『グランメゾン東京』見逃し配信動画を無料視聴する方法!視聴率・感想を最終回まで紹介

2019年10月20日(日)からTBS系よる9時~日曜劇場『グランメゾン東京』がスタートします。

木村拓哉さんが主演を務めるということで話題のドラマです。

三つ星レストランを舞台にして、大人の青春をテーマに描いていきます。

クランクインはパリで行われ、実際の三つ星レストランで撮影されました。豪華俳優陣が顔を揃える、この秋一番の注目作品です。

こちらでは『グランメゾン東京』の見逃し配信情報や、あらすじやキャストをはじめとした作品紹介をしていきます。また、気になる視聴率や視聴者の感想も随時更新します!

『グランメゾン東京』の見逃し動画
『グランメゾン東京』の見逃し動画はParaviで配信中です。

\30日間の無料体験実施中!/

目次

ドラマ『グランメゾン東京』の再放送はある?

ドラマ『グランメゾン東京』第1話の再放送は、10月27日 (日) 午後2時からとなります。

見逃し配信は、ParaviまたはTverで視聴することができます。

放送終了から1週間以内なら「Tver」で最新話の見逃し動画配信を見る事が出来ます。

話数 配信期間 見逃し配信
第4話 11月17日(日)20:59まで 無料視聴はこちら

※『グランメゾン東京』第4話の配信期間は「11月17日(日)20:59まで」となります。

配信期間が終了してしまっている場合でも、以下の方法で無料で視聴することができます。

ドラマ『グランメゾン東京』の動画を無料で視聴する方法は?

ドラマ『グランメゾン東京』はParaviの無料体験を利用することで、全話見放題となります。

無料体験で視聴するには、Paraviへの登録が必要です。こちらではParaviの登録方法やサービス内容についてご案内します。

Paraviはどんなサービス?

Paravi(パラビ)は、メディアグループ6社(TBS HD、日本経済新聞社、テレビ東京HD、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズ)により発足した(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンがお届けする、動画配信サービスです。

月額925円(税抜)で新旧ドラマ・バラエティ・アニメなどはもちろん、ここでしか観られないオリジナルコンテンツも見放題です。また、話題作がコンテンツ毎に購入できるレンタル作品も用意されています。

2019年の秋の新ドラマでは、下記のような作品が揃っています。

Paraviで配信される2019秋ドラマ

  1. 『グランメゾン東京』(木村拓哉主演)
  2. 『G線上のあなたと私』(波瑠/中川大志)
  3. 『4分間のマリーゴールド』(福士蒼汰/菜々緒)
  4. 『ミリオンジョー』(北山宏光主演)
  5. 『ハル~総合商社の女~』(中谷美紀主演)
  6. 『ひとりキャンプで食って寝る』(三浦貴大/夏帆)
  7. 『孤独のグルメ Season8』(松重豊主演)

また、主演の木村拓哉さん主演のドラマもたくさん配信中です。

Paraviで配信中の木村拓哉主演ドラマ

  1. 『ビューティフルライフ』2000年(木村拓哉/常盤貴子)
  2. 『GOOD LUCK!!』2003年(木村拓哉/堤真一)
  3. 『MR.BRAIN』2009年(木村拓哉/綾瀬はるか)
  4. 『A LIFE~愛しき人~』2017年(木村拓哉/竹内結子)

Paraviのおすすめポイントは?

Paravi(パラビ)のおすすめポイントを4つご紹介します!

Paraviのおすすめポイント

  1. 会員登録後30日間の無料体験ができる!※レンタル作品は別途課金
  2. TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信
  3. PC/スマホ/タブレットでいつでも視聴可能。テレビの大画面でも楽しめる!
  4. 決済日にはレンタル作品に使用できるチケットをプレゼント!

無料期間中の解約でしたら、一切費用は発生致しません。

アプリでは一部作品を除き動画をダウンロードできるので、オフラインでも視聴できます。

Paraviの登録方法は?

