映画『真珠の耳飾りの少女』動画フルを無料で視聴する方法!ネタバレ・ラスト結末まであらすじ紹介

スカーレット・ヨハンソン主演で2004年4月10日に公開された映画『真珠の耳飾りの少女』は、バロック期を代表するオランダの画家・フェルメールの同名作品を題材に、トレイシー・シュヴァリエが書いた小説を原作とした映画です。

スカーレット・ヨハンソンはこの作品でゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞に、また映画としても、第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣裳デザイン賞の3部門にノミネートされた作品となります。

こちらの記事では、映画『真珠の耳飾りの少女』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『真珠の耳飾りの少女』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

映画『真珠の耳飾りの少女』配信情報

映画『真珠の耳飾りの少女』はU-NEXTで配信中!無料期間中は見放題となります。

映画『真珠の耳飾りの少女』動画を無料視聴する方法とは?

映画『真珠の耳飾りの少女』の動画を無料視聴で視聴する方法をご紹介します。

2020年4月現在、映画『真珠の耳飾りの少女』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『真珠の耳飾りの少女』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 見放題 31日
Hulu 見放題 2週間
music.jp × 未配信 30日
dTV × 未配信 31日
Paravi × 未配信 2週間

※上記の情報は2020年4月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『真珠の耳飾りの少女』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されており、U-NEXThuluであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。

映画『真珠の耳飾りの少女』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『真珠の耳飾りの少女』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『真珠の耳飾りの少女』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『真珠の耳飾りの少女』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

スカーレット・ヨハンソン出演作品一覧

U-NEXTでは主演のスカーレット・ヨハンソンさんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるスカーレット・ヨハンソン出演作品

  1. アベンジャーズ/エンドゲーム』(ロバート・ダウニー・Jr/スカーレット・ヨハンソン)2019年映画
  2. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(ロバート・ダウニー・Jr/スカーレット・ヨハンソン)2018年映画
  3. 『犬ヶ島』(声:スカーレット・ヨハンソン)2018年アニメ
  4. ゴースト・イン・ザ・シェル』(スカーレット・ヨハンソン主演)2017年映画
  5. 『ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー』(スカーレット・ヨハンソン主演)2017年映画
  6. 『ジャングル・ブック』(ビル・マーレイ/スカーレット・ヨハンソン)2016年映画
  7. 『シング』(声:スカーレット・ヨハンソン)2016年アニメ映画
  8. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン)2016年映画
  9. 『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(ロバート・ダウニー・Jr/スカーレット・ヨハンソン)2015年映画
  10. ルーシー/LUCY』(スカーレット・ヨハンソン主演)2014年映画
  11. シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(ジョン・ファヴロー/スカーレット・ヨハンソン)2014年映画
  12. 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン)2014年映画
  13. 『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(スカーレット・ヨハンソン主演)2013年映画
  14. 『ドン・ジョン』(ジョセフ・ゴードン=レヴィット/スカーレット・ヨハンソン)2013年映画
  15. her世界でひとつの彼女』(ホアキン・フェニックス/スカーレット・ヨハンソン)2013年映画
  16. 『ヒッチコック』(アンソニー・ホプキンス/スカーレット・ヨハンソン)2012年映画
  17. 『アベンジャーズ』(ロバート・ダウニー・Jr/スカーレット・ヨハンソン)2012年映画
  18. 幸せへのキセキ』(マット・デイモン/スカーレット・ヨハンソン)2011年映画
  19. 『アイアンマン2』(ロバート・ダウニー・Jr/スカーレット・ヨハンソン)2010年映画
  20. 『そんな彼なら捨てちゃえば?』(ベン・アフレック/スカーレット・ヨハンソン)2009年映画
  21. 『ブーリン家の姉妹』(ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン)2008年映画
  22. 『ザ・スピリット』(ガブリエル・マクト/スカーレット・ヨハンソン)2008年映画
  23. 『それでも恋するバルセロナ』(スカーレット・ヨハンソン主演)2008年映画
  24. 私がクマにキレた理由』(スカーレット・ヨハンソン主演)2007年映画
  25. 『ブラック・ダリア』(ジョシュ・ハートネット/スカーレット・ヨハンソン)2006年映画
  26. 『プレステージ』(ヒュー・ジャックマン/スカーレット・ヨハンソン)2006年映画
  27. 『タロットカード殺人事件』(スカーレット・ヨハンソン主演)2006年映画
  28. アイランド』(ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン)2005年映画
  29. マッチポイント』(スカーレット・ヨハンソン主演)2005年映画
  30. 『真珠の耳飾りの少女』(スカーレット・ヨハンソン主演)2003年映画
  31. 『スパイダー パニック!』(デヴィッド・アークエット)2002年映画
  32. 『バーバー』(ビリー・ボブ・ソーントン/スカーレット・ヨハンソン)2001年映画
  33. ホーム・アローン3』(アレックス・D・リンツ/スカーレット・ヨハンソン)1998年映画
  34. 『モンタナの風に抱かれて』(ロバート・レッドフォード)1998年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年4月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『真珠の耳飾りの少女』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『真珠の耳飾りの少女』作品詳細

オランダ画家、フェルメールの名画に隠れたドラマを解き明かす、珠玉の愛の物語。

オランダ美術の巨匠、ヨハネス・フェルメールの描いた「真珠の耳飾りの少女」は、フェルメールの作品のなかでも最も人気の高い作品のひとつ。

どこか怯えたような、少し驚いたような、それでいて落ち着いた少女の表情は、一体どのように描かれたのか?

