松坂桃李主演映画『娼年』の動画を無料視聴する方法や見逃し配信サービス紹介!

2018年に公開された映画『娼年』。松坂桃李さん主演で、衝撃的な濡れ場シーンがあることで話題を呼んだ作品です。

リハーサルでは、三浦大輔監督が自ら女性役になり、松坂さんと”合体”するなど、かなりこだわって制作されたそうです。

こちらの記事では、『娼年』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『娼年』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ『娼年』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

映画『娼年』動画を無料視聴する方法

映画『娼年』の動画を無料で視聴するには、U-NEXTを利用するのが最もオススメの方法となります。

U-NEXTで『娼年』を無料で見る

U-NEXTは、初回31日間の無料お試しがあり『娼年』が無料でいつでも見放題です。

U-NEXTおすすめポイント

  1. 配信作品が140,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、他の無料トライアルキャンペーンを行っているVODサービスも一覧で紹介します。

『娼年』人気VOD動画配信状況

映画『娼年』が配信されているのは、下記の主要なVOD(ビデオオンデマンド)サービスで配信されています。

動画配信サイト 配信状況 月額費用 無料期間
FODプレミアム × 888円 1ヵ月間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu × 933円 2週間
ビデオマーケット 500円 31日間
dTV 400円 31日間

※紹介している情報は2019年5月時点のものです。

どのサイトでも月額費用だけで追加料金が必要なく『娼年』を見る事ができますが、映画を思う存分楽しみたい!といった方には、配信作品数140,000本以上の作品が充実している『U-NEXT』が最もオススメな動画配信サービスとなります!

PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトで無料で見られない?

無料で動画が見れるサイトとして有名なPandoraやDailymotion。

これらのサイトがなぜ無料かというと、テレビ番組や映画などの動画が無断で違法アップロードされているからです。

過去にまんが村というサイトが無料で漫画が見放題で話題になっていましたが、実はサイトを経由して漫画を読むユーザーに仮想通貨のマイニングを強制的にさせるプログラムが組まれていたとのこと。

PandoraやDailymotionなどの無料動画共有サイトでも、見えないデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク

  • 広告が頻繁に表示され、低画質かつ低音質
  • 違法アップロードなので随時削除され、リスクが伴います
  • スマホやPCへのウイルス感染や個人情報漏えいのリスク

映画『娼年』作品詳細

『娼年』は石田衣良によるベストセラー恋愛小説。

2016年舞台にて披露され大きな反響を呼びました。

同じく三浦大輔監督と松坂桃李のコンビで2018年、ついに映画化され再度注目を浴びる作品となりました。

『娼年』として成長を遂げる、大学生の主人公森中領を松坂桃李が熱演し、あまりの過激な性描写に公言どおり、R18+指定の映画になりました。

全ての濡れ場を三浦監督自らが絵コンテで表現したというほどのこだわりぶり。

肉体を通した会話に重点をおき、時間と手間をふんだんにかけた作品です。

映画『娼年』の作品データ

  • 製作年/2018年
  • 製作国/日本
  • 配給/ファントム・フィルム
  • 上映時間/119分
  • 映倫区分/R18+
  • オフィシャルサイト/映画『娼年』の公式ホームページ

映画『娼年』のキャスト一覧

松坂桃李/森中領 真飛聖/御堂静香 冨手麻妙/咲良 猪塚健太/平戸東 桜井ユキ/白崎恵 小柳友/田島進也 馬渕英里/何イツキ 荻野友里/主婦 佐々木心音/紀子 大谷麻衣/ヒロミ 階戸瑠李/ 西岡徳馬/泉川 江波杏子/老女

映画『娼年』のスタッフ一覧

  • 監督/三浦大輔
  • 原作/石田衣良
  • 脚本/三浦大輔
  • 製作/小西啓介 /松井智 /堀義貴 /木下暢起
  • 企画/小西啓介
  • プロデュース/小西啓介
  • エグゼクティブプロデューサー/金井隆治 /津嶋敬介
  • プロデューサー/永田芳弘 /山野邊雅祥 /藤原努 /石田麻衣
  • アソシエイトプロデューサー/槙哲也
  • 撮影/Jam Eh I
  • 照明/岸本秀一
  • 録音/加藤大和
  • 美術/愛甲悦子
  • 装飾/近藤美緒
  • スタイリスト/小林身和子 /岡田梢
  • ヘアメイク/酒井夢月
  • 編集/堀善介
  • 音楽/半野喜弘 /RADIQ septet
  • 助監督/小南敏也
  • 制作担当/大西裕
  • キャスティングディレクター/杉野剛

