『クレイジージャーニー』特番の見逃し配信は?番組終了から復活までの経緯を紹介

これまで作られてきたテレビ番組の中には人気を博していながら、思わぬ事態により番組を終了せざるを得なくなってしまったものも少なからず存在しています。

『クレイジージャーニー』もそうした番組の一つと言えるでしょう。

深夜帯で非常に人気を博していた番組ですが、2019年に番組が終了し残念に思っていた視聴者の方も多いです。

そんな『クレイジージャーニー』が久しぶりに特番で復活することとなり、話題を呼んでいます。

5/19(水)に放送される『クレイジージャーニー』の番組内容や、レギュラー番組終了から復活までの経緯などをまとめました。

『クレイジージャーニー』見逃し配信はある?

現時点ではクレイジージャーニーの見逃し配信は、TVerまたはParaviで配信されています。

\今すぐ無料で見る!/

Paraviは月額1017円(税抜)で新旧ドラマ・バラエティ・アニメなどはもちろん、ここでしか観られないオリジナルコンテンツも見放題です。また、話題作がコンテンツ毎に購入できるレンタル作品も用意されています。

初回登録の方は、2週間の無料体験があります。また、有料会員登録になった後は毎月レンタルチケットがもらえるので、何かしら新作映画などの有料作品を楽しむことができるのでお得です!

Paraviのおすすめポイント

  1. 会員登録後2週間の無料体験ができる!※レンタル作品は別途課金
  2. TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信
  3. PC/スマホ/タブレットでいつでも視聴可能。テレビの大画面でも楽しめる!
  4. 決済日にはレンタル作品に使用できるチケットをプレゼント!

無料期間中の解約でしたら、一切費用は発生致しません。

アプリでは一部作品を除き動画をダウンロードできるので、オフラインでも視聴できます。

※本ページの情報は2021年5月記事更新時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

『クレイジージャーニー』が特番で復活!

2021年5月19日(水)21時から『クレイジージャーニー』が2時間スペシャルで復活します。

この番組は2015年から2019年まで放送されてきた紀行バラエティで、かなりユニークな旅の体験をしてきた方の体験談を聞いたり旅に同行したりする番組です。

MCは松本人志さん・設楽統さん・小池栄子さんが務めており、今回の特番もレギュラー時代の3人が揃いました。

この番組でしか見られないような貴重な映像・体験談も多く放送されてきたため、非常に人気があった番組です。

2019年9月の放送終了から1年半ぶりの復活で、復活に喜びの声も多数上がっています。

『クレイジージャーニー』は2019年に不祥事で番組終了、抜本的な見直しを経て特番放送へ

『クレイジージャーニー』は人気があった番組ですが、2019年に不祥事が発覚したために番組終了となってしまった経緯があります。

この時に問題となったのは、珍しい爬虫類を探す企画で事前に15種類の生物を仕込み捕獲していたという問題でした。

完全な「ヤラセ」であり、当時は番組の姿勢が相当批判されたこともあって番組終了となってしまうのは致し方ないところです。

クレイジージャーニー放送中止!原因は爬虫類ハンター加藤先生の企画で捏造!やらせよりも休止にショック

しかしもちろん、『クレイジージャーニー』が毎回ヤラセを行っていたわけではありません。

この不祥事が発覚するまで、番組は非常に高く評価されていました。

5/19(水)の特番放送にあたっては、公式サイトにて以下のお知らせが出ています。

レギュラー放送終了後、視聴者の皆様から番組再開を希望する声や番組および出演者へのエールを多数いただきました。番組としては、制作体制や情報共有の在り方など番組に内在した問題点を洗い出し、抜本的な見直しと議論を重ねました。その結果、制作過程の適正化及び再発防止に一定の道筋がついたと判断し、今回、特別番組の形で放送することを決定いたしました。
引用:『クレイジージャーニー』公式サイト

