『グランメゾン東京』第3話あらすじ・ネタバレ!ジビエ対決に早見倫子(鈴木京香)が挑む!ナルトのキャラ弁にファン歓喜

2019年11月3日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第3話。

ジビエコンクールに出ることになった「グランメゾン東京」のメンバー。鹿肉を求めて倫子と尾花は静岡県へ向かいます。そこで出会ったのがジビエハンターの峰岸(石丸幹二)ですが、食材を卸すことを拒みます。

尾花たちは材料は手配することができるのでしょうか。また、同じくコンクールに出場することになった「gaku」の丹後シェフとの対決の行方は・・・?

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第3話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

第2話のあらすじはこちら⇒『グランメゾン東京』第2話あらすじ・ネタバレ!木村拓哉と及川光博の料理対決!勝つのはどっち?

ドラマ『グランメゾン東京』第3話のあらすじ・ネタバレ

メニュー作りに難航する尾花夏樹

毎日遅くまでコースのメニュー作りに励んでいた尾花夏樹(木村拓哉)でしたが、早見倫子(鈴木京香)とアルバイト・芹田公一(寛一郎)の体力は限界に来ていました。

そんな時、京野陸太郎(沢村一樹)が久住栞奈(中村アン)を連れて現れます。彼女は世界的に有名な料理雑誌の編集者で、国産ジビエコンクールに参加しないかと声をかけてきました。編集長のリンダ(冨永愛)から参加への誘いがあったと聞き、尾花は驚きます。

国産ジビエコンクールには、ライバル店の「gaku」にも声が掛かっていました。シェフの丹後学(尾上菊之助)は、尾花の店がコンクールに出ることを察し、参加を決めます。尾花と丹後が対決すると聞いたリンダは「本気の彼が見れそうね」と微笑みます。

コンクールに出場を決めたものの・・・

参加を決めた「東京グランメゾン」のチームですが、ジビエに使う良質な鹿のロースが手に入りません。「gaku」オーナーの江藤不三男(手塚とおる)が食材を買い占めており、他店が手を出せないように手回しをしていました。

困り果てた京野と倫子は、相沢瓶人(及川光博)にメニュー開発専門の料理人として協力を仰ぐことにします。尾花は料理に全てを注ぐことを信念としており、相沢を仲間に入れることを嫌がっています。

説得を受けた相沢は母・百江(木野花)の言葉にも背中を押され、2ヶ月間だけ協力を約束してくれます。そして、伝説の食材ハンターを紹介してくれました。

峰岸との出会い

静岡に向かった倫子と尾花は、峰岸(石丸幹二)という男性と出会います。

峰岸は自分のジビエは世界一だと誇りを持っており、簡単に食材を卸してもらえるような雰囲気ではありませんでした。尾花は実際に世界で勝負をしたことがあるのかとけしかけ、料理を出してもらうことに成功します。

尾花は「頑固でプライドの高い職人には効果的でしょ」と笑っていましたが、ジビエを食べるとその美味しさに天を仰ぎます。峰岸は獲物を罠を使って生け捕りにし、持ち帰ってきて血抜きをする方法を取っていました。

「なるべくおいしく食べるのが礼儀だと思っている」と言い、神棚に手を合わせました。そして、「俺たちは命をいただいてるんだ。自分の都合だけで肉を欲しがるようなやつに俺のジビエは譲れない」と断られてしまいました。

ここで尾花が「自分の方が上手い料理を作ります」と言い張ると、峰岸は激怒してしまいます。

食材の仕入れが難航する中・・・

相沢が料理動画をアップしなくなったことを知った平古祥平(玉森裕太)は、もしやとグランメゾン予定地にやってきます。そこには相沢がおり、平古は驚きます。

ある日突然、京野がどこからか良質な鹿のもも肉を仕入れてきました。尾花は火の入れ方を工夫することで、もも肉の美味しさを引き出そうとします。芹田は人参を5mm角に刻む修行が前に進まず、食材に手を触れさせてもらえません。

骨やすじ肉と野菜を煮込み、卵白でアクを取り除いてコンソメスープを作り始めます。ソース作りに着手した相沢は夜になっても眠れず、自宅のキッチンで試行錯誤していました。倫子がソファで眠る中、尾花はキッチンに立ち、息抜きと言ってあるものを作っていました。

早見倫子の葛藤

あるとき、オーナーシェフとしての意見を聞かれた倫子は、突然キッチンを飛び出してしまいます。そこへ京野が現れ、倫子の話を聞こうとします。

倫子は、尾花と相沢が料理に懸ける姿を見て、才能ではなく努力も足りなかったことを痛感していました。さらに、相沢の定時帰りも守れていないことを気にしており、自信をなくしていました。

京野は一通り話を聞いたあと、2人が長い時間キッチンに立っているのはメニューが決まらないからであり、まずは良い料理を完成させることが先決だと助言をします。そして、「シェフの的確な指示を待っている」と倫子の背中を押します。

京野に「自分を信じられないシェフは絶対に星を取れない」と叱咤された倫子は、決意したように立ち上がり「ありがとう!」とお礼を言います。

コンクールに向けてまとまる仲間たち

キッチンに戻った倫子が、豚の血とフルーツを合わせたポワブラードソースを提案すると、既に相沢が試した後でした。しかし、尾花は「いや使えるかも」と呟き、コンソメと血を合わせるというアイディアを採用します。

尾花と倫子は再び峰岸の元を訪ね、鹿の血を譲ってもらえないかとお願いをして新鮮な血を手に入れます。その頃、丹後は江藤と料理の方向性でぶつかっていました。グランメゾン東京では、仲間が協力し、最適なもも肉の調理法を編み出していました。複雑な調理に苦手意識を持つ倫子は、必死に尾花から調理法を教わろうとします。

尾花夏樹が消えた?

