ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』最終回16話ネタバレ・あらすじ!陽と蓮、2人が選んだ道

第15話では、御手洗 陽(足立梨花)は、石田 蓮(白洲 迅)がいないことに、寂しさを感じていました。

水沢竜星(浅香航大)との間に、仕事や恋愛の価値観がずれているのを感じながら、結婚を決めてしまってよいのかと悩みます。

そんな時、竜星が出張先の中国で事故にあったことをきっかけに、陽は竜星の大切さを実感し、結婚を決意します。

そして、蓮の高校時代の同級生を通して、蓮の本当の思いを知った陽でしたが・・・。

第15話⇒ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』15話ネタバレ・あらすじ!陽は蓮の本当の気持ちを知る

以下、ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』(僕まだ)第16話のあらすじ・ネタバレとなります。これからご視聴の方はご注意下さい。

『僕はまだ君を愛さないことができる』の見逃し動画
ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』の見逃し配信動画が全話見れるのはFODだけ!今なら1ヵ月無料で試せるトライアルを実施中!

\1ヶ月無料お試し実施中!/

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』16話のあらすじ

自分の気持ちを疑う陽

陽は同窓会から帰り家に入ると、寝ていた母の前で「私、竜星とは結婚できない。自分の心を疑ったまま。」と泣き崩れます。

母は「じゃあ結婚式やめるしかないわね。陽のためだったら、お父さんとお母さんは式場の前で土下座でも何でもする」と、優しく陽を包みます。

父も母も陽に本当に幸せになって欲しいのです。陽は自分で責任を取ると言い、心配する母を振り切り、竜星のところへ向かいます。

陽は竜星の家に行き、寝ている竜星を起こします。結婚をやめることを告白しようとしたところ、そこには秘書の風間がいました。

陽は驚きもせず、悲しいとか悔しいという感情はないと竜星に言います。竜星のことは、愛じゃなかったと。

本当に大切な人がいたことに気がつかなかったと、涙を流し謝ります。部屋の合鍵と婚約指輪を外して陽は去りました。

実は、風間は酔って竜星の家に来ただけでした。竜星は、結局アイツの心の中にはずっと別のヤツがいたとうなだれます。

陽は上海へ向かう

数日後、上海で蓮がマンションに帰ると陽が待っていました。蓮は陽を部屋に招きいれ、陽は竜星と結婚をやめたこと、自分にはずっと愛していた人がいたことを告白します。

陽は蓮の部屋に飾ってあったガーベラを見つめ、蓮はガーベラは陽っぽいなと語ります。陽の目から大粒の涙が流れ、2人静かに抱き合います。

翌日、2人は上海の街並みを眺めながら、蓮は上海は温故知新の街、古いものと新しいとのが共存していくんだと語ります。

陽は、私達も新しい関係になれるかなとつぶやきます。陽は一番の親友に聞いてみると、蓮の携帯に電話します。

2人は近くにいながら親友として話し、お互いがうまくいくかを話し合います。「もしこの先、蓮と別れることになっても、親友として一緒にいてくれる?」という陽の問いに、蓮は「ずっと一緒にいるよ。10年後も20年後も30年後も…」と答えるのでした。

そして2人は見つめあい、笑い、そしてキスをします。やっと2人の仲が変わり始めました。

陽の新しい道

数日後、陽はミーティアを訪れ戸倉に挨拶をしました。ミーティアのエグゼクティブを辞めるためでした。

戸倉から、業務提携と婚約解消を惜しまれましたが、陽は毅然とした態度でした。陽は、戸倉の靴のサイズがあっていないことを指摘し、「合わない靴に自分を合わせる人生は嫌です」ときっぱり言います。

そして竜星に「絶対に幸せになれよ!」と言われ、陽は優しく頷くのでした。

陽は、ダイアナの常務に退職願を提出します。靴を一から勉強するためにと。常務は、陽は靴の魔法使いになればいいと、陽の靴への想いを応援します。

陽は靴作りを一から勉強するため、一年の休職を願い出ました。常務が「不安はないの?」と聞くと、陽はワクワクしかないと嬉しそうに語ります。

陽は、靴作りを学ぶため靴の修行を始めます。蓮とはほとんど会えなくなりました。

そして一年後

陽は、蓮の住む上海のマンションを訪れました。蓮は仕事で遅くなると連絡があり、陽は部屋で待ちます。テーブルに蓮からの置き手紙があり、そのメモ通りの場所に行くと次の手紙が。

陽は、蓮が陽に宛てて書いたハガキを見つけて微笑みます。ベッドで休んでいるとそこへ蓮が帰って来ました。

「何が食べたい?」と蓮が聞くと、陽はたこ焼きと笑顔で答えるのでした。

陽は、蓮が作ったたこ焼きを食べながら幸せそうです。蓮は、前に陽が恋人の前ではたこ焼きを食べられないと言ったが、俺はどうなんだ?と聞きます。

陽は少し考えて「蓮は特別!」と返します。そして、特別な蓮に陽からプレゼントを渡します。それは陽が作った靴でした。

蓮に靴を履いてもらうと、少しかかとが合わないと納得のいかない陽。まだまだ修行が足りないと嘆きます。

そして蓮からもプレゼントがありました。蓮は日本に帰れることになりました。陽は喜びます。

シャワーを浴びパジャマを着た陽は、照れくさそうに笑います。そして、蓮が待つベッドへ。2人はようやく結ばれるのでした。

新しい道へ進む2人

1年後、陽はダイアナに戻ることになりました。陽がオフィスに着くと誰もいません。自分のデスクの前で佇んでいると、林常務がやってきます。皆もサプライズで陽のバースデーをケーキと花束でお祝いします。

そして、常務からオーダーメード室長の名刺をもらった陽でした。

陽は、仕事帰りに蓮といつもの店で会います。2人は2年前にした賭けの話になり、コインで2人の今後を決めることになりました。裏だったら今まで通りの関係、表だったら…。蓮が投げたコインは果たして…。

そして数ヵ月が経ちました。陽は、蓮と住む家に引っ越しのため実家で靴の整理をしていました。陽は蓮の姉と話しながら、「靴はパートナーみたいなもの」と語ります。

陽が階段に行くと、そこには陽が赤ちゃんの時に履いていたファーストシューズが置いてありました。次は、幼稚園に行くときのお気に入りの靴、バレエのトゥシューズ…。靴と家族と一緒に陽の成長を振り返って行きます。

そして玄関には、蓮と出会った高校生の時に履いていた思い出のローファーがありました。陽の目からは涙がこぼれてきました。

2人は家族に見送られて、新しい生活に向かって歩き出すのでした。

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』16話の感想

陽がようやく蓮の愛を知り、親友の壁を越えて恋人になる

最終回、終わってしまいました。最終回のタイトルが「一生親友でいよう」なので、陽と蓮は結ばれないのかなと思っていました。

どんでん返しで、陽が蓮の本当の思いに気がつき、竜星との結婚をやめた時は、正直「やった!」と思いました。 陽が竜星と別れてすぐに蓮と付き合うことにためらいを感じているのも、見ていて歯がゆかったですが、長い月日を経て2人分が結ばれた時は、嬉しかったです。

最後に、陽のお母さんが陽の今までの軌跡として、思い出の靴を出してくれた時は感動でした。母親の愛情を感じましたね。 終わってしまったのが残念です。心に残るとてもいい作品でした。

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』見逃し動画の視聴方法は?

ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』見逃し動画FODプレミアムで配信中です。

今すぐ最新話を視聴したい方はこちら↓↓↓

動画を無料で視聴する方法やドラマ内容については、下記の記事で詳しく紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です