Paravi(パラビ)の無料登録の手順を説明します。

無料登録のリンクをクリックいただくと、左上の画像が画面の一部に表示されます。

「まずは無料体験」を選択し、次にParavi(パラビ)のアカウントを作成してください。

アカウントの作成は、メールアドレスまたは、日経・Facebook・ツイッター・Google・YahooのIDと連携することで、簡単に作成可能です。

SNSとの連携をされた方も、メールアドレスの入力は必須になります。

名前、PINコード、パスワード、生年月日、性別を入力してください。

支払い方法は、クレジットカードまたは、キャリア決済が選択可能です。

最後に、お知らせを受け取るかどうかの選択と、利用規約およびプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて、「登録して続ける」をクリックしてください。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ドラマ『グランメゾン東京』の作品紹介

フレンチシェフの早見倫子(鈴木京香)は、パリにあるフランス随一の三つ星レストラン「ランブロワジー」に面接を受けに来ていました。人生を懸けて訪れたパリで、早見は尾花夏樹(木村拓哉)と出会います。

実技テストを受ける早見の元へ突然現れた尾花は、料理を代わりに作り始めます。驚く早見に、尾花は昔ここで働いていたことを明かし、オーナーの好みを知っているというのです。

そこへ借金取りがやってきて逃げるように去る尾花、早見はその姿を唖然としながら見送ります。

面接に落ちてしまった早見は、再び尾花と出会います。尾花が作った料理の美味しさと、自分のふがいなさに泣き出します。すると、尾花が突然、早見に一緒に店を作らないかと提案します。

尾花は、パリに建てたお店で二つ星を獲得し、三つ星にもっとも近いと言われたシェフでした。しかし、3年前に起きたある事件がきっかけで、料理の世界から消えてしまった男。 挫折を味わった早見と尾花は、はたして三つ星レストランの夢を叶えられるのでしょうか・・・。

ドラマ『グランメゾン東京』の原作は?

『グランメゾン東京』には原作はなく、脚本家の黒岩勉さんがストーリー制作を務めます。

黒岩さんはミステリー作品に定評があり、2009年に『世にも奇妙な物語』で脚本家デビューしています。 戸田恵梨香と松田翔太のタッグでブームを巻き起こした「LIAR GAME Season2」の脚本をはじめ、竹内結子主演「ストロベリーナイト」と人気小説や漫画をドラマ化し、見事成功を納めています。

最近では、「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」「僕のヤバイ妻」で、オリジナル脚本を書いてヒットさせています。それぞれ熱烈なファンを獲得し、いずれも高い視聴熱で世間を賑わせました。

「グランメゾン東京」はどんなストーリーになるのか、放送開始が待ち遠しいですね。

ドラマ『グランメゾン東京』相関図・キャスト紹介


出典:http://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/chart/

尾花夏樹(おばな なつき)/木村拓哉

パリで二つ星レストランを開業するも、怠慢によって店をダメにしてしまい、人生の挫折を味わいます。

料理に対してのこだわりは強く腕は一流なのですが、スタッフの扱いが悪く、人間関係に難がある天才シェフです。

早見倫子(鈴木京香)との出会いをきっかけに人生のどん底から這い上がり、三つ星レストランを目指して歩み出していきます。

平成に放送された連続ドラマ全話世帯平均視聴率ベスト10において、ベスト5はすべて木村さんの主演ドラマでした。平成を彩った最強の主演俳優です。

(※時代劇を除くゴールデン・プライムタイムの連続ドラマ・関東地区・ビデオリサーチのデータを基にTBSが集計)

早見倫子(はやみ りんこ)/鈴木京香

尾花が再び立ち直るきっかけを作る女性シェフを演じます。

鈴木京香さんは、NHK朝の連続テレビ小説『君の名は』でヒロインを務めた、朝ドラヒロイン出身の女優さんです。三谷幸喜さんの監督作品によく出演していて、大河ドラマにはなんと全5作品に出演しています。