コンクール当日、尾花が会場に現れません。倫子は苦手としていたもも肉の火入れに挑戦することを決めます。尾花はコンクールでの料理を倫子に託し、1人で峰岸の元を訪ねていました。尾花は峰岸に自分の料理を食べて欲しいと言って、キッチンに立ちます。

尾花と倫子はフライパンと肉の音を聞き、同じ手順でジビエを作り上げ、鹿肉の内もものロティとコンソメを完成させます。審査員たちは声を揃えておいしいと評価し、同じ料理を食べた峰岸も驚いた顔を見せます。

卵白を使ってアクを取るのではなく、血を使い野性味溢れる味に仕上げたのでした。峰岸からそこまで手をかけた理由を問われた尾花は、命を美味しく頂くために料理人がいることを知ったと答えます。それを聞いた峰岸はふっと笑い「馬鹿うめえな、こりゃ」と喜んでくれました。

丹後学の怒り

一方、「gaku」は鹿のタルタルを茸で挟み、味の想像がつかない、独創的な料理を出してきました。コンクールの優勝は「gaku」に決まり、「グランメゾン東京」のメンバーは肩を落とします。

優勝後、丹後は江藤の買い占めにより、鹿肉の流通量が減ったことを知らされます。丹後が問い詰めると、江藤が方面に手を回していたことが明らかになります。江藤は「店を星へと導くためなら、どんな手もいとわない」と言い残して去っていき、丹後は壁に拳を叩きつけます。

コンクールで使った鹿肉は平古の名前を借りて仕入れたものでした。京野から料理を届けてもらった平古は、同僚の松井萌絵(吉谷彩子)と共に試食をします。一口食べた平古は、その味に感動し、涙ぐみます。

2人の仲睦まじい様子を影から見ていたのは、平古の婚約者・蛯名美優(朝倉あき)でした。

次々と集う仲間たち

優勝を逃し肩を落とす仲間たちの元へ、尾花が峰岸を連れて現れます。峰岸が山で採れる最上の食材を卸してくれることになりました。「俺がとってきた命を最高の料理にしてほしい」という言葉に、倫子は感激して頭を下げます。

1ヶ月後、全10品のコースが完成しました。相沢は、約束通りチームから去ってしまいます。そしていつも通りアメリーを迎えに行くと、園の子供たちとお弁当の話題で盛り上がっている姿を見かけます。アメリーから、お弁当を尾花が作っていたことを教えられます。そして、職員から見事なキャラ弁を見せてもらった相沢は、尾花の計らいにふとため息をつきます。

尾花たちがレストランに帰ってくると、相沢がキッチンに戻っていました。倫子は喜び、相沢を正式に仲間として迎え入れることを提案します。尾花の料理に人生を捧げるやり方を否定し、「自分の家族や店の仲間を幸せに出来なければ、お客さんなんて幸せにできませんよ」と告げます。

渋い顔をする尾花に、倫子は自信がないのかとふっかけ、見事にねじ伏せます。相沢も快諾し、店が開店に向けて動き出します。尾花に臆さず物を言い、「こっちは人生が懸かってるんだから」と笑った倫子を見て、京野は「最高のチームになるかもしれないな」と微笑みました。

一方、松井がホテルから帰ろうとすると、嫌がらせでロッカーに画鋲が刺さっており、指を怪我してしまいます。

「グランメゾン東京」開店の日、久住が現れ、その後ろにはリンダ(冨永愛)という美しい女性が立っていました。彼女は尾花の元恋人であり、雑誌の編集長でした。「食べに来たわよ、あなたの料理」と言うと、尾花は「ようこそ、グランメゾン東京へ」と微笑み、店へと迎え入れます。

ドラマ『グランメゾン東京』第3話の感想

ついに相沢瓶人(及川光博)が仲間入りをして、面白くなってきましたね。あの忙しい中で、まさかのキャラ弁作りと、突如登場したNARUTO。キムタクの口から「だってばよ」と言う言葉が聞けるとは思いませんでしたよね。

残るメンバーは平古祥平(玉森裕太)ですが、あまりの美味しさに涙を流していた彼の陥落は近いでしょう。スイーツを作るパティシエがいないことから、松井萌絵(吉谷彩子)がグランメゾン東京に行くことも考えられますね。

そうなると、今回すでに不穏な空気を醸し出していた蛯名美優(朝倉あき)との関係が気になりますね。さらに平古の立場が揺らいでいきそうです。

『グランメゾン東京』第4話あらすじ・ネタバレ!運命のプレオープンにピンチが訪れる?視聴者はモンブランに熱視線!

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

婚約者の蛯名美優(朝倉あき)と同棲している平古祥平(玉森裕太)は、急に機嫌の悪くなった美優の様子に動揺します。美優は平古の浮気を疑っており、嫉妬心を感じていました。

同じホテルで働く平古は、美優の優しく細やかな仕事ぶりに感動し、距離を縮めていきました。美優も同じように、真摯に料理に向き合う平古の姿に惹かれていきます。

そんな2人の出会いを思い返していた平古でしたが、平古は思い悩んだ結果、同僚の松井萌絵(吉谷彩子)に相談をすることを選びます。

飲み屋にやってきた2人は、ある人物と出会うことになり、あるひと悶着を起こすことに。

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です