『グランメゾン東京』第1話あらすじ・ネタバレ!木村拓哉の魅力が満載!三つ星レストランを目指しスタート

2019年10月20日(日)に放送された『グランメゾン東京』の第1話。

舞台はパリ。三つ星レストランの面接を受けに来た早見倫子(鈴木京香)は、尾花夏樹(木村拓哉)と出会います。

面接に落ちてしまった倫子ですが、尾花の作る料理に涙すると尾花は突然、一緒にレストランを作らないかと誘ってきます。

しかし、その尾花は色々と訳ありなようで・・・。

こちらでは、ドラマ『グランメゾン東京』第1話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

ドラマ『グランメゾン東京』第1話のあらすじ・ネタバレ

尾花夏樹の過去

日仏首脳会談当日、京野陸太郎(沢村一樹)がパリにある一流レストランの指揮を取っています。その頃、尾花夏樹(木村拓哉)はシェフとして厨房で指示を出していました。要人の到着まで時間がない中、尾花はレシピ通りの手順を飛ばしたシェフを叱りつけます。

尾花自ら食材の調理を始め、ギリギリで間に合わせました。シェフたちが喜んだのも束の間、その料理を食べた要人が倒れてしまいます。

ある日、三つ星レストランの料理人の面接にやってきた早見倫子(鈴木京香)は、「ミシュランの星が欲しい」とオーナーを説得していました。借金取りに追われている尾花が、ランブロワジーというお店に逃げ込むと、早見の言葉が聞こえてきます。

早見はテストをして欲しいと懇願し、オーナーは承諾してくれました。その時、尾花がレストランに押し入り、オーナーに雇ってもらえないかと頼み込みますが追い出されてしまいました。

さっそくテストが始まるのですがそこへ尾花が現れ、勝手に調理を始めます。早見は驚きながらもその手さばきに見入ってしまいます。オイルを作り、指示通りに料理を作るようにと言い残して出て行ってしまいました。

早見倫子との再会

早見は自分の得意料理を作ってテストに挑みましたが、味に奥行きがないと言われ不採用になります。早見は30年間かけて努力してきた料理は認められず、褒められたのは尾花の作ったオイルでした。

街中で食事をしている尾花を見つけ出した早見は、手長エビのエチュードを作ってくれと頼みます。尾花が作ったひと皿を食べた早見は、おいしいと微笑みます。そして「なんで自分には作れないんだろう…」と泣き出した早見に、尾花は驚いた表情を見せます。

その後空港へと向かう早見は、尾花が起こしたアレルギー食材の混入事故について話し始めます。昔母親と店を訪れたことがあった早見は、食べた料理の食材や調理法までぴったりと言い当てます。

早見は母を亡くし、店を閉めたものの一からやり直そうとパリにやってきたといいます。星を取るほどの才能がないと分かったとこぼす早見は、「叶わない夢があると気づかせてくれた」と尾花にお礼を言って去って行きました。

尾花は早見を呼び止め、一緒に店をやろうと声をかけます。2人で一緒に世界一のグランメゾンを作ろうと持ちかけ、「俺が必ずあんたに星を取らせてやるよ」と告げます。

東京で働く京野陸太郎

東京にあるgakuという店では、2年目で一つ星を獲得し、今年は三つ星を獲得しようとシェフたちが団結しています。尾花を東京へ連れてきた早見は、東京で一番と呼ばれるgakuという店に尾花を連れてきました。

そこで働く京野陸太郎(沢村一樹)を見た尾花は、突然の再会に驚きます。そこへミシュランの覆面調査員がやってきたことに気づき、京野は去って行きました。尾花は面白がって調査員と同じ料理をオーダーします。さまざまな調理法を駆使して、見たことのない料理が運ばれてきて、尾花の舌をうならせます。

帰り際に京野に声をかけた尾花は、出来の悪い料理をこちらに回したと嫌味を言います。京野は二度と来るなと激怒し、「こいつは最低の人間ですよ」と早見に告げます。動揺する早見を尻目に、尾花はご飯を作るからしばらく泊めさせて欲しいと頼み込みます。早見は仕方なく、尾花を車の中に泊めることになりました。

gakuで働く京野は、オーナーの江藤(手塚とおる)からミシュランの審査が終わったので、ワインのランクを下げるように指示をされます。京野は食い下がりますが、江藤はビジネスの観点から譲りません。

相沢瓶人との再会

尾花は、料理教室で指導をしている相沢瓶人(及川光博)の元へやってきます。相沢は早見に、騙されていると言って去って行きました。京野は平古祥平(玉森裕太)の元へ現れ、尾花に誘われても断るようにと忠告されます。