平古祥平(ひらこ しょうへい)/玉森裕太

尾花に憧れを持つ、凄腕の若きシェフを演じます。

ジャニーズアイドルKis-My-Ft2のメンバーであり、グループを引っ張る看板的存在です。俳優としてドラマ・映画で主演に抜擢されています。

相沢瓶人(あいざわ かめひと)/及川光博

尾花の元同僚であり、フリーの料理人役で登場します。

「相棒」の2代目神戸尊役を務めたことで有名です。毎年全国ツアーを行うミュージシャンでもあり、「ミッチー」という呼び名で熱狂的なファンを獲得しています。

丹後学(たんご まなぶ)/尾上菊之助

尾花とは、元同期で腕を競い合うライバルを演じます。

尾上さんは、歌舞伎と俳優の二足のわらじを履く役者として活躍しています。日曜劇場「下町ロケット」での怪演が話題となりました。

京野陸太郎(きょうの りくたろう)/沢村一樹

尾花の失態で潰れた、パリのレストラン支配人として登場します。

沢村さんは、民放5局すべてでドラマの主役を務めた“グランドスラム”を達成しています。

芹田公一(せりた こういち)/寛一郎

尾花を支える新人シェフ、居酒屋のアルバイト経験と、料理への情熱を胸に成り上がっていきます。

寛一郎さんは、佐藤浩市を父、三國連太郎を祖父に持つ俳優一家に育った俳優さんです。俳優歴は短いものの、その丹精なルックスで今季注目が集まること間違いなし。

蛯名美優(えびな みう)/朝倉あき

ホテルコンシェルジュで平古祥平(玉森裕太)の婚約者を演じます。

スタジオジブリ作品『かぐや姫の物語』で主演のかぐや姫の声を務めた女優。高畑勲監督から「声がわがまま」と声の魅力を見出されました。

松井萌絵(まつい もえ)/吉谷彩子

生意気で実力のあるパティシエを演じます。

2017年にビズリーチのCMに出演したことから、“謎の美女”としてブレイクしました。子役時代から名作ドラマに出演している実力派の女優さんです。

久住栞奈(くずみ かんな)/中村アン

有名フードライターを演じます。

毒舌キャラでバラエティ番組に出演し、外国人のような美貌で高い人気を誇ります。近年は、ドラマでの活躍が目覚ましいモデルさんです。

江藤不三男(えとう ふみお)/手塚とおる

「グランメゾン東京」のライバル店のオーナーを演じます。

「半沢直樹」での悪役キャラで認知度を広め、一癖も二癖もある濃いキャラクターを演じる名脇役としてさまざまなドラマに出演しています。

リンダ・真知子(まちこ)・リシャール/冨永愛

グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長。

評価されれば予約は1年先まで埋まり、酷評されれば閉店に追い込まれてしまう店もあるくらい影響力を持つ。尾花の過去にどんな関りがあるのか注目です。

ドラマ『グランメゾン東京』の主題歌は山下達郎「RECIPE」

主題歌は山下達郎さんの「RECIPE」です。達郎さんといえば、“雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう”という歌いだしの「クリスマスイブ」が有名ですよね。

過去には木村拓哉主演作品「GOOD LUCK」に「RIDE ON TIME」をエンディングとして提供しました。あれから16年、木村拓哉さんとの再タッグが実現しました。

山下達郎さんは1953年2月4日生まれの66歳です。(2019年10月現在) 出身は東京都豊島区で、1975年に「シュガー・ベイブ」というバンドでデビューしました。売れることなく、3年という短さでバンドは解散してしまいましたが、時を経て、音楽史に名を刻むバンドとして再認識されるようになりました。

今に通じる音楽理論を発明し、現代のJ-POPの基礎になったと言われています。過去には、同じSMAPメンバーだった香取慎吾さんの名作ドラマ「薔薇のない花屋」の主題歌「ずっと一緒さ」も担当しており、縁のあるミュージシャンといえます。

最近では細田守監督作品への音楽提供が多く、サマーウォーズでは「僕らの夏の夢」、未来のミライ「ミライのテーマ」「うたのきしゃ」を提供しました。アニメーションの主題歌を担当し、爽やかな歌声は若い世代の耳にも馴染んでいますよね。

山下達郎さんの歌の特徴は、美しいコーラスです。あの透き通るようなハーモニーは、自分の声を何重にも重ねて録音して作られています。「1人多重録音ア・カペラ」と呼ばれています。山下さんはアカペラを日本でメジャーに押し上げた第一人者です。

その方法で、アメリカで1950年代に流行した合唱スタイル「ドゥーワップ」を歌い上げます。山下さんは80’sシティポップと呼ばれジャンルで、世界中のアーティストに影響を与えています。

たとえば、アメリカで絶大な人気を誇るヒップホップアーティストTyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)。2019年に発売された「IGOR」というアルバムは全米ビルボードチャートで首位を獲得、その中の一曲「GONE, GONE/THANK YOU」に山下達郎さんの「fragile」という曲がサンプリングされています。

youtube動画のコメント欄にはたくさんの海外からのコメントが付いています。

新曲の「RECIPE」も注目度が高まるはず、ドラマとともに楽曲も待ち遠しいですね!

