TBS『ダブルベッド』エピソード3の第5話(最終回)ラスト結末ネタバレ!武田航平のソニアに対してのダメ出しが酷いと非難殺到!「胸糞悪い」「嫌いになる」

ダブルベッド SEVEN DAY LOVER

2020年2月20日に放送された、TBSの恋愛ドキュメンタリー番組「ダブルベッド SEVEN DAYS LOVER」のエピソード3の第5話。

最後の6日目の夜、武田とソニアはお互いについて本音で語り合う。すれ違う意見に二人の関係は……。

この記事では、TBS『ダブルベッド』エピソード3の第5話のネタバレと、番組の見逃し配信動画を無料視聴する方法を紹介します。

TBS『ダブルベッド』エピソード3の第5話の動画を無料視聴する方法は?

TBS『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』最新話の無料配信期間が終わっている場合は、Paraviの30日間の無料体験を利用することで、全話無料で視聴可能です。

Paraviなら副音声でのダブルベッドも視聴可能です。吉村崇・犬飼貴丈・ケンコバの副音声はかなり笑えます!

今すぐ無料で観た方はこちら!

Paraviの無料登録はコチラ

※無料期間中の解約でしたら、一切費用は発生致しません。

※2020年2月24日までに無料体験を申し込むと30日間無料で試せます!25日からは2週間と期間が短くなります。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

『ダブルベッド』エピソード3の第5話あらすじ

6日目。2人は伊豆ぐらんぱる公園へ。朝食時の本音トークを経ても明るく楽しむ武田とソニア。

その夜、マンションに帰ってきた2人はこの一週間を振り返って語り合う。同棲生活最後の夜。果たして互いの胸中は…。

ダブルベッド SEVEN DAY LOVER-公式サイト

『ダブルベッド』エピソード3の第5話ネタバレ

放送後に更新させていただきます。

恋愛対象に見れなかった理由を伝える武田

武田「今日で最後の夜。」

ソニア「そだね、なんか私は率直に楽しかった。すごい良い出会いになったなと素直に思える。」

武田「ありがとう。俺もこの6日間、一緒に過ごしてみて、もちろん楽しかったし、知らない世界をたくさん見れたし、まぁせっかく最後の夜だし、色々話せればなって思っていたんだけどね」

ソニア「なんかこの機会を得て、こんあふうに考えてくれて、こんなふうに自分が話した経験を受け取ってくれる人がいるんだなって新しい発見だったし、勇気づけられたし頼りになるなって。綺麗に聞こえるかもしれないけど、本当に航平くんでよかったなって私は、以上になります。」

武田「で、俺はね。」

ソニア「なんでニヤニヤするの。怖いんだけどこっちは何言われるか。」

武田「同じ家に男と女が住むって、何かしら恋愛に発展するものと思うでしょ。すべてがそれがゴールじゃないけど、そうやって見ておかしくない状況。まず俺がそうならなかったのは、今まで気づかなったことだけど、あっ俺ここが受け入れらないんだとか、私生活の中で見つかってくる。そういうところで恋愛対象として見れるかっていう時に、あれ俺は見れないだ、一緒に寝てても見れない感情が沸いてきて。」

武田「あの~男の人と女の人の生活でしょ。モデルさんだし、もちろん気を使うじゃん。気を使ってくれてるし、気を使ってるし、そんな中で、クローゼットとかが、服がめっちゃバッて置いてあって、おいおいというのがまずある。料理後のやったまんま寝ちゃって、それが放置されてままとか、それを俺は夜片付けとかしたり、ゴミが置いたままだったり。せっかくパパから貰ったものをまとめておこう。今でもダンボールとかあるんだけど、夜片付けようと気になっちゃう。」

武田「入浴剤が使ったあと袋がそのままとか、その後に入る人が片付けることになったり、彼女だったら、女性だったらやってとか思っちゃう、それをずっと求めてるわけじゃないんだけど、7日間って限られてたから、そこをやってくれたら嬉しかったりとか。」