料理人探しが難航する中、「本気で人生ぶっこめることをやりたいんです!」と話すアルバイト店員の青年・芹田公一(寛一郎)が現れます。店が出来たら連絡すると尾花が告げると、大喜びをして去って行きました。

早見が京野の元へ、尾花を家から追い出してくれないかと頼み込みにきます。しぶしぶ早見の家へとやってきた京野に、尾花はお詫びにと料理を準備していました。大好物を出され、テーブルに座った京野は一口食べて唸ります。

どうして料理人を辞めたのかと尋ねられ、努力しても埋められないものがあると気づいたと語ります。尾花は京野を信頼しており、とにかく料理が好きだと実力を買っていました。

尾花が思いついたように、輪ゴムで束ねた札束を京野に渡しました。すると、京野は足りるわけがないと声を荒らげます。尾花が事故のあと、相手の官僚を殴ってしまったことで問題はややこしくなったのでした。

早見倫子は引き抜きにあう

尾花が東京に帰ってきたと聞いた丹後学(尾上菊之助)は、顔を覆います。丹後は尾花を因縁のライバルとして警戒していました。早見は丹後からgakuに務めないかと誘われ、迷い始めます。

早見は尾花のことが信用できずに声を荒らげ、尾花を追い出そうとします。尾花は自分の料理を食べて喜んでもらえたことがきっかけで、早見と店をやろうと思ったと明かし、家を出ていきました。

尾花が作っていた料理には、早見のアドバイスを受けて柚子が入っていました。人の意見を取り入れなかったはずの尾花の変化に驚き、その料理の美味しさに早見は笑顔を見せます。

gakuにはミシュランからの連絡が届き、二つ星と言われます。丹後はその知らせに安堵しました。そんな中、早見がgakuへとやってきて、京野を引き抜きにきたと言います。その頃事件のことを考えていた尾花は、フランスの官僚から移民の仲間を疑われたことで、手を出してしまったことを思い出していました。

早見は京野に、誇りを持って提供できる料理を出すと説得します。そして、レストランを建てる予定地にいた尾花の元へ、京野を連れてきました。京野は借金を肩代わりしてくれたことで、早見のために働くといいます。

世界最高のグランメゾンを東京に作ると決意した尾花は、料理長は早見にすると告げます。尾花は、グランメゾン東京がこれから新しい三つ星のフレンチになると宣言しました。

ドラマ『グランメゾン東京』第1話の感想

たくさんの登場人物が登場し、今後がまた楽しみになりますね。木村拓哉さんの魅力が満載で、沢村一樹さんのかっこよさも引き立つ素敵な脚本でした。

丹後役の尾上菊之助さんもシェフらしいきりっとした雰囲気に一変していて、今後のストーリーにワクワクさせられますね。そして次々と登場した魅力的な料理に驚きでした。

鈴木京香さんの食べっぷりも見事で、食べてみたくなります。朝の和食など、家のキッチンで作られる料理がとくに美味しそうでしたね。

サイドストーリー『グラグラメゾン♥東京』も配信中

『グランメゾン東京』本編放送後には、毎週スピンオフドラマがParaviで配信されます。

玉森裕太さんが主演として登場し、仕事と恋に揺れ動く青春の物語が描かれたオリジナルストーリーとなっています。

こちらでは、『グラグラメゾン♥東京』のあらすじを少しだけご紹介します。

『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

ビュッフェレストランで働く平古祥平(玉森裕太)は、ため息をついていました。そこへ通りがかったパティシエの松井萌絵(吉谷彩子)から異様な目で見られます。平古は自分の作りたかった味を作れると思い、東京に帰ってきたものの職場では自分の料理を必要とされず、心が満たされずに悩んでいました。

婚約者の蛯名美優(朝倉あき)にも深く悩みを聞いてもらえず、苛立っていました。職場からの帰り道、松井に落ち込んでいることを気づかれます。平古が「自分の料理を食べさせたい」という気持ちを吐露すると、「方法はいくらでもあると思いますよ」と言われます。

帰宅すると平古は、美優に自分の好きな料理を作りました。おいしいと言って喜んでもらうと、松井のことを思い出します。すると、美優は何かがあったと勘づき、平古はしつこく問い詰められます。

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』の見逃し動画は、全話Paraviで配信されています。

動画配信サイトParaviで無料視聴する方法や、ドラマ『グランメゾン東京』の詳しい情報を知りたい方はこちらをご覧下さい。↓↓↓

『グランメゾン東京』第2話あらすじ・ネタバレ!木村拓哉と及川光博の料理対決!勝つのはどっち?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です