映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』動画フルを無料視聴する方法!ネタバレあらすじ・ラスト結末も紹介

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』は2011年に公開されたSFアクション映画です。

突然地球にやってきた未確認生物が侵略を開始し、世界中が大パニックに。強すぎるエイリアンに立ち向かうアメリカ人兵士たちの戦争の記録です。

こちらの記事では、映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『世界侵略: ロサンゼルス決戦』のあらすじラスト結末についても紹介します。

↓今すぐ映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

 

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』動画を無料視聴する方法とは?

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『世界侵略: ロサンゼルス決戦』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム 見放題 1ヵ月
U-NEXT 見放題 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 300円~ 30日
dTV × 未配信 31日
Paravi 400円 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されており、U-NEXTFODであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』が配信されているU-NEXTFODプレミアムのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

フジテレビ系ドラマ作品に強い!FODプレミアム

FODプレミアムは、月額料金888円(税抜)でドラマや映画が楽しめるフジテレビが運営する動画配信サイトです。映画の他にもフジテレビ系列で放送された過去ドラマを含め5000本以上の独占配信があります。

FODプレミアムなら初回1ヵ月間の無料体験ができるお試しサービスがあり、初回登録すると最初に100ポイントがもらえます。※Amazonのアカウントが必要です。

そして、毎月8の日(8、18、28日)にログインすることで、それぞれ400ポイント付与され、1ヵ月間の無料期間中に合計で1300ポイントもうらうことができます。

『世界侵略: ロサンゼルス決戦』追加料金不要なので、もらったポイントは他の作品の視聴に使うことができます。

FODおすすめポイント

  1. 話題のフジテレビのドラマやバラエティも見放題!独占タイトル5000以上!
  2. 動画以外にも人気週刊誌や雑誌・コミックの内容も充実!
  3. 最新作の有料映画も毎月もらえるポイントで無料で視聴可能!
  4. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能で安心!

1ヵ月間の無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

FODの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はFODプレミアム公式サイトでご確認下さい。

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』作品詳細

 

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は2011年に公開されたジョナサン・リーベスマン監督のPG12指定の映画です。

ロサンゼルス上空で飛行物体が確認され、空爆と誤認した米軍が応戦しようとパニックになった『ロサンゼルスの戦い』という1942年に実在した事件がモチーフのフィクション映画となっています。

主人公のマイケル・ナンツ二等軍曹を演じたのは、アメリカの名俳優アーロン・エッカート。前任務で部下を亡くした過去を持つ主人公という、難しい役どころを見事に演じています。

また、R&B歌手のNE-YOが出演することでも話題となりました。

銃撃シーンが多数見られる今作は、ゲームをプレイしているような演出も見られ、映画公開の翌月には「Battle: Los Angeles」というタイトルでゲーム化されています。

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』作品データ

  • 製作年/2011年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 上映時間/116分
  • 監督/ジョナサン・リーベスマン
  • 脚本/クリストファー・バートリニー

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』キャスト一覧

  • マイケル・ナンツ二等軍曹/アーロン・エッカート
  • ウィリアム・マルチネス少尉/ラモン・ロドリゲス
  • リー・イムレイ伍長/ウィル・ロスハー
  • スコット・グレイストン伍長/ルーカス・ティル
  • ケヴィン・ハリス伍長/ニーヨ
  • ニック・スタヴロー伍長/ジーノ・アンソニー・ペシ
  • ピーター・カーンズ上等兵/ジム・パラック
  • スティーブン・モトーラ上等兵/ジェームズ・ヒロユキ・リャオ
  • ゲレロ上等兵/ニール・ブラウン・Jr.
  • シモンズ上等兵/テイラー・ハンドリー
  • ショーン・レニハン一等兵/ノエル・フィッシャー
  • アドゥクゥ(ドク)海軍衛生下士官/アデトクンボー・マコーマック
  • ミッシェル/ブリジット・モイナハン
  • ジョー・リンコン/マイケル・ペーニャ
  • ジョン・ロイ曹長/ジョー・クレスト 

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』のあらすじ・ラスト結末

ここからは映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

エイリアンの侵略

1942年、ロサンゼルス上空に突如現れた飛行物体。世界各地で観測された飛行物体の正体はわからないまま69年が経った2011年、再び現れた飛行物体が世界各地の沿岸に落下し、エイリアンの侵略がはじまります。

