コンゴから帰国の埼玉70代女性にエボラ熱の疑い!国立感染症研究所にて検査中

8月4日(日)、厚生労働省はエボラ出血熱が流行するアフリカ中部のコンゴ民主共和国から、7月31日に帰国した埼玉県内の70代女性が発熱の症状を訴え、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で血液を検査中であると発表しました。

現在の時点で判明している詳しい状況と、エボラ出血熱について調べてみたいと思います。

70代女性の状況は

女性は仕事で約8ヶ月程前から同国に滞在し、7月31日(水)に帰国しました。

検疫所で一日2回の検温を行っていたところ、8月3日(土)午前5時に38・2度の発熱があり、同日午後7時には熱が39・2度まで上がったとのことです。

厚労省によると、女性は現地でエボラ出血熱患者との接触はしていないと説明しています。

現在は東京都内の医療機関に入院しており、診察の結果、インフルエンザA型の陽性反応が出ているということでした。

厚労省は

女性の検査結果が陰性となることも十分にあり得る。エボラ出血熱は発症段階で初めて感染力を持つとされており、女性が搭乗していた航空機の乗客への感染リスクは極めて低いと考えられる。

としています。

エボラ出血熱を巡っては、同国東部で流行が続いているとして、世界保健機関(WHO)が7月17日(水)に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言。

厚労省は海外渡航者に発生地域に近づかないよう注意を呼び掛け、検疫対応を強化していました。

エボラ出血熱とは

世界保健機関(WHO)によりますと、エボラ出血熱は2014年2月にギニアで発生後、3月に集団感染し、6月に隣接2カ国に広がって、一気に死者が増えました。

エボラ出血熱とは、エボラウイルスが原因の感染症で1976年に初めて発生しました。

発熱、強い倦怠感、筋肉痛、頭痛、咽頭痛等の症状が突然現れて発症することが特徴です。

これらの症状に続いて腹痛、嘔吐、下痢等の消化器症状や発疹、腎障害、肝機能障害等が見られるようになります。

重症化して来ると出血傾向が現れて来て、吐血・下血をきたすことも珍しくありません。

エボラ出血熱は症状が出ている患者の血液や排泄(はいせつ)物などに触れた際、ウイルスが傷口や粘膜から侵入して感染すると言われています。

症状のない患者からは感染せず、空気感染もしません。

感染後の潜伏期間は2~21日(通常は7~10日)であると言われています。

潜伏期間は、例えば汚染された注射器等を介するなどのように、ウイルスが直接大量に血管内に侵入したような状況では短くなり、またヒトからヒトへの接触感染による場合は長くなる傾向にあります。

現在、エボラ出血熱に対するワクチンや治療薬の開発が進んでいるとのことです。

他の人に感染するのは発症段階とのことなので、心配されていた女性が乗っていた航空機の中で不特定多数への感染という心配はなさそうです。

とは言え70代女性の病状の方は心配ですね。

エボラ出血熱の感染ではないと良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です