映画『ジェミニマン』動画フルを無料視聴する方法!あらすじ・ネタバレ|新旧ウィル・スミスが対決するSFアクション!

映画『ジェミニマン』は2019年に公開されたSF映画で、主演はウィル・スミス、監督は映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」のアン・リーです。

新旧ウィル・スミスの対決として話題となった作品で、最新のCG加工により、若き日のウィル・スミスが見られる貴重な映画となっています。

1997年にディズニーが製作する予定でしたが、当時の技術では再現不可能な映像だったため製作されず、その後「ワールド・ウォーZ」を製作したスカイダンス・プロダクションズが権利を獲得し、やっと陽の目を見ることができました。

こちらの記事では、映画『ジェミニマン』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『ジェミニマン』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

映画『ジェミニマン』配信情報

映画『ジェミニマン』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『ジェミニマン』動画を無料視聴する方法とは?

映画『ジェミニマン』の動画を無料視聴で視聴する方法をご紹介します。

2020年3月現在、映画『ジェミニマン』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『ジェミニマン』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 500円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 400円~ 30日
dTV 400円~ 31日
Paravi × 未配信 2週間

※上記の情報は2020年3月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『ジェミニマン』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

映画『ジェミニマン』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『ジェミニマン』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『ジェミニマン』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『ジェミニマン』は500円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

ウィル・スミス出演作品一覧

U-NEXTでは主演のウィル・スミスさんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるウィル・スミス出演作品

  1. アラジン』(メナ・マスード/ウィル・スミス)2019年映画
  2. 『ジェミニマン』(ウィル・スミス主演)2019年映画
  3. 『スーサイド・スクワット』(ウィル・スミス主演)2016年映画
  4. 『フォーカス』(ウィル・スミス主演)2015年映画
  5. 『メン・イン・ブラック3』(トミー・リー・ジョーンズ/ウィル・スミス)2012年映画
  6. 『ハンコック』(ウィル・スミス主演)2008年映画
  7. アイ・アム・レジェンド 別エンディング』(ウィル・スミス主演)2007年映画
  8. 『幸せの力』(ウィル・スミス主演)2006年映画
  9. 『最後の恋の始め方』(ウィル・スミス主演)2005年映画
  10. 『アイ,ロボット』(ウィル・スミス主演)2004年映画
  11. 『バッドボーイズ 2バッド』(ウィル・スミス主演)2003年映画
  12. 『メン・イン・ブラック2』(トミー・リー・ジョーンズ/ウィル・スミス)2002年映画
  13. 『ワイルド・ワイド・ウエスト』(ウィル・スミス主演)1999年映画
  14. 『エネミーオブアメリカ』(ウィル・スミス主演)1998年映画
  15. 『メン・イン・ブラック』(トミー・リー・ジョーンズ/ウィル・スミス)1997年映画
  16. 『インデペンデンスデイ』(ウィル・スミス主演)1996年映画
  17. 『バッドボーイズ』(ウィル・スミス主演)1995年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年3月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『ジェミニマン』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『ジェミニマン』作品詳細

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞監督賞受賞 アン・リー監督最新作

ウィル・スミス演じる伝説的暗殺者が、政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃され、襲撃者の正体が若い自分自身だと知り、政府を巻き込むクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく近未来アクションエンターテイメント!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』(98)のジェリー・ブラッカイマーがプロデュースし、ウィル・スミスがアン・リー監督と待望の初タッグを組み、120フレーム撮影や新しい3D技術を駆使し、<誰も見たことの無い未知の映像体験>の実現に向け、世界中から注目を集めている話題の超大作!

映画『ジェミニマン』作品データ

  • 製作年/2019年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/パラマウント映画、東和ピクチャーズ
  • 上映時間/117分
  • 監督/アン・リー
  • 脚本/デビッド・ベニオフ、ビリー・レイ、ダーレン・レムケ

映画『ジェミニマン』原作

映画『ジェミニマン』の原案は、映画「シャザム!」や「ジャックと天空の巨人」などの原案者として知られるダーレン・レムケです。

レムケの原案を元に「ゲーム・オブ・スローンズ」のデイヴィッド・ペニオフや、「ハンガー・ゲーム」のビリー・レイなど、数々の有名脚本家が手直しし、ダーレン・レムケ自身も脚本に携わっています。

