としまえん「ふわふわウォーターランド」8歳女児が溺れた事故原因は?ライフジャケットを着てなぜ?危険性について調査

8月15日午後2時ごろ、東京都練馬区向山の遊園地としまえんのプールで、心肺停止状態の8歳の女児が見つかり、病院に搬送されましたが午後4時ごろ死亡が確認されました。

事故現場は、としまえんのプール内にある「ふわふわウォーターランド」という子ども向けのプールで、遊ぶ際には、ライフジャケット着用が必要となっており、今回の事故でも女児はライフジャケットを着用していたとのことです。

楽しい思い出作りになるはずだったお盆の悲劇、としまえん「ふわふわウォーターランド」で起きた事故の詳細をはじめ、ライフジャケットを着ていながらなぜ溺れてしまったのか、ふわふわウォーターランドのアトラクションに危険性はあったのかについて紹介していきます。

としまえん「ふわふわウォーターランド」で起きた事故の詳細は?

警察や消防によりますと、事故が起きたのは8月15日午後2時ごろ、東京都練馬区向山にある遊園地としまえんにあるプールで、水面に浮かべられた遊具の下の水中に女児がいるのを監視員が見つけ「女の子が溺れて意識がない」と通報がありました。

女児はライフジャケット着用が必須のエリアである「ふわふわウォーターランド」のアトラクションで遊んでいたとのことです。

事故当時も女児はライフジャケットを着用していました。また、このエリアは身長110センチ未満の子どもは、大人の付き添いが必要となりますが、女児は110センチ以上あったため、大人による付き添いはなかったとのことです。

事故にあったのは埼玉県朝霞市仲町在中の8歳小学3年生、森本優佳(もりもと ゆか)さん。両親と妹の4人で遊びに来ていたとのことです。

溺れた原因は現在調査中

森本さんを監視員が発見しすぐに病院に搬送されましたが、搬送された病院で午後4時ごろ死亡が確認されました。

警視庁は遊具の下に潜り込んでしまい、水面に上がれずに溺れた可能性があるとみて、現在も詳しい状況を調べています。

そのため、詳しい事故の原因については不明とのことです。

ライフジャケットを着ていながらなぜ溺れてしまったのか?

事件の発生した「ふわふわウォーターランド」の水深は190cmと深いもののライフジャケットの着用が義務付けられていました。

ライフジャケットとは、強い浮力を持った素材や圧縮空気をベスト内に収めたもので、水面上に顔を出すことで着用者の生命保護を行うものです。

しかし、ライフジャケットを着用することで安全性に配慮されたアトラクションで、なぜ森本さんは溺れてしまったのでしょうか。

溺れた原因はライフジャケットの浮力の可能性も

その理由として、ふわふわウォーターランド内の遊具である「ビッグアイランド」というプール内に設置された浮島の上で遊ぶ遊具の存在がありました。

産経新聞によると、森本さんはビッグアイランドの下から発見されており、プール内に転落した後このビッグアイランド下に潜り込んでしまったため、ライフジャケットの浮力で体が浮島に固定されてしまったため身動きが取れず、溺れてしまったともの思われます。

ふわふわウォーターランドの画像について

今回事故が起きたふわふわウォーターランドの画像、画像はこちらになります。

としまえん「ふわふわウォーターランド」の事件を知ったネットの反応

今回の事故はネット上でも話題となっています。

アトラクションの安全性に疑問が残るとしまえん、今後の対応は?

東京都練馬区向山の遊園地としまえんのプールのふわふわウォーターランドエリアで8歳の女児が溺れるという痛ましい事故が起きました。

監視員が発見しすぐに病院に搬送されましたが、搬送された病院にて死亡が確認されました。

としまえんは今回の事故に対して

「現在、警察による当該施設の現場検証や調査が行われており、当社としても警察に全面的に協力してまいります」

とコメントしています。警察も詳しい事故の原因などを調査中です。

現在、事故が起きた「ふわふわウォータランド」のエリア営業およびナイトプールを中止し、8月16日にはプール全体の営業を中止する方針とのことです。

お盆で起きた悲劇、せっかく家族で楽しく遊ぶはずが、8歳の尊い命が奪われるなんて、誰も思いもしなかったはずです。

亡くなった森本さんのご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です