映画『アナと雪の女王2(アナ雪2)』配信動画フルを字幕と吹替で視聴できる方法やレンタルは?ネタバレ・あらすじ

2019年11月22日公開された映画『アナと雪の女王2』は2014年の映画『アナと雪の女王』の続編となります。

今作は王国を襲った災害によってアレンデールの過去と向き合い、エルサに魔法の力が与えられた経緯や封鎖された森の謎が明らかになります。

日本語声優は前作と変わらず松たか子さん、神田沙也加さんらが務め、オラフは声優・武内駿輔さんが担当しました。

前作に劣らない壮大なスケールで描かれる今作を是非ご覧ください。

こちらの記事では、映画『アナと雪の女王2』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『アナと雪の女王2』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

映画『アナと雪の女王2』配信情報

映画『アナと雪の女王2』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『アナと雪の女王2』フル動画を視聴できる配信サービスは?

2020年4月現在、映画『アナと雪の女王2』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『アナと雪の女王2』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 400円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 390円~ 30日
dTV 300円~ 31日
Paravi 500円 2週間

※上記の情報は2020年4月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『アナと雪の女王2』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使って視聴することができるのでおすすめです。

映画『アナと雪の女王2』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『アナと雪の女王2』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『アナと雪の女王2』のフル動画を字幕/吹替両方とも視聴でき、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。

月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『アナと雪の女王2』は400円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

アナ雪関連作品一覧

U-NEXTではアナ雪関連の他の動画も以下のように配信されています。

U-NEXTで視聴できるアナ雪関連作品

  1. アナと雪の女王』2013年
  2. 『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』2015年
  3. 『アナと雪の女王/家族の思い出』2017年 

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年4月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『アナと雪の女王2』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『アナと雪の女王2』作品詳細

映画『アナと雪の女王2』作品データ

  • 製作年/2019年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
  • 上映時間/103分
  • 監督/クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 脚本/ジェニファー・リー

映画『アナと雪の女王2』主題歌

メインテーマは「イントウ・ジ・アンノウン~心のままに」です。日本語版は新人歌手の中元みずきさんが歌いました。

前作の「レット・イット・ゴー」を手掛けたロバート・ロペスとクリステン・アンダーソンが、引き続き担当し本作のために新曲を書き下しました。

今回も映画を盛り上げることはもちろん、一度聞けば耳に残る素晴らしい一曲になっています。

中元みずきさんの記事については、こちらもあわせてお読み下さい↓

映画『アナと雪の女王2』キャスト一覧

エルサ/吹き替え:松たか子

両親の死後、アレンデール王妃となります。

氷の魔法を持ち、アレンデールの危機を救います。

アナ/吹き替え:神田沙也加

エルサの妹。そそっかしさもありますが姉思いで、抱え込みすぎるエルサをいつも心配しています。

どんな危機にも動じない意志の強さを持ち合わせています。

イドゥナ/吉田羊

前作にもほんの少し登場していた、エルサたちの母であり元アレンデール王妃。

サザンシーで船が沈没し亡くなりましたが、本作で重要な役割を担います。

オラフ/武内駿輔

エルサが作った雪だるま。ムードメーカー的な存在で、いつもアナとエルサのそばにいます。

クリストフ/原慎一郎

アナの恋人。今回、アナにプロポーズをしようと決意しますが・・・。

魔法の森の精霊

  • 火の精霊…サラマンダー
  • 風の精霊…ゲイル
  • 大地の精霊…アース・ジャイアント
  • 水の精霊…ノック
  • 第5の精霊は…

映画『アナと雪の女王2』のネタバレあらすじ

ここからは映画『アナと雪の女王2』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

不思議な森の存在

アレンデール国王の父・アグナルは幼いエルサとアナに魔法の森で起こったある出来事の話を聞かせます。

北の果てにある「魔法の森」は4つ精霊たちの力で守られており、神秘的な民族ノーサルドラが住んでいます。人々に魔法の力はないものの森の恵みを受けて暮らしており、前国王でエルサの祖父でもあるルナード国王は友好的な関係を誓い、平和の贈り物として森にダムを建築し送りました。

しかしアグナルも出席したダムの式典で突然争いが勃発し、怒った精霊たちはその力を人々にむけアグナルも気を失うのです。しかしアグナルだけは見知らぬ誰かに助けられアレンデールに帰還、その後国王になったのだといいます。

森はその後濃い霧で覆われ入ることも出ることもできず、精霊や森がその後どうなったかは誰にもわかりません。アグナルは森が目覚めたとき危険が起きないように準備していると話し、母・イドゥナはアートハランという川の歌を歌ってくれるのでした。

