『アナと雪の女王』動画フルを無料で視聴する方法!吹き替えと字幕どっちがおすすめ?評価や感想についても

アナと雪の女王

2013年に公開されたディズニーの大ヒット映画『アナと雪の女王』。エルサやアナ、オラフといったキャラクターはもちろんのこと、「Let It Go(レット・イット・ゴー)」や「雪だるま作ろう」などの大ヒット曲も多く生まれた作品でもあります。

こちらの記事では、映画『アナと雪の女王』の動画を無料視聴する方法やあらすじ・ネタバレ、吹き替えと字幕どっちがおすすめなのか、感想なども紹介します。

映画『アナと雪の女王』配信情報

映画『アナと雪の女王』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『アナと雪の女王』動画を無料視聴する方法とは?

映画『アナと雪の女王』の動画を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 2週間
U-NEXT 199円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 299円 30日
dTV 330円~ 31日
Paravi × 未配信 2週間
Disney+ 見放題 なし

※上記の情報は2021年11月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額です。

映画『アナと雪の女王』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTmusic.jpであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで無料で見る事ができます。

こちらでは、U-NEXTでの無料で視聴できる方法についてご紹介します。

映画『アナと雪の女王』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『アナと雪の女王』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

映画『アナと雪の女王』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は2189円(税込)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『アナと雪の女王』は199円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

さらに、あまったポイントで『アナと雪の女王2』を視聴することだって可能なんです!

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2021年11月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『アナと雪の女王』作品詳細

凍った世界を救うのは—真実の愛。ふたりの心はひとつだった。姉エルサが“秘密の力”に目覚めるまでは…。

王家の姉妹、エルサとアナ。触れたものすべてを凍らせてしまう“禁断の力”を隠し続けてきた姉エルサは、その力を制御できずに王国を冬にしてしまう。

雪や氷から大切な姉と王国を取り戻すために、妹アナは山男のクリストフとスヴェン、“心温かい雪だるま”のオラフと共に、エルサの後を追って雪山へ向かう。

アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか? そして、すべての鍵を握る“真実の愛”とは…?

映画『アナと雪の女王』作品データ

  • 製作年/2013年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ディズニー
  • 上映時間/102分
  • 監督/クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター
  • 脚本/ジェニファー・リー

映画『アナと雪の女王』キャスト・声優一覧

  • アナ:クリステン・ベル/神田沙也加
  • 雪の女王/エルサ:イディナ・メンゼル/松たか子
  • クリストフ:ジョナサン・グロフ/原慎一郎
  • オラフ:ジョシュ・ギャッド/武内駿輔
  • ハンス:サンティノ・フォンタナ/津田英佑
  • ウェーゼルトン公爵:アラン・テュディック/多田野曜平
  • パビー:キーラン・ハインズ/安崎求

映画『アナと雪の女王』のネタバレあらすじ

ここからは、ネタバレ・ラスト結末を含むあらすじを紹介していきます。

まずは登場人物をおさらいしておきましょう。

主人公はアナとエルサの姉妹です。アナはアレンデール王国の第2王女で18歳の妹、そしてエルサはアナの姉であり第1王女です。

そして物語の途中から出てくるのが、アナとエルサが幼い頃に作った雪だるまのオラフ。

さらに、アナと結婚し、自分が王になることを企んでいるのがササンアイルズ王国の王子であるハンス・ウェスターガードです。

雪の女王であるエルサと仲良くしたいアナ

アナとエルサは小さい頃から仲の良い姉妹でした。エルサは雪や氷を生み出す力を小さい頃から持っており、氷を作って妹であるアナを喜ばせていました。

ある日いつものように氷を作っていたら、失敗してアナに氷をぶつけてしまいます。アナは死にかけてしまったのですが、その時は無事元に戻ることができました。

アナの体に影響を及ぼしてしまったという記憶から、エルサは人との関わりを無くそうとしてしまいます。そのため、アナとも関わろうとしません。

そんな中、ハンス王子とアナは出会い、結婚することを決意します。またエルサも20歳になったため、国の王女になることが決定し戴冠式が行われることに。

エルサは出会ったすぐの相手と結婚するのは良くないとアナを止めますが、一向に聞きません。

戴冠式の場でアナと喧嘩し怒ったエルサは、氷の能力がみんなの前で現れてしまいました。そこから人々に怖がられ、傷ついたエルサは氷の城を建ててそこに閉じこもってしまいます。