スピンオフドラマ『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』

平古祥平役の玉森裕太さん主演で、Paraviオリジナルストーリーの配信がされることが決定しました。

婚約者の美優(朝倉あき)とパティシエの萌絵(吉谷彩子)によって、仕事と恋愛に “グラグラ”揺れ動く祥平の青春物語が描かれます。

本編『グランメゾン東京』のキャストも出演する予定があるそうなので、こちらも楽しみにしたいですね。

毎週日曜日『グランメゾン東京』放送終了後、深夜配信スタートです。

【出演者】

  • 平古祥平/玉森裕太
  • 蛯名美優/朝倉あき
  • 松井萌絵/吉谷彩子
  • 料理人1/加賀 翔(かが屋)
  • 料理人2/賀屋壮也(かが屋)

ドラマ『グランメゾン東京』の視聴率は?

  放送日 視聴率
第1話 2019/10/20 12.4%
第2話 2019/10/27 13.2%
第3話 2019/11/3 11.8%
第4話 2019/11/10 13.3%
第5話    
第6話    
第7話    
第8話    
第9話    
第10話    

(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

ドラマ『グランメゾン東京』第1話のあらすじと感想

パリで三つ星レストランの面接を受けに来た早見倫子(鈴木京香)は、尾花夏樹(木村拓哉)と出会います。

尾花は以前パリで二つ星を獲得したことのあるフレンチシェフでしたが、ある事件をきっかけにレストランを去っています。

面接に落ちた倫子は、尾花と偶然再会し自分の目標を話します。そして、尾花が作った料理に感動すると、尾花は一緒にレストランを始めないか?と誘います。

2人は三つ星を獲得できるレストランを立ち上げるべく、動き始めます。

『グランメゾン東京』第1話あらすじ・ネタバレ!木村拓哉の魅力が満載!三つ星レストランを目指しスタート

30代男性

5

キムタクはキムタクでしたが、大変面白いと思いました。

ストーリーはミシュランの星を獲得したいという野心をもつ女性シェフが、面接を受けるところから始まりますが、テストの結果は不合格。

しかし、以前に尊敬していたシェフである尾花の料理を食べて、夢をあきらめる決心がついたところで尾花から一緒に店を立ち上げてミシュランの星を獲得しようと持ちかけられることから話はスタートします。

王道的展開だと思いますが、夢を一度あきらめてから再起するというストーリーは見ている人間も勇気を与えてもらえるドラマなのではないでしょうか。

また、天才シェフと言われた尾花も過去に官僚を殴ってしまい日本の恥としてメディアに取り上げられてしまい表に出れないという設定も良かったと思います。次回も見たいと思います。

20代女性

4

木村拓哉さんのドラマでとても期待していました。実際に見て楽しかったです。料理を木村拓哉さん本人が作っているということも言っていて、そういうところも楽しみながら見ることができました!

挫折を味わったシェフという役どころで、不器用だけれど人間味のある主人公。3年前の事故が原因で、才能があるのにあまり信用されていないようですが、実際にはハメられた?みたいな終わり方で、事故の真相も気になるところでした。

また、ちょこちょこ出てきたキャストの方々と今後どのような関係性で、どのように変わっていくものなのか楽しみです。

キャストが豪華で話の内容も楽しそうなので、見逃すことなくリアルタイムで来週からもしっかり見ていきます!