アートハランは過去のすべてを知る川だといい、あらゆる秘密はその川のみが知っているのです。

アレンデールを救うため旅に出る

そんな幼い日のことを思い出していたエルサの耳に、どこからともなく歌声が聞こえてきます。

自分にしか聞こえない歌にエルサは戸惑い、気持ちを落ち着かせようと母・イドゥナのスカーフを身に着けると、アナは「私がいつもそばにいる」とエルサを抱きしめ母の歌ったアートハランを歌い落ち着かせるのでした。

しかしその夜、アレンデールの街に突風が吹き、突然水と火を失い大地が崩れ始め、それは紛れもなく森の精霊の力。魔法の森の精霊が目覚めたことを意味するのです。

高台へとみんなを避難させたエルサはトロール・パビーから精霊の怒りを治めるには過ちを正し真実を見つけ出すしかないと聞き、魔法の森で歌の主を見つける旅に出発します。

クリストフやオラフも同行し、スヴェンの引く馬車で魔法の森にたどり着いたものの、霧に覆われ中に入れませんでしたが、アナが手を近づけると霧が晴れ森へと入る道ができるのです。

長年閉じ込められていたノーサルドラやアレンデールの兵士たちと出会い、母がノーサルドラであったこと、父を助けたのは母イドゥナだったこと、第五の精霊の存在を知ります。

また、いたずらしてくる火の精霊・サラマンダーや風の精霊・ゲイルを手なずけたエルサは大地の精霊アースジャイアントもと巨大で乱暴な相手に近づこうとするのですが、今やるべきはそちらではないとアナに諭され歌の主を探しに行くのでした。

アートハランでみつけた真実

森を抜け海に出ると、両親の乗っていたアレンデールの難破船を見つけます。

両親は行き先も告げずサザンシーで亡くなったと聞いていましたが、本当はエルサの魔法の秘密を知るためアートハランに向かっていた事、そこへ向かうには荒れ狂うダークシーを越えなければならず、その途中で亡くなってしまったことを知ります。

自分のせいだと嘆くエルサにアナは、エルサが魔法を授かったのは母が父を助けた行いによる精霊からのご褒美だということ、争いを終わらせ森を自由にできるのはエルサしかいないないことを伝えます。

やるべきことを見つけたエルサは一人ダークシーに挑み何度押し流されても、魔法をいろんな形に変え諦めません。

何度もダークシーに挑むエルサの前に水の精霊ノック(馬)が現われ、さらにアートハランへの道は困難になりますが、エルサはノックを手なずけノックに乗りダークシーを渡ることに成功するのです。

アートハランで呼んでいたのはエルサの母・イドゥナで、エルサを第5の精霊にするためそして、アレンデールと森との架け橋になってもらうためこの地へ誘導していたのでした。

エルサはそこで昔起こった争いはルナード国王による裏切りからだったこと、ダム建設は森の精霊の力を弱めるためだったことを知りますが、突然エルサの体が凍りだし身動きが取れなくなってしまうのです。

エルサは力を使い切り、アナに過去の真実を知らせます。

魔法の森との共存に向けて

アナとオラフはアース・ジャイアントの住む洞窟におり、エルサからの知らせで過去の真実を知りますが、エルサの魔法が弱まったことでオラフは溶け出し姿をなくしてしまうのです。

アナはダムを壊すことで森が開かれることを悟り、アース・ジャイアントをダムへと誘導しダムは破壊されるのでした。

しかし、その大量の水はアレンデールめがけて激しい勢いで流れていきます。ダムを壊したことで凍っていたエルサも元通りになり、再びノックに乗るとアレンデールめがけて海を渡るのです。

先回りに成功したエルサは巨大な氷のバリアで波を押し返しアレンデールを洪水から救うと、アナとの再会を果たします。オラフは復活し、兼ねてから計画していたクリストフのプロポーズも成功するのです。

第5の精霊となったエルサは森へと残り、新たに新女王になったのはアナ!

2人が架け橋となりアレンデールと魔法の森は仲良く共存していくのでした。

映画『アナと雪の女王2』の感想・評価

4.5

度々出てくる「今できる正しいことをするしかない」という言葉が、数々の危機を乗り越えるきっかけになっていたと思います。

エルサの魔法の他にも数々の謎を解き明かすことになる今作ですが、一度見ただけではなかなか理解できない部分も多く、ストレートに答えを教えてくれないのでちょっとむずかしかったです。

ただ、表現の多様さや迫力ともに前作を上回るできで見ごたえがあり、第5の精霊となり馬に乗って氷の上を走るシーンは忘れられません。

エルサがダークシーで何度失敗しても立ち向かっていくところは見どころで、危機一髪押し寄せる波からアレンデールを守るシーンは勇気や意志の強さが伝わり何度見ても感動します。

シリアスな場面とユーモアの織り交ぜ方が絶妙で飽きることなくアナ雪を堪能できました。

映画『アナと雪の女王2』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です