武田「俺は、求める部分がそういう所にあって、短い期間だからそこが尚更気になった……かな。てめぇそんなこと言いやがって思ったかもしれないけど。」

ソニア「ううん、なんか……。」

武田「全然素直に言っていいんだよ。思った事。」

ソニア「入浴剤が置いてあったのは何を入れたのかわかって欲しかったから、後ろに効果とか書いてあるから。」

武田「ありがと、ありがと、それに気づかなった。そういうところのすれ違いも、ごめんな、泣かすつもりはなかった。」

ソニア「ダンボールが置いてあるのは、ゴミ捨て場がそんな広くないし、畳めばよかったのかもしれないけど、もし持って帰るときにそのまま入れていくし、あそこに置いてあることが、自分の中で邪魔だとは認識できなかった。」

ソニア「できっと、使った洗い物とかは、もうちょっと自分の時間の余裕だったり気持ちに余裕が、きっとこの7日間では、うまくマネージメントができていなかったのかもしれない。もちろんできる範囲で、帰ってきたときゼロじゅないし、してるところもあるし。」

武田「そうだね。そういうことだったんだね。」

ソニア「以上です。」

武田「ありがとう」

ソニア「でも、あれなんだね……まぁ、それ大丈夫。そういうことだから」

武田「いいよ。それ言ったほうがいいと思う、言いかけたら事、全然平気だよ」

ソニア「なんかきっと……、単純に今も単に聞くと、行動的な部分をすごい見て判断するんだなって理解したのが第一印象。からの、行動をすべてパーフェクトこなせる自分には作れなかった、この環境の中で、それはお互いの性格の違いに繋がってくるから、もちろん友達として分かりあえたとしても、恋愛には届かないという部分を明確に理解できた……ってことです。」

武田「良いと思う。なんか友達とお前細かいこと言ってんじゃねえよ、だからお前結婚できないだよとかさ、そういうレベルの話せたら面白いじゃん。涙させちゃったのはごめんな。俺も言えばよかったね」

ソニア「はい!もう寝なきゃ明日やばいよ~、でもよかった」

武田「ごめん、ごめん、マジでありがとう、すげえがんばってくれたから今。」

ソニア「伝わった?」

武田「すっきり寝れる?ごめんな。明日撮影会ごめんな、さすがに今のまずかったな」

ソニア「全然、だから明日は、本当に明日が誕生日ってすごいじゃん、だからちゃんとこの6日間の感謝の気持ちも込めて、ささやかかもしれないけど、もし少しでも時間もらえたら祝いたいなって思うから……祝わせてください」

武田「ありがとう。ソニア的な優しさがある中だけど、明日は行かないでおく。別の機会でまた振り返る時間をとろう。

ソニア「うん、ゆっくりね。」

武田「今日会って明日会っててなっちゃうと、また時間たってありがとうが出てくるから、その時に伝えさせてほしい。いなくなって気づくことはたくさんあるから、気持ちはありがとう。」

ソニア「わかった。」

武田「でね今日お互いが腹を割りあった一日。はっきり言い合えたから、俺はあそこのやっぱり場所では寝れない。

ソニア「そうだね。」

武田「だって、そこやっぱり固いじゃん。レディースファーストってことで寝て下さい。僕はここで寝るんで。」

ソニア「ありがとうございます。」

武田「寝るか」

ソニア「よし。」

ソニア「またあれでしょ。コップ洗わなかったら怒るんでしょ。でも同じコップ朝使うし。」

武田「それくらい洗うさ。」

ソニア「濯げばいいの。」

武田「俺だったら洗剤使うもんな。」

ソニア「おやすみ、枕とか取りに来ないの?」

武田「大丈夫。」

ソニア「本当?バイバイ。」

武田「あいよ。」

最後の朝、別れの前に武田を起こしバースデープレゼントを渡すソニア

『ダブルベッド』エピソード3の第5話を観た視聴者の反応

TBS『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』エピソード一覧

エピソード4 林家たま平とわちみなみの7日間の同棲生活

エピソード3 武田航平と山本ソニアの7日間の同棲生活

エピソード2 バッドナイス常田と井口綾子の7日間の同棲生活(全5話)

エピソード1 犬飼貴丈とロン・モンロウの7日間の同棲生活(全5話)

『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です