『クレイジージャーニー』特番は佐藤健寿と丸山ゴンザレスが出演

5/19(水)に放送される『クレイジージャーニー』特番は、レギュラー放送時代から人気のあった方が2名登場します。

レギュラー放送を見ていた方にとっては非常に嬉しいですね。

奇界遺産フォトグラファーとしておなじみの佐藤健寿さんは、「バーニングマン」というイベントを紹介してくれます。

ライフラインのない砂漠で生活しながら芸術活動を行うというイベントで、この様子を撮影するだけでも相当な苦労であることは間違いありません。

そこに参加する人たちがどんな方々なのか、どんな活動が繰り広げられているのか非常に気になりますね。

丸山ゴンザレスさんはアメリカ・カリフォルニアでドラッグ(麻薬)の最前線に迫りました。

日本では厳しく禁止されていますが、世界では大麻を合法化しているところもあり皆勤の動きが広がりつつあります。

大麻が認められている国で、人々がどのようにドラッグと付き合っているのか・どんな意識を抱いているのかも気になるところでしょう。

これらのロケは、ともにコロナ禍前に行われたものと報じられています。

現在はコロナでなかなか世界各地の様子を直にロケすることが難しいので、今回の放送も非常に貴重な映像と言えるでしょう。

クレイジージャーニー』特番を見た視聴者の感想

30代女性
この番組は以前から見ていたので再開されると聞いて楽しみにしていました。ゴンザレスさんは普通の人には入り込めない場所を撮影するので見応えがあります。麻薬の良い面と悪い面が分かりやすかったです。奇怪遺産も説明不能ですが、色んな世界があるのだと勉強になりました。いつもどうやって撮影許可を得ているのか不思議だなと思いながら見ています。
40代女性
初めて見ましたが、自分の知らない世界を直撃取材されている様子が衝撃で、見入ってしまいました。アートや交流を楽しむお金持ちの人々、様々な事情からドラッグにはまってしまい抜け出せない人々の様子どちらも本当の世界だというのがにわかに信じられませんでした。どちらにしろ、他の番組ではしないだろうなぁというガチンコ取材でした。こういったニュースや情報番組では報道されることないテーマを扱ってくれる意義深い番組です。
30代女性
日本では考えられないような数々の衝撃映像に引き込まれました。今回の復活がなければこれらの映像が放送されなかったかもしれないと思うと、とてももったいないと思いました。以前と番組の雰囲気も変わっていなかったので安心感があり、久しぶりの放送という感じがしませんでした。コロナで海外に行けない状況での今回の映像は今までよりも貴重に感じました。
30代女性
相変わらず怖いもの知らずなゴンザレスさんにびっくりしましたが、未知の世界過ぎて興味深かったです。ドラッグを過剰に摂取した人たちに対して止めることはせずに死なないように助けるだけなのはどうなのかなと思いました。呂律が回らなくて全く会話にならない人もいて怖かったです。いかにドラッグが恐ろしいものか改めて認識しました。佐藤さんが行っていたアーティスティックなイベントは行ってみたいなと思いました。
40代女性
結構衝撃的な映像が沢山ありました。はじめご飯食べながら見てましたが、映像が迫力ありすぎて、ご飯がすすまなかったです。もう少し遅い時間帯のが良かったです。バーニングマンの映像は凄かったですね。松本さんが泣きそうになった所は私もよくわからなかったですが。大麻が合法になったアメリカの取材は、本当に危険の隣り合わせでした。合法になって、裏取引や抗争がなくなったってところは良かったですが、最後の公園衝撃的でした。まず、施設的にどの薬物やってもいい場所があるのもわけがわからなかったですし、公園での一番死に近い薬物打ってる所の映像は怖かったです。

『クレイジージャーニー』再度レギュラー化を望む声も多数

『クレイジージャーニー』が5/19(水)に復活し、かなり多くの方が期待しているところです。

再度レギュラー化は現在のコロナ禍を考えると難しいとはいえ、レギュラー化も待ち遠しいですね。

まずは2時間スペシャルの特番で、人気出演者だった2人が再度面白いロケを見せてくれるはずなので楽しみにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です