映画『娼年』のネタバレ・あらすじ

ここからは映画『娼年』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

ひとりよがり

大学生、森中領(松坂桃李)のバイト先であるバーに、ホストクラブで働く大学の友人、進也(小柳友)と同伴してきた御堂静香(真飛聖)。

静香は女なんかに興味はないという領に興味を持ち、SEXを試したいとマンションに案内しました。しかし領の相手をするのは、部屋の奥から現れた咲良(冨手麻妙)という耳の聞こえない女性。

咲良とのSEXを側で見て評価を付けるというのです。戸惑いながらも事を終えると静香は5千円を置きます。それを見た咲良は財布から5千円を追加しました。

テストとやらに合格し、毎日を退屈に過ごしていた領はパッションという会員制ボーイズクラブで、「娼年」として働くことになります。

領が見下しているものはもっと素晴らしく、2人ですれば楽しいことを1人でしていると、核心をついてくる静香の言葉に、領は女性が望むSEXは何なのかと真剣に考えるようになっていくのです。

身体と身体の対話

初仕事としてクラブ会員の常連ひろみと会う事になった領ですが、緊張で気の利いた事が出来ません。しかし、ひろみは領を気に入りホテルに入ります。

領は激しくひろみの身体をむさぼり、ひろみの欲望に応え、それ以上の仕事をこなしました。初仕事は成功し、いつもの時給の数倍ものお金を手に入れます。領は更に、女性のことをもっと知りたいと思うようになっていきます。

女性たちが何を求めているのか。理解されない性癖や、人には言えない秘密を受け止める度、戸惑いつつも女の欲望の奥深さに魅了されていくのです。

母の面影を重ねて

年上の女性に気に入られる領の根元は母にありました。10歳の時亡くなった母は「温かくしていい子にしてね。」と言い残し、出先でそのまま亡くなったのです。37歳にして亡くなった母の面影を静香に重ねるようになります。

一方、領の活躍を予知していたVIP料金の娼年、東は自分の傷だらけの体をさらけ出し、自分は痛みをあたえられることで快感を感じるのだと領に言います。

金持ちの変態ばかりの客を相手にすることでVIPになったが、普通の人の快楽を一生懸命学んだのだと、頑張る領にご褒美を与え、領は与えられる快感を学びました。

受け入れられない職業

ある日、進也と同じく友人の恵(桜井ユキ)に領の仕事がばれてしまいます。「娼年」の自分を汚らわしいと言われ、言い争いになりますが、自分の気持ちの変化を素直に受け止めたい気持ちが強く、「娼年」であることをやめる気はありません。

VIPとしても、ますます活躍をする領。今度は静香にご褒美をあげると言われ、付き合ってほしいと頼みます。しかし、静香はそれを頑なに拒みます。領は静香に、もう一度咲良を使って自分をテストしてほしい、自分の成長を見てほしいと頼みました。

恵が客として領に指名をかけます。驚く領ですが「娼年」として仕事をしろと言われ、恵の要望に応え激しく愛撫します。領に恋心を抱いていた恵はまるで違う世界の人間なのだと理解し涙を流しました。

領も恵の気持ちを感じ涙を流しますが、やはり仕事を終え静香に会いにいきます。

精神と精神の対話

実は静香は以前娼婦として働き、客との間に咲良が生まれました。咲良はHIVに感染した母に変わり、仕事を手伝っているのだと言います。自ら懇願したテストで咲良を身代わりのように抱きながら、領は静香を見つめ三人の性行為が実現したのです。

その後クラブ「パッション」は摘発されてしまいました。

静香の残した手紙によって、領の母は娼婦であったことを知らされ自分なりに母の心を感じ取ります。

1年後、領は静香の見守る中「娼年」として女達の欲望に向き合い続けています。

衝撃的すぎる性描写と愛の求め方

インパクトのある作品です。影のある役としてははまり役の松坂桃李ですが、身体も精神もさらけ出した濡れ場に、ただただ衝撃を受けます。

『娼年』という題名からも快楽のための濡れ場ばかりを想像しがちですが、生々しい身体の絡み合いからは、人間ならではの深い欲望と同時に、満たされていく心の解放を感じます。

身体を売るという行為は実際は犯罪としても利用され、神秘を感じる美しさには値しません。

しかし全てを否定できる行為とも言い難く、愛のないSEXも、それもまた人によっては違った形の愛情なのかもしれません。

また、過激な性描写にも関わらず、クラシックの雰囲気漂う幻想的な世界観は観る人を包み込み、後腐れのない爽快なラストシーンに仕上がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です