷彩子)に協力していた平古祥平(玉森裕太)は、帰りが遅い日が続いていました。同棲している婚約者の蛯名美優(朝倉あき)は、松井との浮気を疑っており、機嫌の悪い日が続いていました。

平古は蛯名の気をなだめようと、高級レストランの食事へと誘います。しかし、そこには松井が後輩シェフとともにやってきていました。平古は蛯名にばれまいと、必死に松井に帰るように説得します。

しかし、酔っ払った松井が思うように動くわけもなく、そこへ同じくお酒が入った蛯名が現れ、2人は鉢合わせしてしまいます。

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です