バンドリ!2期第11話「ホシノナミダ」あらすじネタバレ!無料視聴方法についても




TVアニメとして2019年1月からスタートした『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』も、第11話を迎えました。

バンドリ第11話『ホシノナミダ』の動画を無料で見る方法や、あらすじネタバレ情報をレビューしていきます。

今すぐ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』の動画を無料で見たい方におすすめの動画配信サービスはこちらをクリック。

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』を無料視聴する方法とは

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』11話は、放送終了から20日以内ならAbemaTVで、見逃し動画配信を無料で見る事が出来ます。

VOD 配信状況
AbemaTV 無料視聴はこちら

4月5日以降に無料で11話が観たい方は『dアニメストア』一択!

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』放送終了から20日以上経過して、無料視聴期間が終わっている場合は、dアニメストアで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

dアニメストア無料登録はこちら

dアニメストアは、初回31日間無料お試しがあり、『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』が全話無料で見放題です。

しかも、dアニメストアなら月額費用がどこよりも安く、継続したいと思った時に気軽に続けることができます。

dアニメストアおすすめポイント

  1. アニメ配信数2400作品は業界トップクラス!
  2. 2.5次元ミュージカルも他のVODよりも豊富で女性にもおすすめ!
  3. 倍速や30秒ジャンプが便利でHD画質対応も!

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にdアニメストアを利用したことがあるユーザーには適応されないので、他の無料トライアルキャンペーンを行っているVODサービスも一覧で紹介します。

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』人気VOD動画配信状況

『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』が配信されるのは、下記の主要なVOD(ビデオオンデマンド)サービスで全部で配信されています。

動画配信サイト 配信状況 月額費用 無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
ビデオマーケット 500円 31日間
dアニメストア 400円 31日間
auビデオパス 562円 30日間

※紹介している情報は2019年3月時点のものです。

どのサイトも月額費用だけで追加料金が必要なく『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』を見放題で観る事ができます。

そのため、全話見放題で配信され、月額費用が安くかつ、アニメ配信数2400作品は業界トップクラスで、2.5次元ミュージカル作品が多い『dアニメストア』が最もおすすめとなります!

PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトで無料で見られない?

無料で動画が見れるサイトとして有名なPandoraやDailymotion。

これらのサイトがなぜ無料かというと、テレビ番組や映画などの動画が無断で違法アップロードされているからです。

過去にまんが村というサイトが無料で漫画が見放題で話題になっていましたが、実はサイトを経由して漫画を読むユーザーに仮想通貨のマイニングを強制的にさせるプログラムが組まれていたとのこと。

PandoraやDailymotionなどの無料動画共有サイトでも、見えないデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク

  • 広告が頻繁に表示され、低画質かつ低音質
  • 違法アップロードなので随時削除され、リスクが伴います
  • スマホやPCへのウイルス感染や個人情報漏えいのリスク

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』あらすじ

■BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)の概要

高校2年生になった香澄たちPoppin’Partyは、生徒会や家の手伝い、塾やバイトで大忙し。

5人で一緒に居られる時間が少なくなり、拠点である蔵にもなかなか集まれない。

そんな彼女たちのもとへ、1人の少女が現れて――。

新たな出会い。変わらぬキズナ。

Afterglow、Pastel*Palettes、Roselia、ハロー、ハッピーワールド!も登場し、個性豊かなバンドメンバー達がキラキラドキドキなステージを魅せる!

「また、みんなでライブしたい」

音楽が今、走りだす!

11話「ホシノナミダ」のあらすじ

RAISE A SUILENの激しいパフォーマンスと、そこで輝くたえの姿に圧倒されてしまう香澄たち。

ぎこちない距離感がうまらないままの5人をよそにチュチュは飄々とスカウトの提案をしはじめる。

バンドリ2ndのオープニング曲

Poppin’Party「キズナミュージック♪」

  • 作詞:中村 航 
  • 作曲:藤永龍太郎(Elements Garden) 
  • 編曲:藤永龍太郎

11話の予告動画

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』ネタバレレビュー

おたえをスカウトして、ポピパから引き抜こうとするチュチュ。

メンバー全員とRASのチュチュとパレオが、いつもの練習場所の有咲の実家の蔵で、話し合うことになりました。

果たして、おたえはどうなってしまうのでしょうか?

放課後RASとポピパで、おたえについて話し合うことに

RASにおたえを、スカウトしたいというチュチュ。そのことを学校で、メンバーが本人に伝えると、「断る」と話すおたえ。

けれど、チュチュはおたえがポピパのみんなに、遠慮して本人だけに話すと必ず断ると、予想していました。

そこで、チュチュはポピパのみんなに挨拶したいという建前で、おたえのスカウトをポピパ全員に直接話して説得することで、周りから固めるという作戦を挑んできます。

ポピパとRASのメンバーが市ヶ谷有咲の実家の蔵に集まる

「アメイジング!シークレットスタジオ!ヴィンテージのすごいやつ!すっごーい!エクセレント!」とチュチュに、いきなりスタジオをベタ褒めされて、ドン引きした様子の有咲。