人々は逃げまどい、アメリカ・サンタモニカでは防衛線が張られアメリカ海兵隊が派遣されます。

上層部は3時間後に敵の侵略区域で空爆開始を決定し、それまでに取り残された民間人の救出を命じました。

前任務で部下を亡くしたベテラン海兵隊のマイケル・ナンツ二等軍曹は、士官学校を首席で卒業した任官1か月の新米少尉、ウィリアム・マルチネス少尉のサポートを命じられ、ナンツとマルチネスは隊を引き連れ凄惨な現場へ向かいます。

絶望的な状況

到着した部隊は静まり返った現場に多数の死体を見つけ、絶望します。

白煙に包まれ視界不良の中、銃を持ったエイリアンが現れ、次々と隊員がやられてしまいます。銃弾が当たっても死なない敵に部隊は逃げるしかなく、ひとまずロサンゼルス警察署へ向かい、民間人を見つけます。

要請した救助ヘリは4人しか乗せられず負傷した隊員たちだけを乗せて出発しますが、敵の飛行戦が現れヘリが撃墜されてしまいます。

次の救助を待つ部隊に「敵に上空を支配され救出に向かえない」という絶望的な知らせが入ります。

仲間のためにも

数々の絶望的な状況を乗り越え、ナンツに対し不信感を募らせていた隊員たちも徐々に勇敢なナンツを慕っていき「退却くそくらえ!」を合言葉に一致団結します。

自力でなんとか安全であると思われた基地につくとそこは壊滅しており、敵の襲撃にあってしまいます。ここで敵が新たな武器を取り出し、隊員がどんどんやられていき、マルチネス少尉も銃撃を受け動けなくなってしまいます。

自分がこれ以上戦えないと悟ったマルチネスはナンツに妻へのメモを託し、敵とバスごと自爆してしまいます。

7人だけになってしまった隊員たちは、無人機に指令を出している指令センターがあることを突き止め「ここを失墜させれば侵略を防げるかもしれない」と希望を見出します。

時刻は空爆予定時刻を迎えますが何も起きず、前線基地に到着してはじめて基地が全滅していたことを知ります。ナンツは無線でまだ生きている基地との連絡・救助要請に成功しヘリと合流すると、軍がロサンゼルスを放棄して退却していたことを知らされました。

ナンツ達はヘリで飛行中、膨大な電磁波を発している敵の指令センターと思われる地点を発見し、マルチネスから預かったメモを民間人に託してヘリから降り、調査に向かいます。

ラスト結末

地下に巨大な指令センターを見つけ、指令センター真上の地上でレーザー誘導装置を使いミサイルを撃ち込もうと企てます。

また一人隊員が犠牲になりながらもミサイルは指令センターに命中、本体が地中から出てきて飛行し、逃げはじめます。

敵の攻撃に応戦しながらレーザーでミサイルを誘導し、なんとか指令センター本体の撃墜に成功しました。敵が退散し、生き残ったナンツ達はヘリに救助され安全な基地に向かいますが、死んだ仲間を思い、どこか浮かない表情です。

基地につくと5人は称えられ「食事をとってゆっくり休んでくれ」と労われます。しかし疲労困憊なはずの5人は休む間もなく立ち上がり、武器を準備します。

「戦いは終わっていない、ここから反撃だ!」とロサンゼルスへ向かうのでした。

映画『世界侵略: ロサンゼルス決戦』の感想・まとめ

この作品の数々の銃撃シーンは臨場感があり、各シーンが圧巻で最初から最後まで目が離せません。

PG12作品ですが、目をそむけたくなるほどのグロい表現は見られませんでした。ただリアルな銃撃シーンが多く、仲間がどんどんやられてしまう表現もあるので苦手な方は注意が必要です。

家族のために、仲間のために、複雑な心境を持ちながらそれでも戦わなければならない兵士たちの葛藤が描かれた今作は、とてもリアルで胸を締め付けられるシーンがたくさんあります。

仲間をたくさん失い疲弊しきった兵士たちに「仲間を見殺しにした」とナンツが詰め寄られるシーンでは、「亡くなった部下たちを忘れたことは一時もなく毎日また会いたいとい思っている」「俺が死ねばよかったんだと」「でも今は前進し戦い続けなくてはいけない」というナンツの言葉に、兵士たちと共に涙してしまいます。

今作の敵はエイリアンですが、戦争の生々しさがひしひしと感じられ、「守りたい人がいる」そんなあなたに見てもらいたい映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です