映画『ジェミニマン』キャスト一覧

ヘンリー・ブローガン/ウィル・スミス

DIA(アメリカ国防情報局)に所属していた超一流のスナイパー。

あるテロリストを暗殺した際、狙っていた頭ではなく首に命中し依頼は遂行されましたが、近くにいた子供を危険にさらしてしまったことで引退を決意しました。

ジュニア/ウィル・スミス

ヘンリーの遺伝子から作られたクローン。

歳を重ねるにつれ、暗殺には不必要な感情が生まれるのを防ぐために作られたクローンで、徹底的に暗殺者としての技術の身を叩き込まれています。

ダニー・ザカウスキー/メアリー・エリザベス・ウィンステッド

DIAの女性潜入捜査官。

レンタルボートの受付として潜入し、引退したヘンリーの監視をしています。

クレイ・ヴァリス/クライヴ・オーウェン

ジュニアの育ての親。

ジェミニという施設でクローンを作り、暗殺部隊を作り上げた張本人です。

バロン/ベネディクト・ウォン

ヘンリーの友人。

ヘンリーの元同僚のパイロットで、現在はスペインに住んでいます。

ジャック・ウィリス/ダグラス・ホッジ

ヘンリーの友人。

ヘンリーの元同僚で、ヘンリーが最後に暗殺したテロリストの情報が改ざんされたものであると伝えたために殺されてしまいます。

デル・パターソン/ラルフ・ブラウン

ヘンリーの元上司。

ヘンリー最後の暗殺を指示した人物で、データが改ざんされたものだと知っていました。

ジャネット・ラシター/リンダ・エモンド

DIA管理職。

ヘンリーやジャックの引退後を監視しています。

ユーリ・コヴァッチ/イリア・ヴォロック

ブダペストに住んでいる情報屋。

ヘンリー最後の暗殺で殺されたテロリストの真実を知る男で、ジャックにその事実を伝えました。

映画『ジェミニマン』のネタバレあらすじ

ここからは映画『ジェミニマン』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

超一流スナイパーの引退

DIAに所属する超一流の腕をもったスナイパーであるヘンリーは、今まで何人もの暗殺者が暗殺に失敗してきたテロリストを狙って、丘の上で銃を構えていました。

列車に乗っているテロリストの周りは護衛が取り囲み、同じ列車にはヘンリーの仲間が乗っていて車内の状況を無線で伝えていましたが、そこで一人の少女がテロリストに近づくというアクシデントが起こります。

少女がテロリストの側を離れた瞬間、仲間からのGOサインを聞いたヘンリーは即座に発砲し、弾はテロリストの首に命中、暗殺は成功しました。

しかし、頭を狙っていたヘンリーは首に命中したことを悔やみ、あと数センチずれていたら少女の命はなかったということもあり、仲間が止めるのも聞かず引退を決めました。

引退後に判明した驚愕の事実とは・・・

引退生活を満喫していたヘンリーは、かつて同僚だったジャックと海上で落ち合い、ヘンリーが最後に殺した男がテロリストではなく分子生物の学者だったこと、DIAに監視されていることを知らされます。ブダペストに住む情報屋ユーリからの情報で、ヘンリーはユーリに会うためにブダペストに行くことを決めました。

その後、ボートに盗聴器が仕掛けられていたためレンタルボートの受け付けをしているダニーを問い詰めますが、他の客が来たこともあり、夜に改めて会うことになりました。

ダニーがDIAの職員であることを調べてきたヘンリーは、改めてダニーを問い詰めますが、ダニーはあくまでも監視しているだけで、内情は全く知らされていませんでした。

その夜、眠りについたヘンリーはセキュリティのアラームで目を覚まし、襲ってきた暗殺部隊を倒すと生物学者暗殺に関わった仲間に逃げろと連絡しますが、電話中に仲間は殺されてしまいます。その後、ダニーの身を案じたヘンリーはダニーの自宅へ侵入し、寝ていたダニーを起こすと2人はボートで逃げました。

ヘンリーのクローンへの説得

人気のない海岸に到着したヘンリーとダニーは、飛行機で迎えに来てくれた友人のバロンと共に、バロンの住むスペインへと身を隠します。しかし翌日、バロンの自宅に男が侵入し、ヘンリーはダニーとバロンに避難するよう伝え自宅を出ました。

ヘンリーを負ってきた男と銃撃戦となりますが、その男はヘンリーの若いころにそっくりで、躊躇したヘンリーは殺すタイミングを失い、駆け付けた警察に逮捕されてしまいます。その後、ダニーの機転で警察署から出たヘンリーは、ユーリに会うためにブダペストへと向かいます。

ヘンリーを襲った男を見たダニーは、ブダペストに到着するやいなや、男が落とした帽子とヘンリーの血を使いDNA検査を依頼、2人が同一人物であることが判明しヘンリーに伝えます。それは男がヘンリーのクローンであることを意味していました。

ヘンリーはユーリに会い、ジェミニでのクローン人間の計画や、関係者の生物学者の存在について聞き、黒幕がヴァリスだと判明します。そして、裏で糸を引いていたジャネットに警告すると、再び自分のクローンに会い説得を試みますが、あと少しのところで逃げられてしまいました。

ジェミニ指揮官ヴァリスとの戦い

ヘンリーのクローンはジュニアと呼ばれており、育ての親はヴァリスです。

自宅に戻ったジュニアはヴァリスに真実を聞こうとしますがはぐらかされてしまいます。すると、ブダペストから戻ってきたヘンリーを待ち受け、ヘンリーが言っていたことが正しいと分かると、ヘンリーと共に行動を始めました。

それを知ったヴァリスはジェミニの暗殺集団を使い急襲をかけると、逃げ遅れたバロンが命を落としてしまいます。

襲ってきた暗殺集団のなかにはヘンリーのもう一体のクローンも混じっており、それを見たジュニアはヴァリスを殺そうとしますがヘンリーに止められます。ジュニアの心に傷を残さないためにと止めましたが、ヴァリスを殺すという目的は変わらないため、ヘンリーはそのまま銃を発砲しヴァリスを殺しました。

その後、ジェミニは解体されクローン計画は中止となり、ジュニアはヘンリーの手配でジャクソンという新しい名前と身分証を手に入れ大学生となりました。

映画『ジェミニマン』の感想・評価

5

若かりし頃のウィル・スミスが見られる貴重な作品

若かりし頃のウィル・スミスってこんな感じだったかなー?という若干の違和感はありますが、CGだとしても新旧ウィル・スミスが対決という貴重なシーンが見られる作品となっています。

2人の戦闘シーンは迫力があって、力は若いウィル・スミスに軍配が上がるものの、銃の腕と知識などは、やはり大人のウィル・スミスには敵わない、そんな設定も素敵でした。

ひとつだけ残念だったのは、スナイパーとしての腕前をもっと見たかったというところでしょうか。

興行収入的には赤字という『ジェミニマン』ですが、戦闘シーンもラストの締めも素晴らしい仕上がりで、おすすめできる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です