バンタン(BTS)記者会見のジョングクが話題!血汗涙の盗作疑惑を問われ呆れた表情

ミニアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」の売り上げも好調で、すでに多くの記録を打ち立てている防弾少年団(BTS)。

カムバに伴い4月17日には記者会見も行いましたが、その会見の場で記者があり得ない質問をしたため、メンバーの反応が話題になっています。

バンタンの記者会見で起きた「ありえない質問」の内容とは?

4月17日のこと。BTSは、ミニアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」の発売を記念して、記者会見を行いました。

記者会見が行われた「東大門デザインプラザ」には、150人以上の記者が終結。これだけでも、BTSへの関心の高さが伺えたのですが…。

記者会見の中で、とある記者が言った失礼な質問に対し、armyが怒りの声を挙げています。

BTS「血汗涙」の盗作疑惑を質問した記者がいた!

問題の作品は、2016年に発表された「血、汗、涙」という曲のMVについて。

とある記者が、BTSの「血、汗、涙」のMVに浮上した盗作疑惑について、今回の記者会見で質問をしました。

この問題は、フランスの著名な写真家ベルナール・フォコン氏が、BTSの「血、汗、涙」MVと、「花様年華YoungForever」について「自身の作品に酷似している」と主張したもの。

2029年2月25日に記事になりました。

「防弾少年団(BTS)」に盗作疑惑…仏有名写真家「作品と酷似」再主張も事務所側は認めず

この盗作疑惑に関する質問を、4月17日の記者会見でしまった記者がいたわけです。

MVそのものは2017年に発表されているものですが、盗作疑惑が出てきたのは今年なので、質問する記者がいるのは予測できたかもしれません。海外の記者は、日本と違って厳しい質問もバンバンしますからね。

ただ、この盗作疑惑については事務所が否定していますし、どうするかは作家さん自身の判断になるので、この場で記者がする質問として正しいかは疑問です。

おそらく、話題になるからとわざと意地悪な質問をしたのでしょうね。メンバーの反応を話題にしたいがために。いいマスコミもいれば、そうじゃないマスコミもいる…、それは世界で共通事項のようです。

記者会見で質問するまでもない疑問では?

BTSの盗作疑惑は、このフランスの写真家さんが指摘したもの以外にもあります。過去には「似ている」と世間で話題になったものもありました。

が、今回フランスの写真家が指摘した疑惑については、「ありふれた題材である」という意見が多く、この場でわざわざ聞くまでもないように思えます。

盗作疑惑質問を聞いたジョングクの表情が注目される

その盗作疑惑を質問されたときの、メンバーの表情が話題です。

メンバーそれぞれ様々な表情を見せていますが、特に注目が大きかったのは末っ子・ジョングクの表情。

質問されている最中、ちょっとムッとした表情で記者を見ているのがお分かりになるでしょうか?もともと目が大きくて鋭い方なので、何でもなくてもそう見えてしまうのですが、唖然としているようにも感じますね。

その後、思い直したように記者から目をそらし、笑顔を見せます。あまりに突拍子もない質問なので、呆れてしまったのかも。

この表情が、日本のarmyの間では大変な話題となっていました。せっかくのカムバなのに、メンバーにこんな表情をさせる記者がいたら、ファンは悲しくなって当たり前です。

同じくムッとしたらしいジミンの表情も話題に

BTSメンバーの中で、わりと感情が表に出やすいのがジミン。

「今回の質問にもさぞお怒りだっただろう…」と思っていたら、やっぱり怒っていた様子。

こうやって顔に出さないと、馬鹿にされてどんどんやり込められるところもあるのかもしれません。日本人は顔に出さないのが美徳という人もいますが、海外では必ずしもそうではありませんからね。

しかし動画で見ると、ムッとしたあとに悲しい表情になっているようにも見えますが、気のせいでしょうか。

特に、ペンを持ったあとの表情には愁いがあるような…。こんな表情を見ても誰も喜ばないので、意地悪な質問はやめていただきたいものです。

リーダーのナムジュンは表情を変えず冷静な対応

ここで気になるのが、BTSのリーダーであるナムジュンの反応。

どんな場面でもきちんとした切り返しができる彼ですから、この無礼な質問にも動じないだろうと予想していました。

結果、表情を変えずにメモを取り続けるという、とっても冷静な対応でした(BTSは記者会見で必ずメモを取るそうです)。

ジョングクの隣にいたナムジュン、さすがにリーダーらしく動じませんね。

あまりいい話ではありませんが、BTSはこれまでにも無礼な仕打ちを受けてきました。ナムジュンは、意地悪な質問があることも予想したのかもしれません。

そんなことに慣れなくてはいけないのも、また悲しい話です。

最終的に質問に回答したのはユンギ

盗作疑惑の質問に対し、回答をしたのはユンギ。

「会社の法務担当が、作家さんと話し合っているところです。僕たちも会社と同じ意見です。会社で処理をしているので、結果が出ればわかると思います」

感情的にならず、大人の対応ですね。

BTSは英チャートでも1位獲得!人気の高さは健在

BTSのニューアルバムは好調で、英チャートでも1位を獲得したと報道されています。韓国アイドルが英チャートで1位を獲得するのは初。

注目が高いだけに、時に意地悪な質問も受けてしまうのでしょう。メンバーが大人の対応を見せたことで、BTSの良さが見えた瞬間でもありました。

グループの人気が高くなるということは、いいことと同時に悪いこともやってきます。これまでにもBTSは、海外で意地悪な対応をされてきたことが報道されています。そういった理不尽さと戦いながら、彼らは活躍をし続けているのです。

今回のアルバムは、韓国の一般層からの評価も高いとのこと。今後も彼らが笑顔で活躍し続けていけるように、精いっぱい応援の声を届けたいものです。

BTS関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です