本作は、その疑問にロマンティックな答えを出したベストセラー小説を、忠実に映画化した作品。

実際にモデルとなった少女は誰なのか明らかではないが、この物語ではグリートとフェルメールの間に生まれる信頼と尊敬、愛の感情を豊かに描き出し、愛のエピソードを作り上げた。

映画『真珠の耳飾りの少女』作品データ

  • 製作年/2003年
  • 製作国/イギリス、ルクセンブルク
  • 配給/ギャガ
  • 上映時間/100分
  • 監督/ピーター・ウェーバー
  • 脚本/オリヴィア・ヘトリード

映画『真珠の耳飾りの少女』キャスト一覧

グリート/スカーレット・ヨハンソン

画家・フェルメールの家へ使用人として働いている。父は画家。慎み深く、大人しい性格。フェルメールより、芸術の才能を見出される。

ヨハネス・フェルメール/コリン・ファース

画家。多くを語らない性格。パトロンであるファンから依頼が貰えておらず、一家を困窮させる。

フェルメール夫人(カタリーナ・ボルネス)/エッシー・デイヴィス

フェルメールの奥さん。フェルメールとグリートの仲を疑う。

ファン・ライフェン/トム・ウィルキンソン

フェルメールのパトロン。傲慢な性格。フェルメールに絵画を依頼する代わりにグリートを襲おうとする。

映画『真珠の耳飾りの少女』のネタバレあらすじ

ここからは映画『真珠の耳飾りの少女』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

フェルメールのもとで働き始めるグリート

1665年、オランダ・デフルト。タイル画家を父に持つグリート(スカーレット・ヨハンソン)は、フェルメール家の使用人として働くことになります。

フェルメール家の主であるヨハネス・フェルメール(コリン・ファース)は、この一年宝石を売って食い繋ぎ、一家を困窮させていました。

ある日、フェルメール夫人(エッシー・デイヴィス)が出産し、グリートはフェルメールのパトロンであるファン(トム・ウィルキンソン)に招待状を渡すように言われます。

ファンを迎え開かれた祝宴で、フェルメールの絵画が彼に送られます。しかしファンは、次の依頼を別の画家へ頼むと言うのでした。

グリートが疫病神扱いに

ある日、グリートはアトリエの掃除を夫人に命じられます。彼女は窓を拭くことによって、光の加減が変わってしまうことを気にしていました。グリートには、夫人と違い絵画のセンスがありました。

フェルメールは、グリートに絵画についてや、顔料の作り方などを教えるようになり、頻繁に会話するようになります。そして2人きりで話しているところを、子どもに見られます。

ある日、乳母をどこに住まわすかで使用人と夫人の間で口論になります。夫人は、地下はグリートの場所だから乳母は行かせないと言い放ちますが、それを聞いたフェルメールは「乳母を地下で寝かせて、グリートは屋根裏部屋へと移せ」と言います。

グリートがアトリエで絵を見ていると、夫人の母親に無くなった櫛を盗んだ疑いで呼ばれます。夫人はグリートを軽蔑の目で見ますが、彼女は盗んでいないと主張します。

その様子を見ていたフェルメールは、家中を荒らし、子どものベッドから隠した櫛を見つけます。夫人は驚きながらも、グリートは疫病神だと罵ります。

フェルメールのモデルになる

絵画の仕事を得るため、ファンがフェルメール家に招かれます。そこでファンは、グリートも絵に加えようと言います。それが、翌日には町中の噂となってしまいます。

フェルメールは、怯えるグリートに「ファンと一緒にモデルをする必要はない。君は別に描く」と伝えられます。

フェルメールは、グリートの絵を描き始めます。そこで彼女が肌身離さずしている頭巾を取るように言いますが、彼女はそれを断り、代わりに青い布を頭に巻きます。

グリートが洗濯をしていると、ファンが訪ねてきます。彼はグリートを脅し、自分のものになるよう彼女を襲おうとします。そこに夫人の声がして彼はその場を立ち去りますが、「誰かに言ったら、お前を辞めさせる」と脅して行きます。

夫人の外出中に、夫人の母親から絵のためにピアスを開けろとグリートは言われます。そして、フェルメールに開けてもらいます。そのあとグリートは居酒屋へ行き、肉屋の息子であるピートを連れ出します。2人は恋仲でした。

グリートはそこで初めて彼に抱かれます。ピートは彼女に結婚しようと言いますが、グリートは何も答えずにその場を立ち去ります。

完成する「真珠の耳飾りの少女」

グリートがアトリエに一人で居ると、そこに夫人が乗り込んできます。彼女はグリートとフェルメールの関係を疑い、嫉妬心むき出しでそこに乗り込んできました。フェルメールもあとを追ってきます。

夫人はフェルメールに「絵を見せて」と言いますが彼は「必要ない」と返します。それでも夫人はグリートの肖像画を目にし「汚らわしい」と呟いた後、その絵を壊そうとします。

フェルメールはそれを止め、夫人は「彼女を追い出して!」と叫びます。

グリートはフェルメール家をあとにします。

それからしばらくすると、彼女のもとをフェルメール家の使用人が訪れます。使用人は彼女に、あのとき耳に着けていたピアスを渡し、去っていきました。

映画『真珠の耳飾りの少女』の感想・評価

3.5

ここで描かれた話は史実に基づいたものではなく、原作小説を書いたトレイシー・シュヴァリエによる、想像の物語だそうです。

確かにこのような複雑な背景がありながら描かれた絵だと思えば、「真珠の耳飾りの少女」がしている表情にも色々な想像ができそうです。

グリートの頭に巻かれたあの青い布が印象的でした。そういった色の演出のために、全体的には温度感のない映像が続きます。そういった映像にも注目して観てみてはいかがでしょうか。ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です