40代女性

5

大人たちの再起を掛けたドラマ、とても見ごたえがありました。大きな失敗をしたり、なかなか思い通りに行かないことを経験した人達の集まりだからこそ、応援したくなりました。

どんなに努力しても、どんなに望んでも人間望み通りにならないことを、私もよくわかっているつもりです。そんな大人にも、もう一度何かを頑張れるはずだと勇気をもらえました。

これからグランメゾン東京が、どんな形で成功するのか、失敗するのかとても楽しみです。

出演している俳優の方たちも、みな個性強めの役を見事に演じていると思いました。木村拓哉さんは、やはりどんな役を演じても本当に格好いいですね。

性格がひねくれている尾花氏ですが、なかなか素直になれないだけで、とても仲間思いのシェフであることがわかり、好感が持てました。ドラマの中に出てくる料理にも興味が持てました。これからどんな料理が出てくるのかも楽しみです。

40代男性

3

先ずは木村拓哉さんはやっぱり木村拓哉さんでしたね。という感じでしたが、今回のドラマは周りのキャストも結構豪華な顔ぶれの為、いつもの突出した感じは多少抑えられていたので、何となくいい感じです。

内容自体は「東京で世界一の三ツ星レストランを」ということで、フランスで木村拓哉さんと一悶着のあった細川茂樹さん、及川光晴さん、玉森裕太さんを仲間に引き戻して数々の苦難を乗り越えつつ、最後にはライバルの尾上菊之助を負かし「グランメゾン東京」が三ツ星をとって万歳という話であると思います。

ですが、結末がだいたい読めていても、今回細木茂樹さんが仲間に加わり結構ワクワクしてしまいました。

次回から、他の2人とどの様に和解し、どの様なチームとなるのか少し楽しみなので来週も見てみたいと思いました。

50代女性

4

とてもテンポがあって面白かったです。何より人間の心が強く、そして素直に描かれていました。

色んな展開があるわけではなく、ストレートに人間と人間の魂の話でした。直球のお話で、ドラマの王道のようでとてもよかったです。

木村拓哉さんということでオシャレ感もありますが、綺麗だけの男ではなく、人間の心のもがきや裏切り、そして友情、夢などが描かれていてとても素敵でした。

大人のドラマであり今の若い人へ向けた、夢を見て敗れても追い続ける、挑戦する人間像がしっかりそして強く描かれていたところが感動しました。

今の時代の世の中へ、戦いを挑んでいるようにもとれました。

ドラマ『グランメゾン東京』第2話のあらすじと感想

レストラン「グランメゾン東京」の開店に向けて資金集めに奮闘する倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)。尾花(木村拓哉)はメニュー考案に夢中です。

銀行での融資を受けるために、名のあるシェフがいた方がいいということで、尾花の元同僚である相沢瓶人(及川光博)のもとへ出向きますが、断られてしまいます。

次に、尾花たちは平古(玉森裕太)を訪れレストランに対する想いを話します。しかし、尾花は平古に口出しをして、煙たがられてしまいます。

『グランメゾン東京』第2話あらすじ・ネタバレ!木村拓哉と及川光博の料理対決!勝つのはどっち?

40代女性

5

お店作りに情熱をかける姿に、とてもワクワクしました。決して妥協のないメニュー作りに、情熱をかけられる大人達がうらやましくもあります。

尾花さんと倫子さんのテンポの良い掛け合いは、見ていてとても気持ちが良いです。この掛け合いもこのドラマの大きな見所だと思います。その調整役の京野さんの存在が、見ていてとても安心ができます。

相沢さんの存在もとても大きく、今後の絡みが楽しみです。尾花さん、京野さん、相沢さんの3人の旧知の仲だからこその心理戦がとても楽しかったです。

人の話しを聞かない頑固な尾花さんが、周りの仲間に頼っている姿は、とても好感が持てます。従来のフランス料理にとらわれず、日本の食材を取り入れたりしているところにも彼の変化をとても感じられて楽しく観られました。

人間だれしも、失敗から得るものが大きいと改めて思います。塩瀬さんも良い味でていました。これからさらに多くの人を巻き込んで、素敵な物語になっていくことを楽しみにしています。

30代女性

5

久しぶりにキムタクのドラマを見ています☆

キムタクはどのドラマを見てもキムタクだなぁと言われます。でも、私は久しぶりに見るのもありますし、何よりこのドラマの映像美があるので、既視感や昔っぽい感じはしませんね。