クリストフとともにエルサを迎えに行くアナ

アナはエルサを連れ戻そうと氷の城へ向かいます。その途中で出会ったクリストフとオラフと共に向かうもののエルサに拒否されてしまいます。

諦めずにエルサの城へと向かったある日、アナの心臓に雪の魔法を受けてしまいます。雪の魔法を解くためには、真実の愛が必要です。

そのために婚約者であったハンス王子に治してもらおうと決めるアナでしたが、拒否されます。ハンス王子は王になることに必死で、アナのことは興味もなかったのです。

ラスト結末

ハンス王子はエルサを殺すために、氷の城に向かいます。ですが、アナがエルサの身代わりとなって立ち向かいました。

その時にアナは魔法で氷になってしまいます。

エルサはひどく悲しみアナを抱きしめたところ、アナの氷がみるみる溶けていきます。真実の愛とは、姉妹の絆でした。

その後、王国に幸せが戻り、ハンス王子は追放されます。国民もエルサの魔法を受け入れ、アナとエルサは幸せな生活を送るのでした。

映画『アナと雪の女王』を観るなら吹き替えと字幕どっちがおすすめ?

吹き替えがおすすめ

20代女性
字幕と吹き替えどちらも鑑賞しましたが、吹き替えの役者さんが豪華なのでおすすめです。中でもアナ(神田沙也加)は抜群の歌唱力でどの曲も聞き入ってしまいますし、声に表情があるためアニメーションともマッチしています。そして、やはり字幕で観ると文字を追ってしまいがちですが、アナ雪はアニメーションの細部まで凝っているので(風景・表情や体の動きや息づかい・お城や街の建物の壁やドレスの柄など)吹き替えで隅々までご覧になることをおすすめします。
30代女性
日本人の吹替キャストがとても良い味出しています。特にアナ役の神田沙也加の吹替は本当に素敵で、キャラクターの魅力をさらに引き立てていたように思います。字幕で見る際の良さとして、歌の迫力があると思うのですが吹替も引けを取らない素晴らしさだと思います。また字幕だと、文字数を気にした翻訳になってしまうため、吹替の方がより日本人に馴染みやすい翻訳になっているのではないかと思っています。
30代女性
じっくりと映像や内容を見たいときはいつも吹き替えを選んでいます。また私は松たか子さんが大好きなので松たか子さんのエルサが観たいのも理由の1つです。先日最新版のアナ雪の映像をニュースで見たいのですが、松たか子さんの歌がとても素晴らしく是非映画館で聞いて見たいと思いました。またオラフの今回の声にも興味があります。
40代女性
字幕は読むのに精一杯で、内容を理解するのがワンテンポ遅くなりそうですし、せっかくの素晴らしい映像の隅々まで集中して見れないからです。反対に、吹き替えは登場人物の感情がダイレクトに伝わってくるので見応えがあるからです。アナ雪の世界に自分も入り込める喜びがあります。字幕がなくても理解できればいいんでしょうけど……。
30代女性
私が吹き替え版をおすすめする理由は、アナは若くて元気いっぱいの女性を、エルサは気品に満ちた女性を、吹き替え版の声から感じ取ることができるからです。また、松たか子さんも神田沙也加さんも歌がとても上手で、とくに松たか子さんの歌う「ありのままで」の歌声は、世界的にも高い評価を受けていると聞きます。字幕の方が、セリフと口の動きはピッタリ合っているとは思いますが、それを上回る魅力が吹き替え版の主演の二人には感じられるので、吹き替え版をおすすめしたいと思います。

映画『アナと雪の女王』の見所は?

