映画『ダークタワー』動画フル(字幕/吹き替え)を無料で視聴する方法!ネタバレ・あらすじ・感想を紹介

イドリス・エルバ・マシュー・マコノヒーの共演で2018年1月27日に公開された映画『ダークタワー』は、スティーヴン・キング原作のファンタジーアクション小説を実写映画化したもの。

監督は、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)の脚本を手掛けたニコライ・アーセルです。

こちらの記事では、映画『ダークタワー』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『ダークタワー』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

映画『ダークタワー』配信情報

映画『ダークタワー』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『ダークタワー』動画を無料視聴する方法とは?

映画『ダークタワー』の動画を無料視聴で視聴する方法をご紹介します。

2020年4月現在、映画『ダークタワー』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『ダークタワー』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 400円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 300円~ 30日
dTV 300円~ 31日
Paravi 400円 2週間

※上記の情報は2020年4月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『ダークタワー』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

映画『ダークタワー』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『ダークタワー』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『ダークタワー』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『ダークタワー』は400円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年4月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『ダークタワー』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『ダークタワー』作品詳細

スティーヴン・キングの集大成をついに映画化!

ニューヨークに住む少年ジェイクが見た不思議な夢ー。

舞台はジェイクが夢に導かれ入り込んだ“時空を超越する荒廃した異世界”。

現実世界と密に結びつく異世界では、世界の支柱と言われる<タワー>を巡り、凄腕の銃使い“ガンスリンガー”ローランド(イドリス・エルバ)と世界の崩壊を目論む”黒衣の男”ウォルター(マシュー・マコノヒー)が終わることのない戦いを繰り広げていた―。

映画『ダークタワー』作品データ

  • 製作年/2017年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/コロンビア映画
  • 上映時間/95分
  • 監督/ニコライ・アーセル
  • 脚本/アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー、アナス・トマス・イェンセン、ニコライ・アーセル

映画『ダークタワー』原作

シャイニング」、「ミスト」などで有名なモダンホラーの巨匠・スティーヴン・キングによる、同名小説が原作です。日本での初版は1992年。

2017年に角川文庫より、新装版が発売されています。全7章・15巻にも及ぶ長編小説で、キングの集大成とも呼ばれる作品です。

この小説には、キングの他の作品との関連が示されているような設定や描写が多くあり、マーベル・コミック社によってコミカライズされるなど、人気の作品です。

映画『ダークタワー』キャスト一覧

ジェイク/トム・テイラー

NYに住む少年。悪夢の中で、謎の塔と戦う男の姿を1年も前から見ています。

消防士の父親は救助中に死に、母親と再婚相手と暮らしています。

ローランド・デスチェイン/イドリス・エルバ

ジェイクとは別の中間世界の人間。別名ガンスリンガー。

全ての世界の中心にある塔・ダークタワーを守る戦士ですが、父親をウォルターに殺されたことで、復讐のために生きています。

ウォルター/マシュー・マコノヒー

中間世界の人間。ローランドの父を殺した男。

超能力”シャイン”を持つ子どもを探し、その力で塔を壊し、世界の破滅を狙っています。

映画『ダークタワー』のネタバレあらすじ

ここからは映画『ダークタワー』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

謎の悪夢を見る少年

ジェイク(トム・テイラー)は毎晩、塔を守る男の夢にうなされ、夢で見た場面を絵に描きとめていました。彼は、最近世界で頻繁に起きる地震が、夢の世界と関係があると思い込み、その様子を両親は心配して、彼をセラピーに通わせていました。

ある日ジェイクは街中で、ホームレスの男に「君のような特別な子はあいつらに狙われる」と言われます。彼は夢で見た家のスケッチを手がかりに、ネットの掲示板でその場所を突き止めます。

両親は、ジェイクを心配してクリニック施設の人たちを呼んでいました。しかしジェイクは、彼らが夢の世界からの追手だと気付き、その場から逃げ出します。

ジェイクが夢の家へ向かうと、中には謎の機械がありました。夢で見た番号をそこに打ち込むと”中間世界”と呼ばれる世界への扉が開きます。

ガンスリンガーとの出会い

ジェイクは扉を通り、石と砂だらけの平坦な道を歩き続けます。すると、夢で見た銃の男・ローランド(イドリス・エルバ)と出会います。

彼は中間世界や、ジェイクの暮らす世界=根本世界など、様々な世界の中心に位置するダークタワーを守るガンスリンガーと呼ばれる戦士でした。

ダークタワーは、宇宙を守る盾として機能しており、それが壊れると外の世界の化け物たちがこの世界に乗り込んできます。それを狙い塔を壊そうとしている男が、ローランドの父を殺したウォルター(マシュー・マコノヒー)です。

ウォルターは、世界を繋ぐ移動装置・ポータルに誰かが侵入したことを知り、それがジェイクだと突き止めます。ジェイクは、シャインと呼ばれる特別な力を持つ男の子でした。その力によって塔を壊そうと、ウォルターはジェイクの行方を追います。

そして両親の目の前に、ウォルターが現れます。彼は父親を殺し、母親の記憶を盗み見ることで、ジェイクの描いた絵や、その力の大きさに気づきます。

ウォルターとの戦い

ローランドたちは、読み人・アラの居る村へたどり着きました。アラは絵を見て、ウォルターの居場所を突き止めます。そこに行くにはポータルを使い、根本世界へ行く必要がありました。

ポータルを使用したことで、ウォルターたちに村がばれてしまい、敵が襲ってきます。村は焼け、人々が襲われるなか、ローランドは次々と敵を倒して、ジェイクとともにニューヨークへ行きます。

ニューヨークへたどり着き、二人はジェイクの家へ戻ります。しかし家では、父親が殺され、母親は居なくなっていました。ジェイクは能力を使い、母親がウォルターに殺されたことを悟ります。

二人は、ウォルターの手がかりを得るためにホームレスを探します。ホームレスは、少年の時に持っていたシャインの能力を失った男でした。彼から情報を得て、二人はウォルターの基地へと向かいます。

しかし迫りくる追手にジェイクは連れ去られてしまいます。ウォルターは、中間世界へ彼を弾き戻し、その強大な力を集めて塔を攻撃しようと試みます。

塔は揺れ、ニューヨークにも地震が発生しはじめます。ローランドはウォルターにたどり着き、彼と戦い、なんとか彼を殺すことに成功しました。そしてウォルターの基地に銃を放ち、建物を破壊します。

ニューヨークにもまだ瓦礫が残り、救助が続いているものの、平穏が訪れていました。ローランドはジェイクに「元の世界へ帰らなきゃならない」と言います。

寂しそうな顔をするジェイクに彼は「お前も来るか?」と聞きます。ジェイクはローランドとともに、中間世界へ旅立ちました。

映画『ダークタワー』の感想・評価

3.5

スティーヴン・キングと言えば、ホラーの印象が強いですが、今作はファンタジーアクションとなっています。

劇中では、ジェイクの持つ能力のことを”シャイン”と称したり、ペニー・ワイズの遊園地が出て来たりと、他のキング作品との共通点が見受けられます。

また、銃でのアクションが見所です。弾の入れ方や敵の倒し方など、かっこいいシーンがいくつもあるので、ぜひ注目してください。

原作が7章・15巻にも及ぶ長編小説ということで、その壮大な世界観のすべてを映画で味わうのは難しいですが、ストーリーはテンポよく進むので、飽きずに見ることができます。ぜひご覧ください。

映画『ダークタワー』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です