1話を見ても感じていましたが、映像「映え」を意識されているのかなという演出が印象的でした。鮮やかな料理と爽やかな空の様子とか。料理の材料紹介の部分の帯の出し方とかは今風の感じを受けました。

2話では映像美は抑えめでしたが、人間模様やオープンまでの障害を超えていく感じでした。

ありきたりな感じとか、見たことあるような感じなどはなく、毎週わくわくして今のところ見れています。あまり期待していなかっただけに(ごめんなさい)楽しみができて嬉しいです。

ベテラン勢の演技は安定しているし、玉森くんはかわいい&かっこよいです。玉森くんの恋愛も気になります。

20代女性

5

以前一緒に働いた仲間と、また働くためにどうやって心を動かしていくのかに注目をしました。一つ一つのことにこだわり、悩みながらも真剣に向き合い努力する姿勢に、自然と以前の仲間も心動かされている姿を見て、わたし自身の日頃の生活でも参考にしたいなと思いました。

やっぱり人はどれだけ頑張っているかを見てくれていると思いますし、それを見て協力したいと思ってくれる仲間がでてきてくれると思うので、日頃から手を抜かずに一つ一つ向き合って頑張っていきたいと思いました。

また、このドラマでは料理がしたいという思いと、以前の仲間とまた働きたいという思いが尾花を動かしていると思いますが、それほど諦められない好きなものを持てた尾花がうらやましいです。

私もそういった熱くなれるものや好きになれる人を見つけたいなと思いました。第2話では融資の話がまとまったので次回もどんな話が見られるのかとても楽しみです。

30代男性

5

2話を視聴してみての感想は、久しぶりに面白いドラマに出会えたなというのが正直なところです。

レストランを0から出発するため、銀行から融資を受けるという今回の話でしたが、レストランを経営するためのシビアな現実問題を仲間と協力することで解決できたのは、見ていて気持ちよかったです。

かつての仲間の助力を得てレストランを開店して再出発するのも、一度は夢をあきらめてしまった倫子の再生の物語のようで面白いと思いますし、尾花の過去の失敗をやり直していることにも重なります。

最近のドラマはしょうもない作品が多い中で数少ない視聴できるドラマです。

40代女性

5

今回は、京野と倫子さんのふたりが語る言葉に持っていかれました!

「世界のフレンチを変える。そんな三ツ星レストランの光景を見れるんじゃないかと思って、尾花と倫子さんとレストランを始めようと思った。」と、京野が祥平に言ったセリフにじーんときました。

ドラマだけど、大盛況の「グランメゾン東京」が一瞬、見えました!(少し大げさかもしれませんが笑。)

それともうひとつ、ラストシーンでそのじーんと感を上回る感動が!

融資を得るための勝負の一皿への思いを融資担当者へ語る倫子さんです。第2話のメインは、及川光博さん演じる相沢が三ツ星レストランを目指す3人たちの奮闘に、徐々に心が揺れ動くさまがメインだと思っていました。けれど、ちょっと違いました。

ラストシーンの倫子さんの言葉に全部持っていかれました。「味は何の担保にもならない。数字が全て。」という融資担当者に対し、「この一皿には(自分の家を担保にしても立ち上げたい料理としての)価値がある」と言い切る倫子さん。とってもカッコ良かったです。

かつての仲間たちが揃う、グランメゾン東京が待ち遠しいです!

ドラマ『グランメゾン東京』第3話のあらすじと感想

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)の「グランメゾン東京」は、ジビエコンクールに参加することになりました。そこには、「gaku」の丹後シェフも参加します。

「gaku」の策略で新鮮なジビエの肉が手に入らないメンバーは、ジビエハンターの峰岸(石丸幹二)のところに行きますが、鹿肉の提供を断られてしまいます。

メンバーは、モモの一番奥のスジのないところを切り取ったロティに血を入れたコンソメを合わせることを思いつき、再度峰岸のところへ行き、血の提供を受けます。

尾花はコンクール当日に現われず、峰岸に料理を提供します。一方倫子はコンクールで料理を披露。「グランメゾン東京」の料理は、「gaku」に負けてしまいます。しかし、峰岸に評価され、ジビエを卸してもらえることになります。