30代女性
ディズニーのプリンセスものでは、男女の恋が描かれることが多い中、姉妹の深い愛をえがいているというところがとても見所だと思います。特に、ハンスに剣で切られそうになっているエルサをアナが自分の身を犠牲にしてでも守ろうとするシーンはかなり感動でした。アナがエルサにかけられた魔法を解くには真実の愛が必要だと言っていたのがここに繋がるのかと、今までのストーリー全てが通じた瞬間でした。
30代女性
ディズニー映画でプリンセスがふたりいるというのは珍しいのではないでしょうか。アナとエルサはそれぞれ学んでいき成長していくのですが、その過程はひとりでは実現しなかったことだと思います。そしてふたりを支えてくれたクリストフとスヴェン達、オラフの力も大きなものだったと思います。自分はひとりだと思っていても実際は周りの支えがあるからこそ生きているのだなと思える作品でした。
30代男性
ストーリー以外に3Dアニメーションの美しさが見どころです。細かい人間の表情や、オラフの身体やモンスターの身体の雪でできてる部分、積もっている雪の飛び散り方、雪景色への光の反射の描写なんかは、芸術作品のようで、それだけ見ても感動します。アクションシーンのカメラアングルの目まぐるしく切り替わるところなんかもアニメならではだと思います。
30代男性
劇中に出てくる歌が、とにかく素晴らしいです。エルサ、アナ、それぞれのキャラクターにあった曲を、情感たっぷりに聴かせてくれます。「ありの、ままの」という、有名なフレーズの曲は、一度きくと頭から離れません。そして、自分でも必ず口ずさんでしまうようになります。また、雪だるまも楽しい歌を聴かせてくれます。それが、1番私はお気に入りです。
40代女性
映画の成功は楽曲の素晴らしさが大きいです。エルサが歌う(Let It Go)が大評判でしたが、他にもアナが歌うシーン等でも思わず口ずさんでしまう名曲が揃っています。二人の姉妹の対照的な考えや生き方が物語を大きく動かす要因ですが、この設定も秀逸でした。 あとは雪や氷の美しさですね。体が冷えてしまうほどの迫力ですが、それをも溶かす姉妹の絆、愛が物語の一番の魅力だと思います。
30代女性
アナ雪の一番の見どころは「家族愛」だと思います。姉妹愛と言いますか…私は姉妹仲が実はそんなに良くないですが、それでもやっぱり姉妹の繋がりの大切さを感じ、ぐっとくるものがありました。家族を大事にしたいという気持ちが芽生える姉と妹の関係が見どころとなっています。それから美しい映像にも注目してほしいです。どのシーンもキレイで感動できるのはこの映像美があるんじゃないでしょうか。

映画『アナと雪の女王』の感想まとめ

30代女性
アナ雪はものすごく泣けるのがいいです。最初は子供だましのディズニーアニメと思っていましたが、見て初めて大人も楽しめる映画だと分かりました。本当に心に突き刺さるような感動があるんですよね。そして映像美。歌声の美しさがあいまって、素晴らしい作品になっていると思います。私は何度も見たくなる作品だと思いました。
30代男性
自分が二人兄弟の兄なので、特にエルサに感情移入して見てしまいます。姉だから、将来の女王だから、特殊な能力や自分の気持ちを隠して生きてきた苦労が、妹の愛情によって解放されて最後は報われた気がして感動しました。個人的にはエルサが生み出したオラフが、エルサの本心の代弁者だと思っていて、オラフの台詞=エルサの台詞と考えると、ますます泣けます。
30代女性
とても明るく太陽のようなアナと、自分の魔法のことをコンプレックスに思っている氷の女王のエルサという対局の姉妹というキャラクターがとても魅力的でした。特にエルサがもう全てを捨てて一人で生きていきたいと願っていることにはとても共感できました。だけど、そんなエルサの氷の心をアナの真実の愛が溶かしたなんて素敵すぎます。こんなに心動かされたことはないなというくらい感動でいっぱいの最高な映画だと思います。
40代女性
話の内容は短く非常にシンプルです。しかし、ディズニー映画の中でこんなに現代女性の等身大の苦悩等を表現した作品は今まで無かったような気がします。2通りの女性が対照的に描かれています。不器用で自分の殻を割れず自由になれない姉エルサと天真爛漫で自分の生きる道は自分で切り開き恋人も出来る妹アナが登場します。現実の世界でも沢山のエルサとアナが存在します。多くの女性はどちらかの自分に感情移入しながら物語を深く楽しむ事が出来ると思います。
30代女性
劇場版がとてもブームになっていたころは斜に構えていたのか正直あまり観たいなとは思っておりませんでした。しかし、TV放送をみてハマってしまいました。音楽がとても良いです。私はミュージカル映画が好きです。アナ雪はまさにミュージカルをアニメにしたような映画でテンポもよく、声優の方々の歌声も素晴らしいです。
30代男性
自分のコンプレックスを持っているエルサという少女が、自分の殻に閉じ籠もってしまい、そんな姉を心配した妹のアナが救い出すストーリーに、姉妹愛の素晴らさを感じ、泣いてしまいました。また、自分の殻を破る姿に、勇気と強さの大切さを学んだように思います。自分の娘が大きくなったら、是非見て欲しい映画だと思いました。

『アナと雪の女王』は、アナとエルサといった2人の姉妹の絆を描いた作品です。

ディズニー映画によく出てくる真実の愛ですが、やはり男女の愛が多くありました。ところがアナ雪では、姉妹の愛こそが真実の愛だと描かれています。

今までのディズニー映画から見ても新しい展開こそが、人気を集めたのではないでしょうか。

2019年に公開される作品では、唯一の男性キャラであるクリストフとアナとの恋愛も期待できます。

『アナと雪の女王』を観た後は、ぜひ続編も見てみてくださいね。

映画『アナと雪の女王』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です