「皆さん甘いものは、お好きですか」とカラフルヘアのパレオが、マカロンを渡してくれますが、誰も手を付けようとはしません。

全員が椅子とソファーに座った所で、チュチュが

「結論から申し上げますと、たえ花園にポッピンパーティーを脱退して頂きたいのです」

と前置きなしで、きつい本題を話し始めます。挨拶は一体どこへ?さすが帰国子女です。

どうしてとおたえから質問されたチュチュは、「決まってるじゃないですか、あなたが2つを兼任するパワーがないからよ」と、さもありなんといった様子で返答。

「この前のライブでおたえは最後って」と質問されても、「サポートギターとして最後。たえ花園は私のギタリストとして新たにスタートするのです」と、強引に話を進めようとするチュチュ。

「それさ、勝手に決めてない?おたえの気持ちは」と沙綾が、少しムッとした感じで言い返す。

「イエス!でも花園一人に聞いても意味がないと思ったので」「ポッピンパーティーは友達同士で組んだバンドですよね?友達思いの花園はきっとみんなに遠慮しますよね」とチュチュは、沙綾に次々反論。

なぜおたえなのかと聞かれても、「(おたえのギターは)パーフェクトサウンド!パーフェクトサウンド!パーフェクトサウンド!」とおたえのギターの腕前を、高く評価。

これでは、誰もチュチュに反論ができません。

そこに追い打ちをかけるように、パレオが

  • 「RASは全員がオーディションで選ばれた精鋭」
  • 「これでさよならは寂しいです、ファンの皆さんはもちろんレイヤさんも」
  • 「パレオたちとの(ライブは)楽しくなかったですか?」

とドンドン揺さぶりをかけてきます。

メンバーのレベルや練習環境、ファンがいるほどの人気有名バンドであることや、何よりおたえ自身が実際に一緒にライブをして楽しかったという思い出の数々。

そういった多くのRASの優位性に、おたえだけでなくポピパのみんなの心も揺らがないはずがありません。

おたえのことを思えばこそ、将来的なことを考えれば本気で上を目指すおたえにとって、RASからのスカウトを受けるべきなのは、誰の目から見ても明白です。

それはポピパのメンバーも、強く感じた様子でおたえに移籍することを勧めてきます。

花園たえと公園で話す戸山香澄

偶然と思わせて、駅でかすみを待っていたおたえ。二人で、一緒に公園に行き、今までのことやこれからのこと、そして今の正直な気持ちを話し合います。

おたえのことが、みんな大事で大好き。

「RASのライブ本当にすごかった。すごくかっこよくて、あんなおたえ見たことなくて、ちょっとびっくりしちゃった。」

「だからそういう未来もあるんだろうなって」とおたえに正直に、自分の気持を話すかすみ。

そして、かすみはおたえに「だけどポピパはポピパだよ。おたえとりみりん、さーやとありさと私。昼休みだって放課後だって会えるし、いつだって一緒に弾ける。」

「おたえはポピパ!ギター弾こう!おたえ!!」と言って歌い始めます。

花園たえが公園で書いた文字の内容

かすみの歌が終わると、おたえは泣きながら石で公園の地面に、文字を書き始めます。

この内容は部分的にしか、見えませんでしたが、見える範囲から予想するに、この後集まってもらうメンバーの前で、歌う歌詞を書いていたと予想できます。

いつもの練習場所の蔵に集まるポピパのメンバー

スマホで呼ばれて、いつもの蔵に集まったポピパのメンバー。みんなおたえにポピパから、いなくなって欲しくないのが本音の様子。

でも無理やりは、引き止めたくない。そんな葛藤から、何も言えずにいたメンバー。

けれど、おたえがそこで歌った歌を聞いて、みんな思わず涙を流します。その涙のワケとは?歌に込められた意味とは、何だったのでしょうか。

おたえが今の気持ちを歌に変えてメンバーに送る

おたえは、今の正直な気持ちを、公園で考えた歌で伝えます。

それを聞いてポピパのみんなが、泣きながら本音を話し、メンバーは再び一つになります。

11話で花園たえがメンバーに向けて歌った歌詞

生まれた場所から少し離れて 本当の夢の形に気づく はるか高い空を見上げてたのは いつでも帰れる場所があるから

遠く離れれば離れるほど愛おしくて そんな時はただひたむきに 前を向いて歌う君に会いたい

どんなに空が眩しくても 掴み取る橋はたった一つだけ それなら今は呼ぶことなく 君との未来に手を伸ばしたい

心震わす歌を もう一度歌わせて響かせて 本当の気持ちだけが 永遠と未来が混ざり合ってた

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』の感想

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』では、チュチュがおたえちゃんを、ポピパメンバー全員の前で堂々と引き抜きに来ます。

チュチュの強引でどこか見下した態度に、苛立ちを感じてしまいますが、実力派バンドのRASはポピパよりも、圧倒的に上の存在であることは事実。

しかもチュチュは、ポピパに恨みがあるとかではなく、純粋におたえちゃんのギタリストとしての腕前に、惚れ込んでのスカウト。

普通ならオーディションを、勝ち上がらないと入れないような有名バンドに、スカウトされたことにおたえちゃんは嬉しくないはずがありません。

おたえちゃんの将来を考えれば、なおさら行かせてあげるべきです。

それでもやっぱり残って欲しいという素直な気持ちを、おたえちゃんに告げるべきなのか。

葛藤するメンバーの姿は、見ているこっちまで、苦しくなってきます。

最後はおたえちゃんが、本当の気持ちを歌で皆に伝えて、メンバーは全員で感動の涙。本当に見ているこっちまで、号泣してしまいました。

バンドリ2期11話『ホシノナミダ』のネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です