『グランメゾン東京』第3話あらすじ・ネタバレ!ジビエ対決に早見倫子(鈴木京香)が挑む!ナルトのキャラ弁にファン歓喜

第3話感想

このドラマでもっとも印象的なことは、尾花夏樹が、もともとは頑固で人の言うことに耳を貸さない料理人だったのに、次第にまわりの人のアドバイスを聞くようになって、3つ星のレストランをオープンするために最高のチームにしていくところにあります。

尾花は最初、いやな感じだなーと思っていましたが、やっぱりカッコいいです。

また、料理という仕事にかけるメンバーの情熱も大事な点です。尾花や相沢の寝る間も惜しまない努力に対し、倫子はショックを受けていました。 

しかし、相沢が家族を大事にしたいという気持ちを尊重する倫子を、尾花は認めるようになります。すごく今どきのドラマだなと思いました。

そしてなんと言っても、料理がおいしそう!日曜の夜におなかがすいてきます。

ドラマ『グランメゾン東京』第4話のあらすじと感想

グランメゾン東京プレオープンに、マリ・クレール・ダイニングの編集長で尾花(木村拓哉)の元恋人、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)を招待することになる。

かつての尾花の後輩・平古祥平(玉森裕太)が勤めるホテルのパティシエール松井萌絵(吉谷彩子)にデザートを作らせてみるが、フレンチのコースの締めくくりとしては合わない。勝ち気な萌絵が再挑戦しようとすると、祥平が力を貸して、ついに尾花たちグランメゾン東京のメンバーに認められる。

プレオープンの日、トラブルもあったが、祥平のおかげもあって無事成功する。リンダの記事は好評ではあったが、尾花の名前を記事に書かれてしまう。

『グランメゾン東京』第4話あらすじ・ネタバレ!運命のプレオープンにピンチが訪れる?視聴者はモンブランに熱視線!

第4話感想

今回のメニューはデザートで、尾花のかつての後輩、平古祥平との対決?でした。祥平が勤めるビュッフェのパティシエール萌絵に手を貸して、今まで決して認めてくれなかった尾花に実力を認めさせたというめんどくさい2人の微笑ましいエピソードでした。

センスだけがあればいいと思っている25歳の生意気なパティシエール萌絵が、グランメゾン東京のかなりの年齢のメンバーたちの努力を目の当たりにして謙虚に変わっていくのは、木村拓哉さんファン世代が好きそうなエピソードですし、身勝手なシェフだった尾花が実は、祥平のような若いシェフに尊敬されているというのもファン好みです。

デザートはおしゃれで華やかであればそれでいいと思っていた萌絵が、フレンチのコースの締めくくりにふさわしいデザートを創り出し、チームの一員になるというのも世代好みです。モンブラン、本当においしそうでした!

ドラマ『グランメゾン東京』の見どころは?

公開されているティザーを見ると分かるように、料理の映像のこだわりが半端ではないドラマになりそうです。クランクインはなんとパリ、実際に三つ星を獲得しているレストラン「L’Ambroisie(ランブロワジー)」でロケが行われました。

このお店は、1986年からミシュランの三つ星を守り続けており、高い技術で素材の味を引き出す正統派のフレンチレストランです。 ごく普通の街角に建つレストランなのですが、そこには世界中からグルメファンが訪れる聖地となっています。スタッフの熱意により、世界初のドラマ撮影が実現しました。

さらに第1話のファーストシーンには、木村拓哉さんがスタッフ陣に提案した、パリで流行中のあるものを使って登場するそうです。強いこだわりを持って撮影に臨むことで有名な木村さん、もともと脚本にはなかったそうなのですが、一体何を演出に加えたのか・・・見どころのひとつになりますね。

久々の木村拓哉さん主演ドラマですが、一癖ある天才シェフということで木村さんのハマリ役ですね、その魅力が存分に楽しめる3ヶ月になるでしょう。

世界最高峰の美しい料理が次々登場する、お腹がすくドラマになりそうです。 日曜夜9時にはお酒とおつまみを用意して、テレビの前に待機したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です