教員いじめで児童あおり「クラスを潰したれ」と指示!顔・実名の公表はまだ?校長が会見、ネットで「犯罪では?」の声多数あり

神戸市立東須磨小学校の教員いじめ問題で、小学校が記者会見を開き、校長が加害教員の立場についてなど、改めて説明を行いました。

その中で、新たないじめ行為があったことなどもわかっています。

一方、報道されるほどに、加害教員のいじめが悪質であり、犯罪とされてもおかしくないレベルであることがわかってきています。

ネットでは、加害教員が今も有休休暇で休んでいて、処分が保留されていることにも、かなり厳しい意見が出されている状況です。

神戸市のいじめ問題について、校長の会見から新しくわかったことや、日に日に厳しくなるネット上の反応についてまとめました。

神戸市教員いじめ、「クラスを潰したれ」と児童をあおる

出典:livedoor news

10月9日(水)、神戸市で発生した教員いじめについて、いじめが起きた神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長が記者会見をしています。

その中で、いじめの主犯格とされる女性教員が、被害者の男性教員が受け持つ児童に「反抗しまくってクラスをつぶしたれ」と煽っていたことが明らかにされました。

その他、仁王校長が話した主な内容です。

  • 7月に被害者男性教員と面談をし、加害者にも聴取を行い、いじめ行為は把握していた
  • 加害者側の「反省している」という言葉を受け、指導だけで市教委に報告せずにいたが、隠蔽の意図はない
  • 教員として許される行為ではなく、加害教員に東須磨小学校で業務はさせない
  • 加害者教員のうち2名は「生徒指導」担当で、いじめ対策の担当でもあった

加害者の教員4名それぞれについては、「しっかりやれていた」「指導力を発揮」など、教員としてはしっかり仕事をしていたという話もしています。

東須磨小学校いじめ問題で記者会見を実施

出典:デイリースポーツ

東須磨小学校は、今回のいじめ問題を受け記者会見のほか、保護者会も実施し、いじめについて釈明を行っています。

記者会見には、神戸市教育委員会の職員も出席しました。小学校、市教委それぞれに、保護者や記者から非常に厳しい意見が寄せられています。

加害者が有休休暇で休んでいることについても批判がありますが、これについては、市教委から自宅謹慎の制度がないことを理由と説明がありました。

また、市教委職員は被害者が刑事告訴を検討していることについて、告訴を止めることはなく、告訴があれば協力するとも話しています。

教員いじめ、ネットで「犯罪では?」の声多数、実名や顔画像の公開が必要という声も

神戸市の教員いじめについて、ネットでは事件発覚以来、非常に厳しい意見が出ています。

特に多いのが、これは「いじめ」ではなく「犯罪」に該当する行為であり、実名や顔画像が公開されていないこともおかしいのではないかという意見。

市教委の「教師」としての処分はまだ決定していませんが、記者会見の中で、市教委の職員はかなり厳しい処分を匂わせる発言をしています。

こちらについても、ネットでは教員免許を与えたままにしておくべきではなく、二度と児童を指導できないようにするべきではないかとの声が多く見られますね。

実際、児童が教員いじめの現場を見ていることもあり、児童に対して決して顔向けできる行為ではありません。

不祥事を起こしたものの、懲戒免職までは至っていない教員が、別の学校で教員を続けるケースはあります。

今回のいじめについては、かなり悪質な行為であることが報じられました。

他の学校でも教員を続けられるようであれば、処分が甘いのではないかという意見がかなり多く見られます。

教員いじめ、報道が大きくなり処分も厳しいものになる可能性

神戸市立東須磨小学校の教員いじめは、かなりショッキングな内容であり、報道がかなり大きな規模になりました。

記者会見の話を聞く限り、処分もかなり厳しいものになることが予想されます。

被害者から刑事告訴がなされる可能性もあり、加害者の処分をめぐって、もうしばらく事件が話題になる可能性が高いですね。

東須磨小いじめ関連記事

1 個のコメント

  • こんな教師がこの後も
    教壇に立つかと思うと腹がたつ。
    もう免許はく奪。
    懲戒免職です。こんな奴らのために
    税金(退職金)は使ってほしくない。
    そもそもこういうことが起こるのは
    処分が甘いことにある。
    公務員同士がかばい合う構図がある。
    しっかり世間が納得する処分をしてほしい。

    主犯格の女性教師は校長が学校に呼び寄せた人物。
    校長も注意できなかったのだろう。
    そういう意味では校長も同罪。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です